映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

東京家族

2013年02月24日 | 邦画(13年)
 『東京家族』を渋谷シネパレスで見ました。

(1)本作については、最近の山田洋次監督の作品はあまり評価できない上に(注1)、小津安二郎の『東京物語』(1953年)をリメイクしている作品と聞いて、二の足を踏んでいたのですが、あちこちで評判を耳にするものですから、重い腰を上げて映画館に出かけてみました。

 でもやはり、頷けませんでした。
 単に、『東京物語』の表面的なシチュエーションを現代的なものに置き換えているだけで、内容的には余り現代のものになっていないのではないかという感じがします。
 瀬戸内海の島から老夫婦が東京にやってきて、2人の息子や1人の娘に出会うところ、老夫婦が携帯電話を所持していたり、都内見物をしている時にバスから見える景色の中にスカイツリーがあったり、横浜のインタコンチのホテルに泊まったりするのですが、そんなことは別に大したことではないと思われます(単に風俗が変わっただけのことでしょう)。
 一番違和感を覚えるのは、家族問題に焦点を当てるとしながらも、登場するどの家族にも目新しい問題が何も起きていないことです〔挙句は、一人暮らしの次男に恋人がいることが分かったりするのです!〕。
 むろん、『東京物語』で描かれている老夫婦と息子や娘とのやや冷たい関係は、本作でもそのままです。でもそれだけでは現時点でリメイクする意味など余りないのでは、と思えてしまいます(注2)。

(2)とはいうものの、そこは名だたる山田監督、様々な工夫を凝らしています。
 例えば、映画の冒頭を見てみましょう。
 小津監督の『東京物語』では(注3)、まず、尾道で、登校する子供たちの姿などに引き続いて、寺院(浄土寺)の前を通過する列車が映し出された後、家の中で父(笠智衆)と母(東山千榮子)が旅支度をしています。
 次女(香川京子)が勤めに出た後、隣の主婦(高橋豊子)が窓から顔を出し挨拶し、場面は東京の平山医院に移り、長男(山村聰)の妻(三宅邦子)が2階の掃除をしていると、迎えに行った長男が両親を連れて到着し、長女(杉村春子)も一緒にやってきますし、遅れて次男の妻(原節子)も顔を見せます。



 他方、山田監督の『東京家族』では、いきなり平山医院の場面となり、長男(西村雅彦)の妻(夏川結衣)が部屋の掃除をしています。そこに、長女(中嶋朋子)がやってきて、品川に迎えに行った次男(妻夫木聡)からの連絡の有無を尋ねます。
 そこへ次男から、両親(橋爪功吉行和子)が見つからない旨の連絡が入るものの、居場所を聞くと品川駅ではなく間違って東京駅にいるとのこと。長女は、「全く役に立たないんだから」と怒ります。
 場面は品川駅に変わり、携帯電話で次男が見つからない旨を連絡して、両親はタクシーを使って長男の家に行くことに。



 両親が長男の家に着いてから暫くして次男も長男の家にやってきます。

 こうしてみると、『東京物語』の方は、時間的な流れに沿って淡々とゆったり物語が進行しますが、『東京家族』では、冒頭の短い間に、家族を構成する各々の人物の感じを素早くスピーディに観客に把握できるよう、大層巧みに構成されているように思われます。

 描き出されている時間のスピードアップは、母親の死にもうかがえます。
『東京物語』の方は、大阪に立ち寄ってから尾道に帰り着いた後で亡くなりますが、『東京家族』では、東京滞在中にそれこそアッという間に亡くなってしまうのです(注4)。

 こうした慌ただしい感じは、両作の間に横たわる半世紀以上の期間に生じた社会現象のスピードアップに、あるいは対応していると言えるかもしれません。
 ただ、それは、東京と瀬戸内とを結ぶ鉄道として夜行列車(注5)が走っていた時代から新幹線の今へというような物理的な面のみならず(注6)、例えば昨今の急激な少子高齢化といった面でもうかがえるところでしょう。
 ですが、そういう方面になると、本作は余り切り込んではいない感じがします。

 例えば、まず老夫婦が泊まることになる長男の家には、『東京物語』と同じように2人の子供がいたりするところ(注7)、昨今では少子化で4人以上の家族の割合は減少してきているようです(注8)。
 また、『東京家族』における老夫婦の3人の子供は、それぞれ結婚しているか、結婚が見込まれていますが(注9)、未婚者が増えてきているのが現状ではないでしょうか(注10)?

 さらに、母親が突然に亡くなってしまいますから、本作には今のところ介護問題が生じていませんが、認知症の親の介護をどうするかに悩む家が増えているのが現状ではないでしょうか?

 こんなあれやこれやから、本作が余り現代的とはいえない感じがするな、と思ってしまいます(注11)。

 とはいえ、出演する俳優陣は、『東京物語』の優れた俳優陣と比較するのは酷ながら、皆それぞれの持ち味をうまく出していると思いました。
 特に、妻夫木聡は、『東京物語』では登場しない役柄ながら、このところの好調ぶりを維持していて、なかなかいいなと思いましたし、その相手役の紀子を演じる蒼井優も、まぶしさを感じました(注12)。




(3)渡まち子氏は、「名作「東京物語」を現代に置き換えた家族ドラマ「東京家族」。小津の愛した“紀子”が希望を象徴する」として70点を付けています。




(注1)尤も、最近では『おとうと』を見たくらいで、とても大きなことは言えませんが。

(注2)上記「注1」の『おとうと』に関するエントリで、「この作品は、日本の家族を描き続けてきた山田洋次監督の集大成的なものとされますが、その家族が今や大きく変質しつつある、という方を見ないで、旧来の枠組みの中で家族を描き出そうとしているのでは」と申し上げましたが、これは本作にも少なからず当てはまるのではないでしょうか?

(注3)『東京物語』の内容については、この記事が参考になります。

(注4)さらにいえば、『東京家族』において、父親の周吉は同郷の友人の沼田(小林稔侍)と居酒屋で飲み明かした際、そのメートルの上がり方の早さには驚きます。挙げ句の果ては、周吉は、「この国はどこかで間違ってしまったんだ。もうやり直しはきかないのか。このままではいけない」なとと気炎を上げる始末です。
 他方、『東京物語』における周吉は、次第に長男のことを沼田に愚痴り出しますが、「まァ ええと思わにゃいかんじゃろ」と言って納得もしている感じで、『東京家族』のような怒りには到達しません。

(注5)『東京物語』の頃は、この記事によれば、東京−尾道に約16時間かかったとのこと。

(注6)『東京家族』における老夫婦の住む「瀬戸内海の小島」がどこなのか映画では明示されていませんが、仮にロケ地の「大崎上島」ならば、広島空港のスグ南側に位置しますから、常識的には飛行機を利用するのではと思われます。
 ちなみに、三原から東京までは新幹線で約5時間ですが、飛行機ならば、フライト時間はおよそ80分間です。

(注7)中学生と小学生の男の子という年齢構成まで同じです。ただ、『東京家族』の場合は、弁当を持って塾通いという現代的な様子が描かれているところ、「閉じこもり」とか「いじめ」といった問題までは踏み込んではいません。

(注8)この記事における表4-2「世帯人員別一般世帯数の推移」。

(注9)次男の昌次は、母親に、紀子にプロポーズしたことを打ち明けます。
なお、昌次は、『東京物語』では戦死したとして描かれなかったキャラクターながら、本作においては、舞台美術に携わる若者といった役柄とされています。
 ですが、定職に就いているとは言えず、飛び込みの仕事を請け負っているにすぎないように見え(要すれば、フリーターかニートと言うところでしょうか)、その点を父親も心配しているようです。
 さらに昌次は、3.11の被災地救済のボランティアに出向いた際に紀子と出会ったことになっていたりして、今的な要素が取り込まれているように見られますが、そうしたことが彼の言動と深いところで結びついているようには余り受け止められませんでした。

(注10)この記事のグラフを見ると、『東京物語』の頃よりも、現在、婚姻率はかなり低下しており、逆に離婚率は倍くらいに増加しています(同居20年以上の離婚の件数になると、著しい増加が見られます)。

(注11)『東京物語』を現代的な視点から捉え直す上であるいは参考となるのは、『演劇1、演劇2』についてのエントリで専ら取り上げた平田オリザ氏の戯曲『東京ノート』ではないでしょうか?



 平田氏の著者『演劇入門』(講談社現代新書、1998年)では、「『東京ノート』は、小津安二郎監督の名作『東京物語』からモチーフをとっている」(P.112)などと述べられています。
 そして、「『東京物語』のなかで、私がいちばん好きなシーンは、原節子演ずる紀子が、笠智衆と東山千榮子演ずる義理の両親を、はとバスに乗せて案内するシーンだった」として、「そこで私の妄想が膨らみはじめる。美術館を舞台にしてみたらどうだろう。美術好きの姉とその姉の状況に合わせて美術館に集う兄妹たちという設定が、すぐに頭に浮かんだ」と述べています(P.116)。
 実際に『東京ノート』では、『東京物語』のシチュエーションが、田舎で父親の面倒をみている長女(美術が好きです)が上京し、美術館で一緒に食事をしようと兄妹たちが集まってくるというように置き換えられています〔特に、次男の妻は、次男から「他に好きな女の人がいる」と言われて、離婚を考えているようです(ハヤカワ演劇文庫『平田オリザ機‥豕ノート』P.116)〕。
 勿論、戯曲と映画とではかなりの違いがあるでしょう。戯曲の場合は、プロットや設定も、映画とは異なり、相当簡略なものにして、観客の想像力に委ねなくてはならなくなると考えられます(平田氏の上記の著書のP.65など)。
 それでも、小津監督の『東京物語』をリメイクするというのであれば、映画の場合であっても、一度このくらいまで物語を解体した上で現代的なものを創り上げていくことが必要なのではと思われるところです。

(注12)蒼井優は、上記の『おとうと』でも魅力的でしたが、ぜひ、世のオジサマ族から息子の嫁にしたい女優といわれてしまうような存在にならないでもらいたいものです。




★★★☆☆



象のロケット:東京家族
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 演劇1、演劇2(下) | トップ | 塀の中のジュリアス・シーザー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ほし★ママ。)
2013-02-26 12:27:59
すっかりご無沙汰をしてしまっております。
コメント欄のキャッシュも消えてしまっていました…
 
この作品は、単純に自分の家族の状態や
親に対する考えと重なる部分が多くあって
ついつい惹きこまれてしまいましたが
確かに平成の世の中を表わしていると言うには物足らず
クマネズミさんの感想をお聞きして
「わたしってやっぱり世間が狭い…」と、反省しきりです。
Unknown (クマネズミ)
2013-02-27 21:52:58
「ほし★ママ。」さん、TB&コメントをありがとうございま
す。
こちらこそご無沙汰して申し訳ありませんでした。

本作を見て、クマネズミは大層「物足らなかった」のです
が、それは何もクマネズミが世間をよく知っているという
わけではなくて、「ほし★ママ。」さんとは見る方向性が
違っているだけのことではないかと思うのですが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
東京家族 (あーうぃ だにぇっと)
東京家族@スペースFS汐留
「東京家族」 (元・副会長のCinema Days)
 感銘を受けた。小津安二郎監督の代表作「東京物語」(1953年)を山田洋次が独自に“料理”した作品だが、同じような題材でも、作る者と時代が違えばこうも味わいが異なるものかと、当たり前のことを今さらながら痛感する。もちろん現時点で“リメイク”する以上、...
『東京家族』 『東京物語』とこんなに違う (映画のブログ)
 山田洋次監督の『東京家族』は、小津安二郎監督の代表作『東京物語』をモチーフにしている。  そう公式サイトには書いてある。  1953年に公開された『東京物語』は、映画史を代表する作品として世界で評...
東京家族〜様々な左右対称 (佐藤秀の徒然幻視録)
記憶フォーマットとしての「東京物語」 公式サイト。山田洋次監督、橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優、小林稔侍、風吹ジュン、茅島 ...
『東京家族』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「東京家族」□監督 山田洋次 □脚本 平松恵美子 □キャスト 橋爪 功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、       林家正蔵、妻夫木 聡、蒼井 優■鑑賞日 1月20日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ...
『東京家族』 (2012) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督: 山田洋次 出演: 橋爪功 、吉行和子 、西村雅彦 、夏川結衣 、中嶋朋子 、九代目林家正蔵 、妻夫木聡 、蒼井優 試写会場: スペースFS汐留 公式サイトはこちら。 トーキョー女子映画部さんから当選しました。ありがとうございます。 この日は女性限定...
映画レビュー「東京家族」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
東京家族 オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆名作「東京物語」を現代に置き換えた家族ドラマ「東京家族」。小津の愛した“紀子”が希望を象徴する。 【70点】 瀬戸 ...
東京家族。    2013年の邦画ベストワンかな (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
世界の映画史でもベストテンに入る物語を、山田洋次監督・脚本で現代の設定にして映画化した。登場人物の名前や美容院の名称もほぼ同じという設定でありながら、見事に今の日本の閉塞感を表現している。2013年の邦画ベストワンかな。
「東京家族」 (prisoner's BLOG)
「東京物語」は何度もテレビ版でリメークされており、だいたい戦死した次男からみのところに手をつける余地を見つけるみたい。いない人間だから膨らませやすいし、戦争がそれだけ遠くなったということだろう。 ここでは妻夫木聡の次男が非正規労働(という言い方もお役所...
東京家族/橋爪功、吉行和子 (カノンな日々)
監督50周年を迎えた山田洋次監督の81本目となるこの作品ですが、私はそのうち何本を観ているのかな?たぶん『男はつらいよ』だけで半分くらい占めているんですよね?今作は名匠・小 ...
東京家族 (Akira's VOICE)
余韻が広がる。 切なくも温かい後味。  
『東京家族』 2012年12月12日 丸ノ内ピカデリー (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『東京家族』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 和気あいあいの家族のいい感じの舞台挨拶でした  登壇者:橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優、山田洋二監督 家族勢ぞろい 【ストーリー】  瀬戸内海の小さな島で生活して...
東京家族 (いい加減社長の映画日記)
普通なら、スルーするタイプの作品だったけど、他に観たい作品が公開されていなかったので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 瀬戸内海の小さな島で生活している平山周吉と妻のとみこは、子供たちに会うために東京にやって来た。 ふたりは個人病院を開く長男...
映画『東京家族』★哀しさの先にも家族はきっと再生する希望☆ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      映画レビューです。(ネタバレ表示) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id343237/rid55/p1/s0/c1/   作品について http://cinema.pia.co.jp/title/156380/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照く...
一言映画評 邦画編 (迷宮映画館)
渾身 東京家族 きいろいゾウ
東京家族 (そーれりぽーと)
山田洋次監督50周年『東京家族』を観てきました。 ★★★ 始まって早々、夏川結衣の大根っぷりが目立つ目立つ、まるで小林稔侍のようと思ってたら途中小林稔侍自身も登場。 山田洋次はよっぽど小林稔侍が好きなようだけど、わたしゃ苦手。 それはそうと、映画の中身です...
ネタバレバレでゴメンナサイ!「東京家族」 (風貴(カサキ)の映画大好き!)
今年度206本目 妻夫木聡、蒼井優、橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵 山田洋次、監督50周年記念作品、小津安二郎監督にオマージュを捧げる作品 瀬戸内海に浮かぶ小島から東京に住む三人の子供達の元へ老夫婦(橋爪功、吉行和子)が東京に...
「東京家族」 気が早いが今年の一番かも (ももたろうサブライ)
監督 山田洋次
映画「東京家族」を観ました!!(2013-01) (馬球1964)
映画「東京家族」を観ました!!
身につまされる想い。『東京家族』 (水曜日のシネマ日記)
田舎から上京した老夫婦と東京で生活するその息子や娘たちの物語です。
映画「東京家族」@スペースFS汐留 (新・辛口映画館)
 ぴあ映画生活さんの独占試写会で鑑賞した。客入りは8〜9割くらい、幅広い客層だ。
東京家族 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 山田洋二監督は自分の年齢と同じ本数映画撮ったそうです。どんだ
『東京家族』 (ラムの大通り)
----今日は『東京家族』。 この映画って2ヶ月くらい前に観ていなかった? 「うん。 実は、その頃、 ツイッターで集中的に呟いていたため、 もうすっかり、ここでも話していた気になっていたんだ」 ----どういうことを喋っていたの?。 「観て最初に呟いたのがこれ。 『「....
「東京家族」:小津版に負けぬ秀作 (大江戸時夫の東京温度)
昨日、映画『東京家族』の完成披露試写会に行きました。上映に先立って山田洋次監督と
「東京家族」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・日本/配給:松竹 監督:山田洋次脚本:山田洋次、平松恵美子プロデューサー:深澤宏、矢島孝 撮影:近森眞史 音楽:久石譲 「男はつらいよ」シリーズ、「おとうと」等の山田洋次監督が、映画監督生
映画「東京家族」 (FREE TIME)
映画「東京家族」を鑑賞しました。
映画『東京家族』(13日-4) (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
職場の斡旋で、秋から前売りチケットを買っていました。   「シンジ、母さん死んだぞ」「うん」 「お父さんとお母さん、帰っ
東京家族・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
移り変わる、家族の肖像。 今から60年前に公開された映画史上の金字塔、小津安二郎監督の「東京物語」をモチーフに、現代日本を代表する巨匠・山田洋次が、日本の家族を描く話題作。 事実上のリメイクとい...
東京家族 (とりあえず、コメントです)
名作『東京物語』をモチーフに山田洋次監督が創り上げた人間ドラマです。 『東京物語』は観ていたので、あの作品をどのようにして現代風にしたのだろうと気になっていました。 丁寧な台詞回しの中で紡がれる家族の姿に、様々な想いが横切りながらも、 心がほっとするよう...
東京家族/幸せ家族? (マダム・クニコの映画解体新書)
   モチーフとなっている小津安二郎の名作『東京物語』が、高度経済成長期の家族関係の苛酷な状況を描いているのに対して、本作はどこかふわっとした浮遊感が漂う。絵空事のような幸福感に満ちている、といってもいい。  社会派ドラマでは、リアリティに欠ける点が少....
映画・東京家族(試写会) (読書と映画とガーデニング)
12/21 テレピアホールにて 2013年 日本 山田洋次 監督50周年記念作品 小津安二郎監督「東京物語」をモチーフにした〈今の家族〉の物語 瀬戸内海の小島で暮らす平山周吉(橋爪功)と妻のとみこ(吉行和子)は子供たちに会いに東京にやってきた 長男....
『東京家族』 涙王妻夫木 (『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記)
「のう昌次、母さん死んだぞ」で妻夫木泣く予告、さんざん見た(主戦場のシネコンが松竹系のMOVIXやから、ほんまにようけ見たで〜)けど、本編で泣けるかな〜。 いや、泣けるでしょ。 山田洋次作品は、わかってても泣かせよるし、 出てるの、涙の王様、妻夫木クンやで〜。 ....
東京家族 (映画と本の『たんぽぽ館』)
老いを描写することで、新しい世代が際立つ             * * * * * * * * * 山田洋次監督の監督生活50周年記念として、 名匠小津安二郎「東京物語」にオマージュを捧げた家族ドラマです。 瀬戸内海の小さな島に暮らす周吉(橋爪功....
東京家族 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 製作:2012年日本 上映時間:146分 監督:山田洋次  小津安二郎監督の不朽の名作『東京物語』へのオマージュとして、山田洋次監督が現代の家族像を描くヒューマン・ドラマである。これで山田洋次監督の作品はなんと81作目になるという。それにしてもな
変わるもの、変わらないもの『東京家族』山田洋次・監督 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
監督50周年を迎えた山田洋次監督81本目の作品。名匠・小津安二郎監督の名作『東京物語』をモチーフとした(現在)の家族の物語『東京家族』。出演は橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、
【東京家族】家族って面倒くさいけど… (映画@見取り八段)
東京家族    監督: 山田洋次    出演: 橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優、小林稔侍、風吹ジュン、茅島成美、柴田龍一郎、丸山歩夢、荒川ちか 公開: 2013年1月19日 2013年1月23日。劇場観賞。 2013年1本目の劇場観...
『東京家族』あなたの、わたしの、だれかの物語 (Healing )
東京家族 ★★★ 3.5 変わるものと変わらないもの 家族の中にある普遍と喪失の物語 小津安二郎監督の名作『東京物語』をモチーフにした 山田洋次監督81作目となるファミリー・ドラマ。 『東京物語』といえば、 2012年英国映画協会発行の「サイト・アンド・サウンド」誌で...
東京家族 (愛猫レオンとシネマな毎日)
本作は、山田洋次監督が、敬愛する小津安二郎監督の「東京物語」をモチーフに 3、11以降の現代に置き換えて作った作品です。 同じような構図や台詞が登場し、不朽の名作への敬意が 感じられる作品となってます。 年老いた両親が東京で暮らす3人の子供たちに会うため...
東京家族 (映画に耽溺)
「東京物語」と言えば小津安二郎の名作。 小津の作品「東京物語」は小津監督作品が好きだった国王と一緒に観た。 当時のわたくしがその内容をどれだけ理解していたのか アングルや言葉使いや 「ああ、これが日本が世界に誇る・・・」 なんて そのことがまず先にあっ...