バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

スマホ詰めパラ ブックマークその3 収束好局編

2014-11-14 13:26:34 | 将棋

昨日、今日とめっきり寒くなりました。 明日からは少し緩むようですが。

この時期になるとパラパラと喪中のはがきが届きだす。そうかもうちょっとしたら年賀状の用意だな。

書店でも年賀状の本が並びだした。 よく見るとソフト付きで¥450とかそんな値段で売られている。

これじゃ年賀状ソフトもとても儲からないだろうな。 今年メインにしたPCには、年賀状ソフトがなかったのでこれを導入することにした。

十分これで使える。以前の住所録(筆ぐるめ)を壊れたPCから引っ張り出してくるのにちょっと手間取ったがなんとかセーフ。

 

引き続きスマホ詰めパラの話題。今回は収束が印象に残った作品をいくつか。

まずは、次の作品 

パスワインだーさんは、いつも難しいのを創られているがこれもよくできている。

正解は、さておいといてこれの収束部分に注目 エッセンス(ほぼそのまま)を取り出した。(一部変更してます)

途中から変化手順もなかなか好手順なので、下記の2つの短編がそのままできます。

2つとも詰ましてみてください。オリジナルが詰ますうえでの必須条件です。

どちらもすっきり収束で、エッセンスAが変化手順 エッセンスBが本手順となります。

 

次の作品は、

この作品 上が相当厚いのにも理由があります。(上図のオリジナル 44歩がなんでいるのか私にはわからない)

途中の妙手に少し時間がかかってしまいました。この妙手を取り上げたいと思います。

この作品をわかりやすくハイライトだけを取り上げると下図の感じか。 オリジナルより相当狙いの手が発見しやすくしましたがいかがだろうか?

最後にもう一問

これは35手詰みの大作。頭の中だけで動かすのがややこしくなってきたので少しだけ動かしてから考えた(スマホアプリは正解の対応をしてくれるので)

 

この収束もきれいでしたのでその収束部分をご紹介(一部不要部分を削除しています)

ここからでも19手あるがうまく収束できるので感心。(マニアには既成手順かもしれないが)

---追加

上図のエッセンは、エッセンスの間違い(笑)

上図をさらに手を加えた図を三輪さんが送ってくれたので、掲載します。

すいすい捌けていきますが捨てる順番を間違わないように。それでも25手もかかります。コメントでもあるように23→22→21という順に銀が動きます。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スマホ詰めパラ ブックマー... | トップ | 詰テク入門109 小林健二八段著 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スマホ詰パラ (さわやか風太郎)
2014-11-15 18:42:42
合い駒発生とか長手数とか、道を歩きながらでは危険が一杯ですね。
手数制限はないのですね。
でも頭の中で将棋を考えながら歩いていることが多いので、まずは自分の心配をしないとね。
若かりし頃、うっかり赤信号で横断歩道に踏み出してしまったことがありました。
re (バビル3世)
2014-11-15 19:12:57
私は、寝る前に考えることが多いのですがそのまま寝てしまうことが普通です。
時々冴えまくって何題も詰んでしまうこともありそういうときは、逆に困ります。(笑)
収束の基本 (三輪 勝昭)
2014-11-16 02:12:58
詰将棋はどんなに狙いが良くても収束はある程度まとめなくては詰将棋とは言えない。
逆に狙いはなくても収束が綺麗にまとまっていたら詰将棋と言える。
詰将棋作家は収束をまとめる技術は必須です。
今回の記事は基本的レベルで詰将棋創作が浅い人には参考になりますね。

最後の図はエッセンとは食べ物かな(笑)。
エッセン…ス図としては最後打った25香が残るため、まとめ方の例としては余り良いとは言えないですね。
無筋なので見え難く、紛れを重視した思考の楽しさは相当あります。
ただまとめ方だけの評価ならこれはB級です。
打った駒がそのまま残るため、ある程度まとまっている程度のレベルです。
作品としては収束はある程度まとまっていれば良いとする作家にはこれで十分です。

この図を見ていてふと浮かんだ事です。
4手目12玉なら21銀だけど11玉の方が22銀~21銀生とするため2手長い。
それを12玉に23銀、13玉、22銀生、12玉、21銀生に出来ないかなと思いました。

持駒 銀歩
玉方 12玉、15と、24歩
詰方 32銀、34桂、35香、36飛以上。

だから何だと言う図。
捌きの良さだけを狙う素材なので、32銀や34桂を打つ手を入れたいのですが。
RE 三輪さん (バビル3世)
2014-11-16 08:52:37
>エッセン
よく見てますね(笑)
23から銀をすすめる順は、思いつきませんでした。
素材掲載させていただきました。

今回のこの収束手順ひとつのパターンとしても参考になりますね。
自作掲載ありがとうございます (桃燈)
2014-11-17 02:23:49
偶然にも自作が載ってるのに気が付きました。
ありがとうございます(^0^)

三輪さんのコメントを見て、確かに自分も香車が残ることは気になっていました。
この点は、将来を見越しての香車遠打の味を残すか、練り直すか、という選択だと思っています。
香車遠打の味を残しながら捌けたら、これ以上はないのですけど、私には無理でした^^;
収束自体長いものなので、それなりにボリュームある序でないとバランス悪いかな、と思っていましたが、序は要らないというコメントも入っていたりと、このあたりの良しあしはわかりません。

しかし、三輪さんの提案は良いですね。香車の遠打を削る代わりに銀を2度進める順というのは、発想の持ち方として非常に参考になります。
ありがとうございました。
RE 桃燈さん (バビル3世)
2014-11-17 08:24:57
私は、目に留まった好作を載せるスタンスをとっているのですが、この収束気に入ったのでご紹介させていただきました。作者からコメントをいただけるとはなりよりです。

三輪先生は、駒が残るのは気に入らないみたいです(笑)
あと妙手が途中にあっても収束があかんのは、あかん。と(笑)

あと ”前半は、いらないくらいの収束の良さ” というコメントほめたつもりでしたがそういうふうに取られるとちょと。
(実は私です。気にせんといて言い方が悪かったです 汗!)
Unknown (桃燈)
2014-11-17 10:45:29
あのコメントはバビルさんでしたか。

褒めコメントだったということはありがたく受け取ろうと思います。ありがとうございます(^0^)
いや、自分としても、とりわけ序の4手については少々不格好だと思っていて、銀合をあきらめてでもカットしたほうが良いのではないか、という点で、ちょっとよくわからないと思っていたので、収束とのバランスが取れてなかったかな、と、そういう意味での反省材料にもなりますので、決してあのコメントが悪いとは思っていません。
むしろ勉強させていただくコメントでした。

ありがとうございました。
RE 桃燈さん (バビル3世)
2014-11-17 15:04:19
また いい作品を見せてください。
楽しみにしています。
エッセンスとしての批評 (三輪 勝昭)
2014-11-17 19:46:55
僕の25香が残る云々のコメントは収束をエッセンスとして抽出したのなら、捌けない駒が残ってはエッセンとも(笑)、エッセンスとも言えないと言いたかったのです。
要はエッセンス図としての批評でした。

桃燈さんの図は銀合のところから創っているのだと思うのだけど、それなら収束はよく捌いて見せたと言えると思います。

正算で創って全ての駒を捌くのは一番苦労するところです。
ある程度のまとまりはどの程度かと言うと、自分がまとまったと思う程度がある程度で、自分がまとまったと思えないならまだ未完成と言う事です。
詰将棋は収束が悪いと画竜点睛を欠くと考えて欲しいです。
せっかくのものが台無しになる。良いものほど収束は大事。
良くて当たり前。
ピシッと決めなくてもある程度はまとめてこそ詰将棋。
そのある程度は人それぞれ。
自分がまとまっていると思えばそれで良い。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL