さそりのらびりんす~たわごと~

慢性膵炎持ちのあゆが気ままに書く、たわごと日記です。

ごあいさつ

ようこそ、いらっしゃいました。あゆと申します。
2005年に慢性膵炎を発症いたしました。
闘病記録に日々のあれこれ、趣味のこと。
たわごとに寝言、なんでもありの内容となっております。
時折現れる、さそりの毒にはご注意を。(^_-)-☆

慢性膵炎の経緯はこちら。重症急性膵炎の闘病記はこちら
過去の入院・検査記録はこちら。お薬の履歴はこちら
膵臓に関する記事は、あくまで素人の作った内容です。
間違いが含まれている可能性はありますので、あくまで自己責任ということで情報を利用してください。

ご意見のある方はayushirokun☆hotmail.comへ、☆を@に変えてメール送信してください。

引く女

2016-08-28 22:37:07 | 姉の日常(Nsな日々)
今日の姉は準夜勤。
メンバーがとても良いらしくて、
お気軽に出勤していきました。

最近、うちの姉には「引く女」の疑惑が持ち上がりつつあります。
引くとはなんぞや?
病院には必ず「引く人」という人がいて
そのDr.あるいはNs.がいる時に限って
重症患者がやってくるというものです。

姉の激務は病院のせいだと思っていましたが
それは姉に原因があるのでは?・・・というわけです。
というのも、姉が夜勤あるいは準夜勤の時に限って
緊急だの急変だのあるそうなのです。

つまり、被害者は姉ではなく
姉と一緒に夜勤をさせられる同僚では??
という、オハナシ。

そして、今日。
夜勤のメンバーの一人が
「私が呼ばない力のほうが強いですよ。」
と言ってたのにも関わらず、お約束の急変に緊急。

勝ってもーた。。。

と残念無念なラインが届きました。
お気の毒なのは同僚ということで間違いないようです。
最強の「引く女」にならないよう願うばかり。

患者の立場からすると
引く人というのは、それだけの力がある人で
患者も(無意識のうちに)選んでいるのでは?
と思ったりもしますがね。
ねーさん、がんばれ。

そんな姉のたわごとを一つご紹介。

私は言わずと知れた(?)白衣フェチですが、
白衣の魔力はなかなかすごいですよね。
白衣のDr.は、頭のいい、出来る、信頼できる人(に見える。)
ついでに素敵。
イケメンは更にイケメンに、
そうでない人もそれなりに、
見せてしまうのが白衣の魔力。(笑)

姉のロッカーの隣が医師の所らしく、
普段着の医師によく遭遇するそうなのです。
その時に姉が思うことは・・・。


「白衣脱いだら、ただのブサイクなオッサンやで。
 なんや、このオッサンは!?ってびっくりする。」


らしい。(爆)
白衣は3割増しは(格好良く)見せているそーで。
白衣を脱いだらタダの人になってしまうから、
医師に白衣は必須アイテムで間違いないらしい。

そして、姉の上記の言葉を聞いた母が
「それは看護師も一緒やろ。」
とすかさずツッコミ。
そう。
看護師も白衣脱いだらただの人なり。

私と同じく白衣フェチの方、ご注意くださいませ。
ただのおっさん&おばさんですよー。(爆)
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

予約外受診

2016-08-26 23:40:08 | 慢性膵炎の通院
相変わらず暑い日々が続いてます。
もー、バテバテ。


熱中症もどき以降、膵臓の調子もイマイチになってます。
身体に一つ不具合が起こると、
他にも影響を及ぼすものなのかもしれませんね。

そして。
今日は母の糖尿病内科通院日でした。
ここ数日、夜になるとムカムカ吐き気が強くなり、
睡眠が取りづらい状態が続いていたし、
今朝には強烈な倦怠感もありました。
そんなわけで、付き添いついでに、私も受診することに。

金曜日は第二の主治医状態の膠原病のDr.の外来日です。
お優しいし的確なので、安心して受診出来ます。
話しやすさに加え、痛みへの共感度を含めると、
ある意味、主治医さま以上の存在と言えるかも
(主治医さま、お許しを〜

が、しかし。
受付を済ませたあとに驚愕の事実が判明しました。

なんと・・・。

本日、休診
えーーー!?



休診とわかっていたら、受診しなかったのにー。
貼り紙ぐらいしといてくれー。
・・・きっと夏休みですね、先生・・・。
先生も休む権利はあります・・・わかってます。

それで。
誰が代わりに診てくださったかというと
懐かしのブー先生(笑)。
患者に「どうしますか?」と尋ねてこられる、
少々、いや甚だイケてないDr.です。
(過去記事『予約外受診』『予約外受診』

それでも、私をよくご存知の看護師さんが
気を利かせてくださったらしく、
予約患者さんに割り込んだのに、待ち時間は短めでした。
30分強だったかな?

しかし、診察は相変わらずイケてません。
触診をすることもなく、
痛む腹部の場所を問われて
「このあたりです。」
と鳩尾の左側を押さえたら、
そのまんまカルテに打ち込まれてました。

このDr.には四年前ぐらいまでは、
度々診ていただいたことがあります。
でも、覚えておられなかったようで(これは仕方ない)
今日は初めて目にするものかのように
殿作成のプログレスノートをご覧になってました。

ちなみに、こう表記されてます。
特発性慢性膵炎。
ERCP+ESTで重症急性膵炎。
EUSーFNABにて急性膵炎。
ソルメドロールとブレドニン治療で膵酵素上昇。
高プロラクチン血症。

やっぱり、この病歴はビビるんですかね。

そして、採血と点滴。
「点滴は何をしてますか?」
「前と同じでいいですか?」
と聞かれてしまいました。

患者に聞いてどーすんねん。
てか、患者に聞くのであれは
「普段はどうしてるんですか。」
という質問を先にして欲しかったです。
そしたら、
点滴さえすれば治るので
いつもは採血なしで点滴だけです。

と、答えることが出来たのですがね。。。

そんなこんなで、処置室送り。
痛いというより、しんどすぎて口を開く気力もなく
点滴も採血もほぼ、されるがまま。
それでも、さすがは処置室の看護師さん。
きっちり一回でルートを取ってくださいました。

その後、二時間半程の記憶は殆どなし。
ひたすら爆睡しておりました・・・。

点滴が終わっても、まだまだだるくて
もうしばらく寝かせていて欲しかったけど、
とりあえず痛みや吐き気は治まりました。

その後、採血結果を聞くために再度診察。

Dr.曰く
アミラーゼはさほど高くないし
炎症反応も出てないし
点滴で良くなったのなら

今日は帰っていただいても、
大丈夫そうですね。


えーっと。
なんておっしゃいまし
もしや、入院を視野に
入れておられたんですか??


イヤイヤ。(笑)
私は点滴だけして貰ったら、気持ち良く治まるんで大丈夫ですよ。

このDr.はすぐに入院、入院と持ち出されらるので、
やっぱり、慣れたDr.がいいです。
(参考『突撃レポート』)

殿は勿論、膠原病のDr.や消化器内科部長でも
いつでも同じように処置してくださるので、
今日は久々に戸惑いました。
もっとも、私のように点滴さえすれば
ケロリと治ってしまう患者が稀なのでしょうね。

そんなこんなで、いつものようにスムーズにはいきませんでしたが、
結果的には望む治療をして頂いて戻ってきました。

おかげさまで、倦怠感と吐き気からは解放されました。
この暑さが堪えているのでしょう。
皆様もご自愛くださいね。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

盲導犬クイール

2016-08-24 23:55:55 | 読書
本日は、読書感想文のお手伝いのため
『盲導犬クイールの一生』を音読していました。

ダメだ・・・
泣くーーー


必死で涙を堪えつつ、読み進める私。
前もって読んだ時にも、ビービーだったので
冷静に冷静にと言い聞かせながら読んだのですが。
やっぱり無理。
動物ものは涙なしに見られません。

盲導犬は、人間の都合で働かされている可哀想な犬ではなく、
人間のパートナーとして共に生きてくれる仲間なのです。
私もこの本を読むまでは、少し考え違いをしていました。
パートナーの渡辺さんが腎臓病で倒れられたため、
クイールが盲導犬として働いたのは2年ちょっと。
渡辺さんとの別れの場面は本当に切ない。

犬を看取るのが辛くて、
パピーウォーカーを始めた仁井さん夫妻の元に
老後は再び引き取られ、結局看取って貰うことになるクイール。
『天国にいったら、仁井クイールですとはっきりと言うんやで。』
というご主人の言葉に、また、涙うるうる。

こんな本、反則だぁーー。
ああ、無理無理。
人間に寄り添い、人間と共に、
懸命に生きたワンちゃんでした。

来年は泣かずにすむ本にして貰おう。
(切実(爆))

クイール(予告)
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

熱中症もどき

2016-08-23 23:30:06 | 体調あれこれ
昨日バイト中、片耳だけが耳に水が入っているような、
気圧変化で起こる時の違和感のような、
耳抜きが出来ていないような・・・症状が出ました。
なんだろう??と思いつつ、よくわからず。
やけに、生あくびも出ました。

帰宅後、ネット調べてみたところ、
どうやら熱中症の時に起こる症状のよう。
昨日、一昨日とこちらは異様な暑さでした。
そんな中、一昨日は朝は畑で汗だく、
夜は、もう少しで蒸し鶏。(笑)
そして、昨日はバイト先での掃除で大汗を掻きました。

加えて。
私が昨日、持参した飲み物は、紅茶でした。
熱中症気味の時に、
利尿効果のある紅茶は逆効果でしょう。
そんなこんなで。
条件が揃っていたのでしょうね。
異様に体もだるかったです。
スポーツドリンクでも・・・と思ったけれど
普段飲まないので買い置きがなく、
お水だけを多めに飲んで、アイスノンで首を冷やして寝ました。

幸い、今朝には治ってました。
母も一昨日、畑から帰宅したあと
私が作ったアイスティー飲んで
同じような症状になったそうです。
35度超えになると、ちょっとしたことで軽い熱中症になるようです。
飲み物の種類にも要注意ですね。
今日は、スポーツドリンクを買いに行ってきました。
この猛暑が続く間は、紅茶を控えめにしよう思います。

私は飲まないからいいですけど、
大汗を掻いたあとのビールも危険でしょう。
みなさまもお気をつけくださいませ。

本日は処暑。
暑さが落ち着く日
だそーな。
ウソをつけーーーー!!!
コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

熱かった

2016-08-21 23:58:49 | たわごと
誤字ではありません。
今日の暑さはもはや「熱い」でした。

久しぶりに畑へ行きましたが
朝から既に猛暑。
少し動いただけでクラクラしてきたので、
適当に切り上げて帰ってきました。(笑)

朝10時で、室内でも既に33度。
TVではまるで台風情報のように
熱中症注意情報が流れてました。
耐えきれず、午前中からクーラーのお世話になることに。

この暑い日に、甲子園では決勝戦。
オリンピックばかり見ていた8月でしたが
決勝戦だけはTV観戦しました。
日曜ということもあってか、スタンドは超満員。
動員は過去最高だったとか?
オリンピックに隠れてマスコミの注目度が低かったけれど、
球場はしっかり盛り上がっていたのですね。

リオオリンピックもまもなく閉会式。
昨日と今日は新体操、一昨日はシンクロと
最後の最後まで夜更かし致しました。
シンクロでは、日本は銅メダルを獲得。
おめでとうございます。

にしても。
新体操もシンクロもロシアがダントツ。
素人目にもロシアだけ格が違うことは、
よーくわかりました。
他国はスポーツなのに、ロシアだけ芸術の域に達してます。
新体操もシンクロも、ロシアがいないと始まらないので、
ロシアがオリンピックに出場出来て良かったです。
ロシア、大好き。(笑)



さて。
この暑い日に、何をトチ狂ったのか(笑)
バーベキューに行ってきました。
今日しか予定が合わなかったのと、
半額割引き券を貰ったのが理由ですが、
バーベキューの炭火で、自分が蒸し焼きになりそうでした。(爆)

バーベキューの内容はお魚、鶏肉、焼野菜が中心だったので
膵炎でもさほど問題なく食べられました。
それなりに夏の思い出も出来ました。(笑)

元々飲まない私が、病気で飲めなくなったので、
私以外の人は遠慮なく飲めるからいいみたいです。
(運転手が確保できる。)

宴会や飲み会は嫌いじゃないのに、
どうにもお酒は受け付けなかった私。
だから、病気を盾に飲まなくてすむ現状は
むしろラッキーだと感じています。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加