Sixteen Tones

音律と音階・ヴァイブ・ジャズ・ガラス絵・ミステリ.....

ブルース @ MJQ ライブ

2016-11-25 11:52:31 | ジャズ


MJQ こと Modern Jazz Quartet を初めて生で聴いたのは 1966 年の厚生年金ホールであった.当時の録音を Youtube で漁ったが見当たらないので,一曲だけだが,CD ケース絵のスライドショーとしてアップしてみた.Slideshow DVD Creater というソフトをお試し使用した.しかし CD ケースという小さいサイズに描いたものを PC モニタの大画面で見るのはかなりの違和感.

曲はミルと・ジャクソンのブルース Ralph's New Blues だが,当時としては珍しく,ドラムスやベースのソロがある.ドラムソロのバックで喚いているのはジョン・ルイスのようで,いつになく羽目をはずしてしまったらしい.ピアノソロはシカゴの引用で始まり,ブギウギ調になり.ベースソロにこれが伝染する.この方はバックもソロも変わらないことがあるが,この日はなかなか饒舌だ.
この曲の最初のスタジオ録音よりも,テンポが早く,くだけた演奏.
Bluesology も Fontessa のスタジオ録音より,その後の Europan Concert のライブ録音の方がテンポが早くて面白い.

ライブのブルースとなると,MJQ 的にとりすました感じが消え,本音が出るようだ.
このグループにはには Blues at Carnegie Hall というブルースばかりの LP があって,こちらは全曲 Youtube にアップされている.このコンサートと動画の厚生年金コンサートは同じ年で,メンバーは 40 歳代.今思えば,この頃が彼らの最盛期だった.
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブレーメンの音楽隊 | トップ | まだ朝顔が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。