Sixteen Tones

音律と音階・ヴァイブ・ジャズ・ガラス絵・ミステリ.....

2016 学祭ジャズ喫茶 OB/OG バンドの顛末

2016-11-07 08:30:09 | ジャズ

例によって,

出ないはずの方が現れたり,
しばらく連絡がなかった方が予告なく現れたり,
徹夜明けでこれから寝るので今回は見送りという連絡が来たり,
遅刻するはずの方が余裕で出現したり,
やっと 10 分前にメンバーが揃い,
二転三転した曲目は,世話役がえいっと決めたものの
万事が徹底しないまま本番が始まり,
どの曲も多かれ少なかれチグハグでどこかヘンだった.
おまけに,10 分も時間を超過して顰蹙を買った.ゴメンナサイ.

でも,タイヘンな社会人生活を,ひととき忘れた方もおられた様子.参加された方々は,そこそこ楽しまれたらしい.

個人的反省は
1 土曜より,日曜日の方が良かったかもしれない.
2 ヴァイブにマイクをセットすればよかった.
3 Reunion の楽譜を用意しなかった...でも終了後 Reunion のテーマを口ずさむお客様もおられた.

昭和 46 年入学の K.I. 氏が初参加.
ブロの松本安生氏も卒業以来初参加.大音量でガラスが割れることを期待したが杞憂であった.

Ricado Bossa, Fly me to the moon, Over the rainbow, Reunion Blues の4曲でした.

『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 唐牛伝 | トップ | 銅版画を買った »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ジャズ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。