いつか、きっと・・・

BEASTからのHighlight(ユン・ドゥジュン君)、チェ・テジュン君、大泉洋さん。
いろんなこと書きます。

撮影中

2016-12-28 14:16:15 | テジュン君

「ミシンナイン」チェテジュン、無限のシナリオホリック。トラブルメーカー変身


(ソウル=ニュース1スター)枚美しい記者= 'ミシンナイン」のチェテジュンが撮影現場の情熱俳優として浮上した。

MBC新しい水木ドラマ「ミシンナイン」(クリエイターハンジョンフン/脚本ソンファンウォン/演出チェビョンギル)側28日チェテジュンがいつも台本と一緒にいる姿が盛られた撮影現場の写真を公開した。

チェテジュンは「ミシンナイン」でチョン・ギョンホ(ソジュンオ役)、バクチャンヨル(二列役)と同じグループ出身で、俳優に転向して、第2の全盛期を迎えたチェテホ役を演じる。劇中チョン・ギョンホに持っていた劣等感が残って、彼と対立の構図を形成し、ドラマの中緊張感を高める役割を担う予定である

チェテジュンの撮影現場の写真が公開された。 ©News1star / SM C&C

また、チェテジュン(チェテホ役)は、無人島に墜落した後に生存のために利己的な姿を見せてくれて、チョン・ギョンホをはじめとする遭難者の間の葛藤を起爆させる予定である。このように無人島のトラブルメーカーと呼ばれる彼の強烈な演技変身に関心が加えられている。

これらの演技変身のためにチェテジュンは撮影の合間に手で台本を置かない情熱で視線を奪っている。これは、休み時間にも緊張を緩めずに練習に没頭するなど、引き受けた役割を完全に消化しうとチェテジュンの列を推察させる。

このように撮影現場で、時と場所を問わずに表示される彼の台本愛の努力は、そのまま作品の中に含まれてチェテホというキャラクターの魅力をさらに引き立てする見通しである。生存の岐路前わがままを表わして「ミシンナイン」で格別な存在感を発揮チェテジュンの活躍に期待が集まる。

一方、「ミシンナイン」は、大韓民国を衝撃に陥るした飛行機事故で失われた9人の話を扱う。無人島漂流という極限の状況であらわれる人間の本性と隠蔽された真実、飛行機事故による社会各界各層の葛藤と心理戦を激しく描くスペクタクルミステリードラマ。しっかりしたストーリーと緊急性あふれる展開、派手な映像美でミステリージャンルムルにのどが渇いた視聴者の欲求を満たすためにことを予告している。「重量挙げ妖精ギムボクジュ」の後続で来る2017年1月に放送される予定だ。

 

テジュン君、トラベルメーカーなんだ。

なんか真面目な役しか観たことないからどんな感じになるのか楽しみです。

 

私がいつも気になってること

前髪どうにかしたほうがいいよ。上げたほうが絶対似合うよ。なんか余りにも揃いすぎてて・・・

「笑っちゃうデコメ」の画像検索結果

寒いから体調に気をつけて、怪我にも気をつけてね。

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« こんな記事が(^_^;) | トップ | 事務所のインスタ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

テジュン君」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL