いつか、きっと・・・

BEASTからのHighlight(ユン・ドゥジュン君)、チェ・テジュン君、大泉洋さん。
いろんなこと書きます。

インスタ

2017-11-30 20:57:25 | ドゥジュン君

訳:平昌オリンピックファイティン!

 

ドゥジュン君、ごめんね。笑っちゃった。なんだかドゥジュン君に見えなかったよ。

 

ソウルも寒いんでしょ?雪降ってたもんね。風邪気をつけてね。

コメント

MAMA

2017-11-30 20:35:02 | K-POP

【2017 MAMA】パク宝剣・キム・ソヒョン・ソ・ガンジュン。レッドカーペットを華やかことで染めるある

2017 MAMA写真= Mnet

 '2017 MAMA in Japan」の序幕が上がった。総合コンテンツ企業CJ E&Mは開催され、日本の横浜アリーナで開かれた「2017 MAMA(Mnet Asian Music Awards、エムネットアジアンミュージックアワード)」の人気頂点を撮っているアーティストと授賞者がレッドカーペットに上がったこと。

29日午後5時から約一時間半にわたって行われた「2017 MAMA in Japan」のレッドカーペットは、新アヨン、ジョセホ、ジスクがMCを引き受けて滑らかな進行を披露した雰囲気を精一杯引き上げた。アーティストと授賞者たちの姿を見るために多くのファンがレッドカーペットゾーンをいっぱい埋め、MCの進行に一緒に呼吸し展開を継続した。

レッドカーペットには、Wikiのミッキー、清河、プロミス_9、プリスティン、ワーナーウォン、モンスターXは、アップデートワイス、セブンティーン、ニューイーストW、ジーコ、EXO-CBXが上がって「2017 MAMA in Japan」で繰り広げるパフォーマンスに対する期待感を高めた。また、アイオワ州の子供のメンバーたちとアジア地域との間の共存と調和を象徴するコラボステージを披露することで予告したことがあるAKB48の登場にファンは歓呼した。

ここで、ホスト朴保剣はじめ、ソンフン、イホジョン、イソンビン、ソ・ガンジュン、イム・ジュファン、キム・ソヒョンなど登場だけでも視線をひきつける最高の俳優が一堂に立った。また、矢野志保&秋山夫婦と日本授賞者である原田龍二、石田ニコル、藤井ミナなど日本のスターたちも一緒にしてきたアジアの人々が一緒に楽しむ授賞式である「2017 MAMA」であることを証明した。

「2017 MAMA in Japan」の授賞式は、Mnetチャンネルとアジア14の国と地域の主要チャネルとオンラインプラットフォームを介して同時生中継され、Mwaveを通し、全世界180カ国以上でのオンラインライブで視聴することができる。

一方、今年の9回を迎えた「MAMA」はNo.1総合コンテンツ企業CJ E&Mが主催するアジアを代表する音楽授賞式だ。1999年の「Mnet映像音楽対象」で始まる、大韓民国音楽産業の成長と一緒に安定した進化を重ねてきて、約10年の間に国内で開催してき2009年を基点に「MAMA」に変貌した。2010年からは、マカオをはじめとグローバル進出以来、2011年シンガポール、2012年から2016年まで香港でつながって単純な年末の音楽授賞式を越えて全世界の人々が楽しむ音楽祭であり、グローバルコミュニケーション窓口、アジア大衆音楽普及の場として定着した。
 
 
そういえば、IUちゃん出るって書いてあったような気がしたけど出ませんでしたね。
 
キム・ソヒョンちゃんって・・・旗振ってたような・・・私そういうの敏感ですからね。
 
 
 
MAMAのインスタです。
 
 
秋山さんとボゴム君。
SHIHOさんとボゴム君
EXOとSHIHOさん
カラー編
SHIHOさん綺麗。
 
佐藤健君とボゴム君
佐藤健君は、サプライズゲストだったようです。健君といえば、ホンギ君とお友達ですよね。
2人ともかっこいいなぁ。

11月30日、アミューズの公式SNSに佐藤健とパク・ボゴムの楽屋ツーショットが公開され、話題を集めている。

パク・ボゴムと佐藤健は、29日、横浜アリーナで開催された「2017 MAMA in Japan」に出席。パク・ボゴムはホストとして、ステージに上がり、今最もホットな韓国俳優としてたくさんの視線を集めた。一方、佐藤健はベストダンスパフォーマンス男性グループの授賞者として、当日サプライズで登場し、会場を沸かせた。

佐藤健は、映画「るろうに剣心」で韓国でも人気を集め、2015年には「第20回釜山国際映画祭」にも参加し、現地ファンから熱い歓声を受けた。

日韓を代表するイケメン2人のツーショットに、ファンの視線を惹きつけている。


 
コメント

良かったε-(´∀`*)ホッ

2017-11-30 20:16:28 | 韓国俳優

KBSも確定。地上波3社の年末音楽祭正常開催

]公営放送のメンバーのストライキの影響で年末授賞式開催するかどうかが不透明だった中で、地上波3社の年末音楽祭を正常開催することにした。KBSがジャンゴの最後に「歌謡大祝祭」の開催を確定し、3社とも年末の祭りの場を用意することになった。 

30日放送界によると、12月25日、ソウルゴチョクドームで開かれるSBS「歌謡大典」を皮切りに、12月29日KBS「歌謡大祝祭」、MBC「歌謡大祭典」が例年と同様に行われる。当初、通常の開催を確定したSBSに比べ、今年はKBSとMBCがゼネストを経験しながら歌謡授賞式にも支障が生じると予想されたが、3社すべての長い議論の末、最終的に開催する方向で糸口をつかんだ。 

一番最初に出演を確定したのはSBSだ。ユ・ヒヨルとアイユが2017 SBS「歌謡大典」のMCに抜擢された。IUは2015年には、ユ・ヒヨルは2016年SBS「歌謡大典」でMCとして活躍したことがある。現在KBSも製作陣を確定した状態でプログラムを構想している。 

9月4日にゼネスト以来録画や放送を中断したMBCは13日のストライキ終了と放送正常化を宣言した。各芸能プログラムとドラマなども再び所定の位置を探している状況である。 

 

Highlightが出ないからなんとも寂しですが・・・SBSは生で観れるかな?


コメント

日本からも?

2017-11-30 20:13:42 | K-POP

「プロデュース48」、韓日両国の単一のガールグループのプロジェクト[公式]

音楽専門チャンネルMnetが韓国時間で29日(水)夜7時に開かれた「2017 MAMA in Japan」の舞台で2018年超大型プロジェクト「プロデュース48 'を予告した。

2017年空前のヒットを記録し、国内歌謡界と放送界を熱くした「プロデュース101」と名実共に日本を代表する国民アイドルAKB48を連想させるタイトルだ。

「プロデュース48」は「国民が直接アイドルデビューメンバーを選抜」する韓国プロデュース101システムと日本の最高のプロデューサー秋元康の「会いに行けるアイドル」をコンセプトに、専用劇場で常時ライブをする日本AKB48システムが結合されたプロジェクトだ。両国単一のグローバルガールグループが「プロデュース48 'を介して誕生する予定である。毎回革新的果敢な試みとしてトレンドを導いてきたMnetは、このプロジェクトを進めるためにプロデューサー秋元康と手を握ることに決めた、韓日両国の視聴者と音楽ファンに新しい経験を提供するために、秋元康と協力して、本格的なプログラムの準備に入る。

「プロデュース48 'は29日、「2017 MAMA in Japan」の現場に集まった観客はもちろん、TVとオンラインを介して鑑賞しているグローバル視聴者の前でティーザー映像で最初姿を現した。韓 - 日文化交流の新しい信号弾になる日本での最初のMAMAを記念して、日本最高のアイドルAKB48がMnet「プロデュース101シーズン1」のIOIメンバー出身のガールズグループと合同舞台を飾り、AKB48を生み出した総合プロデューサーの秋元泰が功労賞(Inspired Achievement)を受賞した直後のことである。映像は、タイトルと「2018 Coming Soon」という字幕がすべてだったが、好奇心を呼び起こすのに十分だった。期待に満ちた観客の歓声が横浜アリーナ現場を埋め尽くした。

Mnet「プロデュース48 'は、2018年の放送され、秋元康の優れたプロデュース能力の産物であるAKB48とMnetの代表的なアイドル選抜プログラムプロデュース101システムの組み合わせによって前代未聞のスケールのプログラムになると期待される。

 

これを発表するために日本で開催したのか?

日本の最高のプロデューサー・・・秋元康さんですよ。秋元さんといえば「おニャン子クラブ」世代です。夕やけニャンニャン観てました。

どんな感じになるのか楽しみです。

コメント

お帰りなさい^^

2017-11-30 20:07:42 | バラエティ

「キム・ビョンマンが帰ってきた "..4ヵ月の空席タイト満たした「ジャングルの法則」

ミンソンホンPD(左から)イ・チョンヒソルビンキム・ビョンマン朴セリ江南ギムファンが30日、ソウル陽川区木洞SBS 13チュンホルで開かれたSBS「ジャングルの法則 - クック諸島」の記者懇談会に出席しヘトダ。 /写真提供= SBS

キム・ビョンマンが4ヶ月ぶりに「ジャングルの法則」に戻ってきた。去る7月に米国でスカイダイビングのトレーニングを受けていた間にけがをした彼は、手術後無事復帰を発表した。ここで前のゴルフ選手パク・セリが「ジャングルの法則」最初に女性の首長で登場して力を加えた。

SBS「ジャングルの法則 - クック諸島」の記者懇談会が30日、ソウル陽川区木洞SBS 13チュンホルで開かれた。キム・ビョンマン、パク・セリ、イ・チョンヒ、ギムファン、江南、ソルビン、ミンソンホンPDが参加した。

キム・ビョンマンの復帰舞台となった34基のボトル満足の生存れる南太平洋のクック諸島である。ニュージーランドのも3000kmをより移動しなければならクック諸島は、太平洋最後の奥地に15個の島に行われた。エメラルド色の海と数十個の地下の洞窟、熱帯雨林などの生のままの様々なジャングルが存在する神秘的な島である。

キム・ビョンマンは「スカイダイビング大会を準備していた。4人の呼吸を合わせなければならました私は、他の三人より体重が少なく出て10kgの鉛をガレージ訓練に臨んだ」とし「ランディングをするべきなのに、鉛を考えずに、私は、元のランディングをしていた時点でしまう風に怪我をした」と説明した。

続いて「心配させておかけである。あまりにも危険な行動はしない」と述べた。

キム・ビョンマンは体の状態について「100%とすると嘘であり、その程度の手術がうまくなった回復が早かった」とし「医師が運動選手かといったよ。少しずつ動かしながらできる限りした。それ着実にするから回復速度が速くなるよ」と現在の体調について説明した。

キム・ビョンマンが「運動選手回復速度が速い」とジャンプをしてみであり、ある./写真提供= SBS

部族長江南は「キム・ビョンマン型が以前と違う姿がなかった。驚くほどの回復が良かった。型があまりにもハードくれてびっくりした」と話した。

女性族長に「ジャングルの法則」に加えた朴セリは「直接行ってみるから、本当にリアルだった。愛聴者として「ジャングルの法則」を楽しんでみた」とし「いざ行ってみるからも大変だったすべての生存が経験したことのない状況だった」と驚いた。

続いて「しかし、不足員の呼吸がとてもよく合ったし大変だおもしろく楽しい時間を過ごした。族長の桁が重要だと感じた」とし「キム・ビョンマンがなかったら、私たちが無事に撮影を終えなかったようだ」と付け加えた。

今回の「クック諸島」編は非常連絡網論議で非難を買うこともした。「ジャングルの法則」後発隊で撮影していたチョン・ジュニョンが故キム・ジュヒョクが交通事故で死亡したニュースを一歩遅れて接したこと。これはすなわち「ジャングルの法則」の緊急連絡網の議論につながった。

ミンソンホンPDは「韓国での準備もしてジャングルでも考えている。緊急連絡網がないことについて話が多かった」とし「事実現地の状況が複雑だった。現地の電話会社に火災があり、所定韓国と有無線インターネット連絡が不可能になった」と当時の状況を説明した。

続いて「私たちは、常に持ち歩く衛星電話があり、発信中心使用しており、連絡を受けることができない状況があったからこそ、緊急連絡網の話が出てきた」とし「安全チームのすべてのスタッフが集まって緊急連絡網とともに、安全性についてどのようにより徹底的に準備をすべきか継続議論している」と述べた。

「ジャングルの法則 - クック諸島」編は12月1日午後10時、最初放送される。

 

ビョンマンさんがいない「ジャングルの法則」は、福神漬けのないカレーライスみたいですものねないとなんか寂しい。みたいな。

いないと困りますものね。毎週、衛星劇場で観てます。ゲストによってものすごく楽しい時とそうじゃない時とありますが。

 

無理せずこれからも頑張って活動してくださいね。

コメント