いつか、きっと・・・

BEASTからのHighlight(ユン・ドゥジュン君)、チェ・テジュン君、大泉洋さん。
いろんなこと書きます。

楽しみ^^

2017-03-31 21:01:35 | テジュン君

チェ・テジュン、チ・チャンウク&ナム・ジヒョン主演「怪しいパートナー」に出演決定…4日に台本読み合わせ

チ・チャンウク、ナム・ジヒョン、チェ・テジュン、HELLOVENUS ナラがSBS新水木ドラマ「怪しいパートナー」への出演を確定し、本格的な撮影の準備に取り掛かる。

チ・チャンウク、ナム・ジヒョン、チェ・テジュン、ナラは韓国で5月に放送される「怪しいパートナー」に出演する。SBSの関係者によると、彼らは4月4日の初の台本読み合わせを行う。初撮影も翌週に予定されている。

当初「この女に気をつけてください」というタイトルで知られたこの作品は、最近「怪しいパートナー」にタイトルを確定した。「ボスを守れ」「私の恋愛のすべて」「君を憶えてる」を執筆したクォン・ギヨン脚本家と「テバク」「青い海の伝説」を共同演出したパク・ソンホプロデューサーが演出を務める。

「怪しいパートナー」は、ノ・ジウク(チ・チャンウク) とウン・ボンヒ(ナム・ジヒョン) が偏見に満ちた世界と戦って和解し、犠牲を払って成長していくストーリーを描く胸キュン恋愛ドラマだ。チ・チャンウクが務めるノ・ジウクはイケメンで数学、音楽、スポーツまで多方面の才能を持っている人物で、父親の夢と人生を代わりに実現するために検察官になったが、意図せず弁護士に転職することになる。

また、ナム・ジヒョンはテコンドーユース選手出身から見習い検事になったウン・ボンヒ役を務め、明るく元気な魅力をアピールする予定だ。チェ・テジュンは複雑な家庭環境で厳しい思春期を過ごした後、弁護士になったチ・ウニョク役を務める。特に、チ・チャンウクとチェ・テジュンは実際にも親友だということで、共演に期待が高まっている。

最後にHELLOVENUSのナラは、海外研修を終えて復帰した検察官チャ・ユジョン役を務める。ナラは「怪しいパートナー」を通じて初めてドラマ演技に挑戦するが、オーディション現場で全員一致で合格点を受けたということで関心を高める。

「怪しいパートナー」は「師任堂、色の日記」の後番組として、5月中に韓国で放送される。


このドラマ・・・スンホンさんのドラマの後なのかぁ。

そんなの気にしない・・・大丈夫。

テジュン君、弁護士役かぁ。絶対似合う。検事役似合ってたもの。

チ・チャンウク君もそろそろ・・・近いですよね。これを最後になのかな?

2人とも頑張ってね。

コメント

インスタ&いろいろ・・・追記

2017-03-31 20:57:27 | Highlight

訳:ありがとうございます皆さん!さらに熱心にするハイライトになります。!ナイス!!!!!!!

何気ない仕草がもう・・・もう・・・もう・・・ドキドキする。

 

ミューバン今日も1位おめでとう。4冠達成

みんなのインスタ

昨日のサイン会の衣装・・・開襟シャツ・・・

記事上げます

ビーストはなく、ハイライト、「ミューバング」1位に4冠... ガールズデイカムバック

ビーストでハイライトに変身した五人のメンバーが1位大行進に出た。


31日放送されたKBS2「ミュージックバンク」でハイライトが1位に上がった。この日の候補には、ハイライト、ツリーワイスが上がってトロフィー対決を繰り広げた。


ハイライトの「顔ひそめないで」は、中毒性のあるメロディと「顔ひそめないで」というユニークで気の利いた歌詞が印象的な曲だ。


派手なカムバック舞台も続いた。セクシー大統領と呼ばれるガールズデイが完全体で戻ってきて書き込んで、ソロ歌手シンヒョンオ、グジャミョンがカムバックして甘い感性を自慢した。


この日 'ミュージックバンク'でBA BA、BIG、B-Side、シエンブルー(CNBLUE)、ゴッドセブン(GOT7)、MVP、プリスティン(PRISTIN)、ビクトン(VICTON)、ガールズデー、九九、グジャミョン、ロメオ、モンスターのX 、ブレイブガールズ、セブンオクロック、シンヒョンオ、イソンジョンバンド、J-Min、ピーター限り、ハイライトが出演した。

 

このままいってほしい・・・5人だから大丈夫。誰ひとりかけることなく・・・

 

この記事も。待ってた方多いんじゃないでしょうか?

チャン・ヒョンスン、フィーチャリング曲サプライズ発表。ビースト分裂後の最初の歩み

グループビーストのチャン・ヒョンスンがチーム分裂を経験した後の最初の歩みに乗り出す。自分の正式なソロ曲はありませんが、普段親交のある仲間の女性歌手の新曲フィーチャリングを通じてだ。31日歌謡界によると、チャン・ヒョンスンは1日午後に公開される女性歌手オ切れ味の新曲フィーチャリングアーティストとしての声を加えた。オ切れ味は2009年MBC「大学歌謡祭」大賞を受賞したデュオ「このまま出てきた女」のボーカルメンバーで、当時「群系舞鶴」という歌で大きな注目を受けたボーカリストだ。以後、2013年キューブエンターテイメントと契約してアコースティック感性曲で活動している。 

今回の合同作業は、かつてキューブで同じ釜の飯を食べた二人の親交で行われた。それぞれ追求するジャンルは違っても新曲を通じた風変わりな組合せである。2年前ビーストと自身のソロアルバムの後新曲の活動が皆無だったチャン・ヒョンスンは自分の新曲はありませんが、久しぶりにファンに声を聞かせてくれるようになった。ビースト分裂事態を経験した後の最初の歩みでもある。

昨年4月にビーストを残したチャン・ヒョンスンはあいにく再び3人組で再誕生するビーストの主軸になった状況である。ヤン・ヨソプヨン・ジュンヒョンユン・ドゥジュン、イ・ギグァン、ソン・ドンウンなど5人獣を離れ、現在ハイライトで再デビューして活発な活動を進めている。

チャン・ヒョンスンは、2009年にデビューしたビーストの元年メンバーで2人の新しいメンバーの勧誘と一緒に再跳躍を準備している。また、ハイライトは新曲「顔ひそめないで」で各種音楽順位プログラム4冠王に上がるなど成功したカムバックを知らせた。 

この女性と?準備はしてると記事で見てましたけど・・・女性とだったんですね。ヒョナちゃんとはもうユニットやらないのかな?

ヒョナちゃん他の子とやるって言ってましたが・・・

ヒョンスン君ファンの方は、ずーっとずーっと待っていたと思います。これから頑張って欲しいです。1人だからいろんな意味で大変だと思うけど・・


事務所のインスタ、追記します。

そういえば、ツイにドンウン君のチェキ欲しいって方いたけど・・・私持ってる。しかもドゥジュン君と交換してくれるって・・・魅力。

私、twitter・・・やってないのでね

コメント

昨日のインスタ&ミューバン

2017-03-31 14:10:20 | Highlight

訳:ナイス、エムカウントダウン!皆さんのおかげで今週1位!!!!!ありがとうございます、ありがとうございます。ありがとう。

おめでとうホント嬉しいよ。このまま突っ走っていってね。

ミューバン出勤です。

ドゥジュン君たちは、KBSの門の外から1人1人入らないの?あれね・・・見るたびに驚いちゃうの。地下駐に車通さないんだね。そもそも、KBSは地下駐あるのか分からないけど。日本じゃありえないのよね。危険だと思う。

この衣装好き・・・

歌ってる姿も、もちろん・・・・

 

コメント

今日のインスタ&サイン会

2017-03-30 20:28:57 | Highlight

このインスタPM2:00頃には上がっていたはずなのに・・・インスタ再読込みすればよかったのかな?

訳:蜜~~~(甘いってことかな?)

ドゥジュン君・・・醤油味の炒め物?ある程度料理するようになったのかな?

お母さんのお誕生日に作ってあげれば良かったのに・・・イタリアンじゃなくて。(今、イタ飯は死語?)

そして今日はサイン会があったみたいです。

こういうのたまらない

袖長すぎない?なんとなく流行ってるの?なんか・・・同じ穴あいてるし。

何味?

まだまだ出てくると思いますので、明日追記します。

またまた、サイン会の画像です。

ダブルピース

こちら事務所のインスタ。今更な感じですが・・・

8無題

ショーチャンの後お仕事だったみたいでドゥジュン君いません。

 

コメント

初の悪役

2017-03-30 14:34:41 | ナックスさん

向井理、初バーテンダー役!大泉洋&土屋太鳳と主演3人“演技合戦”

俳優、向井理(35)が4月22日放送のフジテレビ系「ドラマ・ミステリーズ~カリスマ書店員が選んだ珠玉の一冊~」(後9・0)で、誘拐犯役と芸能界に入る前まで生計を立てていたバーテンダー役に初挑戦したことが28日、分かった。短編ミステリーを映像化した3話オムニバスで、向井、大泉洋(43)、土屋太鳳(22)がそれぞれの作品で主演。大泉は“殺人者”役、土屋は妊婦役を演じ、演技合戦で火花を散らす。

明大時代のアルバイトを含め、芸能界入り前まで約6年間バーテンダーを務めた向井が、実体験も生かして視聴者を“酔わす”-。

 同作は、さまざまな本に精通する全国のカリスマ書店員が、数ある短編ミステリーの中から選んだ珠玉の作品を映像化したオムニバス。全3作品に共通するのは、どれもどんでん返しの結末が存在することだ。

 その一篇「情けは人の…」(作・今邑彩氏)は、見知らぬ中年男が計画した誘拐を手伝う男が主人公。向井は、さわやかなイメージを覆す誘拐犯役に初挑戦。しかも、役柄はアルバイトのバーテンダーという設定だ。

 劇中でバーのシーンはさほど多くないが、バーテンダー時代にスカウトされて芸能界入りした向井は「とても懐かしかった。実生活でも長くやっていましたので、もっとやっていたかったぐらい」と、撮影中もノリノリだった様子。

 「妻の女友達」(作・小池真理子氏)に主演する大泉は、妻を家政婦のように扱う女性に恨みを募らせるあまり、“殺人者”に変貌する役どころ。「ラストには“驚き”が待っています!」と自信満々だ。

土屋は「恋煩い」(作・北山猛邦氏)で、彼氏の子供を妊娠するも、彼の浮気を疑う主人公を熱演。こちらも予想だにしない結末が待っており、「あまりに哀しい話」とアピールする。

 3作品の演出を手がけたのは、映画「ゼロの焦点」などで知られる犬童一心監督(56)。実力派キャスト3人による“三重奏”が、ぜいたくで極上のミステリーを紡ぎ出す。

 

これは楽しみ^^大泉さんの悪役・・・

そして昨日こちら届きました。

水曜どうでしょうDVD第26弾「四国八十八ヵ所Ⅲ/日本全国絵ハガキの旅2」

ずーっとどの作品よりも観たかった、作品です。この作品で初めてリーダーの森崎さんを見ました。

パパパパパフィー・・・懐かしい。

 

そして今日やっと会報届きました。まだ見てませんが・・・

 

大泉さん・・・週刊誌に載っていたことを事務所のブログに書いています。載せて大丈夫だよね。ファンクラブ入ってなくても見れるから。

なんか、ネットのニュースで松田龍平くんが現場に台詞覚えないで来て僕がキレたみたいな見出しが出てたけど、全くそんな事ないですから(^_^;)
龍平君は確かに連ドラで忙しかったけど、もちろんちゃんと台詞覚えて来てたし、完璧に高田を演じてました。
探偵の現場はいつものことながら、終始穏やかでいつもみんなで笑ってたから、記事見てびっくりしました。
多分撮影前の制作発表で彼が「まだ台本読めてません」って言って僕が記者さん達の前でキレたっていうやり取りから来てるのかなぁ。
そしてあの時だって実はもちろん台本読んでたんだけど、現場を盛り上げようとあー言ったんだよね。
そういう計り知れない面白さのある人なのです。
松田龍平というひとは。
本当に魅力的な人ですよあの人は。

長々失礼しました!
それでは!今日も頑張ります!

ちょっとしたことで、書かれちゃうからなぁ。私もファンのみなさんも気にしていないでしょうけど。ナックスさんたちを見てきている方たちは、分かっていますから。

これから情報解禁されるものもあるみたいです。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


コメント