YSK-BLOG

つぶやきまとめと通常日記を行うブログ

ギャルゲーレポート:『北へ。White Illumination』(DC)

2012-02-21 | ギャルゲーレポート
2012年の3月、ハドソンがコナミに吸収合併されることに。
ブランドは残るというが、実質それも数年の命だと思われる。
そんなわけで、手持ちのハドソンゲームは無いかなと漁ってみたら、ドリームキャストで発見したので、
今回はそのソフトをプレイすることになったのだ。




ども、このゲームをやる時点でメッチャクチャ寒いです。
ここでバニラアイスなんか持って来られた日には殺意すら覚えるかもしれません。

まぁ、今回はバニラアイスとはまったく関係ないんですけど。


今回プレイするゲームソフトは、この寒いのに行くんですか?

『北へ。』です。



『北へ。WhiteIllumination』
ドリームキャスト発売直後にさっそうと登場した北海道トラベルコミュニケーションゲーム。
そのためか、かなり力を入れて作られているおり、
中でも斬新なのが、CBSと呼ばれるコミュニケーションブレイクシステム。
女の子が話している最中、話題を変えたり、話を振ったり、
時には聞かれたことに返答をすることが可能となっている。

また、北海道の各名所を回ることがあるが、背景は全て実写で表示。
実際にある店や名所などが紹介されているのが特徴である。


高校2年生の主人公は夏休みを利用し、14日間の北海道旅行に出かける。
札幌にいる親戚の家でお世話になりながら、従妹の春野琴梨を初め様々な女の子と出会い、
北海道の名所を回りながら、夢や悩みなどの会話を通じて仲を深めていく。

そんな女の子に恋してる事に気づいた主人公は、年末に再び北海道を訪れることに。
札幌・大通公園で開催される「ホワイトイルミネーション」の街路樹の下で、
心に決めた相手に告白をする・・・という話である。




まず起動してすぐに流れるOPソングがなんか耳に残ります。

これは何度もサビを流すからでしょうか。
それとも、なんか中毒性が高そうなリズムだからなんでしょうか。

とりあえず、歌は動画サイト(YouTube)にあります↓
http://www.youtube.com/watch?v=RqqBgk7TdSA

・・・。

どうでもいいけど、gooブログって動画埋め込みもできないのね。
さすがNTTグループ(ぉ




そんなわけで、ゲーム中の季節は夏。
北海道の大地に立つ主人公。
いい季節ですね。


背景はすべて実写の写真で表されてます。

しかし、このゲームの発売は1999年

10年以上前です。

この中で、もう変わっちゃった店とかもあるんでしょうかね(ぉぃ)



さて、早速従妹の琴莉と再会。
電車に乗ってると早速CBS会話とか来ましたよ。
タイミングでXボタンを押すと、選択肢が現れて話題を振ったりします。

時には返事を返すことも。
ただ、その時の二択が肯定か完全否定なセリフ。
例えば

・そうだね
・バカじゃないの?


下の選択肢なんか相手怒らせる気満々です。

同じレッドカンパニーが開発を担当した、
このソフトの一年前に発売された『みつめてナイト』を彷彿とさせます。

・・・・。

今現在、分かる人が居ないような気がしますが(ぇ




気を撮り直して、電車を乗り換えて地下鉄へ。
どうでもいいが、琴莉は電車のことを汽車という。
おかげで北海道は線路が電化されてないのかと思った(ぉぃ)



そんなわけで、北海道旅行は従妹である琴莉親子の家に滞在する。


琴莉がラルズへ買い物に行くという。
それに付き合うことになるのだが、
「ラルズ」って何?


とりあえず付いて行くと、着いた先は大型スーパー。

「ラルズストア」は北海道で展開しているショッピングマーケットだそうです。

へ~。

ていうか・・・

「スーパー」って言ってよ。

スーパーなんて地域によって違うんだから
店の名前言われても地元民しか知らないと思う。

そしたらこっちもマルエツとか言うぞ(何




このゲームでは、食事も実際の写真で毎回表現されます。
琴莉が料理好きなので、毎回凝った料理が出てくるわけですね。
わざわざ一品ずつ作ったんでしょうか、気合が入っています。

しかし、それはいいとして、
とある日のイベントでは琴莉の母親が作ることも。
仕事柄、なんか罰ゲーム的な実験料理が登場します。

たい焼き鍋とか、

バームクーヘンやレモンのはいったカレーライスとか・・・

もちろん、これも写真付き


わざわざ作って撮ったんでしょうか。


そして、それは美味しく頂いたんでしょうか。
気になります。



料理といえばジンギスカンも出てきます。
そこで、北海道ではどこの家庭でもジンギスカン鍋があることを聞く。

・・・・。

それは、大阪の家庭にはたこ焼き器
標準装備されてるって言われてることと同じなんですかね?

そして、それは信用してもいいんしょうか。


北海道の人に言ったらどつかれないか心配です。



そんな感じで、
北海道の親戚の家に滞在し、その土地の生活や料理、
そして名所を、そこで出会う女の子たちに出会いながら堪能していきます。
ただ、女の子たちに案内されてる時のセリフが説明じみたものになってますが、まぁその辺は気にしないことにしましょう。
CBSという会話システムのおかげで、セリフを飛ばすことが全くできませんが、
ゲーム全体の尺は短いので、クリアにそんなに時間はかかりませんでした。

それにしても、ゲーセンやカラオケとかの遊びでも、ミニゲームが挿入されるのにはびっくり。
なんていうか、気合入れ過ぎじゃないですかね。
ほんと、この時のセガはドリームキャスト売るのに必死だったんだなということが伺えます。
末期の手抜きソフトとは大違(ry



さて、そんな夏休みの間に、ある一人の女の子への気持ちが確かなものになったら、
また年末に北海道を訪れることになります。
大晦日に札幌・大通公園で開催されるホワイトイルミネーションの街路樹の下で、
年越しのキスをした恋人たちには、永遠の幸せが約束されてると言われているということで、
ひと夏で気になった女の子と再会するわけです。


・・・。


てか、そんなロマンチックなイベントが現実にあるんですかね?

私は大通リ公園って言ったらさっぽろ雪まつりぐらいしか知らないんですが。
てか、このゲーム、プレイするまでずっと
ラストは雪まつりだと思ってました(ぇー;


というわけで、北海道旅行疑似体験でした。

北海道へは修学旅行で行ったぐらいなんですが、函館、小樽、札幌あたりは懐かしかったですね。
ゲームとしては10年以上前の代物なので、風景とかあまり変わってないかちょっと気になるところですね。

それにしてもこのゲーム。
たまに「リブレット」とかいう名称が出てくるんですが、
どっかで聞いた名前だなと思ったら、過去に発売してた東芝のノートPCのことじゃないですか。
てか、ノートPCならノートPCでいいじゃん!

・・・・。

とまぁ、そんなよくわからない企業タイアップもあった、
以上、『北へ。』レポートでした。
コメント (4)

ギャルゲーレポート:『学☆王-THE ROYAL SEVEN STARS-』

2012-02-11 | ギャルゲーレポート
ご無沙汰しております。

えー、今回は久しぶりのPC美少女キャラクターゲームもといエロゲーなんですが、
なんと、このブログでは珍しく新作です。
『学☆王-THE ROYAL SEVEN STARS-』です。


『学☆王-THE ROYAL SEVEN STARS-』
学園生活を楽しみたいと、宇宙からの留学生として遠路はるばる地球にやってきた大陸(ひろと)
学園長の孫娘の家に居候しながら、期待を胸に近衛ヶ原学園に通うことになったが、
なんとその学園は全校生徒が7人しかいないことが判明。
どうやらこの学園は、ジュネシスというハイテクな独立学園国家からの嫌がらせを受け続け、今や廃校寸前に追い込まれてい
た。
そして、大陸が転入してきたタイミングを見計らっていたのか、
ジュネシスはマスター試験というものを突きつけ、これに合格できなければ全員退学という条件をつけてきた。

それを聞いた大陸。
実は彼は、地球の学校に通うだけでなく、なんとそのジュネシスを侵略せよという特命を受けていた宇宙人の王子様だったのだ。
そんなわけで、大陸王子はジュネシスに堂々と宣戦布告。
7人の仲間・・・ロイヤルセブンスターズと共に一致団結し、ジュネシスが放つ
イレブンマスターと呼ばれるエリート教師軍団によるマスター試験に挑むことになる。

テキストを読み進めながら、途中スペースキーを押してヒロインを選んだりして物語を変化させる
学園を舞台にした恋愛アドベンチャーゲームである。




楽しい学校をテーマにしたという『学☆王』・・・
学校の王子様ってとこですか?(ぇ

そんなわけで、ランプオブシュガーの作品は意外に初めてなんですが、やってみたいと思います。



主人公が地球に、まるで出戻ってきた小惑星探査機のごとく墜落してきたところから始まる。
主人公の名前は「大陸」・・・たいりく?

・・・・

なんか"ひろと"って読むみたいですよ?

・・・

他には

光莉(あかり)
海月(うづき)
比奈夕(ひなゆ)
アンネマリー


ね、もう
素敵な漢字の組み合わせ。あ、アンネマリーは別か。



さて、早速この作品の主要ヒロインである光莉とは
早速風呂場で遭遇することになります。
・・・・
なんでそうなったかと聞かれても
こっちもどうしてこうなったとしか。

そして大陸は光莉の家に滞在し、学校に通うわけですが、他のヒロインとの出会いもハプニングだらけ。
更衣室で着替え中のところに遭遇したり、
廊下で衝突して転んだ女の子のスカートの中を凝視したり、
挙句の果てにはトイレ中のところに突撃したりと、凄まじいラッキースケベぶりを発動。

てか、どうやったら男女別のトイレで遭遇できるんですか?


それから廊下でぶつかったアンネマリー。
お前はパンツを穿け。

俺はスカートから見えるパンツが
大好きなん
(殴




さて、やる気に満ち溢れ、勢いで突っ走る感じの大陸。
普段なら落ち込むところも、持ち前のポジティブさで復活するのでウジウジしない所が好印象。

そして、彼には楽しく学校に通いたいという他に、ある特命を受けています。
それは近衛ヶ原学園を潰そうとしているジュネシスへの侵略。

こんだけのヤル気があるなら語尾が~であります!になりそうな気もします。
しかし、そんな語尾だと失敗しそうな気がするので、
~でゲソ!とか言ってみなイカ?

・・・・。

どっちにしろダメな気がするのは気のせいか。



そしてこのゲーム、進めてみるとわかるが選択肢がない。
あるとすれば、ヒロインの誰と行動するかを

ルーレットで決めます。
しかし、回転はとてもゆっくりなので目的の場所に確実に行けます。
なんでこういう仕様になってるのかは謎。
そして、なぜか決定にはスペースキーを押さなくてはいけません。(リターンキーでも代用できる)

これだけでなく、物語中スペースキーを押す機会がいくつかあるんですが、
これは宇宙とスペースを掛けてるのでしょうか。よくわかりません。



話の中には巷で噂の他作品に関するパロディも多く盛り込まれていました。

・・・てか最近どこのゲームも
こんなんばっかりな気がするのですが。

・・・・

まぁ、

お前が言うなってところですけど(ぉぃ)



・・・・・。


ま、なんだかんだで、最近のゲームらしく、プレイ時間が結構長かったけどゲーム終了。
しかし、内容はなかなか先が気になる展開でしたね。
ジュネシスから送り込まれる刺客(イレブンマスター)がどんな奴なのか、
どんなマスター試験を出して、それにロイヤルセブンスターズはどう立ち向かうのか・・・。
でも、なんかマスター試験は5人目ぐらいからテキトーになったような気もするのですが(笑)

そして、やっぱり気になるところも。
いろいろ謎が散りばめられてるんだけど、あまり明かされませんでしたね。

なんか、ノリと勢いで流されちゃった感じが。
というわけで、このゲームは
深く考えずに光莉ちゃんマジ天使wとか楽しんでおけばいいと思います。


しかし、そのまま流されてはいけないことがひとつ。
あれだけひっぱっておいて、電話でしか出てこない大陸の妹。

・・・・どういうことですかこれは?




さて、そんな感じの『学☆王』、そして久々のエロゲーでした。
いやー、ほんと久しぶりに全キャラコンプリートしましたね。
ドリキャスは1ルートだけとかやる気無いように見えましたが・・・
いや、昔のゲーム性が比較的高いゲームは1ルートクリアするだけでも大変なんですよ?
レポート書いてる場合じゃないからね?

さて、次回はなんのゲームが出てくるでしょうか。
またお会いしましょう。


(C)2012 Lumpofsugar
コメント (2)

これが出戻り・・・日記更新場所変更

2012-02-07 | blog
さて、当ブログでもたまに何気ない日記を書いてましたが、
これからは、日記をWebサイト(YSK-HP)で行うことになりました。

このブログはギャルゲーレポートを中心とした編成になります。
まぁ、これまでとあんまり変わらないかも(ぇ


新日記の場所
YSK-HP WEB DIARY


ブログもIDとかあればネットつながれば、どこでも更新ができるという魅力的なメリットがあるんですけどね・・・^^;
更新も簡単だし、更新情報もいろんなところに送信できるし・・・。


サイト開設当初からWEBサイトで日記を書いてましたが、
2006年に更新が比較的簡単そうだということでブログに移行してました。
しかし最近
なんとなく戻りたいな~
なんて思ってしまい、同時にあまりこのブログでは日記を書いてないので、
思い切ってサイトに日記コンテンツを復活させることにしました。
出戻りした感じです。

まぁ、のんびり更新したいと思います。



ここはこれからもギャルゲー報告などをしていきます。