YSK-BLOG

つぶやきまとめと通常日記を行うブログ

ギャルゲーレポート:『夏空カナタ』

2011-05-15 | ギャルゲーレポート
今回のギャルゲーレポートは連続企画。
「PCゲームブランド・ゆずソフトの作品を現在発売中のものまで連続でプレイせよ」
というお達しがありました。(どこから?

ゆずソフトというと、2006年から発足したPCゲームメーカーで、
『ぶらばん!』、『E×E』等、様々な美少女ゲームを輩出。
現在の最新作は『のーぶる☆わーくす』でなかなかの人気の模様です。

私はこのブランドの作品は『ぶらばん!』『E×E』まではプレイしたんですが、
その後の作品は発売日に購入するものの、積みっぱなしというとんでもない状態でした;
そんなわけで、ちょうど連休といい機会なので、
『のーぶる☆わーくす』までの3作品を一気にプレイし、その様子をレポートしたいと思います。


まずはこちら。
『夏空カナタ』



夏空カナタはゆずソフト第3弾作品。
一年中との夏の気温が保たれている小島「塔弦島」
親類が経営するペンションを毎年冬休みに手伝う朝倉壮太は、今年もこの島にやってきた。
今回の従姉をはじめとした出会いは、壮太を深い物語りへ誘う。



冬休みか・・・
ゲーム開始が12月8日なんですが雪国みたいにすごい早いですね。
島に住む従姉妹もすでに長期休みみたいなので、この世界の年間スケジュールがすごい気になる。


先ずは従姉の由比子から。
姉妹なんですが、年下の妹よりも背が低い。
確かに主人公の壮太と同い年とはいつも思えない。
この子の物語では、過去の事件が関与するんですが・・・これ、大事件やん。
とりあえず、遊○王乙(ぇ
余談だけど、晩飯のグラフィックがいつもゴーヤーチャンプルなのがとても気になる。


お次はメインヒロインの茅羽耶
由比子編ではまったく姿を現さなかった彼女は、ひょっとして隠しヒロインか何かですか?
それはさておき、茅羽耶とは喫茶店で出会います。てかちょっと俺好み
とあるきっかけで話し始め、彼女の父親の誕生日に向けて、いっしょにプレゼントの準備が始まります。
その間にお互い惹かれあって・・・って出会って3日で恋に落ちるってすごいなおい。
まぁ、でも大変なのはここからなんですが・・・ちょっとプチループな感じでした。
島の一年中常夏気温はこれで役に立つのか。


そして最後は沙々羅です。
ほかのルートではちらっと姿を見せた程度です。
てかゲーム開始時点でヒロインみんな接点無いんですね・・・。
性格はこいつ一応義務教育受けてるんだよね?的な天然お子様系。でこが印象的です。
とりあえず、祭のわたあめが700円!?嘘だろおい!
・・・・こんなもんなんでしょうか?
そんな沙々羅編は、この島の実体がますます明らかになりました。
これで由比子編や茅羽耶編で起こった原因が分るわけですね。

そしてラストは・・・えっと、もし放送媒体だったとしたら
今のご時世では放映自粛しそうなそんな結末で。
なんてタイムリーな・・・。

ちょっとびっくりしました。
といっても、これプレイしてて思うのはきっと私ぐらいだと思うんですけど。てかもう誰もやってない・・・。




そんなわけで、『夏空カナタ』終了しました。
いろいろありすぎて恋愛がどうとかそんなのは希薄でしたね。

あと、疑問は残りましたね。
謎の冬休み期間とか。
まぁ、冬休みって普通はクリスマスや正月で普通のイベント盛りだくさんだし、
そんなの入れてる場味じゃないって感じだったんでしょうね。

あともう一つ言うとしたらですね。

なんで双葉ちゃん攻略できないの?
姉より背は高いけど、思いっきり年下みたいなんでちょっと狙ってたんですが(ぉぃ

それじゃまた次回。

Image Copyright (c)2008 YUZUSOFT/JUNOS INC.
コメント (2)

ギャルゲーレポート:『夜這いマニア ACT.1 中世編』

2011-05-10 | ギャルゲーレポート
今回プレイするソフトはちょっと古いです。
『夜這いマニア ACT.1 中世編』


『夜這いマニア』は2001年ごろに発売したアダルトゲーム。
4人の貴族美人姉妹が乗る馬車に轢かれそうになった主人公は、その腹いせにと、姉妹達の屋敷に潜入する。
ゲームはダンジョン徘徊型アクションRPGとなっており、
警備兵やトラップを潜り抜け、女の子の部屋に侵入し寝込みを襲うと言う、鬼畜極まりないゲームである。


主人公は夜中の0時に屋敷に潜入。
朝の6時まで徘徊し、時間になると森の中にあるアジト(テント)へ帰還します。
それを4日間続け、期日を過ぎるとエンディングとなる。


え、それは流石にばれるんちゃうの?
アジトも屋敷の警備兵全員で山狩りしたら
すぐ見つかるような気がします。


ゲーム開始。


まず、プレイヤーは3人の男の中から1人を選ぶ。
キャラクターはそれぞれに特徴があり、戦略も変わる選択。

いるのは「ひょろいの」と「がっちりしたの」と「デブ」

ひょろいのは足は速いが力がなく、がっちりしたのは力はあるが足が遅い。
スタンダードなのがデブ。
・・・。
どう考えてもデブは力がなく、足が遅いように見えますけど。
このゲームではデブが優遇されているようです(ぉぃ)
デブプラスを推してあげます(やめなさい

とりあえず、デブを選択。
走ると「ぐふぐふw」。ジャンプすると「うひょー」とか言い出します。
大丈夫かこれは。
段々不安になってきた。



屋敷には警備兵がうろうろ。
見つからないように部屋のトラップを外しながら慎重に進む。
すると・・・




ちょっとまって。
なんで人が住んでる屋敷の床がぶんぬけてるの?
てかなんか浮いてるし。


そう、この屋敷には数々のトラップが。



火炎大車輪があったり


矢が飛んできたり
・・・・。

あの、言っちゃっていいですか?

こんな家住めるか!



ボス戦もあり、勝利すると女の子の部屋の鍵を入手。

これで潜入してほにゃららやっちゃうわけですね。


そうこうして、4人全員の夜這いが完了。しかし

・・・あれ、ゲーム終わらないんですけど;


やることはやったような気がするが、4日目を過ぎるまでゲームが続く。
そして、徘徊が終了するとエンディングへ。
その内容は?



・・・。
あの、夜這いかけた女の子たちがすんごく不幸になってるんですけど。
ど、どうなってんの?あ、主人公だけは幸せそう。



納得いかない状態で再スタート。
このゲームはクリアデータが引き継げ、入手したアイテムはそのままに。
鍵もオールマイティな鍵が出現し、プレイはぐっと楽に。
と、このゲームではところどころでイベントが発生し、女の子たちのHなイベントや、少量のドラマも展開する。
内容は、この屋敷で行われている全貌が見え隠れするのだが・・・。



これ、徘徊してるの0:00~6:00夜中なんですけど、
こいつら、いつ寝るんですかね。
でも部屋に行くと寝てるんだよね。



今回は夜這いはかけず、ひたすらイベントを追っていく。
すると・・・

屋敷の離れになんか塔があることが発覚し、4姉妹がこの屋敷の謎を探るべく潜入する。
主人公も後を追って潜入するが、
なんとこの塔は1Fでセーブした後は、回復も無ければセーブもできないと言う非常にシビアな展開に。
一気に駆け上がるしかなく、出てくるトラップは屋敷のものとは比べ物にならないぐらいハード。
何度もゲームオーバーに。



・・・これ、エロゲですよね。
てかあの姉妹はどうやってこの塔登ったの?
あいつらスーパープレイヤー
なんじゃないだろうか。



ぼろぼろになりながらも、なんとか最上階へ。
そして、何故かボス戦に。


ちょっと、
こいつらは俺に何をさせたいの!?



なんとか撃破し、遂にエンディングへ。
実はこの屋敷では、極秘裏で中世編にありがちである非道な行いがされており、
それに加担していたのか4姉妹の父親であった。
姉妹達の説得に心を入れ替える父親・・・感動の場面である。

そんな様子を、影でじっと見ている主人公・・・



あの、ちょっといい?
これ主人公、何もしてないんだけど。
ただドラマを影からこっそり見てるだけやん。


「もう、ここには用はないな」
そういって去っていく主人公。


エンディングは、彼女たちの明るい後日談が語られる。
よかったよかった・・・と思いきや、唯一主人公だけは悔し涙を流すという結末である。



え、これグッドエンド?
なんか夜這いも何もしてないから、主人公の目的は達成されてないような気がするんだけど・・・。
あ、あれ、あのこれ・・・
どうしたらいいんですか?



ま、そんな感じのプレイ日記でしたが、いかがだったでしょうか。
いろいろツッコミどころ満載なアクションRPGのようなゲームでしたね。
なんかもう徘徊してても意味不明な部屋もあるし。
ま、でもこんなゲームもあったんだよってことで、いい経験をしました。


これ、ACT.1ってことは、これ続編あるんですかね?

・・・

え、ないの?

・・・・。

うん、懸命だ。

Image Copyright (c)WAFFLE
コメント (2)

ライトノベル

2011-05-08 | blog

食事仲間と秋葉原に集合→新宿へ焼肉へ行きました。
そのときに買ったのもが↑
秋葉原のエロゲショップをこれでもかと徘徊したにもかかわらずエロゲは買わず、
その代わりにラノベを買った感じです(^^;
帰宅後はすぐに読みました


『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』
発売当初、すごい売れ行きだった本作。
内容も少し気になってたので入手したんですが、なんか自分が思ってた内容ではなかったです・・・。
あとがき読んで、そりゃ確かにラノベの主人公(男)に彼女はいないけど、そういうこと?
なのであまり真剣にはなれなかった・・・。
ヒロインの性格がちょっと残念っぽいので、「僕は友達が少ない」とちょっとごっちゃになった。
多分、人気から以下続刊になりそうだけど、続編を買おうとする気にはならなかった。
アニメ化されたら見るだけにします(ぉぃ


『帰宅部のエースくん。』
なぜ帰宅部でエースなのか。
まぁ、読んでみりゃわかるんだがそれ言ったらどうしようもないんで・・・。
で、まぁここでいう帰宅部ってのは、そこら辺の空気な狂言部活ではなく、
ちゃんと部活動として存在していて、内容は特定の活動の枠にとらわれない活動が出来る部活動。
特定の活動ってのは、例えば野球部だったら野球、演劇部だった劇とかね。
世界を大いに盛り上げたり、友達作ったり(作ろうとする)部活とあんま変わんないような気がする。
いろいろ謎残ってるので、多分続刊されるんでしょう。まぁいいや。


『パパのいうことを聞きなさい!』
既に7巻くらいまで出てるんですが、初めて手に取りました。
前々から表紙を見て気になってたんですよね。特に黒髪の幼女が・・・
今回ちょっと、中を見ることが出来たので、どんなキャラがいるのか調べたら、即座に購入決定してました。
内容は大学生ながら3姉妹を引き取り一緒に暮らすことになるという話。
そうなったいきさつはちょっと心苦しいのですが・・・・
さておき、その預かることになった3姉妹↓


中学2年生の長女・空
小学4年(5年?)の次女・美羽
3歳の三女・ひな

・・・・。

私が一緒に住みたいです。
やばいよ、この3姉妹すごい可愛いよ。
そして気になってた黒髪の子は3歳でしたか。
小学生ぐらいかと思ってたけど、いいよね。だっていっしょにおふ(ry

これは1巻読み終わったと同時に2、3巻・・・も買えってことですね、てか買ってきた。

ギャルゲーレポート:『やっぱり妹がすきっ!』

2011-05-05 | ギャルゲーレポート
今回のゲームは『やっぱり妹がすきっ!』


かしましい妹・里香と二人の生活が続いていたある日、
突然、里香とは対照的に大人しい性格の亜姫という妹がやってくる。
主人公はひょんなことから亜姫と関係を持ってしまい、
それに気づいた里香は、自分も負けじと関係を求め・・・しまいには、妹二人が兄(主人公)を取り合う形に。
兄はどちらの妹を選ぶのか。



えー、やっぱりってことは、一周廻って妹に戻ってきたってことでしょうか。
その一周にはどんな属性があるのでしょうか。
一生のうちで一周廻るんかな・・・。


さておきゲーム開始---

妹である里香にバカアニキと罵られる主人公・兄。
どうやらお疲れの様子である。
ふーん、リアルな兄妹関係みたいだ。

里香は風呂場に行ってしまった。
と兄、この疲れを癒す方法があるという。
それは・・・

妹の風呂を覗く事。


・・・こいつ変態だ。



そんな中、もう1人の妹が現れる。
彼女の名前は亜姫。関係を聞くと、れっきとした妹であった。

とりあえず、なにしとんねん親父と言っておきます。


そんな亜姫。
兄が目を覚ますと、いつの間にか隣で寝ていたり。
その姿はワイシャツ1枚にパンツ臨戦態勢状態です。
もうその後は、関係を持つまで時間はかかりません。

とりあえず、なにしとんねんエロアニキと言っておきます。


二人でほにゃららやっちゃったことは、里香に勘ぐられます。
そして、里香はなんと兄に、自分にも同じことをして欲しいと求めます。

とりあえず・・・どゆこと?


こうして二人と関係を持ってしまった兄。
二人の妹の兄争奪戦が始まったが、その方法は・・・

毎晩、二人のどちらを選んで寝るか兄に決めて貰うこと。
・・・。
え、毎晩エッチシーンなの?

なんか

こんなパラメータまであるんですが。

兄は一日の行動の中で選択肢を選び、
その結果に応じて、夜のお世話をする妹を決めるわけですね。

うん、この家
なんかいろいろおかしいぞ。
てか、なんで妹に恋人同士ですること全部やってるんですかね。
妹をなんだと・・・(汗
そして、内容も回を重ねるにつれてだんだんエスカレートしてくるから変態に磨きがかかってくるし・・・。
野外露出とか(ぇ


そんな感じで、夜伽を二人の妹から選びたい気分を味わいたい人に向けた素晴らしいゲームでした(ぇ
やっぱなんかタイトルに"妹"って出てくると、大概エッチメインのゲームになるね。
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の中で出てくる「シス×シス」な感じのゲームだったら
よかったなぁと、そんな思いでした。
てかエッチメインのゲームだと、どこまで行けばエンディングになるか分らないから不安になるね。


そんなところで、「やっぱり妹がすきっ!」プレイ日記でした。

Image Copyright
(c)2006 Triangle/Route2

5月3日:お出かけ

2011-05-04 | blog
今日はマイミク友人であるリヨンさんが大阪からやってきたというので、
同じく仲間のTMさん、ジェイさんとで集まりました。

市ヶ谷駅に集合し、以前来た時には閉っていたというラーメン屋へ。
途中雨が降ったり、目的地を通り過ぎるというアクシデントもありましたが、無事に到着。
特製みそラーメンがうまいという「麺処くるり」。

久々の「月刊ラーメン」登場です。
ほう、スープは結構濃厚ですねぇ。
麺は太めでなかなか食べ応えがあります。
大盛は同じ値段ということで、がっつりいける感じで、
なかなか美味しかったです。

・・・・すみません。
評論家でもないのでこんなもんしか言えません。

とりあえず

大盛にしなくてよかった・・・。

と食べた後に思いました。(こってり系でお腹に溜まるの・・・;
大盛だったリヨンさんは、ちょっと苦しそうでした。



その後は秋葉原へ。
まずはコーヒー飲んで休憩し、そのあとはラノベ物色にアニメイトへ。
TMさんからいろんな物を薦めてくれました。
「はがない」3巻以降、つっこまれ、喰・・・・
とりあえず、候補として考えて、後日自分も気になってるものも含めて購入しようと思います^^;

その後はソフマップのゲーム売り場(家庭用ゲーム機)へいき、
自分はXbox360の有線コントローラを購入。
有線タイプはドライバをインストールすればPCでも使用できるので、前々から欲しかったんですが、
あまり普通の店に置いてないのに気がついたので思い切って今日購入しました。
早速、密かにコントローラに対応しているゆずソフトゲームで使用していますw
まぁ、対応してないエロゲもフリーソフトでコントローラ使用して遊んでますけどね。

5月2日:これまでの連休履歴

2011-05-03 | blog
GW真っ最中。

というわけで、今日まで帰省してました。

初日の29日は秋葉原へ買出しに。
『のーぶるわーくす』やれよー!#
と友人からせっつかれて、先週目星をつけた店で購入しようとしたら
すっかりなくなってたというアクシデントもありましたが、まぁなんとか確保できました^^;
現在、未プレイのゆずソフト作品を連続プレイ中。
『のぶるわーくす』の前に『天神乱漫』。さらに『夏空カナタ』とありまして、
目標であるGW中に3本終わるか・・・といったところ。
帰省前に『天神乱漫』をノートPCにインストールし、持って帰りました。


30日は地元の友人と遊んできました。
いつものルートでゲーム屋→カラオケ→友人宅な流れ。
カラオケはDAMを使ったんですが、最近ボーカロイド曲を入れるようになったりと、ますますいい感じに。
ゲームの曲も相変らず増えてますが、
そろそろゲームジャンルのインデックス化をして欲しいですね。。。
(アイマスとか女性向けゲーム作品のページ占有率がハンパない;)
友人宅では「三国無双」を。
馬で敵が轢けるwwとかやって遊んでました。



5/1は実家ながらも完全フリー
インストしたゲームをチコチコ・・・(やってることがいつもと変わらねぇ;
でも、親に買い物に連れ出される。
ショッピングセンターを単独行動で適当にブラブラし、
本屋に寄って「ないつぼ」7巻を購入。と同時に
これ7年も買ってるのか!と驚愕。


そして今日は家族みんながそれぞれの用事でお出かけ。
自分は1人で留守番。
・・・。
ああ、これが自宅警備員ってやつか(違


休みも折り返し。
明日はまた用事があるし、休みを満喫しようと思います。
コメント (2)