自衛隊好きの主婦ですが、何か?

有川浩先生の小説で自衛隊に興味を持ち、只今絶賛勉強中
自衛隊好きの主婦による自衛隊応援ブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

北海道で震度7の地震 自衛隊に災害派遣要請

2018年09月08日 12時00分00秒 | 陸・海・空自衛隊
またしても大きな災害が起こってしまいました。

平成30年9月6日午前3時8分ごろ、北海道胆振(いぶり)地方中東部を震源とするマグニチュード6.7の地震で、北海道南部の厚真町では震度7を、道央から道南の広い地域で震度5弱以上の大きな揺れを観測しました。
この地震により大規模な土砂崩れや家屋の倒壊、停電等が各地で発生しています。
総務省消防庁によりますと、9月8日6時45分現在、死者18人、心肺停止2人、重傷7人、軽傷162人、程度不明228人、安否確認中19人、建物の全壊30棟、半壊22棟、一部破損10棟という大きな被害となっています。

お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、被災された皆さまにお見舞い申し上げます。



防衛省・自衛隊は、地震直後の6日午前3時9分に防衛省災害対策室を設置、 同11分には小野寺防衛大臣より
1 関係府省庁及び自治体と緊密に連携し、情報収集に努めること。
2 被害が発生した場合に備え、万全な準備態勢を確立すること。
3 今後の状況の推移に的確に対応し、災害対応に万全を期すこと。
という指示がありました。

そして、地震発生から17分後の3時25分には青森県三沢基地からF-2戦闘機2機を離陸させ、その後もヘリコプターやP-3Cなどで情報収集にあたりました。
午前6時00分には北海道知事より災害派遣要請がありましたが、それよりも早い午前4時40分には初動対処部隊が被災地に向けて駐屯地を出発しています。
続々と北海道内外の自衛隊駐屯地や基地から被災地に向けて出発し、9月7日午前11時00分現在、人員約6,500名(今後約25,000名規模まで増派予定)、艦船6隻、航空機46機で昼夜を徹して活動中です。


陸上自衛隊は、丘珠、東千歳、北千歳、南恵庭、北恵庭、美唄、上富良野、真駒内、静内駐屯地などの部隊が、被災地で人命救助、給水・給食支援等を行っています。























海上自衛隊は、むつ、八戸、函館、余市、大湊基地などの部隊が、人員・物資の輸送、給水・入浴支援、携帯電話充電、健康相談等を行っています。







砕氷艦しらせは、9月8・9日に苫小牧港で艦艇公開の予定でした。
そのため被災地からすぐ近くにおり、苫小牧港で支援活動を行っています。







航空自衛隊は、三沢、千歳、百里基地などの部隊が、人命救助、人員・物資の輸送、給食支援等を行っています。















自衛隊札幌病院は、免震構造と予備発電機により発災直後から地域の救急患者や転院患者を受け入れるとともに、平常の診療態勢を維持しているそうです。







本州からも増援部隊が北海道に向かっています。

東北方面隊は、仙台港から海上自衛隊輸送艦・おおすみや、防衛省がチャーターした民間船舶・ナッチャンWorldで苫小牧港に向けて出発しました。















東部方面隊は、座間、高田、宇都宮駐屯地などの部隊が新潟港から北海道に向けて出発しました。
また、第12ヘリコプター隊のCH47が、KDDIとソフトバンクの人員・器材を立川駐屯地から北海道の丘珠駐屯地へ輸送しました。













ご自身やご家族が被災された隊員の方もいらっしゃると思います。
また、西日本豪雨での災害派遣が終わってまだ日も浅く、続けての派遣の方もいらっしゃることでしょう。

被災地で活動されている、また後方支援に携わっているすべての自衛官の皆さま、本当に本当にありがとうございます。


『社会』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 機動戦闘車が実弾射撃~平成3... | トップ | 北海道胆振東部地震・災害派... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
胆振いぶりでお願いします (おかず)
2018-09-18 12:11:01
このような投稿ありがとうございます。
応援している一国民です
おかずさま (自衛隊好きの主婦)
2018-09-18 13:04:52
お恥ずかしい限りです。
訂正しました。
ありがとうございます。

コメントを投稿

陸・海・空自衛隊」カテゴリの最新記事