自衛隊好きの主婦ですが、何か?

有川浩先生の小説で自衛隊に興味を持ち、只今絶賛勉強中
自衛隊好きの主婦による自衛隊応援ブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

機動戦闘車が実弾射撃~平成30年度富士総合火力演習~

2018年09月06日 06時15分00秒 | 陸上自衛隊
古いネタですみません。
もっと早くアップしたかったのですが、書きたいテーマがいっぱいあって(;^_^A


平成29年度の総火演では走行のみの公開でしたが、今年はついに、16式機動戦闘車とAAV7水陸両用車の実弾射撃が公開されました。
陸上自衛隊ホームページによりますと、

 平成30年8月26日(日)、平成30年度富士総合火力演習の公開演習を実施しました。
 本演習には、隊員約2,400名、戦車・装甲車約80両、各種火砲約60門、航空機約20機等が参加し、約24,000人もの方々に御来場頂きました。
 前段演習では、陸上自衛隊の主要装備である遠距離火力、中距離火力、近距離火力、ヘリコプター火力、対空火力及び戦車等火力について紹介し、後段演習では、統合運用による「島嶼部に対する攻撃への対応」として重要な三段階である「部隊配置」、「機動展開」及び「奪回」の作戦様相を取り入れた総合的な演習を行いました。
 本演習で、「即応機動する陸上防衛力」の主要構成装備品である「16式機動戦闘車」及び「水陸両用車」の射撃を初めて公開致しました。


とのことです。



16式機動戦闘車


水陸両用車


今年の総火演は、応募総数15万通、応募倍率約28倍だったそうです。
私はもちろん玉砕しました。
東富士演習場で16式機動戦闘車とAAV7水陸両用車が射撃してるところを見てみたかったな~

後段演習の「島嶼部に対する攻撃への対応」は、対中国が念頭にあるのは間違いないですよね。(こっそりつぶやいてみる。)
でも、期限切れ寸前の実弾を使用して、こういう演習を内外に公開するのは、とても良い牽制になっていると思います。

コメント   この記事についてブログを書く
« 平成30年度自衛隊音楽まつ... | トップ | 北海道で震度7の地震 自衛... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

陸上自衛隊」カテゴリの最新記事