watanabe's weblog

metal janky's dairy

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

見覚えのあ~る~♪

2006-03-31 08:27:06 | 模型

1205_1 レインコート~、夕暮れのえ~きで~♪・・・(中略)・・・昔愛し~てた、あの人なの~ね♪・・・って一体いつまでボケ続けるつもりやねん!というツッコミはさておき。 今朝は冷え込んでますが良い天気ですね~!良い天気なんですが何故か起き掛けからず~とこの竹内まりあの曲が脳内をぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる回っておりまして、“昔愛してた”というフレーズでふとSdkfz250/5を思い出してしまい全く脈絡も無く写真を出してしまった次第・・・。(←アホか?) まあ二日連続らーめんの写真でしたので“お口直し”ということでお許しを!実は今日もらーめんネタを続けようかと思ったんですが、書きたいらーめんの写真が無いので止めました。また今度食べにいった時に写真を撮っておいて、ネタの無い時のためにとっておこうと思いますのでお楽しみに!(←誰も楽しみにしてないって)

閑話休題。

ふと気が付けば三月も今日でお終い、明日から全国的に四月ですね。三月三十一日っていうことは懲罰大隊に入れられてから51日目!ということでようやく折り返し地点を通過したわけですが、電車痛勤にもすっかり慣れてマン・ウォッチングの楽しみやら始発電車の空いた車内で船を漕ぐ愉悦やら途中寄り道して蓬莱のシュウマイを買って帰って食べる喜びやら家族に鶴屋の花見団子を土産に持って帰る幸せやらを満喫して、これはこれでなかなかエエもんやな~と思い始めております。自動車から電車に強制変換させられて運動量が飛躍的に伸びたおかげで、腹が減って食事が美味しいっていうのもありますし・・・。懲罰大隊を除隊させられたら逆に、この楽しみやら愉悦やら喜びやら幸せやらを味わえなくなる訳でちと寂しくなるかもしれませんね。・・・まあ何にせよあと半分!前向きに楽しく日々こなして参りましょう!

コメント (2)

ベトコンらーめん!

2006-03-30 08:07:05 | B級グルメ

P_01

二日続けてラーメンの話題ですが、決して模型のブログからラーメンのブログに鞍替えしたわけではございませんので悪しからず・・・。(笑)

さてさて“ベトコンらーめん”であります。実は私、大学を出て就職してすぐ岐阜に赴任、二年間かの地に暮らしておりました。最初の一年は同期や先輩と会社があてがってくれたマンションの一室で共同生活、二年目には結婚して今思うとママゴトをしているような新婚生活(何か照れくさいなあ~)を送ったわけでございますが、岐阜での生活のなかで食べ物で強烈なインパクトを受けたのはこの“ベトコンらーめん”なのでありまするよ。長良橋北詰の“香楽”(なんか嫁いびりする鬼のような婆さんがレジをうっているような印象の名前ですが女性の店員さんはおりません)というお店の看板メニュー(というよりベトコンらーめん以外には“どて煮(これまた中部地方のソウルフードですね)”ぐらいしかなかったように思いますが)でありまして、システムは忘れましたが大、大の大、特、特の大、特の特なんていう方式で麺とニンニクの追加が好みでできるようになっておりました。

どんなものかと申しますと、ひと口食べたら後頭部をバットで思いっきり殴られたような衝撃を受ける(といっても私殴られたことありませんけど)ようならーめんとでも申しましょうか、とにかく半端じゃないんでございますですよ。作り方は包丁の腹で軽くつぶしたニンニクを10粒ほど(!)と小口切りした鷹の爪を大量に、むせ返るような煙がたつくぐらい強火で炒めたところに、豚バラ肉のコマ切れを少々加え大量のモヤシと韮を投入、しんなりした所であっさりめの澄んだスープを注いで味を調え茹った麺にかけるというもので文章にすると“ふ~ん”で終わってしまうんですが、これがその何と申しましょうかニンニクの旨みと鷹の爪の攻撃性を究極まで引き出す調理法でありまして、もう旨いのなんの、辛いのなんの・・・旨さも辛さもかつて体験した事がないレベルで味わわせてくれるのであります。

写真を見てのとおり、モヤシのせいでミソらーめんのようにも見えますがミソベースではなく、真っ当一途な醤油ベースのらーめんでございまして、ひと口食べると口の中にニンニクのほんのり甘く香ばしい旨みが一杯に広がり次の瞬間むせるぐらい強力な鷹の爪の辛さが押し寄せてくるという究極の二段攻撃!エビチリ食べてもタラコ唇になるといって唐辛子系が超苦手な家内も1回食べてやみ付きになったという伝説の美味しさ。岐阜へお越しの際には是非一度ご賞味ください!あ~あ、書いてて無性に食べたくなってきちゃった!(ちなみに夜間しか営業していませんのでランチタイムは閉まってます。古い酒屋さん(?)の隣の狭くて小汚い店(失礼!)なのでちゃんと探さないと見逃してしまいますからご注意を・・・)

コメント (2)

トマトらーめん!!

2006-03-29 16:19:25 | B級グルメ

Kiraku

昨日は家内が神奈川の妹の所へ日帰りで行っておりまして、ちょうど戻りが私の帰宅時間と重なりそう・・・という事で娘も呼び出し、梅田で夕食を済ませて帰ることに致しました。

で、19:30頃、ソニープラザ前のハーゲンダッツで合流し中華が良かろうと言うことで阪急三番街の“青冥”に・・・。皆でつまもうと“小海老のチリソース”“鶏肉の香味炒め”“春巻き(2本)”の単品三点を注文する事にして、さて麺・飯類を決めようとメニューを見てみると・・・いつも判で押したように“特製五目焼きそば”ばかり注文してろくにメニューも見てなかったんですが、なんと!新メニュー(?)で“丸ごとトマトらーめん”なるものがあるではありませぬか!

今を去る事10年以上も前の話ですが心斎橋にOPAがオープンしたてのころ初めて“喜らく”というお店で食して以来、“トマトらーめん”(写真はこの“喜らく”のものです)は大のお気に入りで“やもたてもたまらず、今すぐ、絶対、速攻”食べたいメニューの一つなんですねえ。ということで何の迷いも無くこれに決定!「普通と辛口があります」と言われ、これまた何の迷いも無く辛口に決定!!して“鶏肉の香味炒め”などつまみつつワクワクしながら御降臨を待っておりましたら・・・やって参りましたよ、“トマトらーめん”さまが!厨房から徐々に近づいてくるその御姿をしげしげと眺めてみると、う~む“喜らく”とは異なりトマトが丸々一個麺の上に鎮座ましましておりますですよ!何たって一杯1200円ですからねえ、特製五目焼きそば(特製ですよ、と・く・せ・い)より2割がた値段も高いんですから(←細かいこと言うな!)きっとその廻りには豪華な具が華麗に並べられて・・・ん?!な、なんと豪華どころか青菜も無ければ韮も無し、豚コマの小片なぞもってのほか!という精錬潔白トマトだけというなんとも凛々しいお姿でございました!(と言いつつ、ちと寂しい気も・・・) さてさて、気になるお味はと言うと、トマトの上品な甘さと酸味がフライド・ガーリックの香ばしさにマッチした、濃厚かつさっぱり(どんなんや?)した上品なスープが、やや縮れ気味の自家製麺によく絡みひと口食べたら後を引く何ともいえない美味しさで大変満足致しましたでございますですよ。これから当面の間、“青冥”でのお食事の際は20年来大変長らくお世話になった特製五目焼きそば君にはお休み願って、注目のルーキー、トマトらーめんちゃんで行こう!と心に決めた春の夜でした・・・。(ちと唐辛子が効きすぎて暫らくしたら頭から滝のように汗が噴出しましたから、次回からは普通にしておこうとは思っておりますが・・・笑)

コメント (2)

負の連鎖

2006-03-28 16:55:48 | 模型

日曜日に2回も更新しましたのでネタ切れで昨日はお休みを頂きました。じゃあ今日は何か面白いネタがあるのか?と突っ込まれても困るのですが、取りあえず昨日今日と仕事上起こった出来事など書かせて頂こうかなと思い立った次第・・・。という事で模型の話に直接関係無いかもしれないので恐縮ですが、最後までお付き合いのほどを!(きっと最後には強引に模型の話題にすりかえると思いますが・・・笑)

え~実は私、製品開発も担当しておりまして、ある製品の開発に一昨年から関わって来たのでありますが、この子が一見とても魅力的な製品でありながら実に難物でありまして取っ掛かりからトラブル続き・・・何度試作品を作っても表面処理がダメだとか硬さと軟らかさのバランスが悪いとかモニターさんに散々にこき下ろされ、結局製品版の初回ロットが完成したのが予定から半年以上も過ぎた先々週の週末の事でした。で、“難産やったけどようやく満足いくものができた!”と喜び勇んで予約して頂きながら半年以上お待たせしたお客様に先週やっと商品をお届けすることが出来、この週末は久々に肩の荷をおろしてホッとしていたのですが・・・。実は昨日、お届けしたお客様から早速クレームが入ってしまったんですね~、それも完全想定外の製品トラブルです。昨日は状況も把握できず原因も何も判らないまま右往左往して終わり、ようやく今日の昼前になって工場が原料の配合比を間違っていたらしく使用条件によってトラブルが発生するという所まで判明いたしましたが、営業サイドとしては製品生命に関わる重大な信用問題ですのでまだクレームに至っていないお客様へどう対応するのか、つい今しがたまですったもんだの大騒ぎをしておった次第です。 

私も今まで色んな製品の開発に関わって来ましたが、たまに居るんですよねこう言う子が・・・。“一見すごく魅力的でありながら生まれながらに負の連鎖を背負った子”とでも言いますか、やること成すこと失敗続きで時間と労力と経費が普通の倍以上もかかり、挙句の果てが思わぬアクシデントでクレーム対象になってしまう製品。こんな製品には関わったが最後、引くに引かれず結局ヘトヘトになるまで引きずりまわされてしまうんですよね~。 模型でもたまにあるでしょう?ドラゴンの古いほうのナースホルンとか・・・ぱっと見、魅力的で“コレはいけるぞ!”と思わせといて、湯水の如く時間とディティールアップパーツを投入したのに結局ものにならないっていうキット!仕事も趣味もぱっと見に惑わされずしっかりと素性を見極めるという事が如何に大切かという事を痛感させられた二日間でしたとさ!(上手いこと模型の話にこじつけられて良かった~!←コラコラ)

コメント (2)

今日はこのぐらいに・・・・

2006-03-26 18:06:37 | Panzer Werfer 42

2919 昼食後は、やしきたかじんのTVをダラダラ見てしまって結局午後からは2時間半程やっただけで本日の製作は終了です。今日は後面扉の開閉ギミックを完成させるつもりだったんですが・・・。やっぱり昼飯食ってすぐに製作に取り掛からなかったのが敗因ですね~。

Voyagerのキットにはロック用のバーも付属してますが、コレがまたエッチングパーツの細板で使い物にならず・・・。0.5mmの真ちゅう線の端部をペンチで潰して平らにし、0.3mmの穴をあけて自作しました。コの字型のハンドルパーツは少々大味ですがとりあえずVoyager のパーツを使用する予定なので、あとVoyagerで省略されているテンション用スプリング(ハッチを常時閉状態にするためロック用バーを上方に引き上げておく機構です)を自作すればパーツを組み立ててお終いなのですが、要らない所にハンダが回らないように注意しないと可動しませんので意外と手間取りそうですよ。今度の休みはルーペ無しには済みそうにありませんね~。(笑)

コメント