watanabe's weblog

metal janky's dairy

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

気になるキット

2006-02-28 07:48:49 | 模型

気になるのなら買えばいいのですが・・・。

発売以来、気になって仕方がないのがドラゴンのFlak 38。 付属のエッチングなんかは別にどうってことはない(失礼!)のですが、砲本体が補強リブ(?)付きと無しの二種類セット!20mmは今までこれといったキットが無くて、毎回本体のスクラッチで苦労させられましたからそれだけでそそられます。砲身の長さの間違いや薬莢受けネットがフレームの内側に合せて曲げ加工してある事ぐらいなんてことはございません!割引店で買えば2000円でオツリが来るのですから値頃感もよく、ちょっと改造すればKwk 38にも早変わりしますし応用範囲は広そう!

・・・なんですが!手を出しあぐねています。一番ひっかかってるのが“今更Flak 38作る気あるのか~?”という根本的な問題。第二の理由は当面Kwk 38搭載の車輌を作る予定が無いことですね。トライスターのFlak 38が出た時はこれらの理由で(中身をよく知らないせいもありますが)あまり悩まず購入を見送りましたが、今回はねえ・・・だいぶ気持ちが揺らいでおりますよ。挽物砲身だけでもメーカー名を忘れましたがフラッシュ・ハイダーのスリットまで再現された完璧版の真ちゅう製のものと前回使用したのと同じアベールのキット、それに購入したもののフラッシュ・ハイダーが気に入らなくて使わなかったアルミ挽物を3本と計5本も在庫してますから、砲身の在庫減らしにサラッと組んで静岡へ・・・というのもありですし、転輪をSdkfz250/5に回したために完全休止中のSdkfz10/5に載せるって言う手もありますしねえ・・・。

・・・というわけで!模型店で見かけるたびに蓋を開けて中身を見ては溜息をつき、棚に戻しては溜息をつくという無駄な時間を過ごしております。になるなあ・・・

コメント (2)

おっとっと!

2006-02-27 21:15:30 | Panzer Werfer 42

2773

2796

昨日アップしたつもりだった写真ですが、他の写真をダブってアップしてしまっていたようで・・・。ハッチの写真だけでは寂しい(?)ので違うアングルの全体写真と一緒にご紹介します。

このハッチの写真で昨日の日記の"ハッチのクリアランス云々"の意味が分かっていただけましたでしょうか? ヒンジや両方の突合せ部分のラップなどのディティールを追加していない状態でこれだけタイトだと、組み上げたときキッチリ閉まらず浮いた状態になるんです。左右の扉は0.1~0.2mm程度隙間があってちょうど良いぐらい。突合せ部のラップ(細板ですね)が無いハッチや有っても内側に付くタイプでは微調整に神経を使うところですが、表に付く場合は結構気楽にガシガシ削って隙間が出来ても見えませんので大丈夫。気楽ですね!

さて今日は先週末に引き続き引越しの肉体労働の一日で、帰着時間も土曜と同じでした。もうヘロヘロなんですが明日もやるのかな~。もう腰が痛くって・・・(エエ年やねんから無理したらアカン!ですね)

コメント

雨の2・26・・・

2006-02-26 20:12:06 | Panzer Werfer 42

2792_1 2777_1 2791_1

今日は二月二十六日。かつて憂国の青年将校たちが決起した日であります。当時は珍しくも帝都に雪が降り"雪の2・26事変"とも呼ばれておりますが大阪の今日は雨。おかげで何処にも出かけず製作に勤しめました。

ということで、まずは車体前後を連結。部品の切り出しは完璧!と思っていてもハンダ付けの過程で全体に歪みが出ていますから、大きな塊となったパーツどうしの連結は角度の微調整が結構大変で午前中一杯かかってしまいました。大変な作業の割に前回の仮組みとほとんど変わらず見栄えのする写真になりませんのでちょっと違うアングルで・・・。その後、後面パネルとハッチの受けを切り出して接着、ハッチを切り出して本日の作業は終了です。ハッチのクリアランスはちょっとタイト過ぎますから、もう少々緩めに削るつもりなんですが・・・、最後に後面パネルを仮組みしての記念撮影と相成りました。次は後面パネルのハッチのディティールに入りますが、可動にするには結構大変な作業が待っているようで腕が鳴りますよ。(フ~!と思わず溜息が・・・)

コメント

クジラ柄のセーター

2006-02-25 21:59:11 | 雑記

2766_2

"さかな柄のシャツ"と言えば"なにわ戦車隊"の(一部の?)隊員の間では伝説的なファッション(新参者の私は昨年SHSで韓国の模型誌で写真を拝見いたしました!)ですが今日のお題は"さかな柄"ではなく"クジラ柄"のお話です。

さて私が勤めてる会社がこのたび新工場兼倉庫を隣地に設けましたので、今日はその引越しなど肉体労働に明け暮れておりました。いやはや疲れましたですよ!いつもより30分ほど遅いだけの電車に乗って帰宅したのですが、肉体疲労(久し振りですね!)は精神疲労以上に通勤にはこたえ一時間以上遅く感じました。さてその疲れた帰宅途中で疲れて二重が奥二重瞼になった目に途中駅から飛び込んで来た物は・・・何と日本では珍しい"クジラ柄"のカウチン・インデアンセーターです。写真は私が7~8年前にカナダで購入したものですが購入先のカナダの専門店でもこの"クジラ柄"は唯一この一点のみだったと記憶してますからイーグル柄やヘラジカ柄、幾何学模様が中心のカウチン・インデアンセーターの中ではまあ珍しい部類なのではないでしょうか?そんなクジラ柄が乗ってきた(失礼!セーター単体で乗ってきたのではありません)のでついマジマジと見てしまいましたが尻尾が下向きで構図は違いますが襟の編み方(結構色んなパターンがあるんですよ。私のは裏表逆にして普通ストライプ柄になるのを一色で仕上げてます)といい袖口といい同じインデアンのおばあちゃん(かオバチャン。タグにサイン入りです)が編んだとしか思えないものでした。ジェット機で12時間以上掛かる大阪で、まさか同じおばあちゃんが編んだセーターを着た人に遭遇するとは・・・何だか嬉しくなりましたね!明日はこのセーター着て出かけようっと!

コメント

楽しみが一つ・・・

2006-02-24 20:52:01 | 本と雑誌

今日は帰りにホビーランドさんに寄って、MG誌の早売りとM.A.MORIさんのボッシュライトセットを購入してまいりました。で、思ったとおりボッシュライトの原型は邦人さんでしたね。季刊とはいえ模型誌の連載を持ちながら次々と原型を仕上げていくとはさすがです。出来ですか?勿論最高ですよ!一個当たり200円+消費税なら買いでしょう。一言だけ希望を言わせていただくなら、管制カバーを別部品にして(取り付けアームはなくてもよいので・・・)3個付けてくれたらもっと嬉しいかも・・・。その分割高になって2000円と言われても高いと思わないですけどねえ、まあ"欲しかったら銅板プレスして作ってちょ!"と言う具合に、工作の楽しみを残してくれたと解釈いたしましょう!

でもってMG誌の方はと言うと・・・。思わず1/700のヤマトを買っちゃおうかな~と思わせる徹底ディテイールアップ!"アカンアカン!やらなあかん事は山積みやで~"と思わず自分を諌めるほど艦船熱が上がっちゃいましたよ!やりたいなあ~でもやったら地獄やろなあ~このエッチングやったら20Wぐらいのハンダ小手やないとパーツ溶けてまうやろな~デッキ?元セイラーとしてはホンマモンの木を貼らなあかんやろ・・・などと妄想が脳内を駆け巡っております。(←アホです) あと自動車模型ではフラックスは基本的に使わない(!)とか色々とオモロな記事が多かったですが、一番注目はSHSとフリマが同時開催されること!開催時期は某所で聞いて知ってはいましたが関連記事を見るとホント面白そうですね!今回のSHSは諸々の事情で出張を引っ掛けるのが微妙に難しいので、旅費稼ぎにフォトアルバム"ガラクタ倉庫"に出してるのを売っちゃおうかな~。一個千円ぐらいなら買ってもらえるかな?なんて思いながら楽しみが一つ増えた気分。明日も出勤ではありますが何かワクワク気分の金曜日であります!

コメント