野生生物を調査研究する会活動記録

特定非営利活動法人 野生生物を調査研究する会の会員による活動記録です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あなたの地方のカタツムリ

2019-02-28 | フィールドガイド--その他の生き物--

あなたの地方のカタツムリ
 陸産貝類のことを広くカタツムリと呼んでいます。日本には約800種類も確認されているんです。日本中でひろく知られているこのカタツムリですが、地方によってそれぞれ種類が違うのをご存知でしょうか?
 関西で普通にみかけるのは、ナミマイマイとクチベニマイマイです。
 どちらも大型のカタツムリですが、クチベニマイマイは殻の口のあたりがほんのり紅くなっているのですぐわかります。中国・四国地方で普通に見られるのはセトウチマイマイ。九州ではツクシマイマイ。関東地方ではミスジマイマイ、ヒダリマキマイマイといったように地方によって種類が違うんです。
 これは、カタツムリが普通の昆虫などの生き物のように動く範囲がそれ程広くないので、それぞれの地方で進化が進んだと考えられています。
 ですから、ごく限られた地域にしかいないものも多く、地名のついたカタツムリが多いのです。神戸の摩耶山にしかいないマヤサンマイマイ、南紀の那智にしかいないナチマイマイなどもその例です。
 さて、あなたの地方にはどんなカタツムリが住んでいるんでしょうね?

この記事についてブログを書く
« シキミ | トップ | 資料を読む 「ふるさと景観 ... »
最近の画像もっと見る

フィールドガイド--その他の生き物--」カテゴリの最新記事