野生生物を調査研究する会活動記録

特定非営利活動法人 野生生物を調査研究する会の会員による活動記録です。

セイタカアワダチソウは「花粉症の原因」といわれたときがありました。

2023-09-22 | 自然観察会

セイタカアワダチソウは「花粉症の原因」といわれたときがありました。

 

日本に渡来したのは明治時代といわれ、戦後、急速に全国に広がっていきました。

1960年ごろ、北九州では炭鉱の閉山があいついだころに急増したことから「閉山草」とも呼ばれたそうです。

10月を過ぎると都市近郊の空き地や荒れ地、土手、休耕田などなどで群生し、日本中に広がりました。

黄色い穂をつけた花を好きな人は少ないようですが、その繁殖力の旺盛なところが嫌われる原因のようです。

そして、全国に広がったときに花粉症もひろがりました。

そのため、一時セイタカアワダチソウが花粉症の原因とまでいわれましたが、セイタカアワダチソウは虫媒花のため、花粉症はおこしません。

50代以上の人の中にはまだセイタカアワダチソウが花粉症の原因と思って近づいてはダメという人がいます。

 

セイタカアワダチソウは、根から特殊な成分を分泌し、ほかの植物の種子から芽の出るのを抑えたり、根の成長を妨げたりします。そのため、セイタカアワダチソウだけがはえる場所になってしまいます。

そのことから、セイタカアワダチソウが広がるのみて、日本中がセイタカアワダチソウだらけになるのではと心配されましたが、時間がたつと次第に勢いがなくなり、在来のクズやススキが勢いを増しています。

セイタカアワダチソウの毒は、かびやバクテリアなどによって分解されて無毒になり、ススキなどの日本の本来の植物にもどっていきます。

 

 

原産地のアメリカですが、

ケンタッキー州やネブラスカ州の州花になっています。

アメリカの先住民は何世紀にもわたって薬草や染料植物、飲料茶として使用しています。

アメリカでは、100種以上のなかまがあり、よく似た種も多く、またすぐに雑種ができるので、分類がたいへんにむずかしいようです。

 

今、日本でもセイタカアワダチソウの利用方法が載っているホームページやブログが見られるようになりました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

社家郷山(しゃけごうやま)の観察会 2015年9月20日(日)

2023-09-20 | 野生生物を調査研究する会歴史

社家郷山(しゃけごうやま)は東西に長くのびる六甲山地の東エリアにあります。ハイキングや自然観察など様々な野外活動が楽しめる場所です。

今月は身近な社家郷山(しゃけごうやま)で観察会を行いました。出発点は「かぶとやま荘」、ここから樫ヶ峰山頂を目指します。

 

社家郷山(しゃけごうやま)の観察会 2015年9月20日(日)ナチュラリストクラブ

             

かぶとやま荘から少し登ったところは平坦な草地になっていていろいろな植物が観察できます。この辺りはコープこうべが「コープの森」ととして兵庫県「企業の森づくり」制度を活用し、森の整備と現地での体験学習を行っています。秋の草花がたくさん生えていて、早速カメラを取り出してパチリ。

             

この大きなおなかのカマキリはオス。おなかにハリガネムシが寄生しています。ハリガネムシは水の中で生まれ、ボウフラなどの小さな生き物に食べられて最後にカマキリなどの生物の中に入り込み生育、今度はカマキリを誘導して水中に向かわせるんだそうです。恐ろしいマインドコントロール!

 

のんびり・ゆっくりがモットーのナチュラリストクラブの観察会。この辺りからちょっと様子が変わってきて急な坂道の出現、登山の様相を呈してきましたよ!

 

尾根道に出るといつも見上げている甲山が下に。見晴らしが良くて気持ちがいいです。

 

さらに登って、ここが樫ヶ峰の山頂。標高461.1mで甲山より152m高いそうです。ここから少し先に行って見晴らしの良いところでお昼。先生方はうまい具合に日陰に入ってます。どこにいるか分かりますか?

     

この尾根道に生えている木は風が強いので高くなりません。この松で樹齢40年ぐらい。栗の実もカメラよりも下で写真に撮りやすい♪

 

さて帰りですが「いったん下ってから上り、また下るルートと、急だけど下りだけのルートとどちらにしますか?」と聞かれ全員「下りだけのルートで!」

   

チェーンが張られている急な道もありましたが、無事通過。途中でホッと一息。

午後は山を歩くのに集中、急な坂も距離的には短く、お天気がよく気持ちのよい山歩きが出来ました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ツリガネニンジン

2023-09-19 | フィールドガイド--植物編--

ツリガネニンジン(キキョウ科)

里地の畦や里山に向かう道沿いに釣り鐘状の薄い青紫色の小さな花をぶら下げた植物がツリガネニンジン。

ニンジンと名がついているのは、根が朝鮮に人参に似ているところから。

朝鮮人参と同じように薬効があるそうで、根を乾燥させ(シャジン (沙参))、漢方では鎮咳、去痰作用があるとか。

若い芽や茎先のやわらかい部分は「トトキ」とよばれ⾷⽤になる。

ツリガネニンジンは、 花の色やかたち、 茎や葉の様子などに個体差が出やすい種類です。

ツリガネニンジンの受粉は夜行性のガのなかまが花粉媒介をしているという報告があります。(つくば生物ジャーナル2016.)昼間にやってくる昆虫は受粉に貢献せず、夜にやってくるガの仲間が受粉を助けているそうだ。この研究では、ツリガネニンジンの出す蜜を手がかりにして、夜の方がたくさん蜜がでて、しかも生殖器官も成熟するところから夜のガのために花のしくみができていると結論づけている。

なぜ、ツリガネニンジンが夜の昆虫を選んだのかはわからないが、小さい花のわりにめしべが突出しているのが原因かもしれません。

 

観察

1枚の花びらが筒状で、その先が5つに分かれている。花の中から垂れ下がっている部分はめしべ。

株もとに出る葉と、 茎につく葉のかたちが大きく違う。株のもとの葉は丸く、茎の葉は先がとがった楕円形になっています。葉は輪生(茎に一カ所に数枚ずつつく)

ガクには小さな突起がある。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

和泉葛城山のブナ

2023-09-18 | 野生生物を調査研究する会の紹介

和泉葛城山のブナ

 

「生きている大和川」では金剛山のブナ林を取り上げたが、和泉葛城山にもブナが残っている。

大和川の調査のときには、9月に和泉葛城山のブナも観察している。

 

毎年実をつける樹木もあるなかで、ブナは10数年に一度という間隔で実をつけます。

つけるときは大量にできるので、虫などにたべられても生き残ることができるようになっています。

生き残った実でも、ササの生い茂った場所に落ちるので、発芽して大きな木になるのは大変な確率になります。

和泉葛城山ブナ林は、1923年(大正12年)に国の天然記念物に指定され、今年(2023年)に指定100周年になります。

現在ブナ林の保護と増殖のため、コアゾーンとバッハゾーンに保全場所での計画的な育成をおこなっています。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コオロギのなかま(2)

2023-09-17 | フィールドガイド-昆虫編--

コオロギのなかま(2)

 

9月になっても連日30度を超す気温が続く。

寒冷な地域にすむ生き物は温暖な地域にすむ生き物よりからの大きさが大きい(ベルクマンの法則)という法則がある。

日本人はこのままでは小さな体になっていくかもしれない。

 

ところが、昆虫の場合、緯度が高い寒冷地の昆虫ほど体の大きさが小さい。(逆ベルクマンの法則;1949、Orlando Parkの北アメリカのゴミムシの研究より)

逆ベルクマンの法則が成り立つことを、1967年正木進三氏がエンマコオロギで報告している。

なぜ、逆ベルクマンの法則になるのかは、昆虫の幼虫が暖かい温度が長く体験できる幼虫ほど大きくなれるからだ。

コオロギのなかまで、花壇や芝生の生える草地に生息するのがシバスズとマダラスズ(どちらもヒバリモドキ科)

どちらも大きさは10mm前後のコオロギの仲間だ。

 

淡褐色で、後脚に褐色の斑紋があるのがシバスズ、オスはヂーッ ヂーッ ヂーッと鳴く

暖地では、6から7月 9から11月 年2回成虫が見られるが寒地では一回

体は黒色で、後脚に黒白の縞模様があるマダラスズ、オスは、ビィーッ、ビィーッ、ビィーッと鳴く

暖地では、6月から7月、9月から10月の年2回成虫が見られるが寒地では一回

 

 

シバスズとマダラスズは、光周性をしめす昆虫で、長日で育つときは非休眠卵を産み、短日のときは休眠卵をうむ。

この性質をつかって沼田英治氏が温暖化の影響について調べている。(2021;時間生物学 vol27,NO2)

シバスズは温暖化の影響がでているが、マダラスズは一概にそうとは言えない結果となったという。

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カマキリのなかま

2023-09-16 | フィールドガイド-昆虫編--

カマキリのなかま

 

近畿地方には草原性のオオカマキリやチョウセンカマキリと樹上性のハラビロカマキリ、草本や潅木の地面近くに潜むコカマキリが代表的なカマキリの仲間です。

オオカマキリTenodera sinensis (Saussure,1871)

草原や林縁に生息する。特にクズなどが繁茂する草原で見つかる。前脚の基部が薄い黄色で、下翅が黒紫色をしている。

 

カマキリ(チョウセンカマキリ)Tenodera angustipennis (Saussure,1869)

草原や河原、畑、ガマなどの植物が生えた沼地に生息する。前脚の基部がオレンジ色で、下翅は透明である。

ハラビロカマキリHierodula patellifera (Audinet‐Serville,1839)

樹上性で林縁に生息する。前脚基節のコブ状突起が大きく、数が3~4個であること、前胸腹板が薄い黄色をしている。

 

コカマキリ Statilia maculata (Thunberg,1784)

草原、林縁、林内に生息する。前脚腿節の刺(カマの刺)の基部の斑が一本おきに黒くなっている。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

里地里山の一年  9月上旬の里山

2023-09-15 | 里地里山の1年

里地里山の一年  9月上旬の里山

日照りと雨が降れば大雨の夏でした。

里山保全の作業の様子を報告します。9月は倒木の撤去作業を中心に行いました。

 

倒木があります。特にコナラの立ち枯れがめだち、太い枝から重さで落下、山道を塞いでいます。

 

前回の続きの所から整備をはじめました。

下草が覆う場所で、多分初めて入る場所だと思います。ちょっとジャングルの様です。

 

谷のようになっている所の横の木を切り倒して歩ける場所を作りました。帰り際にちらっと池と橋が見えたので「あれっていつもリース用のツルを取りに行く所の奥の池ですか?」と聞くと「そうです」と。作業する山のほとんど東の端っこでした。

 

今日は植物や鳥にとても詳しいIさんが来られたので新しい発見が!私たちだけでは全く気が付かなかったと思います.

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コオロギのなかま

2023-09-14 | フィールドガイド-昆虫編--

コオロギのなかま

 

秋に鳴く虫の声が盛んに聞こえるようになりました。

日本では鳴く虫の声を聴く風習があります。

童謡「虫のこえ」には、マツムシ、スズムシ、キリギリス、クツワムシ、ウマオイなどがでてきます。

「虫のこえ」の2番に

きりきりきりきり こおろぎや/がちゃがちゃがちゃがちゃ くつわ虫/あとから馬おい おいついて

ちょんちょんちょんちょん すいっちょん/秋の夜長を 鳴き通す/ああ おもしろい虫のこえ」

とあります。

「きりきりきりきり こおろぎや」とあるのが不思議だと思いませんか

コオロギは「コロコロコロ」じゃないのとつっこみたくなりますが、

元歌は

「きりきりきりきり キリギリス」だったのです。

いまでも、小学校の音楽の教科書に載っています。コオロギになったのは、秋の夜長に鳴き通すのはキリギリスではないのではと誰かがいたのでしょう。

元歌は明治、江戸時代にはキリギリスはコオロギのことだったようです。

万葉集にはコオロギの歌が詠まれていますが、その頃のコオロギは鳴く虫の総称だったようです。

平安時代になると、現在いうコオロギはキリギリスのことで、キリギリスはハタオリと呼んでいます。

時代とともに、呼び名も変わっているのすが、今の小学生には誤解されないように「キリギリス」が「コオロギ」に置き換わったようです。

コオロギのなかまには、エンマコオロギ、ミツカドコオロギ、ツヅレサセコオロギ、オカメコオロギなどがよく知られています。

ほかに、アオマツムシは中国から日本に入ってきた帰化種がいます。

カンタンは「ルルルル・・・」という連続音で草原でないています。

カネタタキは「チンチンチンチン・・・」と鳴いており、家の周辺でも見ることができます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バッタのなかま

2023-09-13 | フィールドガイド-昆虫編--

バッタの仲間

バッタの代表といえばトノサマバッタ。

トノサマバッタの仲間がアフリカやアジアで大群になって大移動して農作物に被害を与えたというニュースを聞くことがある。

深刻な農業被害をもたらすのはサバクトビバッタ。

トノサマバッタは大群になることはありません。

 

もともとトノサマバッタの仲間は乾燥に強く、砂漠のような乾燥した大草原に住んでいます。

卵も土の中に産み、乾燥から卵を守るようにしています。

バッタの仲間は不完全変態で、さなぎの時期はありません。

生まれたときから幼虫の姿は成虫の小型の姿で、脱皮してだんだん大きくなります。

幼虫の時はイネ科の草が生える草原ですごし、成虫になる石ころや砂地の乾燥した川原などですごします。卵は砂地や石ころのある場所に土をほって産卵します。卵は春まで休眠します。

バッタのなかまは、日本では約390種います。

バッタやイナゴなどは、主に昼間に活動し、草を食べます。

コオロギやキリギリスなどは、主に夜行性で、草の葉や他の昆虫を食べます。

 

昼間に活動するバッタのなかま

トノサマバッタ(バッタ科)

荒れ地でよく見られます。体は太く体の色は、緑色から褐色までいろいろあります。ダイナミックに飛ぶ姿は「とのさま」にふさわしい感じがします。

 

オンブバッタ(オンブバッタ科)

頭部はかくすい形で尖っていています。体長は雄25mm内外、雌は42mm内外です。イノコズチやキク、シソなどの葉を食べます。秋にはオスを乗せた姿をよく見かけます。7月~10月に見られます。

 

ショウリョウバツタ(バッタ科) キチキチバッタとも呼ばれます。形はオンブバッタと似ていますが、大型で後ろ足が長いのが特徴です。体長は雄40~50mm、雌75~80mmです。エノコログサやメヒシバの生えた場所でよく見られます。

コバネイナゴ(イナゴ科)

体長28~40mmほどで、体長は緑から黄色緑色。羽(はね)の長さには個体差がある。顔から腹にかけての黒い帯があるのが特徴です。地中で卵の形で越冬し、8月~11月ごろまでヨシ原でよく見られます。

 

ホシササキリ(キリギリス科)

猪名川の川原でよく見られます。ジージーと嶋いています。体長は13mm。よく似ているものにウスイロササキリがいます。

 

ササキリ(キリギリス科)

ササの葉の上でよく見られます。ジリジリと鳴きます。体長は13mm。日かげのササの葉の上でよく見られます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ナンバンギセル

2023-09-12 | 自然観察会

ナンバンギセル(ハマウツボ科)

9月上旬には、里山のススキの根本にはナンバンギセル (ハマウツボ科)が見られます。

ナンバンギセルはススキやミョウガなどの根に寄生しますが、 すっかり少なくなってしまいました。

牧野富太郎氏は明治13年に四国の石鎚山に登ったときにはじめてこのナンバンギセルを採集したと書いています。(植物と九十三年(2)北国新聞)

 

花期は7~8月、長い花柄の先に横向きに花を一つつけます。花は紅紫色の筒形です。

葉緑素を持たないので光合成ができません。それで、ススキなどの植物の根に寄生し栄養分を吸収します。

 

名前の由来は、花の姿が、マドロスパイプににており、南蛮人(ポルトガル人)が煙草を吸う時に使うキセルという意味でつきました。

 

ところで、寄生植物で有名なのは世界一大きな花を咲かせるラフレシアがあります。

身近なところでは、ネナシカズラやヤドリギなどがあります。 

植物は光合成で生活をしますが、寄生植物は自分だけで栄養を作ることができず、ほかの植物から栄養を奪うことで成り立つ植物です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする