子育ての杜

子ども達の遊び お母さんとの話し合いなど講座の様子、そしてわらべうた研修会などの活動をお知らせします。

俳画に挑戦!

2018年02月09日 | 小学生のためのことばあそびの教室

”俳画” 「これなんて読むかわかるかな?」いつも元気いっぱいの2年生のkちゃんが「ハイ…ガ?」

「そう!よくわかったねー。」当たったkちゃんも自分でびっくり!

「今日は俳句に絵をつける俳画というちょっと高級なことに挑戦してみようね。」

三学期に入って2回目。前回「冬休み・お正月」をお題に作った自分の俳句の中から好きなものを選んで絵を描いてみます。

 

「筆で字を書くの、初めて!」まだ学校でお習字の始まっていない1・2年生は筆を持つのも初体験ですがやる気満々。躊躇なくえいっと筆を入れる姿に、おーっと見ている大人が驚いてしまうほどの勢いです。

今の子どもたちは、大きくなるにつれて見えてくる人の目や評価を気にしてちょっと尻込みしたり、どうせ…なんて卑屈になったり、何をするにも大人が求めている正解は何なのかそればかり気にして動けなくなっているように思えます。こんなこと言ったら笑われるかな…、○○ちゃんみたいに上手に私はできないし…とやる前から自分で点数をつけて自分を表現することを怖がっているのでしょう。

ことばあそびの教室を始めてよかったなと思うことは、そんな子どもたちが新しいことや人前で自分を表現することに臆せず楽しめるようになったこと。

以前は「えーそんなことできな~い!」とか「やったことないもん。」ともじもじするばかりでなかなか手を出さなかったり、隠れるように字を書いたり絵を描いていた子が堂々と何でも自信をもってやるようになりました。本当にうれしいことです。何より本人が一番うれしいはず。すっきりした子どもらしい笑顔がそれを物語っています。

「おもしろいのができたね。」、「とってもすてきだね。」と感想を言ってあげるとますます光る子どもたちです。もちろんお世辞なんて子どもには通じません。評価ではなく、本当に心からその溢れ出るような子どもたちのエネルギーとその子だけが持っている才能に感動し、共感した時に相乗効果が生まれるのでしょう。

「ふぅー。もうこれでおしまいにする…」と一年生のYちゃん。本当に集中してやってたね。みんなも用意していた紙がなくなるほど次々といい作品をたくさん作りました。「みんなの全部壁に貼れるかな?」「わたしのも絶対飾ってね。」みんな自分の俳画に大満足です。

頭をいっぱい使った後は体を動かしてわらべうた。1年生から4年生、男の子も女の子も関係なく手をつなぎ、頬寄せ合って、引っ張り合いっこして…あっという間に時間が過ぎて、もう一回やりたーい!というみんなの願いは次回におあずけです。

私たち大人ももっともっとこの子たちと一緒にいたいと思いつつ、次回まで ♪さよならあんころもちまたきなこ♫

次はどんなことばあそびをしようかな…お楽しみに!

 

*小学生のことばあそび「あんたがたどこさ」では、来年度の会員を募集しています。新1年生はもちろん2年生以上もお問い合わせお待ちしております。        

子育ての杜 Tel・Fax047(386)0960

 

 

 

 


遊びに来ませんか<親子遊びの教室 まめっちょ・ととけっこう>見学のお誘い

2018年02月06日 | <わらべうたで子育て>まめっちょ・ととけっこうのお知らせ

見学可能日   0・1歳児クラス まめっちょ       2月13日(火)・2月27日(火)・3月13日(火)

         2・3歳児クラス ととけっこう  2月15日(木)・2月22日(木)・3月1日(木)・3月8日(木)

*各日、親子3組まで見学ができます。ご相談もお受けしますのでまずはお電話、メールをお待ちしております。


遊びに来ませんか?<親子遊びの教室 まめっちょ・ととけっこう>見学のお誘い

2018年02月06日 | <わらべうたで子育て>まめっちょ・ととけっこうのお知らせ

立春も過ぎたというのにまだまだ続く寒さ…はやく暖かくならないかなーと本当の春が待ち遠しい今日この頃です。

春になったらお子さんと何か新しいことを始めたいなと思っていませんか?

寝ている時間が長かった赤ちゃんは次第に周りの世界に興味を持ち始め、1・2歳の子どもたちは昨日までできなかったことができるようになったり、新しい言葉を覚えたりと、子どもたちの成長は日々大人を驚かせてくれます。

何でもスポンジのように吸収していくそんな子どもの様子に、大人はあれもこれもと目に見えてできることをやらせてみたくなりがちです。何も教えないのはもったいないのでは…、大きくなった時に困らないように少しでも早くできるようにしてあげたい、と考えてしまいます。子どものことを思ってこそではありますが、まだ生まれて数年の子どもたちです。本当にしてあげなくてはいけないこととは何でしょうか?

遊びが子どもを育てます

お母さんのまねが大好きな子どもたち…ままごとは女の子にも男の子にも人気の遊びです。

トングでお手玉をつまんでお皿に盛り付けます。お母さんにもお友達にも目玉焼きとおにぎりをそれぞれひとつづつお皿にのせて、フォークとスプーンとコップも人数分並べます。「さあ、どうぞ。」「いただきます。」楽しくみんなでいただきます。

おままごとのこんな一場面の中で子どもはいくつのことを学んでいるでしょうか?

トングでお手玉をつまむ  指先に力を入れ、自分の手先をコントロールしてお皿に並べます。手と目を協応させる力も必要です。

ひとつづつ…人数分並べる  一対一という数の原理を使って、同じ種類を同じ数だけ集めて分配しています。配置や色合いも考えて並べるようになります。

会話をする 身近な生活を再現することで社会生活を学んでいます。普段大人がすることをよく見聞きし、言葉遣い、振る舞いも身につけます。

 

ただ遊んでいるように見えますが、ままごとの中だけでも、子どもたちは自分の体を発達させ、記憶力を使って普段の生活を思い出して再現し、数を数え、一対一や集合(同じ種類を集める)などの数学の基本も事も無げに遊びに取り入れ、そして社会生活の基本となるコミニュケーションも学んでいるのです。

これをひとつひとつ教えることもできますが、訓練になってしまいますね。

遊びは、子ども自身がやりたいから、楽しいから喜んで繰り返します。繰り返しすることで、できることはさらに上達し、そして少し難しい次のステップにも自分で挑戦しようとするようになります。知らないうちに子ども自身で訓練しているのかもしれません。遊びの力は本当にすごいのです。

大事なのは、その遊びのすごさを理解し適切に助けることができる大人の見守りがあること、そして発達に適した遊びの環境があることです。

親子遊びの教室まめっちょ・ととけっこうでは子どもは遊ぶことで新しいことを学び、そして大人は子どもの遊びの意味を知り、生活リズム、食、その他子どもに関わる大切なことを考え、学んでいく場です。そしてわらべうたを憶えて遊ぶことで親子の愛着がもっと強くなり、お友だちが大好きになっていきます。

 

もっとゆっくりお子さんとこの大切な時間を過ごしませんか?

ただいままめっちょ・ととけっこうは2018年度の新規会員を募集中です。(2018年度募集要項もご覧ください)

お家でゆっくりお母さんと過ごそうかなと思っている3歳児の親子さんもぜひ一度ととけっこうのクラスに遊びにきてみてください。育休中の方、マタニティの方も是非‼

見学のお問い合せ、お待ちしております。

 

子育ての杜

松戸市常盤平2-24-2 C-4

Tel/Fax  047(386)0960   

✉ tokiwadaira-youjikyoushitsu@warabeuta.jp


子どもたちが教えてくれます…積み重ねることの大切さ

2018年02月05日 | まめっちょの時間 ととけっこうの日々

もうすぐ3歳になる早生まれのYちゃん。

『ととけっこう』の時間を楽しみに子育ての杜の部屋にお母さんと一緒にやって来ます。

まず自分で上着を脱いで、荷物置き場に入れて、シール帳を持って受付の机に。シールを貼ったら上手く貼れたかな?と出来栄えを眺めてからバッグに。バッジは小林先生につけてもらいます。

このいつもの流れをひと通り済ませたら遊びたい遊具のところに行って遊び始めます。

今日は前回の遊びの続きかな?…それともこの前、じっと見ていていた○○ちゃんがやっていたあの遊びかな?…とYちゃんを見ていると、一週間前にYちゃんが面白いと思ったこと、やってみたいなと思っていたことをちゃんと発展させて遊びにしています。自分で選んだ遊びをお母さんと一緒に、お友達と一緒に一時間じっくり集中して遊びます。

 

もうちょっと遊びたいよね?もうそろそろお片付けになるけど…

ちょうどできたばかりのごちそうを前にどうするかなと思って見ていると、ささっとお母さんと一緒に食べてお皿を片付けます。たくさん遊んだら今度はわらべうたの時間!と時計など見なくても毎回繰り返すリズムで体にしっかり習慣となって入っているのでしょう。満足して遊びを終わらせて次の楽しみに向かいます。

 

親子のわらべうたをじっくり楽しんできた『ととけっこう』の3期は、お母さんと二人で遊ぶわらべうたからみんなでひとつになって遊ぶわらべうたまで遊び方も幅広く多彩になってきています。

今では一番にわらべうたに駆けつけるYちゃんですが、初めの頃はお母さんとおもちゃで遊んでいてわらべうたに入ってきませんでした。でもちゃんと遊びながら耳は聞いていたんだね。さあ、わたしも一緒にやろう!という時期は子どもが自分で決めるのです。

 

わらべうたでいっぱい遊んで、ほーっとひと息ついて座ると絵本が始まります。言葉ひとつひとつに耳を澄ませて、今度は頭の中で言葉を使って遊んでいるかのよう…ことばあそびもなぞなぞも大好き。落ち着いてよく聞いているからこそ楽しめるのです。

♪♪さよならあんころもち またきなこ♪  今日はこれでおしまいです。

受付で自分が選んだ絵本を借りて、バッジを返して、上着を着たら「さようなら!」。満足した笑顔で外に飛び出します。

これがYちゃんの子育ての杜での一日です。

 

見ていて気持ちがいいくらいやりたいこととやるべきことが体の中にしっかりリズムよくできています。

同じことを繰り返しすることは大人にはあまり進歩がないように見えるかもしれませんが、子どもは経験したことを確かめ、そして何か新しい発見をしながら自分のものにしていきます。 

発達により集中できる時間も違います。子どもの育ちに合った十分な時間と遊ぶ環境を用意してあげると子どもは満足してひとつのことを終えて次のことに気持ちよく取り組めるようになります。そして心地よい経験を積み重ねていくことで、何も言わなくても見通しを持って行動できるようになるのです。

春からの新しい集団生活は、親子ともども楽しみであり、ちょっと心配でもありますね。

でも、子どもの中に自ら遊ぶ力と先を見通して動く習慣化された力が備わっていれば安心して送り出してあげることができるでしょう。

そしてわらべうたで培ったひとを好きになる力。

どれも目にはみえない力なのでわかりにくいのですが、子どもたちをよく見ていればわかります。

子どもたちは何が大切なのかちゃんと教えてくれているのです。