Landscape diary ランスケ・ ダイアリー

ランドスケープ ・ダイアリー。
山の風景、野の風景、街の風景そして心象風景…
視線の先にあるの風景の記憶を綴ります。

トンボの夏 / 蓮池の浄土

2018-07-29 | 生き物
四国88カ所46番札所、浄瑠璃寺には古代蓮の咲く蓮池がある。 夏の朝、そこはさながら極楽浄土の風景が出来(しゅったい)。 そして、この池はトンボの楽園である。 . . . 本文を読む
コメント (4)

青葉梟観察記 / 日曜日の公園で

2018-06-05 | 生き物
梅雨入り後の晴天の日曜日。 午前中の光で、木漏れ陽の中の青葉梟(アオバズク)を撮りたかった。 . . . 本文を読む
コメント (4)

夜の川を渡る光

2018-06-03 | 生き物
蛍の撮影はロケーションだと思う。 どんなに数多く飛んでいても(最近は多重露光が当たり前なので)その景観が美しくないと面白くない。 . . . 本文を読む
コメント (4)

青葉梟がやって来た

2018-06-02 | 生き物
今年も渡りの梟(フクロウ)青葉梟(アオバズク)の季節、到来です。 . . . 本文を読む
コメント (4)

蜜蜂の羽音と春眠

2018-03-18 | 生き物
蜂蜜の歴史は人類の歴史と云われるように、人と蜜蜂の関わりは遠く長い。 . . . 本文を読む
コメント (4)

青い鳥飛んだ

2017-12-28 | 生き物
ここ数日撮り貯めた、冬の青い鳥、ルリビタキを始め、日溜まりに集まる野鳥たちの表情をどうぞ。 . . . 本文を読む
コメント (4)

冬の青い鳥

2017-12-24 | 生き物
冬は野鳥観察の絶好の機会だ。 樹々が葉を落として見通しがいいことと、餌の乏しい季節なので定点に集まる傾向がある。 . . . 本文を読む
コメント (5)

さようなら夏の光

2017-08-18 | 生き物
夏は終わらない… まだ何も撮っていないから。 . . . 本文を読む
コメント (2)

トンボの夏/黄昏の光

2017-08-09 | 生き物
台風一過…夕暮れの空に光が射してきた。 近所の親水公園まで自転車を走らせた。 . . . 本文を読む
コメント (6)

トンボの夏/ギンヤンマ

2017-08-04 | 生き物
ギンヤンマは、ずっと憧れのトンボだった。 一番人気のあったオニヤンマよりも。 眩い夏の青空を透かした空色の飛翔体は、そのまま夏の王様だった。 . . . 本文を読む
コメント (5)

トンボの夏/琥珀色のゆらぎ

2017-07-29 | 生き物
真夏の真っ当な過ごし方は、天然の涼への逃避行に尽きる。 . . . 本文を読む
コメント (4)

青葉梟観察記 / 天使の羽ばたき

2017-07-19 | 生き物
青葉梟の雛たちの巣立ちである。 待ちに待ったと云いたいが…これは河川敷公園ではなく、別の場所の青葉梟です。 . . . 本文を読む
コメント (10)

青葉梟観察記 / 雛死す

2017-07-10 | 生き物
昼過ぎ、青葉梟の樹へ行くと、鴉が騒がしい。 鼻を突く異臭が漂っている。 足元を見ると白い塊が転がっていた。 蠅や蟻が、その塊に溜まっている。 雛だ。 . . . 本文を読む
コメント (11)

青葉梟観察記

2017-07-08 | 生き物
一度その姿を見てしまうと虜(とりこ)になってしまうようだ。 ここ数日、近所の河川敷公園へ梟詣が続いている。 . . . 本文を読む
コメント (2)

公園の青葉梟

2017-07-04 | 生き物
近所の河川敷公園は、大きな椋や榎が青葉を茂らせている。 ここに夏の渡り鳥である青葉梟(アオバズク)が、毎年やって来ることは知っていた。 . . . 本文を読む
コメント (4)