八重柏冬雷の書道散策

書表現は無限。様々な書表現を紹介。書道を楽しむ講座も開講。問合せは冬雷公式HP http://torai-y.com へ

諏訪のせんべい

2006-10-31 | 町で見かけた書

島木赤彦の歌

これは、諏訪市に住む友人からいただいたせんべい。
よく見ると、島木赤彦の歌が。
こんなに細かな書が刻まれている。
この写真がほぼ原寸大だから、
技術的に大変なこと。
しばし、この書を見ていたのですが、
もっと詳しく知りたくて、諏訪市のHPを開いてみたら、
次のようにあった。

【柿蔭山房】 しいんさんぼう (下諏訪町指定文化財)
 島木赤彦の茅葺き屋根の自宅。
塚原家から久保田家に養子入りした明治30年から大正15年に没するまでの本拠地となりました。
赤彦は柿を好んでいたといわれます。
山房庭には「湖の氷はとけてなおさむし 三日月の影波にうつろふ」の歌碑があります。

と。
これで納得して、
食べた。

ほんのり甘く、
さくさくとして、
おいしい。

友人に感謝。


 

コメント (8)

和敬静寂

2006-10-30 | いろいろな書の巻

「和敬静寂」

写真がボケているのではなく、
筆を割って書いたのであります。

135cm×20cm

 

コメント (6)

みのり

2006-10-28 | いろいろな書の巻

「みのり」

ちょっと過ぎてしまったけど、
秋は実りの季節。

「みのり」による表現です。

120cm×90cm

 

コメント (16)

ちらっと「彩樹展」その3

2006-10-27 | 諸々

彩樹展会場の
東側壁面です。

コメント (2)

ちらっと「彩樹展」その2

2006-10-26 | 諸々

今日は
北側の壁面を
ちらっと。

コメント

ちらっと「彩樹展」その1

2006-10-25 | 諸々

彩樹展の様子を
ちらっとお見せします。
今日は西側の壁面。

私の作品ではないので、
拡大してお見せできませんが。

 

コメント

風との融合

2006-10-24 | いろいろな書の巻

「風との融合」

昨日の写真の
中央にあった私の作品。

メタリック墨を使用。
筆の抑揚を大きくした。

50cm×120cm

コメント (10)

彩樹展作品

2006-10-23 | いろいろな書の巻

彩樹展の会場です。
私の作品を中心に写しました。

右の作品は、
当ブログで9月1日にUPした、「遠い風」
しかし、他の作品と並べた時のバランスを考えて、
縦にして展示。
(実はこれに押してある印は、
縦でも横でも読める雷の金文、
だから、作品の向きを変えることが出来た。)

真ん中の作品は、
初めて発表する「風との融合」
明日紹介しますね。

左の作品は、
8月3日にUPした、「古代への郷愁」

そして、もう一点、違う壁面に展示していますが、
10月16日にUPした、「奔」

以上4点が、私の出品作。

こうしてみると、
「書じゃない」と言われそう。
でも、それも私にとっては逆に嬉しかったりして・・・。
前衛書なんだから。

以上でした。

 

コメント (12)

「彩樹展」始まります。

2006-10-22 | 諸々

「彩樹展」とは

画家、版画家、写真家そして私の
6人で開催しているグループ展。
今回で3回目かな。
このポスターの書は私。

会場は
帯広の広小路にある
NCアートギャラリー。

近くにお住まいの方は是非足を運んでください。

私は4点出品。
明日、会場内の写真をUPします。

コメント (11)

秋声

2006-10-21 | いろいろな書の巻

「秋声」

秋に書いた作品。
だから「秋声」

どかん・・としていて、
不安定で、
しかも未完成で、
だから
何かが始まりそうな・・・
そんな気配のする
作品にしたかった。

90cm×120cm

コメント (8)