特別イベント「流木おばけ探しの冒険!」

特別ワークショップイベント「流木おばけ探しの冒険!」を行いました!

 

今回は、「流木おばけハンター」で、造形作家である神岡学さんにお越しいただきました。

 

まずはみんなで、海に流れついた流木を捕まえにいきます。

好きな形の流木を見つけたら、網ですくって捕まえます!

 

捕まえた流木に、好きな装飾をつけ、「流木おばけ」を作ります!

自然の素材もいっぱいで、どんなパーツをつけるか選ぶだけでワクワクします!

 

グルーガンを使ってパーツをつけていきます!

工具の先や、溶けたプラスチックはとても熱いので、注意しながら作っていきます。

難しい部分はお父さんに協力してもらったり、お母さんにアイディアをもらったり♪

 

電車の流木おばけや、立つ可愛い流木おばけなど、とっても素敵な作品ができました

最後は、おばけの森で記念写真をパシャリッ

 

東京おもちゃ美術館では、11月もおすすめイベントなど、様々なプログラムをご用意しております!

皆様のお越しを、楽しみにお待ちしております


あーみー




 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

JICA乳幼児ケアと就学前教育研修 2018

毎年、JICAから委託を受けて御茶ノ水女子大学より研修のご依頼をいただいており、

今年度は、エジプト、パレスチナ、ヨルダン、ベナン、ブルキナファソ、カメルーン、ガボン、マラウイ

計8か国からお一人ずつ参加されました。

 

国家政策として、「乳幼児ケアと就学前教育」を掲げているものの、専門知識のある人材不足であり

人材育成と能力向上のための研修として、東京おもちゃ美術館にて研修を希望していただいています。

 

始める前に、まずはアイスブレイクとして、あやとりを得意とする副館長が

おもむろに紐を取り出し、一緒に”ほうき”を作り、子どものころに遊んだ!という声もチラホラ。 

 

 

日本わらべうた協会の理事長であり、おもちゃ学芸員でもある田村さんによる 

わらべうた遊びでは、まりつきやお手玉、おはじきなどをご紹介。

皆さんが、初めて聞くであろう『あんたがたどこさ』もすぐに一緒に口ずさみ、

『おなべふ』では、手首から肘の裏側あたりまで、左右交互に這わせていき、

止まったところがどの言葉になるのか…

【 お=おりこう、な=なまけもの、べ=べんきょうか、ふ=ふりょう 】

おおいに盛り上がりました

 

 

他にも、木育についてや、ゲームを通したコミュニケーション、てづくりおもちゃ体験などを通して、

同じような遊びは、多少の違いはあれど、他の国の子供たちも遊んでいるのだな、と実感。

  

 パレスチナからの参加された方は、東日本の被災地支援の話や動画を見て

「自分の国でも同じような情景なので、とても参考になった」との感想や、

 その他にも、「自分の国では、親子が遊ぶ姿は見られないが、ここではたくさん一緒に遊んでいる光景を

見ることができた。素晴らしいことだと思う」と述べられた方もいました。

 

今回の研修で、何か参考になりうることがあれば、大変嬉しいと思います。

 

 

 

 

はっち

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

赤ちゃん木育ひろば ピッカピカになりました!!

 

東京おもちゃ美術館長期休館中に「赤ちゃん木育ひろば」のメンテナンスを行いました。

まずは、東京多摩産のスギ材使った柔らかい床をより美しく

電動サンダーで磨き、ささくれ・毛羽立ち・凹み部分のやすりがけ

自然系植物性オイル(リボス)を2日間かけて2度塗り

リボスは蜜蝋の含有量が少ないため滑りにくく、乾いた後見た目が無垢に近い仕上がりになります

 

次は、白い池を滑りにくくピカピカに

今までの白い塗料の剥離

今回は塗料に骨材を少量混ぜ、滑りにくいよう加工

二度塗りしてもらい滑りにくい真っ白な池になりました

 

最後に入り口の塗装も行い

今まで以上に美しい赤ちゃん木育ひろばになりました

 

これから先も、親子で楽しんでもらえるように安心安全でリラックスできる空間を目指してまいります。

その中で、木の経年変化もこのお部屋の魅力一つとして楽しんでいただけたらなと思います。

 

より美しくなった赤ちゃん木育ひろばにぜひ遊びに来てください

 

はなっぺ

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

第26期おもちゃ学芸員養成講座 受講生募集中!

第26期おもちゃ学芸員養成講座の受講生を募集しています!

開催日時:11月13日(火)・14日(水)10:00~16:00


おもちゃと人、人と人を繋ぐ架け橋の様な存在、

それがおもちゃ学芸員(ボランティア・スタッフ)です。

 

養成講座では、グッド・トイ認定のおもちゃを始め、

館内にて実際に手に取って遊べるおもちゃの数々を

おもちゃパフォーマーや、先輩おもちゃ学芸員さんから楽しくレクチャー


おもちゃ学芸員の活動をしていくなかで、同じ趣味の仲間が増えたり

技を磨きあったり、ご自身の遊びのスキルアップもできます


おもちゃ学芸員の活動を続けていただくと、おもちゃこうぼうや、

いとのこやでも、活動の幅が広がります

 

現在、10代~80代まで、様々な職業の方が活躍しています。

「得意な遊びはあまりないのだけれど…」という方でも、活動していくなかで

お好きなおもちゃや遊びを一つでも増やしていっていただけるよう、様々なフォローアップやイベントもご用意しています。

ぜひ、おもちゃ学芸員として、10周年を迎えた東京おもちゃ美術館を応援してください


おもちゃ学芸員養成講座について詳しくはこちらから


はっち



 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

夏の特別ワークショップ【いろいろな素材編】

夏の特別ワークショップ【いろいろな素材】の様子をご紹介します!


7/28(土)「木のぼりてんとうむし」を作ろう!

浮力と磁石の性質を利用して、2匹のてんとうむしがおひさまに向かい上へ上へとのぼっていくおもちゃ。

講師は、おもちゃ学芸員の飯田淳さんです。

パイプの中に水を入れ、発泡スチロールのフロートをいれます。

フロートとてんとうむしに、お互いが引きつけあう磁石をはりつけます!

てんとうむしには自由に色をつけ、シールで模様をつけ、目玉をつけます!

とっても素敵な模様の「木のぼりてんとうむし」ができました!

 

8/12(日)畳屋と作る「いぐさにんぎょう」「いぐさねずみ」

 国産のいぐさを使って、作品を作ります。

講師は、おもちゃ美術館の中の畳もメンテナンスしてくださっている、高岡屋常川畳店の常川泰平さんと、

アンサンブル会の水間順子さんです。

まずは畳の解体ショー!畳の仕組みなどを教えていただきます。

いぐさにんぎょう作り。2つのいぐさを縦に使ったり、横に使ったり、画用紙やシール、モールなどを使って、思い思いに作ります。

ご家族で、それぞれ素敵な作品が完成しました!

いぐさねずみ作り。にんぎょうで使ったいぐさより、長いものを使用します。

ねずみの毛並みのように、いぐさをざくざくと切っていきます。

好きな形のお耳をつけ、お顔をつくり、飾りをつけていきます!

お友達みんな、それぞれ個性のあるいぐさねずみが完成しました!

 

8/18(土)ねん土で「万華鏡」を作ろう!

色々なビーズを入れたオリジナル万華鏡作り。まわりはねん土で楽しく飾りつけをします!

講師は、まんげきょうfactoryめめ 酒井祐子さんです。

まずは、万華鏡の本体作り。鏡を組み立て、好きなビーズを自由に選びます!

時々のぞいて、見え方をチェック!

ねん土は、白・赤・青・黄色の4色を混ぜあわせ、好きな色を作ります!

動物型や夏の思い出の景色、好きなものなど、個性豊かな、カラフルで素敵な万華鏡が完成しました!

 

8/19(日)カンナで「マイ箸」を作ろう!

おもちゃ学芸員さんによる、国産ヤマザクラのお箸作り。

作る前に、材料のヤマザクラのお話や日本の森林の現状も聞きました!

初めは少しこわいカンナがけだけど、慣れてきたらしっかり腰が入って力強くできました!

お父さんも夢中になってカンナがけ。

やすりがけし、くるみの油を塗り仕上げます!箸袋も手作りし、完成です!

 

8/25(土)「おもいで糸でんしゃ」を作ろう!

糸をひっぱると進む電車のおもちゃと、それを走らせる背景のジオラマ作り。

楽しかった夏の思い出の風景を背景にしていきます!

講師は、toy-spice! ともちか ごうさんです。

まずは、いとでんしゃ作り。はさみで丁寧に切り取り、組み立てます。

画用紙をつかって、夏の思い出の風景や、好きな背景をつくります!

でんしゃが通るトンネルも!

夏に遊びに行った江の島の素敵な思い出をのせたいとでんしゃの完成です!

さっそく走らせて遊びます!

 

夏のイベントの様子はいかがでしたか?

多くのお客様の楽しい夏の思い出に、お気に入りの作品になっていたら嬉しいです!

 

東京おもちゃ美術館ではてづくりおもちゃおもちゃ学芸員によるイベント不定期開催のおすすめイベントなど、これからも様々なプログラムをご用意して皆さんをお待ちしております!

是非遊びにきてください!

 

あーみー


 

 

 

 

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ