ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

映画「バリー・シール アメリカをはめた男」@109シネマズ木場

2017-10-27 23:41:55 | 映画感想
2017/10/23,109シネマズ木場。
3番シアター、K列を選択。



トム・クルーズ、ドーナル・グリーソン、サラ・ライト。



バリー・シール(トム・クルーズ)はトランス・ワールド航空(TWA)のパイロット。
腕はいいが、禁制品のキューバ産葉巻を密輸して小遣いを稼いでいる。

ある日、シェイファー(ドーナル・グリーソン)が、バリー・シールの密輸を指摘、
逮捕するのかと思いきや、CIAのために働かないかと誘ってくる。

バリーはTWAを辞めてCIAのために中南米の偵察飛行で写真撮影をするようになる。
コロンビアにも飛ぶようになり、軍関係者に金を渡し情報を受け取る運び屋もやっていた。

ある日、コロンビアで麻薬組織のボス、パブロ・エスコバル(マウリシオ・メヒア)に捕まり、
麻薬を運ぶよう指示される。
断れない状況のバリーだが、1kg当たり2千ドルの報酬は魅力だった。

バリーは監視網をかいくぐって、アメリカのマフィアに麻薬を渡すことに成功する。

しかし、再びコロンビアに入って、コロンビア警察に麻薬組織と一緒に逮捕される。
バリーはシェイファーによって監獄から出され、アメリカに戻るが、
すぐにアーカンソー州のミーナに引っ越すよう指示する。

ルイジアナ州の自宅に戻ったバリーは、怒りまくる妻のルーシー(サラ・ライト)に
急いで荷物をまとめさせ、2人の子供ともども車でミーナに移る。

CIAの保護プログラムではなく、シェイファーはバリーに新たな仕事を依頼。
バリーも麻薬密輸に加担しつつCIAの仕事もこなしていく。

バリーはぼろもうけし、ミーナも潤っていく。
しかし、CIAは黙認していても、警察、DEA、FBIは黙っていない。

バリーはこのまま悪事とCIAへの協力を続けることができるのか。

***

かなり長い期間を扱っているが、バリー・シールの独白を映像化した形で、
展開がかなり粗っぽいもののさほど違和感はない。

アメリカをはめた男と言うよりは、アメリカにはめられた男。
CIAやDEAに協力していたのに、簡単に見限られて一切を暴露した感じ。

実際にあった話らしい。

英語版のWikiによれば、バリー・シールは実在の人物で、
1986/2/19に3人の殺し屋によって射殺されている。
犯人は逮捕され、仮釈放なしの終身刑を言い渡されている。

WikiにはCIAの関与はあまり詳しく書かれていない。
(CIAなら証拠隠滅しても当然だが)むしろDEAにいろいろ協力していたようだ。

パブロ・エスコバルも実在。
メデジン・カルテルの創設者であり、英語版Wikiによれば、
300億ドルの資産を持っていたらしい。
麻薬王である一方、慈善事業も行い、サッカースタジアムやサッカーチームも持っており、
一時は国会議員にもなっていた。
コロンビア政府、アメリカ政府の他、対立組織のカリ・カルテルやロス・ペペスなどに狙われ、
結局は1993/12/2にコロンビア警察の特殊部隊によって射殺されている。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大型ヘリ、あおぞら | トップ | 今朝の東京スカイツリー、201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画感想」カテゴリの最新記事

9 トラックバック

バリー・シール/アメリカをはめた男 (ネタバレ映画館)
俺様トム
『バリー・シール アメリカをはめた男』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「バリー・シール アメリカをはめた男」□監督 ダグ・リーマン□脚本 ゲイリー・スピネッリ□キャスト トム・クルーズ、ドーナル・グリーソン、......
「バリー・シール/アメリカをはめた男」☆実はハメられた? (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
そもそもコントラ事件に関して知識がなかったので、途中からCIAって何!?CIAと名乗っているのは嘘で、実は悪い組織なんじゃ??とやや混乱気味。 いずれにしてもバリー・シールは......
70『バリー・シール/アメリカをはめた男』アメリカでハマった男! (シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ)
トム・クルーズ×ダグ・リーマン最新作! 『バリー・シール/アメリカをはめた男』 ~あらすじ~ 民間航空会社のパイロットでトップクラスの操縦技術を持つバリー・シール......
『バリー・シール/アメリカをはめた男』 (こねたみっくす)
バリー・シール。トム・クルーズの笑顔がやたら似合う男。 これはある意味トム・クルーズが演じていなかったら失敗作になっていたかも知れない、まさにトム・クルーズにピッタリ......
バリー・シール/アメリカをはめた男 監督/ダグ・リーマン (西京極 紫の館)
【出演】  トム・クルーズ  ドーナル・グリーソン  サラ・ライト・オルセン 【ストーリー】 民間航空会社のパイロットでトップクラスの操縦技術を持つバリー・シールは、CIAにス......
バリー・シール (映画的・絵画的・音楽的)
 『バリー・シール アメリカをはめた男』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)トム・クルーズの主演作ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、ジミー・カ......
「バリー・シール アメリカをはめた男」 (ここなつ映画レビュー)
サブタイトルに「アメリカをはめた男」と付けられているが、「アメリカをはめた」というよりどちらかというと「アメリカにはめられた」というような感じである。とはいえ「真実を......
映画 『バリー・シール アメリカをはめた男』 (こみち)
              JUGEMテーマ:映画館で観た映画        『バリー・シール アメリカをはめた男』と......