ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

アロエのつぼみ

2019-01-22 16:14:56 | 花卉草木
今度は丸八通り北行きを丸八橋南詰で左折する信号待ち。 西側の側道に近所の方が植えたと思われるアロエがあるが、 つぼみがついていた。 アロエのつぼみを見るのは初めてだったので、信号待ちの合間に撮影。 咲いたところもぜひ見たいものです。 . . . 本文を読む
コメント

キーウィフルーツの種再び

2019-01-11 22:44:28 | 花卉草木
キーウィフルーツも種から育てられると聞いて(正確にはネットで読んで) 試してみることにした。 前回、ドラゴンフルーツを発芽させたのはいいが、寒い時期に植え替えたのが失敗で、 その後全く育たず。 キーウィフルーツも今の時期だと難しいと考え、種を取り置くことにした。 今日も50個ほどの種を採取。 果肉が種の周りについているのでこれはきれいに取る。 トマトなどは、この種の周りのゼリー状の果肉に . . . 本文を読む
コメント

落葉@バルコニー

2018-11-12 23:39:32 | 花卉草木
木。 落葉樹もあれば、常緑樹もある。 経験上、葉の薄い木は落葉し、厚めの葉の木は枯れないわけではないが常緑。 とは言いつつもバラなんかは薄っぺらい葉なのにきれいな緑です。 ということで、バルコニーには葉が完全に落ちたタイタンビカス、 あっ、これは木じゃなかった。 木だと、柿、リンゴ、桜、梨は丸裸になりましたが、ミカンやビワは緑です。 どんぐり系でも完全に葉が落ちた(名前不明)のと、マテバシ . . . 本文を読む
コメント

ドラゴンフルーツ生育状況(2018/11/5)

2018-11-05 09:44:44 | 花卉草木
赤は一応すべてプランターに移しました。 今残っているのは白の種というか幼芽だけ。 片方の紙の根が赤っぽいのはまずい傾向でしょうか。 水は毎日変えてますが。 今頃植え替えて大丈夫なのか少し調べてみたら、 そもそもドラゴンフルーツの親玉と言うか、親木はサボテン(サンカクサボテンの一種)で、 寒さには弱いらしい。 蒔き時は春から初夏辺りで、25度から30度ぐらいが生育に適しているらしい。 などな . . . 本文を読む
コメント

ドラゴンフルーツ生育状況(2018/10/28)一部移植

2018-10-28 23:55:46 | 花卉草木
光をさえぎっていた紙を外したところ、双葉が緑になってきました。 アップにすると、かなり種の殻を脱ぎ捨てているものが見られます。 また双葉が開いているものもあるようです。 キッチンペーパーに根毛が食い込んでしまっているので、引っ張ると傷つけそうです。 相当ゆっくり引っ張って何とか紙から外したものを10本ほどプランターに移植してみました。 うまくいく自信は全くありません。 先人の記録も見ない . . . 本文を読む
コメント

キーウィフルーツの種を植える

2018-10-25 21:37:39 | 花卉草木
種を植えるシリーズ。 先日、ドラゴンフルーツの切り方、食べ方をググっていると、「種から育てる」記事があり、 真似してみたところまでは書いた。 その際、記事にも書いたが、種がまるでキーウィフルーツの種にそっくりだと思った。 もしかして、キーウイフルーツも種から芽が出るのではと思い立ち、やってみることにした。 たまたま、昨日キーウィフルーツを食べたので、種を取る。 簡単に取れます。 一旦 . . . 本文を読む
コメント

ドラゴンフルーツの種を植える

2018-10-24 16:28:59 | 花卉草木
ドラゴンフルーツを買って食べた。 味はそこそこ。 追熟しないので甘くならないようだ。 輸入植物は基本未熟なタイミングで収穫するからしょうがないのかも。 種がすごい。 「ゴマのように」と書いている人もいるが、大きさと言い、形と言い、食感と言い、 キーウィフルーツの種に激似。 ネットでは食べ方もさることながら「ドラゴンフルーツを種から育てる」記事が多かった。 食育と言うほど大げさなものではないが . . . 本文を読む
コメント

タイタンビカス、1輪(2018/10/3)

2018-10-04 12:03:42 | 花卉草木
そろそろ最後かな。 29番です。 まだつぼみは残っていますが、咲き切らずに終わりそうなものばかり。 . . . 本文を読む
コメント

タイタンビカスのつぼみ

2018-09-29 16:32:24 | 花卉草木
まだ幾つかつぼみが残っている。 ざっと見ただけで4つあった。 32番はまだ番号札をつけていない。 咲けば32番にするが、咲かなければ無番のまま。 ここまでつぼみが大きくなれば咲くだろうが、咲かないこともある。 例えばこれ。 8番の茎の下の方にある。 写真ではわかりづらいがかなり小さい。 このまま咲かずに落ちてしまうのではないかと思っている。 また、つぼみの横から何か(アオドウガネとか . . . 本文を読む
コメント

タイタンビカス、1輪(2018/9/25)

2018-09-25 16:31:11 | 花卉草木
もうそろそろ終わりだと思います。 まだつぼみはあるんですが、開花しないで落ちてしまう可能性大。 なんとなく気づいてはいましたが、花の色やめしべの色、花粉の色、茎の色に かなりバリエーションがあるだけでなく、花弁のサイズ、特に横への広がり、 つまりは、1枚の花弁の幅が結構差がある。 今日の花というか29番はかなりの幅広で隣の花弁との重なりが大きい。 同じピンクでも12番はそこまで幅広くはな . . . 本文を読む
コメント

blogram