つぶつぶタンタン 臼村さおりの物語

エネルギー調整、大地の声、水の流れ、読書、ネコ、占い☆ 他、私的な記録。

お知らせ

11月17日(土)、26日(月)、カフェで占いしています@大泉学園Mo.free

本と思い出の交換「東京読書交換会」@池袋
面白かった本も、読まないままにインテリアと化してしまった本も、残念ながら相性が悪かった本も、すべて歓迎いたします\(^▽^)/
  ※開催予定は11月24日(土)@としま振興プラザ、2018年12月3日(月)@東京芸術劇場、12月22日(土)@としま振興プラザです☆

アート展示情報
・2018年12月1日(土)~31日(月) 個展 ~A Beautiful Day~@新宿
・2018年12月24日(月)~28日(金)

仕事後はアート活動「もくもくアート会」
集まって黙々と各自のアート制作する集まりです。
  ※開催予定は12月6日(木)、20日(木)@新宿です。


埼玉ビジネスウォッチ(テレビ埼玉)にて特集されました(かなり前の映像ですがまたいつかという祈りも込めて)⇒こちら

エネルギーサロン・タンタン

健康な体のありがたさが身に染みて

2017-11-07 21:58:41 | ○健康について
立冬を迎えました、冬でございます。街の飾りつけはクリスマスモード。クリスマスも楽しみだけど、その前に紅葉でも楽しもうとおもっている欲張りなあたしです☆彡



すっかり体調が戻りました。健康で幸せです、ありがとう、あたしのからださん♪♪


あまり体調を崩すことのない恵まれた私は、ときおり体調を崩すと、やっぱり健康が一番大事だと噛み締めます。

普段、健康をサポートすることをしていると、「そんなに健康健康って言っているけど、別に生活できているわけだし、そのままでよいのでは、余計なお世話なのでは」と、ついつい考えてしまうことがあります。「世の中、健康よりも大切なものごといっぱいあるよ」と。

けれども体調崩すと、健康より大切なこと少ないなとおもい、自身の仕事が好きになるのでした。これからも少しでもサポートになればと存じます。切磋琢磨して、精進してまいります。


時間の使い方についても、考えさせられます。
前もった余裕のある行動はあまり得意ではないのはあきらめるといたします。そのうえで体調を崩すとついついネットをみてしまっていたり、ただひたすらに迷っていたり、そんな時間を思い出して、「わわわわ、今こんなことになるんだったら、あの時間にやっておけばよかった」と後悔が押し寄せます。今は病み上がりですのでまだそのときの後悔から、自身を戒められます。そのうちまた徐々に侵食されてしまうのかもしれません。その侵食を少しでも食い止められればとここにつづっております。


いまは回復できた、自身の体力と免疫力に感謝しております。
これからも、よろしくね、あたしの体さん。大切に日々メンテナンスしてまいろう!!



あたしたちの体は、確実に老化してまいります。けれどもその老化へのカーブを少しでも遅くできたらよいし、何よりも日々がんばってくれている自身の体を慈しめる人生は素敵です。

たとえ、体調を大きく崩してしまったり、何か疾患を抱えてしまったとしても、そこからも体を慈しんでほしい。なぜなら、それは体が頑張ってくれた結果だから。頑張りすぎて、疲れてしまった。褒められたり、ねぎらわれたり、感謝されたり、謝れたりならまだしも、「・・・この体のせいで」と責められるいわれはまったくない。

病をきっかけに、体と向き合い、新しい関係性を築く。そんなきっかけとなりますよう。もちろん、未病のうちにメンテナンスできましたら幸いです。


遺伝や、生活環境など、あたしたちの人生は決して平等ではない。運悪く事故に遭われた方もいる。

こんなにざっくばらんに言えることではないのも承知しております。けれども、それでもあえて訴えたい、秋の夜長です。

それではみなさまもよき宵を☆彡

東京読書交換会、風邪と抗生物質、シャム猫 つぶつぶタンタン

2017-01-24 22:41:49 | ○健康について
いつ雪が降ってもおかしくない寒さが続いている埼玉です

★猫好きです

埼玉県で猫のブリーダーさんからの里親募集があり、知人が興味を持ってくださいました。ご家族のご希望でシャム様ということだったのですがシャム様はおりませんでした。

とはいえ、せっかくのご縁。絶対い場所を探しているニャンたちはいるはずだ!! ということで調べてみましたところ、案の定、シャム様の里親募集、けっこうございました。情報をお伝えしまして、うー、この機会に縁が生まれるとよいなあ。中には、寒空の下、公園で暮らされているシャム様の情報もありまして、こうも寒いと幸運を願います 
「飼われないかどうかなんてわからない、人間のエゴじゃないか」とおもわれるかもしれませんが、よいのです!!エゴでも何でも縁が生まれますように


★★準備6割、本番1割、後片付け3割

さて、先だっての東京読書交換会の様子を東京読書交換会ウェブサイトにアップいたしました。
東京読書交換会 vol.27 1月20日(金)19時過ぎ~ 要町カフェまめのき

ご一緒くださったみなさま、どうもありがとうございました
今後のスケジュールは、東京読書交換会vol.28が2月4日(土)@東京芸術劇場、東京読書交換会vol.29が2月17日(金)@要町カフェ・まめのきとなっております。

おかげさまでここ数回、新傾向という意味において、よい雰囲気です。前もよかったのですがなんというか、成長しているライブ感があるー。

イベントとは「準備6割、本番1割、後片付け3割」。

これはお茶事(茶道のイベント)でお茶の先生がおっしゃていたこと。私自身はすべてのイベントに当てはまると私は考えております。

ここ最近、自画自賛で失礼いたしますが、丁寧にやっておりました。もちろん私自身も楽しんでいるわけですが、イベントではゲストが主役。ですので私がコントロールできることなんてたいしてないのです。当日よい感じになるように伏線をはっておいたり、何かあったときの足場を確保しておいたり、関係者各位のモチベーションをケアしたり、仕掛けが主な仕事です。ひたすら地味なことの積み重ねです。

とこんな裏側をイチイチ語るなという感じですが、この場は私の日記ですもん

というのは、半分本気で半分冗談なのですが、なんというかこれから小さな集まりがそこかしこで生まれる時代だとおもっておりますので、イベントを開催していこうと考えている方にちょっとでも伝わればいいなと。上から目線でスイマセン。以前も書きましたが、伝えていきたいという気持ちがちょっと強くなっている2017年です。たぶん、齢の功なのかな。


★★★養生と健康 ~風邪から~

風邪、はやっているようですね。みなさま、大丈夫ですか?

かくいう私も、夕べは、体に筋肉痛がやってまいりまして、「お?風邪かしらん?」とおもったのですが、どうやら違ったようです。

風邪のとき、私はひたすら寝込みます。そして実のところ、スケジュールさえ許せば、苦しみつつ、心の底では風邪でラッキーだとおもっております。なぜなら、風邪が体の掃除をしてくれるから。なんだか病み上がりって、体がピカピカしている気がすることございませんか?


とはいえ、社会生活があると、つらい症状には困ってしまうもの。個人的にはできるだけ抗生物質を摂取しないで養生してほしいと考えていますが、上手に折り合いをつけるのは難しいですよね。

風邪に抗生物質は無効であり、二次感染の予防にもならないそうです。これは私の持論でも、代替医療はホリスティック医療に系統している方のみが展開している理論でもありません。感染症学会や呼器学会も言っていることだそうです。

ではなぜ、医師が抗生物質を出すのか? 万が一、風邪以外の原因で、患者さんが亡くなることを予防するためでしょう。一方、抗生物質を摂取して、腸内細菌がやられて、免疫力が落ちたとしても、死にません。命はかけがいのない大切なもの。ひとりにひとつしかございません。ちなみに影響を受けた腸内細菌は2か月弱くらいは回復しないらしいです(完全に元に戻るのはもう少しかかるという説も)。

私にしたって、免疫落ちるだろうなとおもっても、風邪薬飲むなとは、クライアントさんに言いません。なぜなら責任が持てないからです。それに免疫を犠牲にしてもやらなければならないこと、あることでしょう。

何事にも両面ございますし、風邪の症状がおさまればラクに社会生活を送れるという側面もあります。さらには私の考え方は、自分自身の死生観、宇宙観に基づくものですので、抗生物質のところだけ切り取って、どなたかの死生観に移植できるものでもございません。

そもそも、すでに苦しいときに、新しい価値観を習得するのはとてつもなく難しい。

自身の体の声を聞くこと、健康に詳しくなり、自身の主治医となること、とても大切です。体調を崩されたときではなく、大きく崩されてないときに、養生をして、体を大切にすること。とても大切です。

この私の投稿、丸飲みにしないでください。正しいとか間違っているとかそういう意味じゃなくて、考えることが、向きあうことが大切。だってご自分のご家族の大切な体。死ぬまでつきあってくれる、たったひとつの体です。

そもそも、たかがタンタンの言っていることです。でも、情報のひとつに、何かのきっかけになればうれしくはあります。

という話も、2017年は書いていければと存じます。


では、また。

エネルギーサロン・タンタン

安保徹先生の免疫学、勉強しておりました

2016-05-07 09:53:31 | ○健康について
GWもあと2日ですね。私は免疫学の原稿があったこともあり、なんだかものすごくマイペースなGWをすごさせていただきました。活動しているのは夜で、どこにも出かけておりません。ちなみに、免疫学では一般的に昼に活動して夜に眠るのがよいとされていてそのとおりではあるのでしょうが、わたしはずっとずっと夜型もとい夜行性なことが多いです。そして、それでもよいとおもっています。夜型のほうが健康によいとは言い切れませんが、けれどまあそこは私は他とのバランスで許容範囲かなーと。

免疫に一番よくないストレスだけは溜めないようにしております。ストレスには肉体的ストレス、化学的ストレス、環境ストレス、心理的ストレスありますが、そのすべて。

といいつも、今回原稿を書くにあたり過去を振り返り、まあストレスためてきていたときあったわね、とおもいました。幼少期からはからずも人生を振り返りました。そして、「そうかあのとき私のからだはこうだったのか!!」とあらためて発見。

安保先生の免疫学はかなり好きで以前も勉強したのですが、そのときは気づきませんでした。だから今回、原稿を書かせていただく機会を得て、とてもありがたくおもっております。

そして原稿はまだ完成ではないのですがほぼ完成。月曜日までに一度校正を送る感じで終了となるのでほっと一息しております。いやあ、がんばりました。


今回執筆するにあたり、安保先生の新しい本も読みました。

『病気にならない生き方』(安保徹、三和書籍、2015年)

病気にならない生き方
安保 徹
三和書籍



自律神経と白血球の関係から病気を解き明かしてきた安保徹先生ですが、ここ6年くらいはエネルギー生成の観点からも病気について考察されていました。ミトコンドリア系と解糖系といって、有酸素で高体温で活動的となるミトコンドリア系、無酸素で低体温となる解糖系、その2つが健康や病気に関係しているという考え方でした。


これで私個人的にすっきりしたのは、美容と健康は必ずしも両立しないということ。どうしても美容と健康が両立するイメージがあったのですが、なんだか違和感をおぼえておりました。
だけど、この解糖系とミトコンドリア系の考え方だとよくわかりました。分裂するのが解糖系。だから肌が積極的に細胞分裂するのも解糖系なわけですが、解糖系は無酸素の冷たい世界でがんが好きな場なのです。念のため書いておきますが、がんが肌によいという意味ではないです。

私たちが古来からの知恵として知っている「ここをあたためる」「ここをひやす」みたいのはとても意味があることなのかもしれないとおもっております。


いまだったら私、記事を書き上げたばかりなので免疫学のお話、かなりかけそうです。でも原稿とまるっきり同じこと書いてしまいそう。なのでいつかまた今度にします。そしてうん、今までかけかなかったということは理解していなかったんだよなとおもったり、本当に今回の機会はとてもありがたかったです。

あるお母様の物語☆人はいくつになっても変われる

2016-04-04 19:28:38 | ○健康について
先だってすばらしいなあとおもうことがございました。

「思い込みの殻は大人になっても破れるんだなあ~ という物語。」という記事を書いた後だったので印象深かったのもあるかもしれません。

私の書いたのは動物の話でしたが、人間について同じ様な話を聞いたのです。


御年70代になられる女性が疾患を言い渡されました。そのときまで彼女は自身の健康について主体的に考えてはこなかったとのこと。けれどもその疾患をきっかけとして、自身のからだについて考え出したとのことでした。全体を見渡し、さまざまな健康法を模索し、勉強を始めました。

そしてどのような治療をされるにせよ、自身で考え主体的に決められるようになったとのことです。


お子様は元々ホリスティック的な価値観をもたれている方だったのですが、親御さんはそうではなく、お子さんのおっしゃる言葉は外国語のように聞こえたそうです。

と、今はそのお子さんのおっしゃることが親御さんはよくわかるといいます。そして主体的に健康を考えるのを楽しまれている(気がすると、私拡大解釈)。

すごいですよね!!! 70代ですよ、すばらしすぎる!!!

・・・ってスイマセン。


具体的なことや個人情報をぼかそうとするとわけのわからない文章が出来上がってしまいました。

けれども、なんというか、人間はいくつになっても遅くはない。何かを考えるとき、スタートは今でもよい。そして長い年月のほうが有利だというのは確かだけれど、やること大切なんだなとおもわせていただきました。そして身近な例があった。

勇気づけれらた出来事でした



また健康に限らず、これって親御さんが新しい人生を歩まれていると同時に、親子としても新しい2回目の親子な気がします。

私も母とは縁が深く、なんだかんだと今3.5回目の親子をしている気がします。

何回も何回も新しい関係を作れるってよいですよね、ってよいのかわるいのか私が決めることではございませんが、私は同じ方と何度も何度も出会うのが好きです。

一期一会に愛と感謝を込めて

魚座の新月 感じる呼吸、健康へ感謝

2016-03-08 22:55:33 | ○健康について
明朝は魚座の新月

なんだか活動的なイメージをもたれてる私ですが、新月や満月の前は呼吸をゆったりと穏やかにして過ごしております

大地や宇宙とリズムを合わせるとき、そんな使い方をしております


私それほど、積極的でも活動的でもないです。ただ流れに身を任せて、どちらかというと受身です。おかげさまです。


自身の状態をよく保てば、縁ってよってくるもの、そんなふうにおもっています

それを私はエネルギー状態がよいと呼んでいます。


体調も、メンタルも、運も、ぜんぶつながっていていて、影響を与え合っている。無理は禁物。どこかにひずみが出る。

・・・というのは、自身の経験をからそうおもいます ごめんよ、私のからだ。


本当に、もっと早く気づけばよかった!!とよくおもいます。

これからもおもうかもしれません。けれども、そのたびに、センターへとエネルギーを戻し、立ち返ることができればと!!!

そうあるようにします。 たちカエル 


健康であれば、余裕があればできることいっぱいある。

体調は大切です、日々快適に過ごすためにも、花開くためにも、人へ贈り物を届けるためにも


私たちには自然治癒力、自己回復力があるけれど、一度崩してしまうと守るよりも難しい。

大切なのは、病を治すことではなく、健康を守ることなんだとおもっています。


病気にならずとも、老化していくわたしたちのからだ。

病にある方も、そうでない方も、いまを大切に過ごしていただいていることに感謝しつつ 私自身もそうあろうとおもう宵でした


よい新月をお迎えください

テレビで体験談を語る人に敬意を表して

2016-02-16 12:04:24 | ○健康について
ほぼテレビを見なかったのですが、最近時おり、みています。NHKオンデマンドです

便利ですね。動画が最初からはじまるのです、うれしい

クローズアップ現代とためしてガッテン、他ドキュメンタリー番組や解説番組を視聴しております。オススメです。

とても勉強になります。実はわたくし、ときおりするニュース翻訳、基礎知識が足りないので、時間がかかります。ニュースを知るきっかけだからありがたいとおもって翻訳しているわけだけど、ニュースに詳しくなることによって訳すのが早くなったらうれしいなあ~

また、あまり読めてないのですが、久しぶりに日経新聞を購読し始めました。以前は紙媒体だったのですが、今回は電子版です。紙のように溜まって行かないので、「読まなきゃ」というプレッシャーが積もらないのは助かる。けれどその分、、、放置しがちであまり読んでいなくてもっと読みたいなあとおもいます。

今年はいろいろなことを勉強したいです

社会とのつながり方を考える。そして、社会がどうなるか主体的に眺め、参画する。そのための場やタイミング、機会を与えてくださったすべての縁に感謝いたします。

読書交換会という、本の交換イベントを運営しているおかげで、読書量が飛躍的に伸びている(自分比)のもありがたい(画像は、読書交換会用のテーブルサインです。)


テレビに話を戻しますと、健康番組、多いですね。私がそこに惹かれるからかもしれませんが、健康を話題にした番組多い気がします。病になって、はじめてわかる健康の大切さ。未病のうちにケアできればベストなわけですが、なかなか難しい。

かくいう私だって、なぜ健康に関心が高いかというと、子どもの頃と10代の頃、体調が芳しくなかったので、健康の大切さを知ることができたから。いまになると、かえってそれでよかったなとおもるくらいです。。。"概ね"と付け加えたくなるくらいには、割り切れない気持ちはございますが、

それだってこれから人生を重ねていくうちにどうなるかわかりませんことよー


ですので、テレビ番組の中で自身が病だったときのことを語ったり、遺族として登場したりする方々に敬意を表します。私たちは人の話を聞くことで、学ぶことができる。ありがたいわけですが、冷静に考えるとテレビで語る勇気ってものすごい


とここまで書いて、「ありがたい」という言葉使いすぎだよなあーと、読み返して少し減らしたのですがそれでも多い。

今日はありがたさに目が向く日なのかもしれません。いつもこうだったらいいなあ

それではまた~

ヘアドネーション、髪の毛を寄付いたしました

2016-01-27 01:14:41 | ○健康について
気づけば1か月になりそうですが、昨年末、ばっさりと髪を切りました。もともとが長かったので30センチ以上。そしてボブっぽいヘアスタイルにしてもらいました。

半分意図的に、半分不精で伸びてしまったワタクシの長い長い髪の毛。

せっかくなのでと、NPO法人 Japan Hair Donation & Charity / JHDACに寄付しました。

JHDACは大阪にあるNPOで、寄付された髪の毛を利用して、病気やケガなどが原因で髪になんらかの悩みを抱えている18歳までの子どもたちにカツラを無償で提供している団体です。

カツラ、けっこうお値段します。

子どもの頃、仲がよかった女の子の体毛がなくなってしまったことがあります。

今のお値段はわからないのですが、当時のお値段でカツラはひとつ30万円くらいだったとのことでした。

もし「ロングヘアをばっさり切ろうかなあ」という気分になられた方がいましたら、そのときはぜひヘアドネーションしてくださいませ。JHDACの要件は、30センチ強のようです。

ワタクシの髪の毛も超癖毛ですし、どんな髪でも受け入れてくれるようです。

もっともものには限度があるとおもうので、かつらとして使ってもらえるかどうかはわからないなとはおもっております。けれども、その場合は、換金して活動資金にあててもらえればよいなと・・・。

ヘアドネーションン_髪の毛_寄付

ワタクシ自身、体毛や髪のついてはかなり考えさせられてきました。だから、なんというか今回、それを目指したわけではないですが、結果的にヘアドネーションという選択をできた自身にとても満足しています。癒されました。


髪は、気持ちに影響を与えます。男性はもとより、女性もです。髪があることに感謝しながら、暮らしたいとあらためておもいました。

そしてせっかくだから美しくみせるべく、お手入れに励みます

朝フルーツ生活、数週間の体験談

2015-10-21 22:15:25 | ○健康について
ここ数週間、朝にフルーツを食べるのに凝っています。凝ってるというか、正確にいうと、朝は、"フルーツだけを食べる"という実験です。

(厳格にはやっていないのでそうでない日もあります。そもそも私、夜型のライフスタイルを送っていますので、、、「朝」の解釈が午後である日も、ちらほらですが、まあそこは大目にみてください。)


朝に"フルーツだけを食べる"生活を開始した最初の数日は、もうとにかくお昼が待ち遠しかった!!

何かして気を紛らわせればよいのでしょうが、とはいえ「フルーツだけでは、活力が沸かない!!何もやる気にならないよー」という気持ちが強い。

お昼になるまで、ひたすらヨガをしたり、呼吸法をしたり、瞑想をしたりと、そんな生活をしておりました。

で、お昼になると、反動ですごい勢いで食べて、かえって体が疲れる。そんな状態でございました。


と、数日後。

「あれ? 朝、フルーツだけだと、消化にエネルギーを使わないから、やっぱり、体がラクだよね。内臓が喜んでいる気がする」という感覚が芽生えてきました。反動で食べることもなくなりました。

けれども、活力はあい変らず沸かない。そしてこれは、朝フルーツを始めた当初からだったのですが、とにかく眠い。やたらめったら眠っておりました。


そして数週間後の現在。ラクです。眠くもなりません。お肌の調子もよい。

また、朝にたっぷりフルーツをとっているからか、以前と比較して、甘いものが食べたいとおもわなくなりました。

ただ、それをある方に言ったら、「私も最近、甘いもの食べたいとおもわないのよね」と言っていたので、季節的なものである可能性もあります。
(アイスの季節が終わったから疑惑です。そしてクリスマスの頃になると、ケーキが恋しくなる、、、かもれません。)

あと、何かを打ち消すために反動で飲食することがなくなった気がする。コーヒーの量も減りました。

コーヒーが減るのは、個人的な事情で歓迎すべきものかどうか確信が持てないのですが、その話はここでは割愛いたします。

うーん、少なくとも、今けっこう快適。だから「まあ、このままずっと、朝はフルーツだけでもよいかなあ~」とそんな現在地です。


気になることとしては、今は庭に生っている柿を食べているのですが、柿がなくなったらどうするか、ということかな。大量のフルーツを手に入れる必要があり、真っ先に思い浮かぶのは冬のフルーツ「みかん」。けれども、みかんは肌が黄色くなりそう……です。

実際、6年間フルーツだけで生活されている方(テレビ番組「マツコの知らない世界」に出演されていた中野瑞樹さん)の肌は、黄色かったです。

コストも気になるのですが、コストについてはなんとかしようと思える程度には、今の朝は"フルーツだけを食べる"リズムが気に入っています。


たぶん、続けるんだろうなあ。

24時間で内臓を休ませる時間を作るとしたら、私は午前中が一番やりやすい。夜18時以降食べないとか、夕食をフルーツにするのは、、、厳しすぎる。


あと、養生学では、午前中は「排出の時間」であるという考えもあるようです。体のエネルギーを消化ではなく、排出に集中させてあげるとよいという考え方です。
(※もっとも一般論であり、個々の体には個性があるので、必ずしもこの限りではないと考えています。)


以上、私は最近こんな生活をしていますよ、という報告でした。

さて、この朝フルーツ生活。こんなに長文を読ませておいてあれですが、オススメできるかどうかは確信が持てません。

けれども、興味がある方は一度試してみると楽しいとおもいます。もちろん無理は禁物! 楽しめる範囲でということをお忘れなくですわよん~

御機嫌ようー

エネルギーサロン・タンタン

冬季うつの対策や予防について考えた

2014-12-06 03:49:06 | ○健康について
この前、眠りから覚めて起きようとしたら、気持ちが暗くてどーーしても起きられないことがありました。

「…どうしよう、、私、体が動かない」「わぁ~、頬が下がっているのがわかる」「わわ、悲観的だよー」「な、何事?」と思ったら、なんと、冷房と暖房のスイッチを入れ間違えていたのでした。

そう、寒くて起きられなかったのです

…正直、暖房と冷房のスイッチを入れ間違えるのはたまにやります。夏に暖房のスイッチもなかなかつらいですわねん~


冬場に気分が落ち込む「冬季うつ」という表現も最近聞く。実際、四季が人間に与える影響は大きい。

冬季うつは今始まったわけではなく、昔からあったとおもう。今その単語が出てきたのは、「私たちの生活に余裕がでてきた」のもあるでしょう。そして、それと同時に「冬だから」という理由で生活スタイルを変えなくなってきているので、体や心の状態と生活のギャップがどんどん拡大しているというのも大きいんだろうなあ。

私、昔、しもやけになったりした。今、もうならない。それは大人になったからという理由だけじゃない気がするのです。住環境、かなり快適になりましたよね?

でも、いくら住環境を快適にしたところで、私たちに日本の気候を変える力はない。

そして、生命体である私たちの心と体は、冬の影響を受け続ける。(本来、それは祝福です

「....そんなのあんたが、冷房と暖房のスイッチ入れ間違えたからでしょ?」といわれればそれまでかもしれない。

屁理屈かもしれない。いやでも、屁理屈でもいいもん。


さて、では私たちはどうすればいいのか? 普段から暖かくしてあげるように心がけるのがまずひとつ。

そして、あとは、やっぱり、気分が暗くても、落ち込みすぎないこと。

冬は気分が暗くて当たり前。そのままのんびり過ごせば、そのつらさは100。

なのに、私たちはそこで、「なんとか気持ちを明るくしなくちゃ」「こんな私じゃだめだ」とおもうから、苦しさが200にも300にもなっちゃう。

せめて100にしてあげる。そして、文明の利器で、あたたかく過ごす。

うーん、なんにも解決になっていないかもしれないけれど、人体ってそういうもの。だって、地球とつながっているから。


もちろん、全体のベース値というか、エネルギー状態がよければ、全体的な症状が緩和されるのはもちろんある。

だから、エネルギー調整を、賢く使って、苦しまなくていいところで苦しまないでほしい。

だって、そんなのもったいないから。

エネルギーサロン・タンタン


PMS(月経前症候群)や生理痛は、健康度のバロメーター

2014-08-29 23:34:11 | ○健康について
女性の方向けの日記です。
-------

今日から生理になりました。

生理が始まる前のPMS(月経前症候群)、みなさん、ありますか?

テルモによると

【体の症状】
乳房のハリや痛み、顔や手足のむくみ、眠気、不眠、便秘、下痢、頭痛、吐き気、にきび、食欲増進など

【心の症状】
イライラする、集中力がなくなる。憂うつになる、興奮する、不安が高まる、無気力になる、1人でいたくなる
仕事の能率が低下するなど。



私は、眠気、あることが多い! あと、妙にテンションが低くなるときもあるかなあ。

だけど、「ああ、生理前だからだな」とおもって、それ以上は気に病みません。

何か、〆切があることをあると、お腹の底では、若干焦りますけれどw


生理痛もほとんどない。おそらく身体が冷えていないからというのが一番大きいかな。

だけど、ちょっと前に無理やストレスが続いていたときは、たまに生理痛になることがある。

だから、生理中に「あれ?なんか、今お腹痛いかも!」となったときは、

可能な限りバタって臥せって、1か月の復習を始めます。

「ああ、こんなだったなあ」「あんなだったなあ」「実は気乗りしていなかったんだなあ」など。


女性の身体は月経の影響を受けるけれど、生理痛があるのって当たり前ではない。

重いPMS(月経前症候群)も、仕方がないことではない。

「生理痛がいつもある」「つらい」と感じても、そのままあきらめていませんか?


手前味噌だけど、エネルギー調整、けっこういいですよ!

生理前後や、生理中に、SOSで連絡いただくのもOKだけど、

できれば、普段の調整で少しずつ、体調を変化させてあげられるとベター。

やっぱりねー、普段冷えている(血行があまりよくない)身体に急に血行が生まれるから

その落差がつらさの原因になっている部分もあって、結局のところ、根本的な身体の土台な気がしている。


私、生理好きなんです。なぜって、血液が肉体から排出されることによって、お掃除になるから☆

実はけっこう楽しみにしています♪♪ 今回も、生理さん、よろしくお願いしますっ

エネルギーサロン・タンタン

福田稔先生(自律神経と健康に関係に着目)のご逝去から1週間

2014-04-15 00:25:04 | ○健康について
自律神経と健康に関係に着目した

医療・健康哲学「福田・安保理論」の福田稔先生が、ご逝去されました。


お会いしたことがない方がないのものの、

医療に対する姿勢は尊敬させていただいており、

自律神経のお話は、エネルギーで健康をみる私からも共感すべきところが多いです。


福田稔先生の訃報を日本自律神経免疫治療研究会からのニュースレターで知ったのは、

上弦の月の夜でした。今、もう間もなく満月ですから、

すでに逝去されてから、1週間程度が過ぎたのですね。


実際にお会いしたことがないのでなんともいえないのですが

でも、こういうかっこいい生き様をされて

でも、肉体は朽ち果てるということに触れると

自分の今の生き様が、かっこ悪くて、相当恥ずかしくなります。


そして、今は、お世話になっている方の旦那様が生命を

全うされようとしております。祈ります。


人生はあっという間。

夢を忘れずに、毎日、精一杯生きてまいります。


そして、みなさまが、健やかな毎日を過ごすサポートをしていきます。

エネルギーサロン・タンタン

体の仕組みを尊重していただくために

2014-03-24 04:37:13 | ○健康について
体の仕組み、(といってもあくまでもあたしが思う体の仕組みだけれど)
もっと、積極的に発信しいていきたいなとおもう、きょうこのごろです。

100%じゃないにしても、過去に調整を受けていただいた方には
個別に説明をすれば、言葉は届きます。

けれども、初めて連絡をいただいた時点で生死にかかわる病で
体に負担の大きな治療を受けている方に対して、ゼロから伝えていくのはとても難しい。
別に、あたしは副作用を軽減するための存在としていればよく
それだけでも、その瞬間瞬間のクオリティ・オフ・ライフという意味で大切。

でも、そういうときでも、あたしは、伝えたいなあ、という
祈り、いやはやここまで来ると幻想かな、をもっていたりするのです。

何事もNEVER TOO LATE。遅すぎることは何もない。

スタートする時点やタイミングによって、取り返しのつかないこと
もちろん、ある。でも、常に、あたしたちは、チャレンジする。
そして、どこがその人らしい人生か、満足した人生かというのは、誰にも決められない。
決められるのは、ただご本人、ひとりだけ。


からだは機械ではないから、一瞬では変わらない。

心も、スイッチでかわるようなシンプルな代物ではない。
あたしたちがいきてきた人生の記憶は、薄っぺらじゃないからねw

どんな記憶も一度で、浄化といはいかないかもしれない。
けれど、蓮の花のように、3回咲いて、そして、散ったときには
母なる海が、浄化してくれるかもしれない。それを、願い、そして祈る。

あたしは、とにかく、相手に笑顔で接することを忘れないようにしよう。


ブログで上手に伝えられることには、限りがある。なんとか、少人数のセミナーできないかな。
体の仕組みセミナー、主な対象は、調整を受けたことがない方。
もちろん、受けたことがある方でも参加歓迎という感じの内容がいいな。

エネルギーサロン・タンタン

長寿100歳特集のテレビみた 血流と血管

2014-02-04 19:39:21 | ○健康について
雪です~ 雪の空気感は、どこかシーーーンとしている。

ふとテレビをつけると、長寿の人(100歳以上)を特集していました。
血管を検査すると、3人ともかなり若かったようです。
やっぱり、血管って大事だよなと思った次第でした。
ちょっと考えてもらえばわかるように、身体の表面に出ていない部分は、自分で呼吸できません。
酸素は血流によって運ばれていきます。その通り道である血管は死活問題なのです。


最近、周りに体調を崩しかけている方が増えてきました。

風邪やインフルエンザなど突発的な症状もあるのですが、
どちらかというと、ジワリジワリと、慢性疾患が悪化していく感じの
具合の悪くなり方です。

風邪で高熱が出せず、微熱がずっと続くのは免疫力が弱っているからです。

ちなみに、高熱出すと、それが身体のお掃除にもなり、血管にもよいです。
ふ~~~、回復したーーー!!という感じ。

エネルギー調整を受けると、高熱が出せるようになる人もいます。
免疫力が回復するからだと、私は考えています。
(でも、これやると、調整受けたのに風邪引いた→効果がなかった
と解釈されてしまうので、相当マイルドにします。)

エネルギー調整受けてほしい人いっぱいいる。し、受けた方がよいとおもう。

でも、個々人には、想定している世界観がいろいろあり、難しいときある。

だから、ご本人やご家族が体調を崩したときにあたしのことを思い出してもらえるように、
仲良くなっておこう、とあらためて思ったのでした。

本当は、健康なうちに、受けてほしいんだけどな。
そのほうが、生き延びる生活だけじゃなくて、人生創造できるし。

祈ります。
最近、ブログにもエネルギーのことを書こうと意識している。
気づいてくれている方もいるかもしれないね。どうもありがとうございます♪

エネルギーサロン・タンタン

シンプルなパワー、大切な肉体と人生

2014-01-23 00:10:10 | ○健康について
なんだか、ゆるゆると2014年です。

昨日、イラストレーターの方とお話する機会がありました。

最近、デザインってすごいよねっと思うことが続いていて、その方にもデザインの話を聞きました。


で、あの、素人界にいるあたしからみると、「すごい!!」と思うものでも、

プロの目で見るといろいろあるらしいです。

ある方について「もう、なんでなんだろー」とみたいなことをおっしゃるので、

「いやあ、そんなこといっても、その方もあたしの同じ素人界の人間なので
違いがわからないのですよ。だから、いい、パーフェクトだと思っている」と答えていたあたし。

あとになって、おお!!そうか、どの世界でも同じだなあ~とおもったのでした。


あたしにとっては、健康ってかなり重要な位置を占めます。

それは、肉体の健康であり、心の健康であり、さらには魂の健康である。

そして、病気って、急に起こるわけではなく、本人が疾患をもつ瞬間とその前ってちょっとな差。

回復していく力より、不健康になっていく力が強くなったときに

バランスが崩れて、少しずつ蓄積して、そして、疾患となる。


あたしからみれば当たり前で、自然なことなんだけれど、

たいていの人は、病気になった途端、急に不幸が舞い込んだ気分になる。


そして、症状が消えれば、すべてなかったことになるとおもっている。


なんでなんだろうなあ。・・・ほら、同じことやっておりますです。


伝えられるタイミングで、伝わりたがっている方に届きますように。

その可能性の幅や、深さや、遠く度を、あたしの努力で、少しでも拡大できますように。

そして、あきらめることなく、投げ出すことなく、常にハートを開き、いつでもいられますように。

エネルギーサロン・タンタン

久々の生理痛に遭遇して

2013-07-22 13:58:53 | ○健康について
今日も暑いですわね 私事ですが、昨日から生理が始まりました。
こういうとき、あたしがどうやって、自分の体と見つめるかという話を書いてみます。
でも、最初に断っておきます。
役に立つことを書きたかったのですが、単なるマニアな話になった気がしております

さてさて

あたしは、普段は生理痛ないのですが、昨日、「うっ、おなか、いたい」と思いまして、何でかしらん?と、
ベッドの中で、じぶん、復習会。ここ1か月の動きを振り返りました

あたしの偏った見方なのかもしれませんが、「なぜ、生理痛が起こるのか?」「なぜ、(一部の)頭痛が起こるのか?」と考えたときに、原因ってその瞬間ではなくその前にあるわけです。

痛くなるのって、落差が原因だと思っております。冷えている場合は、それほど、血液が循環していなかったところに、急に大量の血液が流れ出すので、その落差で痛くなるとおもう。

頭痛のときは、たいていその前に、緊張することがあって、呼吸が浅くなっていた、あるいは呼吸を止めている。だから、その緊張が緩んだときに、急に血液が流れるからその落差で痛くなる。生理はいわずもながなですわよねん。

あー、あと骨盤の開閉もあるかな。緊張状態が長いと骨盤が開かない。頭蓋骨の動きは骨盤と連動しているので、おなじこと。

というわけで、冷房で冷えてた? それともちょっと骨盤がゆがんでいた? 地球と月のバイオリズム感知できていなかった? 自律神経が交感神経よりで血管を収縮させてしまっている時間が長かった?
その場合は、なんでー?? とやります。けっこう、こういう時間、好きだったりします。
おそらく、冷房とが一番だろうなあ。それと、ちょっと考えていたことあったよね、うん、それもあると思う。と振り返り、復習会もよいなーと。
体を見つめるのが楽しくて、しまいには、痛くなるのもよいなーと考えたりまで、しだします。

おっ、了解 と気がすんだので、自分をエネルギー調整。

生理痛を落ちつかせて、そのあと、仕上げにと、お尻湯です
なぜかっていうと、あたし、たまにお尻だけ冷えるクセがあるのよね。だから、一番冷えがちなところを集中的にあたためるのです。
普通にしているとわからないけれど、触ると冷たい。けっこう、ペタペタ触って観察しているので、知っているのです。
(けっこう、女性は、そうなりがち、な気がしている。他人のお尻、ペタペタ触らないけど…)
東洋医学では、膀胱とお尻の血流は関係しているいう考えがあるのですが、あたしも同意です。
ちょっと、膀胱さんに負担をかけてしまったわねん、ごめんねー、よしよし、と思いましたのデス。