つぶつぶタンタン 臼村さおりの物語

エネルギー調整、大地の声、水の流れ、読書、ネコ、占い☆ 他、私的な記録。

お知らせ

11月17日(土)、26日(月)、カフェで占いしています@大泉学園Mo.free

本と思い出の交換「東京読書交換会」@池袋
面白かった本も、読まないままにインテリアと化してしまった本も、残念ながら相性が悪かった本も、すべて歓迎いたします\(^▽^)/
  ※開催予定は2018年11月7日(金)@東京芸術劇場、11月24日(土)@としま振興プラザです☆

アート展示情報
・2018年11月7日(水)~11日(日) グループ展 グループ展ART CONFUSE展@池袋。☆

仕事後はアート活動「もくもくアート会」
集まって黙々と各自のアート制作する集まりです。
  ※開催予定は11月15日(木)@新宿、12月6日(木)@新宿です。


埼玉ビジネスウォッチ(テレビ埼玉)にて特集されました(かなり前の映像ですがまたいつかという祈りも込めて)⇒こちら

エネルギーサロン・タンタン

うれしいことがあるとまたがんばろうとおもえる

2017-07-13 22:21:54 | エネルギー調整
吉祥寺アートマーケット『縁』の初日でした。搬入に向かう道すがら、暑いながらも吉祥寺のすがすがしい空気に癒されました。吉祥寺が高級住宅街だというのは知っていたのですが、サンロードと井の頭恩賜公園くらいしか知らず、裏通りに入ったことはございませんでした。私が住んでいる埼玉県も大好きですが、「なるほど!セレブ街なんだな」とおもいました。駅近なのに、道が細く、店がいっぱいで。でも喧騒はなく、空間の使い方が贅沢で、緑(みどり)がある。そんな感じでした。

吉祥寺は、私の自宅からかなり遠いです。新宿を経由して行っても、武蔵野線という多摩・埼玉・千葉方面をまわる路線で行っても同じくらいの時間がかかります。直線距離はそれほどでもないのですが、電車で行こうとした場合にはぐるっと鉄道網をまわる感じになるのです。でも吉祥寺だからこそ足を運んでくださりそうな方もいて、うれしい。そして本日は初めてお会いさせていただくアーティストさんも複数いて、お声がけくださった主催のアトリエ志らべの森志らべさんと仲間に入れてくださったみなさまに深く感謝したのでした。


とは申すものの、昨日は、初めて参加させていただく企画で勝手がわからないし、ご一緒させていただくのは知らない方ばかりだし、遠いし。さらにはあたしは搬入前日は、もうどうやっても達成することができないやりたかった理想と現実のギャップで、無気力気味になることが多々あり、「ああ準備しなきゃ」とおもいつつもボーっとしておりました。アートイベントの場合は特にこの傾向が顕著です。はじめてのこと、緊張します。
もっとも本番までには持ち直しますっ。だから今回もなんらかのタイミングで持ち直すはずだとおもっておりました。・・・とおもったら当日の朝になった。


今回持ち直したのは、エネルギー調整を受けてくださっている方からのメールでした。それを読んでよかったなとおもえたからです。こういうのはとてもうれしいです。ほかにもうれしいことはいっぱいあるのですが、何か行動をするときにモチベーションというかエンジンとしては、あたしの一番かもしれません。

昨日、NHKのプロフェッショナル(小児外科医師・山高篤行先生の回)を視聴していて、山高先生先生が「うれしいことがあるとまたがんばろうとおもえる」みたいなことをおっしゃっていたのですが、あれ本当、わかるなあとおもいました。勝手に同じするのも失礼かともおもうのですが、でもわかります。それがまたがんばろうとおもえる気持ちにつながります。エネルギー調整に対してのモチベーションもですが、人生そのものについてもそうなる。

搬入に向かう道すがら、必要のないものまでいくつかバッグに入れっぱなしにしていてそのせいで荷物がさらに重くなっていることに気づいて若干トホホとおもったのですが、そこはご愛嬌ということにいたしました。


一生懸命生きます。

エネルギー大掃除 冬至・大晦日・新暦新年・旧暦大晦日・旧暦新年・土用・立春など

2016-12-29 20:44:28 | エネルギー調整
今年もあと3日となりました。まだなんとなく実感が沸きませんが、今年一年どうもありがとうございました。みなさまにとってもよい年でありましたように

年末といえば大掃除。冷蔵庫の掃除をしたいです(あ、これは個人的はことです)。



そして、ツイッターに舌足らずのような書き込みをしてしまいましたので、少しエネルギー大掃除の紹介をさせていただきます


一年の締め括りの大掃除は、何もモノだけに限らずエネルギーでも有効です 住居のエネルギー調整しかり、人の調整しかり。終わりよければすべてよし!!ではございませんが、やっぱりこの宇宙のどこかにデータベースみたいのがあって、2016年はこんな年でしたよって刻まれる気がしています

だから、最後にというのはおすすめのひとつです


と書きつつ、しかーし

別にこの西暦2016年大晦日だけが節目ではございません。

ですので無理にこのタイミングをご利用いただかなくても大丈夫です♪♪

たとえば旧暦で考えればもう少し後ですし、先日の冬至を節目とする考え方もございます。

さらには、旧暦お正月のあとには、立春、春分(西洋占星術のスタート)と続きます。そうですね、ひとついえることは、やはり「春」がキーワードでしょう。だからお正月のことも「新春」といいます。


なので私は連絡をいただくタイミングで、その方の節目を意識したりします。いまこれを節目としたがっているのだなと。だから、結論を言ってしまうと、どーとでもなります!!

タイミングのよいとこどりしてまいりませう


そして私自身も、どのタイミングを使うかも毎年異なります。だいたいいくつかを複合的に利用させていただくことが多いですね。

(さらに言うならば、日本のあり方そのものが禊、みそぎなので、夏の土用だったり春・秋・冬の土用だったりいくらでもチャンスはある。そのときどきでニュアンスは異なるのですがここでは割愛します。また、月の暦、新月・満月にもその働きがございます。)


ですので、2016年末に限定する必要ないのですが、エネルギー大掃除という考え方もそれなりにお勧めです。

もしご興味ある方いたら、ご連絡ください。

と申しますよりも、年末ですでにあわただしい方も多いかと存じますので、来年末以降に覚えておいてやって、もしご記憶にございましたらご検討ください。と申しますか、今になってこんな記事書いていて、スイマセン


もちろんこのときだけより日々の積み重ねのほうがずっと大切。ですのでどちらかというと、普段のケアを大切にしていただきたい。

とはいえ、人間って(もとい私って)そればかりにはまいりませんもの。そして醍醐味ある人生を送ります。ハレの調整のひとつとお考えいただければと存じますー


ちなみに、年末年始、私はそれなりにお正月らいしこともしつつ、エネルギー調整はご要望があればいつでもやらせていただいております。

たとえばお誕生日にだけできる調整などもございまして、元旦がお誕生の方もいらっしゃいますので、本当何かございましたらお気軽にご用命ください。

お休みはマイペースでいただいております

では残り3日、みなさまにとってよき2016年でありますように


エネルギーサロン・タンタン

6月20日(月)のつぶやき

2016-06-21 04:10:05 | エネルギー調整

6月13日(月)のつぶやき

2016-06-14 11:53:14 | エネルギー調整

寝込みましたー エネルギー調整と私

2015-08-29 18:49:15 | エネルギー調整
8月最後の週末となりましたね。

ワタクシ、昨日の16時~7時30分まで、ひさびさに体調を崩して寝込んでおりました。

いやあ、しんどかったぁ~


16時からだんだんって、副交感神経が優位になってくるタイミングとリンクしていますねー。

と悠長に観察していたのですが、途中、本気で苦しかった。朝、だんだんとラクになってくる過程も観察する予定だったのですが、明け方に寝落ちしたようです。とはいえ、たぶん、今日の夕方になっても体調は崩れない・・・はず。

寝込んでいる途中、食生活とか、生き方とか、とてもとても反省した。


実際のところ、何を考えたかは、半分くらいしか覚えていないけれど。

けれど、やっぱり、健康は何よりも大事なことのひとつだとおもった。

体調がよければ、あとたいていのことは大丈夫。


そして健康を害してまでやらなければならないことはないとは言いません。

ないとは言わないけれど、一般的に考えられているよりはずっとずっと少ないとおもう。

この健康を害するには、ストレスを溜めることも含まれます。

ストレスを感じてまでやる必要がないことは多い。そして同じやるにしても、ストレスを感じることを放棄したほうがよい。

私はストレスを感じることはあまりありません。昔はあったけれど、いまはなんかね・・・。

ストレスを感じるのは、人生スパンで考えたときに、あまりにコストパフォーマンスが悪い気がするのです。だから、よほどのことない限り、それほどは感じなくなってしまいました。

いまおもうと、あーーーー、もう、ストレス溜めて損したな!とおもうこといっぱいある、、、けれど、後悔先に立たずなので、これから、とおもっておりまする


という私のような考え方は万人受けするものではないのは確かでしょうが、

ストレスを溜めるのは、心身の健康によろしくない、というのも確かです。


どうぞみなさま、お気楽に過ごしてください。

そしてご自身らしさをいかしながら生きていくためにも、よろしければっっっ エネルギー調整をご活用ください。


寝込みながら考えたことのひとつは、「もしどこかで、今の仕事をしている私自身(エネルギー調整を提供している人)に出会ったら、私は違う人生を歩んでいたんだろうなあ」ということでした。

エネルギーを整えると体力は回復しますし、メンタル面でも多くのきづきがあり、人間関係も円滑になる。深い人生を歩める、と私は考えています。

それを他の面で生かしてもよかったわけですが。

けれど、私は、自身で研究をし、提供する側を選んだ。不遜ながら、私がそうするのがよい気がしたから。私にしかできないというか、私がやるからこそなこともあるとおもえた。
(実情は、働いていなかったときに、友人からバイトを頼まれ、「やるー!」と気軽に答えたら、「エネルギーを送ってほしい」という依頼だったのでした。その話を他の友人にしたら、「じゃあ、僕のノドもお願い」という話になりまして、きっかけは、流されたともいえる感じ。でも、そのあと、ワタクシなりにいろいろと考えながら続けております。)


そして、やっぱり よくなったと連絡をもらえるときが一番うれしいですね。


そんなこんなです。珍しく体調を崩したので、自身へ覚え書きをかねて、綴ってみました。

読んでくださり、どうもありがとうございます

それにしても、病み上がりのピカピカ感はたまりませんね。お風呂入るのが楽しい~。

エネルギーサロン・タンタン

エネルギー調整日記 うれしいことがありました

2015-07-31 01:10:15 | エネルギー調整
昨日、うれしい知らせを受け取りました。

長期入院を予想されていた方が、わずか2泊で退院してきたのです。

医師の先生や看護師さんが想定してよりも、検査結果がよかったとのことでした。

その方は、調整をさせていただいている方でもあり、友人でもあります。


私はエネルギー調整をするときに中庸であるように意識しています。そして中庸であるときが、いちばんよい仕事ができます。

だから、こうあってほしいという、私の過度な気持ちは乗せすぎないようにしている。

家族や大切な人の調整は、とても難しい。自分のメンタルを保つのが難しいから。どうしても心配してしまう。そして、心配はよく働かない。


その方は、もともとご家族の調整をさせていただいていたことが縁で出会いました。同年代で、かつ女性同士だったこともあり、次第に仲良くなりました。

だから、一度退院してきたものの、今回、再入院ということになり、私の気持ちも揺れた。本当によかった。


私にとっては、自身の気持ちのあり方という意味で大きな成果でした。なんというか、調整そのものではなくて、退院したと聞いたときの、自分の心の動きでそう感じた。率直にとてもうれしいという気持ちがこみあげてきた。

中庸であるように心がけているので、涙はあまり出なかった。けれど、それでもうれしくて鼻水が止まらなくなった。

エネルギー調整を提供しつつも、喜怒哀楽を率直に表現できている。そこに私自身の成長を感じました。

昔に比べて、自身のメンタルとの付き合い方が上手くなった気がする。それは1年前に、猫を捜索したのがとてつもなく大きい。いやあ、あのときは本当に心折れていたからね。

今後とも、いちいち一日を大切に、みなさまの人生に伴走していければと存じます。よき日をありがとう。そして一期一会に愛と感謝をこめて、おやすみなさい。

エネルギーサロン・タンタン

エネルギーのコミュニケーションと可能性

2015-06-24 02:34:39 | エネルギー調整
先だって、夜にメールのやりとりをした友人でから、朝の4時前くらいにメールが入っておりました。


『うーん、何かしらん?(別にメールは何時でも歓迎なのですが、何か変わったことがあったのかなとおもったのです)』とみたら、「ありがとう。エネルギー送ってくれたのですね。おかげでぐっすり休めそうです」みたいなことが、メールに書いてありました。

とりわけ、彼女の調整をしたり、エネルギーを送ったりしたつもりはなかったのですが、こういうことはときおりあります。

彼女は私のエネルギー調整を知ってるので、変化度の感覚はおもいあたる可能性が高く。

うーん、介入したつもりはないけれど、調整させてもらっている方とはつながりやすくなるし、無意識にエネルギーを送ってしまったのかもしれません。


私は、原則として、「体調悪い」ときいても、エネルギーを送ったりはしません。

介入する権利はないとおもっているし、起こることにはすべて意味があると考えているからです。個々のありたい姿はいろいろあるし、健康法にはいろいろあるし。余計なお世話だとおもうのです。


でも、普段のお付き合いでも、「応援してるよ!」と言われればうれしくてパワー沸きますよね。それって言霊であり、相手のハートが伝わってくるからとおもうのです。それと、意図的にエネルギーを送ったり、調整したりするのの境界はグレーゾーンと言えばグレーゾーンだったりする。


なぜなら、エネルギー調整は、別に私自身の生体エネルギーを注入しているわけではないのですが(実際は不要なものを抜いたり、バランスを整えたり、つないだりしていることのほうが多いし、注入するときも、自然や宇宙のエネルギーだったります)、取り扱っているのは私であり、そしてエネルギー調整はコミュニケーションだからです。

いずれにいたしましても、今回は、めでたしさまでした。


しかーーし! この世に存在するものは、何事も両刃の剣です。

エネルギーを扱う能力が突出しているのは確かですので、腹を立てると相手に怒りのエネルギーを送ってしまうことだっておこりうる気がしています。

だから、なるべく腹を立てないように生きようとあらためて自身に語りかけたのでした。

これは、私のルールです。この仕事を選んだとき、決めました。


と同時に、エネルギーはよくできていて、自分の発したエネルギーは自分に戻ってきます。

そして私は、それをよーく知っています。情けは人のためにならず、自分自身のためなのです。

割が悪すぎて、怒りを送る気にはなりません。

そのエネルギーが自分に戻ってきたら嫌ですし、「はらわたが煮えくり返る」というように、怒ると自分の内臓(ハラワタ)によくない。


20年前、ヨガの先生に言われたセリフがあります。

「私たちはハブのように毒を外に出すことはできません。だけど毒を造る機能は残っているのです、だから、怒ると毒で自分の内臓を傷つけます」

それは私は変えた言葉でした。


ただ、そうはいっても、何気なくパワーを送れるんだなというのは、うれしかったりもする

私は動物が好きで、動物保護や里親募集の情報をみているからです。少し前までは、何もできない自分につらくなってしまうし、胸が痛いからみたくない情報で、それらの情報はシャットアウトしていた。

だけど、「いや、私には、エネルギーを送ることぐらいならできるよ」とおもい、目を背けるのをやめました。エネルギーが力になっているとおもえることが、私自身の救いになっています。だから、自分のためにエネルギーを送っている感じ。

彼らの生に勝手に介入しているという言い方もできるわけであって、宇宙を曲げていると言えないこともなく、ひょっとしたら自分に不都合が・・・でるかもしれないけれど。それぐらいの不都合なら、喜んで受けて立ちます。


エネルギーサロン・タンタン

選択し、継続する力

2014-09-13 19:33:03 | エネルギー調整
数年来調整を受けてくださっている女性の方から、うれしいニュースを頂戴いたしました。

数年ぶりに生理が来たというのです。先月、今月、2か月連続来て、実は、、と連絡をくれたのでした。

前回の調整のとき、とにかく、「循環させよう」という調整がいい気がして。

そしたら、その調整から2日後のお知らせでした。

ほんとーーーーーーーーに、よくがんばられたとおもう。おつかれさまでした!!


その方の場合は、かつてお受けになっていた治療の関係も深い。

ご本人は、その治療が効いていないことを体感していた。

けれども、わかっていても、地図のない旅に出るって、楽なことではない。


そして、ご病気の方は、しばしば家族を安心させるために、薬を飲む。飲まないと、家族が心配するから。

そんな中、道を変える、そして維持するって、本当にがんばったとしかいいようがなく。

おつかれさまでした。

生理がきたことそのものも朗報だし、そして、それ以上に、体にある明らかに大きな変化だから

ご本人も変わったことを実感する。自信になる。それも大きい。


私自身も、こういうニュースを受け取ると、対個人として祝福する気持ちでいっぱいになると同時に

よし、これからも精進していこうとおもえる。


エネルギー調整を選んでいてよかった。ありがとう。


エネルギーサロン・タンタン

苦手意識と思い込み、コンプレックスの構造 vol.1

2014-06-27 23:00:27 | エネルギー調整
アートの展示をしております。

会場のスペースに余裕があったので、絵を飾らせていただきました。

この画像の1枚は、夕べ、書きました。今晩の新月を迎えるにあたり、書きたかったのです。

絵の意味の話はまた今度させていただくといたしまして。


今日は、苦手意識と 思い込み について、ワタクシの個人的な経験も踏まえつつ、書きます。


ワタクシは、かつて、絵、苦手でした。小学校の図画工作では、居残りさせられておりました。

中学校の美術では、倫理上?「1」にはされませんでしたが、成績は実質「1」。

幼稚園では、絵が下手だったため?、お絵描き教室に入れられました。
(自由に書く気は毛頭なく、いつも隣の子の絵を横目で見ながら、真似しようとがんばっていました)


スタートは、絵を書くと、自分の内面がこぼれ出てしまいそうで怖かったということだったのかもしれません。

けれども、途中からその原点はどこかに消え去り、

ただ「苦手だ」「嫌だ」「無理」というコンプレックスだけが残りました。


もちろん、嫌なこと、苦手なことをやる必要はありません。

けれども、ワタクシの場合は、結局のところ、やることになりました。(詳細、後日 or 割愛)


絵で活動するようになると、当然、アーティストさんと話す機会も増えます。

おかげさまで、疑問(思い込み)を溶かしてくれるようなお話もできました。


例えば、

ワタクシは、ほとんどの場合、絵を描き始めるときには、絵の全体像がまったく見えていません。

けれども、それはワタクシに絵の才能がないからであって、

アーティストさんは自分がどんな絵を描くか知っているとおもっていました。

でも、実際、話してみたら、「自分で何を描いているかわからないまま描いていることもよくある」という

お話を聞きました。


また、アーティストさんは、けっこう、テクニックや道具を使っていたりします。

円が綺麗に描けない(=絵が下手だからだ!)と思っていたワタクシですが、

コンパスで円を下書きしているアーティストさんに出会いました。

また、きっちり真っ直ぐ絵の具を塗れない(=絵が下手だから!)と落ちこんでいたワタクシですが

そういうときは、マスキングテープで、色がはみ出ないように固定すればよいだけでした。


道具にしても、ブラジルで開催中のワールドカップを見ればわかるように、

選手たちは、最高の靴を履いてプレーしています。


何事にもいえることですが、たいていの場合、その道に秀でた人ほど、よい道具を使っています。

素人さんに限って、(当たり前ですが)その場にある手近な道具で代用しようとする。

そして、うまくいかない自分に、落ち込み、「やはり、ワタクシには向いていない」と勝手に思い込む。

「あなたのその道具だったら、アーティストさんだって、本来よりは劣る実力しか出せないよ!!」

という状況は、珍しくないにもかかわらず。


ワタクシの場合、絵が完全に、このよくないスパイラルあり地獄でした。

個人的な経験ばかり書いてしまいましたが、長い文章を読ませてしまったので、続きは、また後日☆

エネルギーサロン・タンタン


まさか怒りの矛先が自分、不健康な状態を発見!

2014-06-20 16:09:39 | エネルギー調整
満月に、不要なものをすべて捨てるエネルギー調整(ワタクシに)をかけまして

がっつりと ちょっとしんどい瞬間もある 日々を送っておりますデス。

いざ、この状況になってしまうと、気づかないで終わっていた人生なんて嫌!ですが

でも、この気づきや発見がハッピーかというと そうでもなく。

現状ですと、知らないままのほうが安穏だったわけでして、ここからが勝負!な状態。

まあ、さおり丸の人生ではよくあることです。



不要な物を捨てると、人生が軽く、創造的になるという考えは、断捨離(だんしゃり)のおかげで、

だいぶ、一般的になりました。

同じことは、ワタクシたちの記憶や思い出にも言えます。

なので、ワタクシ、こだわっていた不要な記憶を捨てることにいたしました。



出てきたものは、「怒り」でした。

5件くらい立て続けに出てきたのですが、全部、怒りでした。


ワタクシがいつの日か永眠したとき、悲しいとか、悔しいとからならまだしも、

怒りは持っていきたくないなあ。


怒りはとてもパワフルなエネルギーで、人間として行動するとき、

怒りが役立つときがあります。

けれども、それは、ポジティブに生かすことを前提とした場合で、

その気がないのなら、早く バイバイ してしまうのがよいでしょう。

それは、ワタクシが常々、申し上げていることでもあり、ワタクシは残っている怒りは

普通の人よりも少ないとおもいます。な、なのに!!こんなにあるとは。

きっと、まだあるのでしょう。・・・・少しずつ対応いたします☆


どうして怒っているか?と考えたとき、意外なことに、怒りの原因となった当事者は無関係でした。

「見返してやりたい」「仕返しをしたい」「その人と同じ事件が起こらないように覚えておきたい」

のどれでもなかったのす。

そもそも、5件のうち、2件はもう亡くなった方ですしね。

ワタクシ、何をしているのかしらん~、、、トホホですわねん。


何に対して怒っていたか申しますと、

「そのように扱われてしまった自分について」でした。つまり怒りの矛先は自分。



そして、「他人にはその事件(怒りの元なったこと)を絶対に知られてならない」とおもっているみたいです。
(だから、そのためには、大切に、ひとりで隠しておかなければならない、と。)

・・・こじらせていますね。

その知られてはならない理由はいくつかあって、

「そういう扱いを受けたのが恥ずかしい、バカにされたくない」
「そういう扱いを受けたヤツだからかと嫌われたくない」
「そういう扱いを受けたのを気にしているあまり、創造に集中できない自分が許せない」
「人に知られることで、同じ問題が再燃するのが怖い」

など。

いやあ、うーーん、要らないかな、、、、はい。でも、よくあること。

この自分対話ゲームはもうしばらく続くとおもう。



ちなみに、記憶は思い出すことによって浄化されるというのも事実なのだけれど

通常、エネルギー調整を利用すれば、そのプロセスがワタクシほど苦しいわけではないです。

違和感を覚えたり、変わろうという気分になった方は、怖がらずご連絡ください。


ワタクシは、わざとこんな苦しんでいるというのもあります。

みんなに説明したいというのがひとつ。

もうひとつは、人体実験ということで、ズバっと派手にやっているのがひとつ。

後者のほうが大きいかな。


●まとめ
l感情の断捨離は、人生を好転させる
l怒りは、早くバイバイしてしまいましょう
lそのような状況に陥った、自分自身への怒りを記憶していた
l今の状態に違和感を覚えたら、どうぞ怖がらないで!


エネルギーサロン・タンタン

記憶や心のクセ、澱などのエネルギー調整

2014-04-20 00:52:15 | エネルギー調整
エネルギー調整によって、エネルギーが浄化されていくプロセスを考えてみた。

万物はつながっているという意味ではすべてにあてはまるのだけど

そこをおさえてあえて言うならば、今回は、肉体というよりは、心。記憶。


過去の記憶は突然フラッシュバックしたり、フラッシュバックしなくとも

様々な言動や、何もしていないときに心を巡るものに影響を与えている。


その記憶、ちょっとずつ浄化していければいいと思うわけであって

肉体の調整も得意だけれど、記憶の調整も相当研究しております。

あたし自身、エネルギーを調整することによって、かなり助けられたからだとおもう。


人間は機械ではないから、一度で調整しきれるとは限らない。

どんな気持ちでも、長い間に思い出となり

またその思い出ゆえに似たような経験が付加されたりで一筋縄にはいかない。

けれども、一筋縄にいかないからこそ、パワフルで深く変容・回復したりできる



この図に例えると、海中がご本人の記憶。その記憶は浄化されて空に消えゆく。

けれども、また似たような別の記憶が入ってきたり、

浄化しきれなかった記憶が海中に再び戻ってきたりする。

でも、ちょっとずつ進んでいるのです。

そして、昔の記憶を深いところから掘り起こして浄化するのは大変だけど

今の似たような記憶に、その昔の記憶が引っ付くことにより、一緒に浄化されるというメリットもある。


「毒をもって毒を制す」「転んでもタダでは起きない」「ピンチをチャンスに変える」「つでに楽する」「より多くを救済する余裕をもつ」。

さらには、直線でなく、螺旋でクルクル前進することにより、より重層的なパワーが宿る。おまけに‘ねじり’も入っている。



戻るたびに、新たな不要なエネルギーを吸収する。似たものが引っ付く法則を利用するのです。粘着紙を海中に突っ込む感じでしょうか。


言葉で上手に説明できなくて申し訳ないのだけど、とにかく受けてみてください!

きっと佳いことが起こるから。

エネルギーサロン・タンタン

3次元まで出るのは相当なこと

2014-04-16 23:46:54 | エネルギー調整
エネルギー調整を受けてくださる方は、

継続的にご依頼くださる方、定期的にご依頼くださる方 すごい困ったときのカンフル剤としてご利用くださる方

オカルト的な意味でご依頼くださる方、記念日にご利用くださる方


といろいろ。

どれが一番オススメといえば、もちろん、継続的にご利用くださること。

魔法ではないけれど、できることいっぱい、みんながおもっているよりもいっぱいありますデス。


人間は健康になるようにできている。

健康になるパワーがなければ、赤ちゃんとして、この世に生まれてくることはできない。

生まれてこれたということは、肉体に健康になろうとする力、恒常性(ホメオタシス)がある!!

さらには、人生を創造する力に満ちあふれている!!とあたしは信じています。


(ここから先はその前提で書きます。)



ちょっとエネルギー状態が滞ったからといって、すぐに症状が出たり、疾患になったりするわけではない。

積もり積もらなければ、回復力のほうが勝ち、体調や心を崩されない程度のひずみ。

小さな影響はあるけれど、それ以上に、人間の肉体には健康を維持する能力があるのです。



だから、逆に言うと、疾患になったときは、よほどのこと、、、だとおもう。

確かに、エネルギー=物質で、だからこそ、あたしのエネルギー調整も効果を発揮するわけだけど

実際に物質化するってすごいパワーなわけですよ。あたしは、手から、コップ出せません!!

けれども、肉体は疾患という形に、3次元に表現したわけです。


体調を崩されたときは、肉体の状態を真摯に受け止めてあげてほしい

もちろん、疾患になる前に予防するほうがベターであって、

ストレスや疲労は、あまり溜め込みすぎないでください。


そのためのサポートの一案が、エネルギー調整。

だから、目に見えないもの、物質として残らないものには、意識を向けにくいかもしれないけれど

定期的に受けてほしいなと、願っております。

エネルギーサロン・タンタン

不要なエネルギーがする悪さとは(加筆版)

2014-02-11 01:06:54 | エネルギー調整
雪、すごかったですね。あたしはあんまり雪に慣れていないので、ちょっとびっくりしました。
溶けるのも早くて、よかったなとおもっております。


最近、書いている「不要なエネルギーが悪さ」ということについて書きます。

ちょっと前に、

不要なエネルギーがある部位に溜まると、それが特定の場所の症状や疾患につながると気がしています。
その場所は、ストレスが強かったり、弱っていたり、不要だと思っていたり
(コンプレックス、あるいは長期間利用されていない)するところであることが多い。


ということ書いた。

でも、それはまったく具体的でないので、そのあたりを上手に文章で説明できないかと最近考えていました。
不要なエネルギーがする具体的な「悪さ」について解説してみますデス。

肉体面
疾患や慢性病、不調、冷え、痛みの原因となる。免疫力が低下する。不眠の原因となる

メンタル面
落ち込みからの回復が遅くなる、被害妄想が強くなる、ウツ気味になる、怒りっぽくなる。
感情が麻痺する。表情が老けて、薄幸なイメージになる。

頭脳面
忘れっぽくなる、記憶力が低下する、ひとつの考えにとりつかれて、他のことが考えられない。
枠をはずした自由な発想ができない。

人間関係
コミュニケーション上のトラブルが発生しやすくなる。誰かを好きになることができない。
相手に自分の感情を押し付けてしまう。

魂面(半分推測です)
本来の目的、あるいはご本人が経験したいこと、体験したいことをやりにくくなる。同じ学びでも楽しく学べない。
苦しみを基調としたものになる。出会うべき相手に出会えない。出会っても相手の大切さに気づけない。
魂の声に気づかない(⇒気づいて欲しい魂が身体に不調をきたす。)

ぜんぶの面がつながって、お互いに影響を与え合っています。


不要なエネルギーの原因は、ストレス、食事、科学物質などさまざま。

少量であったり、若かったりすると、身体の恒常性(ホメオタシス)が働き、自然と不要なエネルギーは排出される。

だけど、多量だったり、年齢を経たりすると、どうしても不要なエネルギーが排出されず、肉体・心・魂に残ってしまう。

そして、限界値を超えて体調を崩してしまうと、体調を回復させる自然治癒力が機能しなくなる。

今日は、ここまで! どうぞ佳き宵をお過ごしください。

エネルギーサロン・タンタン

不要なエネルギーがする悪さとは

2014-02-03 23:59:03 | エネルギー調整
先だって、エネルギー調整にさいして、不要なエネルギーを除去することについてブログに書いた。
「不要なエネルギーを抜き、自己治癒力や開運力を回復させる」

だけど、あのブレスト記事、よく考えたら、全然質問に答えていない。

だって、質問の内容は、「不要なエネルギーはどんな悪さをするの?」だったから。

というわけで、あらためて書き出しますっ


・不要なエネルギーがする悪さ(肉体面)
肉体に必要なエネルギーが届くための通り道をふさぐ、あるいは、その道を細くしてしまう。
→これはエネルギー的な意味においても、科学的に意味においても、あてはまります。
→ストレスによって活性酸素が発生。それによって、血流に影響が出ます。
→栄養素(よいエネルギー)が届く余地をなくす。よいエネルギーを受け取りたがっている部位があっても、すでに不要なエネルギー(エネルギーのゴミ)でいっぱいのため、入らない。
→エネルギーと肉体はつながっているので、それが体調不良、慢性疾患、病気と関係している。


・不要なエネルギーがする悪さ(メンタル面)
心には、喜怒哀楽すべての感情があって、本来はその行ったり来たりででバランスがとれているが、そのバランスが崩れる。
→不要なエネルギーが蓄積しているとひとつのことに固執する。
→水暗い気分から回復できなかったり、あるいは怒りっぽくなったり、意味もなく悲しくなったりする。
→悲しかったり、落ち込んだりしているのが常態となる。
→感情が麻痺して、感動できなくなる人もいるかな。
→心の免疫力が低下すると、体の回復力も影響を与える。
→心が暗いことによって、運気やチャンスが逃げていく。
→表情が老けて、垢抜け度が低下する。


・不要なエネルギーがする悪さ(頭脳面)
→忘れっぽくなる
→記憶できる量に限りが出る
→複数のことを同時に考えられない
→枠をはずした発想、自由な発想ができない


・不要なエネルギーがする悪さ(魂面)
→本来の目的、あるいはご本人が経験したいこと、体験したいことをやりにくくなる。
→同じ学びでも楽しく学べない。苦しみを基調としたものになる。
→出会うべき相手に出会えない。出会っても相手の大切さに気づけない。
→魂の声に気づかない⇒気づいて欲しい魂が身体に不調をきたす。


・不要なエネルギーがする悪さ(人間関係)
→先入観で対応してしまうので、相手とのコミュニケーションが醍醐味があるものにならない。
→悪いほうにばっかりとってしまう。
→相手に怒りを覚えやすくなってしまう。
→誰かを好きになることができない。
→相手に自分の感情を押し付けてしまう。


もっといっぱいあるけれど、メジャーどころは、こんな感じ。思い出したら、追記します。
普段、エネルギー調整するとき、分けることもあれば、分けないこともある。

こういうように、書き出すのってけっこう楽しいね。またこの手の記事書きたいとおもう。

エネルギーサロン・タンタン

不要なエネルギーを抜き、自己治癒力や開運力を回復させる

2014-01-27 18:33:47 | エネルギー調整
あたしはエネルギー調整の後に

報告のメールを書くとき「不要なエネルギーを取り除きました」みたいな表現をよく書く。
でも、よく考えたら、不要なエネルギーって何!?て話でござる。

ご質問いただいたので、せっかくなので、ブログで、ブレストしてみよう♪

不要なエネルギーという表現はさまざまな使いかたをすることがあるのだけれど
一番、わかりやすい表現だと、か滞りかな。

別に世の中、よい悪いを決めるのはその人に価値観なわけだけど
ひとついえるのは、電気の+-+-という流れがあって、エネルギーが通るように

霊性という意味でのエネルギーでも、流れがスムーズなことかなり重要。
血液が身体を巡る、酸素が体内を巡る、食べ物が消化されてきちんと排出される


それと同じことで。流れが滞れば、それがよどみとなり
体調、心、あるいは魂に、必要なエネルギーが届かない

そして、川と同じでどこかが細くなれば、あるとき別の場所で決壊を起こす。
(疾患になることもあるでしょう)

家でも、換気することがとても大切であって、空気の入れ替えがないと
エネルギーはどんどんとこもっていく。

健康に限らず、すべては同じ。手放すのは怖いときもあるけれど、
古いエネルギーを手放してから初めて、新しいものが入っているゆとりができる。

健康の場合は、純粋に、滞りをなくして流れをスムーズにしている、必要なエネルギーがいきわたるゆとりを回復させている、ご自身で体調を崩してしまうよくないスパイラルを改善させている、という意味で書くことが多い。

心の問題は、不要なエネルギーを取り除くとは、モヤモヤ感だったり、もう卒業でいいのに手放せない感覚だったり、そういうのを取り除いたりしていうことを書くことが多い。だから、心の問題は難しく、傍から見たら、それはいらないかも、ということでも、本人がそれと一緒にいたければ、あたしはただひたすらに見守り、そして待つ。

以上、ブレスト終了。一度、エネルギー調整、受けてみてね☆待っています♪

エネルギーサロン・タンタン