つぶつぶタンタン 臼村さおりの物語

エネルギー調整、大地の声、水の流れ、読書、ネコ、占い☆ 他、私的な記録。

お知らせ

11月17日(土)、26日(月)、カフェで占いしています@大泉学園Mo.free

本と思い出の交換「東京読書交換会」@池袋
面白かった本も、読まないままにインテリアと化してしまった本も、残念ながら相性が悪かった本も、すべて歓迎いたします\(^▽^)/
  ※開催予定は11月24日(土)@としま振興プラザ、2018年12月3日(月)@東京芸術劇場、12月22日(土)@としま振興プラザです☆

アート展示情報
・2018年12月1日(土)~31日(月) 個展 ~A Beautiful Day~@新宿
・2018年12月24日(月)~28日(金)

仕事後はアート活動「もくもくアート会」
集まって黙々と各自のアート制作する集まりです。
  ※開催予定は12月6日(木)、20日(木)@新宿です。


埼玉ビジネスウォッチ(テレビ埼玉)にて特集されました(かなり前の映像ですがまたいつかという祈りも込めて)⇒こちら

エネルギーサロン・タンタン

創造とコミュニケーションとヒーリングを欲張りに堪能

2018-11-12 22:59:52 | 創造&表現
第2回から8年間、毎年欠かさず参加させていただいているArt Confuse展(アートコンフューズ展)が終了いたしました。
楽しかった。ご一緒させていただいたみなさまどうもありがとうございました。

画像は作家仲間と一緒に撮影したものですが、あたし個人のブログなので顔を非公開といたしました。


この展示に参加されているのは、芸術家を生業として生きていくことを希求されてない方がほとんどで、独特の脱力感があります。

作品がいいかげんという意味ではなく、なんというか評価をあまり気にしていない。やりたいことをやる、そういう雰囲気があります。だからどんなときも毎年参加しつづけることができたんだろうな。ありがたい。

気づけばスタッフメンバーのひとりになっており、初回から参加していないスタッフはたぶんあたしだけです。自身がありがたかったから何かできないかと考えているうちにこうなった。
楽しむと同時に、これからArt Confuse展という場に新たに来る人のために、毎年引き続き参加する人のために少しでも何かできればとおもう。


これからArt Confuse展のような場、増えてくるんだろうな。あたしたちみなが創造するようになる。

あたし自身はプロ芸術家としてもありたい気持ちがたっぷりございますが、それだけじゃなくて一足先に創造する人を堪能しているという気持ちもまたある。

いつか、もくもくアート会からもう一歩踏み出した形で、何か創造を提案していければいいな。いまは何か具体的なアイディアがあるわけではない。いまはもくもくアート会を丁寧に重ねてまいりますね。
⇒関連サイト:もくもくーアート会


自身の作品についてお話すると、今回もベストな現在地となる作品を展示できてしあわせでした。

この記事では左の作品をさかさま(通常?)にしました。こちらも気に入っています。引き続きごひいきください。
⇒関連記事:ポジティブorネガティブと決めるのは固定観念

足を運んでくださったみなさま、どうもありがとうございました。

仲間が駆け付けてくれたのもうれしかったし、また憧れている人たちが足を運んでくれたのも感激でした。見に来てもらえるようになったんだなあと。


今日は体の節々をストレッチしたり、ヨガをたっぷりいたしました。そうすると・・・やっぱり疲れているなとはおもいました。グループ展は集団行動なので楽しいけれども緊張もする。それでもやりたい。

体は疲れましたが、今日は展示を終えて、主体的な気持ちになった自分に出会った日でもありました。
作品を描くごとに、自身が浄化されていく気持ちがある。
勝手なこだわりを申し上げるなら、芸術として絵を描いているという気持ちが強く、ヒーリングアートと言われたり、癒し効果やご利益で評価されたりするのは不本意です。でもなんというか、それでもいつも自身の人生のテーマになっていることを描くので、あたしにとってヒーリングになります。
そうじゃないとあまりに分離させちゃうと成立させられないというか、描くという行為を継続できない。だからだんだんと上手にすり合わせることを覚えてきた気がします。

ではまた

ポジティブorネガティブと決めるのは固定観念

2018-11-10 23:00:11 | ○生き方/ありかた
画像は今回、アートコンフューズ展に展示している作品です。

参考記事:立冬☆故郷のようなグループ展アートコンフューズに出品します


テーマは A Beautiful Day


3作品とも同じテーマです。ここのところ美しさを表現したい気持ちが強い。もともと存在すべては美しいのですが、そのなかでもより美しさを描きだしたい。

あたしたちが生きていることは美しい。何か特別なことがあるときも、何気ない日常の一瞬もすべて美しい。 

とおもう瞬間がここのところ続いているから。


手法としてはペンだけではなくアクリルも少し使ってみました。動いている様子をより描写しやすくなったかもしれない。

粒だけで表現することを放棄したので少し不安もありました。必然を感じてやっていることとはいえ、ある意味今までの評価を捨てることでもあります。作品の質が落ちたといわれること、そして事実として落ちているかもしれないことを危惧したのです。

自分では納得がいっていたので、大丈夫かなとはおもっていたのですが大丈夫でした(・・・おそらく)。

不思議ですね、作品の芸術性は何をもって生まれるものなのでしょう。手法を変えてもある程度維持できる。

今回をきかっけに次に進んでまいります!!

と綺麗にまとめたいところなのですが、びっくりすることがございました。


よくみてみると、左側のオレンジの作品、、、上下逆、さかさまです。自分で何度もチェックしながら展示したのに。合評会もこの状態で受けて、想いをかたり、フィードバックもいただいたのに。
まさかの展開でした。

実は隣に展示する予定だった方が急遽キャンセルされたため、展示スペースを予定より広く使わせていただきました。ですので当初想定していた展示イメージとは異なり、どうやって展示すれば一番いいかなと、短い時間で試行錯誤。
余裕がなかったので、この向きが美しいという思い込みがリセットされてしまったのでしょう。

逆さまでしたが、それでもみんな何かを感じてくれていました。ありがたいです。どうもありがとうございます。

そしてこれはこれでいいんだなとおもいました。

例えばタロットカードの逆さまは絵柄もどうみても逆さまです。けれども本当はものごとにポジティブネガティブと色をつけてるのはあたしたちの固定観念。

人生についても、人についても、同じことがあてはまる。

両方美しい どんな日もどんな人生も光放つ。

まさに A Beautiful Day だなあ~と。


でもせっかくなのでさきほど作品の向きを逆さまにしてみました(当初意図していた向きに変えてみました)。

変える前は、「このままでもいいじゃないか」とのご助言もいただき、自分でもひょっとしたらそうなのかもとさえおもいましたが変えてみたらみたでこれはこれで成立している。



よかった。そして意図したわけではないけれど、結果的にみなさまに両方の向きをご覧いただけて、A Beautiful Dayを想定以上に伝えることができてうれしいです。

どうもありがとうございます。東京芸術劇場で明日まで展示しています。

ではまた

暦:寒露は手持ちを割り材料の下ごしらえ 2018年寒露

2018-11-10 22:23:30 | l-暦・年中行事・記念日
すっかりブログを書く習慣が滞りましたが、マイペースで綴ってまいります!

暦記事、今回は寒露(かんろ)です。

二十四節気の寒露は、2018年は10月8日(月)ごろから10月22日(火)ごろまででした。西洋占星術だとてんびん座の後半です。


寒露はなんとなくつぶ、粒子に割っていくイメージがあります。料理でいうと下ごしらえ。

一体化して混とんとしていたエネルギーを分裂させる。大きなものを分けるには壊す必要があります。紙を小さくするには切ったり破ったりする必要がありますよね。そんなニュアンスです。

材料は変わらないけれど、加工しやすくするために細分化、破壊する。
将来何かをするために材料に分けて保存する感じです。


手前味噌ですが、寒露について以前書いた記事を読み直して癒されました。

寒露、凍てつく音が反射し割れながら壊れる 2012年寒露


自分で自分の文章を読んで癒されることよくあります。

寒露がだいぶ過ぎたあとにわざわざこうやってブログを綴っているのは未来のあたしへ手紙を書きたいからです。
読んでくださっている方には、おつきあいくださりどうもありがとうございます。なにかいいことがありますように。
暦記事を大幅遅れで投稿するときは、ツイッターでブログの更新情報をつぶやかないようにしています。


この保存した材料、ただ休んでいるわけではありません。ときとともに熟成し、独特のエネルギーを帯びます。紙は保存するとにおいがしみこみますよね。材料も保存することで何か独特に風合いが刻まれる。

これからどんな作品ができあがるのでしょうか。あるいはどんな作品を創造していくのでしょう。

あるいは数年後までとっておくのでしょうか。

あたしについては、このころの振り返りをしてみると、タロットカードとチャクラカードを作っています。これが材料になったらいいなという気持ちと、あまりそこにこだわると狭くなるからこだわらないようにしようという気持ちがあります。

2018年の寒露についてはひとまずここまでといたしまして、引き続き次の暦をみてまいります!


みなさま、どうぞよい週末をお過ごしください。

ではまた

立冬☆故郷のようなグループ展アートコンフューズに出品します

2018-11-06 22:55:51 | 創造&表現
本日は節分☆土用の最終日です。

土用あけましておめでとうございます! 7日から立冬、冬のおとずれです。

2018年11月7日(水)から11日(日)まで東京池袋の芸術劇場で開催される、第9回 Art Confuse 展に出品いたします。

おかげさまで近年多くの活動の場をいただいております。けれどもそれは最近のことであり、震災の衝撃を自身のなかで消化しきれずこの展示にしか参加せず休止状態だった年が何年もありました。

そんなときもこのアートコンフューズ展だけは参加させていただいておりました。

第2回から8年間にわたり参加させていただいているこの展示のたびに、毎年自身の軌跡を感じます。あたしにとっては故郷のような場所です。どうもありがとうございます。


今年も自身の中では必然性を感じて描いた作品を3点展示予定です。ここのところ一定の評価をいただいた描き方からは少し冒険となりました。

制作しながら創造のもつ可能性感じました。自身の創造をとおして人に作品として伝えたい、同時に創造する世の中もっとなればいい。あたしがこうやって創造する過程からも、もし誰かが何かを感じてくれていればともひそかに願っていたりします。生きることそのものが表現だとおもう。


今回展示した作品の反応やご助言を参考に、12月の個展に備えます。ご一緒させていただくみなさまやご高覧いただくみなさまにどういう展示がいいか相談したく額装も3種類にしてみました。相談できる場があるというのはありがたいですね。

よろしければお近くまで来たときにお立ち寄りくださいませ。

第9回 Art Confuse 展 (アートコンフューズ展)
2018年11月7日(水)~11月11日(日)
11時~18時(初日は13時から)
池袋 東京芸術劇場5階 ギャラリー2
東京芸術劇場アクセス⇒ http://www.geigeki.jp/access/index.html

昨年の初日朝は台風直撃で大きな作品を抱えていくのがなかなか大変でした。明日は大丈夫そうです。

ではまた~

アート活動用のウェブを少しずつ作っています。
臼村さおり つぶつぶアート ~世界はつぶでできている~


メディアマーカー終了がショックでした。。モノと所有者がつながるのは物体だけではない? デジタル時代

2018-11-06 22:34:13 | 住まいとインテリア
今朝はちょっと暖かくていい感じでしたね。

昨夜、あたしにとってはショッキングなことがございました。メディアマーカーという読書管理サイトを利用しているのですが、そのサイトがサービス中止になったのです。自分でも意外なほど感情を大きく揺さぶられ即寝込みました。今朝は無事回復いたしました。

今まで読んだ本をサイトに登録して、後で本を読んだ本を思い出すための備忘録としていました。
どの本を読んだかって忘れちゃうんですよね。過去に読んだ本を検索することはそんなに多くないものの、年数が経つとまた見ることもあるんだろうなと、未来のために記録した部分もあります。

何度も同じ本を、あたかも初めてだという新鮮な気持ちで読むのも素敵だけど、推理小説を読んでいる途中でかつて読んだことがあるって思い出したときは切ないですし、どなたかに本をお勧めしたいときに過去に読んだ本が検索しやすいと便利です。

東京読書交換会のおかげで読書量が格段に増えましたし、それこそジャンルもさまざまなものを読んでいるので、記録しないと過去の読書量という蓄積や馴染みのないジャンルほど読んだということを忘れちゃうんです。


だからこそメディアマーカーの終了はショックでした。今書いた理性的な理由だけじゃなくてさらに感情が大きく揺さぶられました。
あたしはあまり本を所蔵しません。モノが多いと疲れてしまうので本は積極的に手放すように心がけています。だから読書管理アプリは本棚のような存在でした。

心がけていたわけですが、こんなに大きく感情が揺さぶられるってことはこんなに大きく感情が揺さぶられるってことは(あえて2回繰り返しました)、物体として存在するものじゃなくてデジタル情報であったとしてもつながっているんだなあと再認識いたしました。
もともとそうなのか、あたしの個性なのか、スマホ文化という時代の影響なのか分からりません。わからないけれどもそういうもんなんだなと思いました。ショックで寝込みましたから。。。

しかも昨夜は10月に読んだ本の登録作業を一気に進めるために深夜のファミレスに出かけようとして、歩いてく途中でサンダルが壊れてトホホだったので傷口に塩を塗りこまれたような感じ。

人生もっと大切なこといっぱいあると重々承知しておりますし、もうひとりのあたしも「大きなことを見逃してこんなことにこだわってバカじゃない?」と突っ込んでおります。

でも寝込みました(苦笑)


PCの調子が悪い時期は続いてますし、もうねほんとに拍車をかけるってこういうことよねと存じます。今晩はなんだか調子がよいようでこのブログを書けました。おめでとう!!

この記事はスマホからの音声入力を元に作成いたしました。優秀で便利です。不調という不具合もあるこのタイミング、音声でブログを投稿する習慣を身に着けるのにベストなタイミングなのかもしれませんね。

ではみなさま佳き宵を~