つぶつぶタンタン 臼村さおりの物語

エネルギー調整、大地の声、水の流れ、読書、ネコ、占い☆ 他、私的な記録。

お知らせ

11月17日(土)、26日(月)、カフェで占いしています@大泉学園Mo.free

本と思い出の交換「東京読書交換会」@池袋
面白かった本も、読まないままにインテリアと化してしまった本も、残念ながら相性が悪かった本も、すべて歓迎いたします\(^▽^)/
  ※開催予定は11月24日(土)@としま振興プラザ、2018年12月3日(月)@東京芸術劇場、12月22日(土)@としま振興プラザです☆

アート展示情報
・2018年12月1日(土)~31日(月) 個展 ~A Beautiful Day~@新宿
・2018年12月24日(月)~28日(金)

仕事後はアート活動「もくもくアート会」
集まって黙々と各自のアート制作する集まりです。
  ※開催予定は12月6日(木)、20日(木)@新宿です。


埼玉ビジネスウォッチ(テレビ埼玉)にて特集されました(かなり前の映像ですがまたいつかという祈りも込めて)⇒こちら

エネルギーサロン・タンタン

もくもくアート会について書いてみた 重ねること努力すること続けること

2018-09-15 19:55:15 | もくもくアート会
もくもくアート会のことをけっこうつぶつぶタンタンに書いているつもりでいたのですが、いまチェックしたら1年くらい前のものが最新でした。・・・本当かな、ひょっとしたら記事を書いていてもカテゴリーの分類が適切ではなかったのかもしれません。

が、とにかくないものはない。というわけで、興味がない方には申し訳ないのですが、ちょっともくもくアート会のことを久しぶりに書いてみます。

もくもくアート会とは、みなで集まって、ひたすらもくもくと自身のアート制作をする集まりです。最後に今日やったことのシェアタイムをもうけるものの、原則個人行動です。知らない人とあって、交流することなく、自分の殻にこもってく、そんなイベントです。

かれこれ1年以上前に始めて、続いております。この場に行くと、アートモードじゃなくても、とりあえず何かやる。だから、自身のペースづくりに役立つ。あたし自身がそういう場がほしく、きっと似たような方いるのでは?とおもい、始めました。

なんとか続いております。いまは8割方、もともとの知人友人ではなく、もくもくアート会で出会った方が来ます。


よくおもうのですが、物事の学習には教わると効率のよいことたくさんある。たくさんある。だからこそ、一流の音楽家やバレエダンサー、フィギュアスケーターやスポーツ選手が留学をしたり、一流のコーチに師事する。芸大が存在する。

けれども、結局のところ、どれだけ主体的に行動を積み重ねたかが、肝要ではないかとおもうのです。

だからもくもくアート会は、みながコツコツと努力を重ねるためにモチベーションのひとつになればなとおもってやっています。そしてあたし自身のモチベーションにもなっている。

始めた当初は、もくもくアート会を終えた後の、すっきり感が尋常じゃなかった。表現するという行為は、人々に癒しをもたらすからというのもありますが、それだけではないです。常にどこかで「あー、描きたいな、描きたいな」とおもいながら、でも描かない日々を過ごしていたからだとおもう。

アートに身をおいていないと、いざ創作したいとおもっても、道具を広げたり、始めたりするまでが長い。何かをやっているうちに時間が過ぎている。。そんな感じだったのです。兼業でアート活動をしていたり、社会生活を送りながらアート活動をしている方なら、だれもが抱える気持ちかもしれません。

いまは、もくもくアート会のおかげもあり、ペースつくりはうまくなっていないかもしれないけれど、またもくもくアート会がやってくる、そこでペース作りをすればいいという安心感があります。

実際は、安心感を求めていくというよりは、始まる前は、「いまそれどころじゃないんだけど、とりあえず行くか」という気分のときもあるのですが、終わってみるとなんというか、ちょっとアートモードに矯正されています。そしてその矯正はあたしには必要なこと、と申しますかやりたい矯正です。

ではまた

もくもくアート会公式サイト

環境に癒される

2017-09-29 19:53:53 | もくもくアート会
9月も終わりになりました。淡々と暮らしております。理想とおりにはいかないことも多あるのですが、それと同時に目の前のことやいろいろな方の気づかいをとてもありがたくおもったり、ちょっとしたことがうれしかったり。そんな感じの日々です。

うー、人生というと大げさに聞こえるかもなのですが、なんというか、すべて解釈次第なんだなとおもい、そして今の自分のことのほうが前より、好きです。齢とったのかなぁ~、でもこの感覚が齢ゆえのものなら、齢とってうれしい。

すべてばプロセスで人生において、、そうやっておもえていることをとてもしあわせにおもっています。


近況。

いっぱいあるのですが、昨日はもくもくアート会という、ひたすらもくもくと自身のアート活動をするイベントでした。もともと新宿で創始したのですが、たまに池袋の会場でもやります。そしてその池袋の美術室が快適です!!マイ・アトリエにしたい感じ。

あたしは蛍光灯だとかファンの音とか苦手なものが多く、部屋が快適でないこと多いです。第六感と波長的にかぶる部分があるのと、発達障害的症状と両方なのでしょうね。そもそも発達障害の定義も、あと100年もすればかなり違うものになっているとおもうけど、ま、いいや。

ホテルに宿泊すると、冷蔵庫の電源を抜いてしまったりすることあります。それがあの美術室、良い感じなのですよね、蛍光灯のほかに白熱灯っぽいスポット照明もあるし、空調の音も静か。使ったことないけれど、加湿設定まであるのですよん。

だからとても集中できる。癒されまするー。


昨日は韓国の漫画家さんと二人でした。もう一人日本人女性がお越しになる予定だったのですが、連絡もないまま来ませんでした。うー残念ながら、イベントってこういうことはよくあります。少しでも減らす努力はしますが、そうなったらなったで仕方がないかなあとおもったり。。。実際、自分が逆の立場になったときにまったくそういうことしないかというとそういうわけでもなく、ものすごくおっくうになってしまったりもするのよねん。
イベントをやっている知人・友人をみているとこういうところで、感情が揺れ動いて消耗して、イベントをやめる方を見かけることがあり、切なくなります。そこは流せたほうがラクかな~~と気づけばイベンター歴10年となった私の所感です。


あーいかん、いかんぞ、さおり。人にかこつけて、なんだかんだいって、うっかり愚痴っている。

ではあるのだけど、あの部屋だと、NO SHOWでもまったく気にならないのです。一人でもいいくらいに思っています、でも会場の規定上、一人では使えないですし、広いしみんなで使いたいしという感じです。あー楽しかったなあ、昨日。


長机を2台くっつけたところに、漆黒の羅紗紙も広げ、最初の感想は、「あれ、紙が小さい」でした。四六版ですので788ミリ×1091ミリ。決して小さくないわけですが、前回この大きさのを2枚描き上げたこともあり、自信がついたのでしょう。ありがたい、というかうれしい。

その描き上げた作品は、売れていきそうだったのですが最終的にはお話が流れてしまい、本日先ほどギャラリーへ預けておいた絵を受け取りに行ってまいりました。残念だけど、今回本当こういう話があったのがうれしくて。不遜なことを言うならば、「これで評価してもらえなかったら、あたしどうやって努力していっていいかわからない」とおもっておったので、評価していただけてほっとしました。引き続き精進してまいります。
けっこう大きい作品だったから、持ちやすくするために紐を持って行きました。と、すでにギャラリーのオーナーが紐付けて、持ちやすくする取っ手(どこかで見繕うつもりだったけれど、よくわからず見送った)まで付けてくれていて、ありがたかったです。

・・・ま、ちょっとがっかりした部分は否定できず、だから快適な環境で創作した翌日、という今日をピックアップの日に選んだ部分もあるのですけどね。そしてその試みは成功しました。よい感じの心持ちでいます。


ちなみにその韓国の漫画さんはワーキングホリデービザで滞在されているとのこと。祖国から安定した収入があって、滞在している国でも働こうとしたら働ける環境ってよいですよね。もくもくアート会にワーキングホリデービザの方がお越しくださったのは3人目なのですが、昨日のケースが一番よいなあとおもいました、個人的には。


では今日もタンタン、淡々と~

もくもくアート会が今年で、ある意味節目になりそう

2017-09-11 23:39:55 | もくもくアート会
今年の3月に創始いたしました、忙しい社会人のためのアトリエ「もくもくアート会」が今年いっぱいで節目となりそうです。いろいろあったなー。

続けはしますが、会場が変わったり、あり方が変わったりしてくるかもしれません。楽しいと同時に、若干悶々としていたというか、エネルギーを動かしたほうがよいとも思っていたので、よいきっかけだとおもっております。

昨年は、ひたすらアートグループ展をオーガナイズしました。楽しいですが、いまおもうと、うーんよく体力、、、モチマシタネ。ちょっと同じことは、やろうとおもえばできるかもしれませんが、活性酸素溜めたり、免疫を損なったりしてあとでツケがすごいことになりそうなので、また同じことはできません。でもそのときはきっとそれがやりたかったんだろうね。

「・・・え?!齢とった?」 そうなのかもしれません。自分では昔に比べて頑張らなくなったからと言いたいけれど、きっと齢もあるんだとおもう。これからも、自身の体を丁寧に手入れしながら、一生つきあってまいります。よろしくね、あたしの体。


そして今年は、昨年と同じことしたらしんどいなとおもい、やったのがもくもくアート会でした。アート制作するきっかけが欲しいわけでして、展示以外のきっかけがよいなと。
だったら、ともに創造する場を作れば、あたしと同じようにきっかけを必要としてくれる方が来るのかもしれないと。コミュニティ運営を手掛けるピーネクラブの株式会社手嶋屋さんが、会場を使わせてくださいました。どうもありがとうございます!!


そして、実際そのとおりになりました。お仕事でキャンセルも多いのですが、それなりに、みなでともに創造できた。

そして、美大を卒業した後に、アート制作をやめていた米国人の女性がやってきてくれた。彼女とは今、銀座で一緒に展示している。すごい喜んでくれた。うれしいし、あたし自身も彼女が出るから、半ば付き合いのつもりで参加したグループ展が、なんと自身の分岐点となる展示になりそう。(動機は半端でしたが、作品は本気で制作しています!!!)

もうひとつは子どもの頃に絵を習っていて、10年ぶりに絵を描く日本人女性。彼女は今やもくもくアート会の一番の常連で、10月末にともに池袋で作品を発表します。そのために毎回来てくれる。


ほかにももくもくアート会をとおして、いろいろな物語生まれた。生まれ続けている。いま気になる動きとしては、前回、ロンドンの方と、オーストラリアの方と、カナダの方が来て、国際情緒豊かだったこと。それはさておき。


ひとつの節目というか、たぶんいまのやり方では、お役目終了 な気がしている。


形あるものは常に変化しています。ですので、そういうことなのでしょう。


この件については、うーん寂しさはないですね。たぶん次の形がわくわくするものであるのを心のどこかで感じているのと。。。。それこそ齢を経て、ものごとに終わりがあることを知っているからかもしれません。だから、いつだって本気で、その瞬間瞬間を楽しむのです。

ではまた~~

アートに注力した週末 追い込まれて動かさせていただきました

2017-07-15 20:30:20 | もくもくアート会
四季のあるので夏以外の季節のときは、猛暑なんてもう来ないんじゃないかとふとおもうことがあるのですが、今年も予定通り猛暑が来ていますね。来年の夏は避暑に行こうとおもいつつづけていまだに行ったことがございません。
今年も日本の夏を堪能してまいります♪♪


運営している、創作を続けたい社会人のための「アトリエ」、もくもくアート会。

今度スペシャル企画をすることになり、夕べはそのお知らせを一気にしておりました。池袋に美術室のある施設がオープンしたのでそこで開催します。もくもくアート会は、名前のとおり、ひたすらもくもくと各自の制作をまい進しており、とくにおしゃべりとか交流はございません。
けれども、たまには交流もあったほうがよいかなとおもい、早めに開始して、早めに終了して、希望者で少し懇親会をやってみようかなと。

はたからみている、「あーいつものことね」とおもわれるでしょう、自分でいまこの文章を書いていてもそうおもったのですが、やる前は「出てこい、勇気♪♪」って感じでした。失敗するのが怖い感じ。でも途中から、失敗は積極的にやっていくべきだと頭が切り替わりました。仲間の存在が大きい。と同時に、ここ数年の引きこもりモードから徐々にオープンモードになっているかもしれません。よかった。どっちもあたしなのですが、こっちのほうが気持ちいいな。


あともうひとつアート関連なのですが、夕べは、今参加させてもらっているグループ展示『吉祥寺アートマーケット 縁』のためにプロフィールシートやポップを制作しておりました。

今回はずっと在廊しているわけではなく、お任せしている時間が長いので、解説が必要になってまいります。でも、さすがにでもプロフィールシートあるだろうとおもったのですが、さがせどさがせどない、あれ?あれ??あれれ?? ない、ない、どこにもない!!

そういえば考えた覚えもない。書いた記憶もない。掲示した記憶もない。(←オイオイって感じですわねん)

よくここまでたどりつきました。みなさまのおかげさまでございます。本当にどうもありがとうございます。

というわけで、プロフィールシートを作ったり、ソイキャンドルの解説書も作ったりしておりました。



もくもくアート会スペシャルの準備と、自身のプロフィールシート制作。ちょっと大変でした。でもこういうふうに追い込まれないとやらない人なので、こういう機会は本当ありがたいです。実のところ、今までだって解説がないのが気になっていなかったわけではないのです。いつか作らなきゃとおもいつつ、ついつい先延ばしにしていた。

だから、無事プロフィールシートを会場に掲示してきたいま、喉の奥に刺さっていた小骨がとれたようなそんな気分です。


よかった。いろいろやることあるけれど、ひとまず今日は達成感があります。


よい週末を!

動きをつなげる 社会人向けアトリエ「もくもくアート会」♪♪

2017-07-11 20:47:54 | もくもくアート会
昨晩は十六夜の月。暑さ和らいだ月を眺めておりました。

明後日から、吉祥寺ARTマーケット・縁に参加させていただきます。長年お世話になっている Art Confuse展がご縁で出会ったアトリエ志らべさんが年に1回開催されている企画で、今年で5年目とのこと。志らべさんのパワフルさには勇気づけられます。とても楽しみにしています。

大きな作品をディスプレイ用にいくつか、そして原画で作った栞、キャンドル。あといくつか小品を持っていければと存じます。


先だってのつぶつぶ個展以来、原画の栞を販売しております。




あたしはB2サイズのフレームを多用しているのですが、使っている紙のサイズはそれよりも少し大きい。なので、その端をトリミングして、栞として販売させていただいております。いつも部分でも全体でも完璧な絵を目指しています。宇宙ってそういうものだとおもうんです。ひとり、家族、チーム、県、国、組織、部署、クラス。それぞれが、どれも美しい。あるいは人体に置き換えても同じことがいえる。ひとつの細胞、組織、器官、どれもが美しい。横文字で書くと、フラクタルとかホログラムに惹かれます。


アートといえば、運営しているもくもくアート会(2107年7月11日現在、リンク先には中身はありません。ウェブサイトを作る予定のURLです)で出会った米国人の女性とお世話になっている銀座のギャラリーにごあいさつに行ってまいりました。9月に開催させていただくアートグループ展に参加させていただくためです。参加を予定していなかったのですが、その仲間が参加するので一緒に参加する感じ。でも正直なところ、参加すべきタイミングだとおもっていたのですが、参加をためらっている部分があり、だからその方が参加するからという言い訳というか動機付けというかそういうので、参加する感じです。

あいも変わらず他力を利用しております。。。。気合いあまり持ち合わせてないのです。でもけっこう齢を経ているのでだいぶ自分のコントロール方法がわかってまいりましたデス


もくもくアート会(東京読書交換会もですが)、集っていただいております。
おかげさまです。参加したいとおもっていただいているので、どうやったら定員を増やせるか、必要としてくれる方に確実に集っていただけるか考えている。うーどちらかというと、イベントごとは、集客がおもうようにいかなかったり、人が来なかったらどうしようと心配したり、人がいないことによる気がかりのほうが多かったです。ですのでそちらの「どーしよーかなー」には慣れているのですが、なんというかこういう人気な「どーしよーかなー」には慣れていなくて、どうしてよいかわからない。わからないわけじゃないのですが、慣れてないので腰が落ち着きません。みなの興味というきっかけという、灯をけさないように、今後とも動いてまいりたいと存じます。

次回20日(木)のもくもくアート会は満員となりました。どうもありがとうございます。先月から月2回開催させていただいるもくもくアート会。今月は、池袋で第4週目も開催してみようかな~となんとなくおもっています。懇親会をやろうという話があってどうやったらよい形になるかとずっと考えていたのですが、満員になったことだし、この日にセッティングするのがよさそうだなと。明日までもう少し寝かせます。

いつものことですが、あたしけっこうお尻が重いので初めての動きをするとき、躊躇します。ブログを読んでくださっている方には、ブログを書くという行為そのものが能動的なのでそんなイメージがないかもしれませんが、おとなしく受け身に過ごしていることが多いのです。(書いていて、自分ですら説得力ないなあ~とおもうけれど、これは本当そうだとおもう)。そして受け身な人がなぜかイベント運営に慣れているという、このギャップがあたしの運営するイベントの個性というか特色なのだとおもいます。だから乗り越えるまではつらかったけれど、いまとなってはある意味強みなのしょうね。




それではまた~

表現していくという行為 もくもくアート会、アートコンフューズ番外編4@デザインフェスタギャラリー

2017-06-09 23:55:02 | もくもくアート会
ブログを更新するのが久しぶりになっています。自分でも前回何を書いたかわからず、ただいま前回のブログ記事を参照。もくもくアート会の話ですね。

もくもくアート会、おかげさまで6月1日に無事開催いたしました。ウェブサイトに活動報告をアップしたいという気持ちはあるのですが追いついておりません。

もくもくアート会(URLだけでまったく何も書いておりません)
http://create.saori.cc

ひとまずここに活動報告をご紹介いたします。


創作を続けたい社会人のためのアトリエ☆もくもくアート会 vol5.の活動報告です。

6月1日(木)、新宿のPNE HOUSEで開催しました。参加者は5名、初参加の方2名、ともに続けている仲間3名でした。おつかれさまでした、どうもありがとうございました。おか
げさまで、よい時間を過ごせました。

夜間のデザイン学校に通いだした方は、宿題を。鳥獣戯画を墨絵で模写する方、Tシャツのデザインを作成する方。ミーティングを終え、21時に駆けつけて集中して、取り組まれていた方もいました。短い時間でも集中する時間があるとぜんぜん違うとのこと。確かに。それに21時からでもおよそ2時間ございますからね~。もくもくアート会は、19時~22時30分まで、お好きな時間に来て、お好きな時間に帰るスタイルです。そしてあたしは、週末のアート展示に向けて小品を作成しました。

初参加の方が「本当にもくもくしているんですね、でも集中できてよかったです」とおっしゃってくださいました。よく言われます。お互いの成果を共有するシェアタイムももうけているのですが、それ以外は原則もくもくしております。

今回初めて、あたしの知らない方が来てくれました。広報を始めたためです。ありがたいことです。今後ともよろしくお願いいたします。少しずつみなさまにとって使い勝手のよい形にすべく模索してまいります。次回の開催は、6月15日(木)になります☆


場がありありがたいことです。


そしてデザインフェスタギャラリーでのアートグループ展も無事終了いたしました。アートコンフューズ展という、あたしが本格的に絵を描く以前から毎年お世話になっている展示会の番外編。みなさま、どうもありがとうございました。



作品が売れたり、作品が売れたり、うれしいことがありました。あたしが売れたなかで一番大きな作品。売れた、売れたと連呼してスイマセン。でも正直、なんというかたぶん今一番買ってもらうと自信になる段階です。がんばるぞーー!!

しかも売れたのがもくもくアート会中に作成した作品でした。もくもくアート会を盛り上げていく上でも、これは大きな実績なのです。


そしてつぶつぶ個展以来、ヒット商品となっているトリミングした作品の端で作った原画栞(900円、1500円)も売れました。あたしがまったく知らない褐色の肌の方が、瞬時に大きなサイズのほうの栞を買ってくれたのもうれしかった。英語で作品で解説もしたけれど、なんというか世界で通じるかもしれない!!と大きく勘違いしたのでした。


アートももちろん真剣にやっているわけですが、本務もしっかりしてまいりたい。と自身に言い聞かせながら脱力していたところ、調整を受けてくださっている方からとてもうれしいお便りをいただきました。
正直、あたしが想定したよりもかなりよい進捗。つまりは、あたしではなくご本人様、ご家族様のご尽力の賜物。でも、あたしからみたら、これでよいというメッセージ性の強いサインででもある。


実際、なんかいま、あたしがやってきたバラバラにみえることが、少しずつ関連性を持ち始めている気がします。ここで無理にストーリーを組み立てようとすると可能性がしぼんでしまうので、しばらくこのままにします。


なんか絵どうこうじゃなくて、個展をやって、みんなが来てくれて、それで自信ついたのすごいあるのかなと。あたし性格変わったかもくらいにおもう。


まあ、いいや、なんか湿っぽくなってきたので、またこんどー。


一期一会に愛と感謝をこめて☆

もくもくアート会のミートアップグループ、Let's create artwork after work in Tokyo を作りました。

2017-05-30 22:06:00 | もくもくアート会
昨日は一日中、在宅しておりました。家中の窓を開け放ち換気

溜まっていた洗濯物を畳みました

トキメキお片付けのこんまり先生を参考に思い出しながらひとつずつ畳んできます。散らかっていた雰囲気がストンストンとはまっていくようで、落ち着きます

ここのところ忙しかったので、冬物の衣料品も多数ございました。いまのような夏の気候となってまいりますと、あの冬独特の生地の厚さと黒い色は散らかっている感に拍車をかけますわよねん~


こんまりさんのお片づけ術で一番参考になったのが、靴下やタイツの畳み方でした

仕舞われているときのタイツや靴下は休憩中なので、タイツを結んだり、靴下の足首部分を重ねて折り込んだりしてはいけないのですって

なぜならそうすると彼らは苦しいから、休憩できない。読んだときはそんなものかな~~とおもったのですが、実際に彼らに負担がかからないように畳んでみると、いやはやよい感じな気がする。 その後は優しく畳んでしまっております

今回はまったく自慢できないのですが、冬物のタイツが絡まるように大量に放置されておりましたので、それらが綺麗に片付いただけでもよかった。よい感じ。すばらしい


あと図書館の本を返却にまいりました。読み終わってないのですが、一度返します。名残惜しかったですが、そうしてよかった。

今日はグデグデしてしまった日だなあとおもったのですが、土曜日の夜に万難を排してしこんでおいた「もくもくアート会」ミートアップグループがよい感じに弾け始めておりました♪♪ 

なのでよしといたしましたー



ミートアップとは、イベント専用のSNSで2015年の終わりくらいに日本にも上陸。東京読書交換会の告知にも利用させていただいております。今はグループがとても多くなってしまい、かつてのような集客は見込めないのですが、それでもあるとないとではぜんぜん違う。特に、参加者を日本人だけに限定したくないときにはとても有効な媒体です。

もくもくアート会を立ち上げた翌日の昼ごろ(日曜日ですね)に覗いたら、グループへの参加者がゼロ名で一瞬寝込みたくなったのですが、めげても仕方がなく、少し文章いじったりしてバーベキューに出かけました


と夕方になったら登録してくださる方が出てきていて、あたしの文章が問題だったというよりは、たぶんミートアップ本部がお知らせくださるタイミングの影響な気がします。けれども、それをきっかけに文章を推敲できたからよかった

英語だとやっぱりちょっと違いますね。直訳っぽかったのを、英語圏文化にも合うような表現に変えて、日本語も少しいじりました。バイリンガル方が、日本語で考えるとの英語で考えるのと同じことを考えても違う結論になることがあるとおっしゃられるそうなのですが、それ少し分かった気がしました

☆もくもくアート会のミートアップグループ
Let's create artwork after work in Tokyo もくもくアート会


あたしの個人的な感覚ですが、 artwork after workってなんかごろがよい感じー♪♪


先月まで月1回、第3木曜日の開催だったもくもくアート会は今月から、第1・第3木曜日の月2回開催となります。そのタイミングでミートアップも仕掛けた次第でございます☆

今後どうなるかわかりませんが、できるところまでやってからまた考えます。

ではよい夜を~~

もくもくアート会キックオフ 新宿花園神社

2017-02-17 22:41:52 | もくもくアート会
いちにちアートアトリエ、もくもくアート会、キックオフいたしました。初回終わりました。

ご一緒くださったおふたかた、どうもありがとうございました!


もくもくアート会とは、木曜日に集まって黙々とアート制作する集まりです。

なかなか創作・制作モードになれなかったとき、なんかアトリエみたいのあったらよいなとおもって、でもどうせだったらあたしだけじゃなくて、みんなも使えるアトリエがあればいいなともって、考えました。


原則自由行動で、自分が制作したいものを持ち寄り、各自制作活動にいそしみます。



あたしは水彩絵の具でカラーの練習。中学校の美術の授業以来、初めて、水彩絵の具に触りました。

かつては大嫌いでしたが、昨日は気持ちよかった。



絶対色感みたいに、見た色を絵の具で再現できるようなったらかっこいいですよね!!

(・・・ってハードルを上げるから挫折するのでよねん、ゆったりだましだまし進みます)


混ぜるとどうなるかみる、手と目と観察と時間を必要とするためひとりではなかなかできませんでした。

ひとまず7色×7色を2クール試しました。けっこう時間かかりますね。

そしてパレットがなかったのですが、パレットがあると便利だということを学びました。パレットがあればもうちょっとスピードアップできそう。次回からはパレットを持参します。(ってレベルの低い学びかもしれないのですが、よいのです)


アトリエが(←早くもアトリエ呼ばわり)新宿なので終わったあとは、ひとり新宿花園神社へ。



新宿花園神社は、今でも機会があると行くものの、かつては習慣のように通っていた感じでした。

西武新宿駅のとなりにある、グリープラザ新宿というビルの地下で夜だけ占い館をやらせていただいておりまして、その後にいつも新宿花園神社に行っていたのです。

いろいろな意味で感慨深かったです☆ 新宿に戻ってこれたのかな。

もくもくアート会は、まずは第3木曜日。そして少しずつ活動を増やせればいいなとおもっています。


どうもありがとうございました。


エネルギーサロン・タンタン

もくもくアート会、記念すべき第1回のキックオフとなります♪♪ 2月16日(木)夜@新宿

2017-01-18 22:59:20 | もくもくアート会
土用でございますわねん~。土用ではございますが、新プロジェクトを立ち上げました

もくもくアート会という、もくもくとアート制作をする場を始めます。

私自身が、なかなかアート制作モードになれないことが続いたので、アトリエみたいのがあったらいよいなと考えまして、でもどうせならみなで使えるアトリエだったらもっとよいなと考えて、だったら、平日夜とかに定期的に開いている場があればなとおもいました。

もくろみとしては、もくもくアート会なので木曜日の活動。で、まずは月1回で、でも本当は月2回オープンしたい。

とおりすがりで単発でご一緒いただくのも歓迎ですし、私はイベントを組織するのは比較的慣れているので、ご一緒している仲間とともに、展示とかもできたら楽しいなぁ~とおもったり(もちろん強制ではありません!!)。

冗談抜きで、具象的な意味において、私より絵が下手な人を探すのは難しいです。だから、もう学校のときにやって以来だよという方も、臆せずちょっとでも気になったらご一緒してみてもらいたいデス☆

そして普段から制作をされている方にとってもきっと刺激になるはず。積極的に支えあいましょう。
今書かなければずっと書かないだろうなということで、今後の社会や未来について熱く語る文章とかも書いておりまして、そのうちウェブサイトなどにアップいたします(照)


もくもくアート会

もくもくアート会を立ち上げます!もくもくアート会とは、木曜日に集まって黙々とアート制作する集まりです。

もくもくアート会のやり方は、原則自由行動☆
自分が制作したいものを持ち寄り、各自制作活動にいそしんでください(^-^)

制作する作品は、水彩、アクリル、鉛筆、色鉛筆、パステルなど、何でもOK。
アート本をみながら新しい技術を自己学習することから、展覧会に向けて作品を制作することまで、すべて歓迎いたします。


もくもくアート会は以下のような人たちにオススメです。

・仕事が忙しくて制作時間を確保できない
・集中して新しい画法を学びたい
・アート制作に戻るきっかけがほしい
・ほかのアーティストから刺激をもらいたい


アート初学者からプロまで、すべての関わり方の方が対象です。
ともに創造する、というわくわくした気持ちで
画材を片手に、お仕事帰りに気軽にお立ち寄りくださいませ。


------------◯イベント概要◯------------

【日時】2017年2月16日(木)
・18時30分頃:開場。
・19時00分~23時00過ぎ
※好きなときに来て、好きなときにお帰りください。

【持ち物】
制作したいもの、画材、新聞紙、タオル、必要に応じてイーゼル、ビニールシートなど。

【参加料】1,000円
※ドリンク、お弁当やお菓子は各自お持込みください。


【場所】:ピーネハウス新宿 (東京都新宿区西新宿7-19-21 厳島ビル4F)
地図:https://goo.gl/maps/bNzcaXN5nXN2
JR新宿駅 西口地下改札から徒歩7分

【定員】最大10名。

【参加申し込み方法】
まだ整備できてないのですが、何らかの形で私に連絡をくださればそれでOKです。また導線を整え次第、ここ書き込みます。


こんな私ですが、今年もよろしくお願いいたします!