不動産仲介業 仕事日記 業界ニュース 読んどくニュース(有)Taisei21   

店舗開発 事業用地 収益物件 不動産仲介業をしています、東京より西の物件を取り扱っております。

スペースXが開発中の有人宇宙船を公開

2018年06月15日 |  宇宙 未来 UFO

スペースXが開発中の有人宇宙船を公開

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/06/x-5.php

宇宙企業スペースXを率いるイーロン・マスク氏は2018年5月21日、開発中の有人宇宙船「クルー・ドラゴン」の写真をInstagramで公開した。

https://youtu.be/yEQrmDoIRO8

 


テレパシーでUFOと交信

2018年05月26日 |  宇宙 未来 UFO

テレパシーでUFOと交信

オカルト研究家の山口敏太郎氏によって“発掘”された。井戸晴也くん(13)はテレパシーを駆使し、UFOと交流するという、古典的なUFOコンタクティーだ。最近、井戸くんが撮影したUFO写真の一部を本紙に公開

http://news.livedoor.com/article/detail/14765969/

 


90億光年先の星、観測成功 過去最も遠く 東大など

2018年04月03日 |  宇宙 未来 UFO

90億光年先の星、観測成功 過去最も遠く 東大など

東京大などの国際研究チームが発表した。一つの星として観測できたものでは最も遠いという。成果は3日、英科学誌ネイチャー・アストロノミー電子版に掲載された。


太陽系外からの使者「オウムアムア」、

2017年12月03日 |  宇宙 未来 UFO

太陽系外からの使者「オウムアムア」

https://www.cnn.co.jp/fringe/35110751.html?tag=rcol;editorSelect

(CNN) ハワイの天文台で10月19日に観測された物体は、太陽系外から来た「恒星間小惑星」で、これまでに観測されたどの天体とも違っていた――。ハワイ大学などの研究チームが20日の科学誌ネイチャーにそんな研究結果を発表した。太陽系外からの物体が観測されたのは初めて。研究チームはこの物体を「オッドボール」と呼んでいる。

高速で移動するかすかな光体は当初、太陽系内から来た彗星(すいせい)か小惑星と考えられていた。しかし軌道を調べた結果、恒星間の空間から飛来したことが分かったという。

 


■ギザの大ピラミッドの中に隠し部屋があった!

2017年08月09日 |  宇宙 未来 UFO

ギザの大ピラミッドの中に隠し部屋があった!

http://tocana.jp/2017/08/post_14091_entry.html

ここでギザの大ピラミッドの空洞部分の正体に関して、オルタナティブな可能性を指摘しておこう。トカナで何度も指摘してきたように、宇宙考古学においては、多くの理由からギザの大ピラミッドの建設に宇宙人が関与していたことは確実視されており、ある映像では、旧ソ連軍が同ピラミッドから宇宙人のミイラを運び出す様子がハッキリとおさめられている。


地球と同規模のサイズの惑星が3つ発見された

2017年06月28日 |  宇宙 未来 UFO

 地球から水瓶座方向に40光年離れた恒星系に、地球と同規模のサイズの惑星が3つ発見された。そのうち少なくとも一つは、生命の居住候補として優れており、また地球外生命体が存在する「ハビタブル惑星」の可能性があるという。

発見したベルギー・リエージュ大学の研究チームは、チリのアタカマ砂漠にあるラ・シヤ天文台で、口径60cmの望遠鏡を用いて調査を行っている。地球から太陽までの距離と比較すると、3つの惑星とTrappist-1 は20~100倍近く接近しているという

http://tocana.jp/2016/05/post_9750_entry.html


キヤノン電子は同社初の超小型人工衛星を打ち上げ

2017年06月26日 |  宇宙 未来 UFO

キヤノン電子は23日、同社初の超小型人工衛星をインド南部のサティシュ・ダワン宇宙センターからインドの「PSLVロケット」で打ち上げた。衛星に積んだ一眼レフカメラで地球周回軌道上から空間解像度1メートル、縦4キロ×横6キロメートルの長方形の写真の撮影を試みる

衛星の大きさは50センチ×50センチ×80センチメートルの直方体で質量は60キログラム。上空600キロメートルの軌道から地上を撮影し性能を検証する。衛星には撮影領域が異なる2種類のキヤノン製カメラを搭載する。


準天頂衛星「みちびき」打ち上げ成功 

2017年06月01日 |  宇宙 未来 UFO

 

準天頂衛星「みちびき」打ち上げ成功 

みちびきは、日本のほぼ天頂(真上)を通る軌道を周回する衛星。米国のGPS(Global Positioning System)信号と互換性のある信号を送信し、山間部や都心部の高層ビル街などでも安定して位置情報を取得できるようにする。

これまでGPSは最大数十メートル程度の誤差があったが、みちびきはGPS衛星の信号と補完し合うことで、誤差1メートルから数センチ程度に測位精度を高めるという


地球サイズの嵐が渦巻く。荒ぶる木星の大気をNASA探査機がとらえた

2017年05月26日 |  宇宙 未来 UFO

地球サイズの嵐が渦巻く。荒ぶる木星の大気をNASA探査機がとらえた

http://www.huffingtonpost.jp/2017/05/12/jupiter_n_16576904.html?utm_hp_ref=japan-technology

 


ホーキング博士が警告「人類は100年以内に地球外移住を

2017年05月09日 |  宇宙 未来 UFO

ホーキング博士が警告「人類は100年以内に地球外移住を

「人類が生き延びるためには、今後100年以内に別の惑星に移住を始める必要がある」と警告した。

 以前にも、博士は「今後1000年か1万年以内に地球は滅びるが、他の惑星への移住を考えれば人類は生き残れる」と主張してきたが、今回はそれを100年に短縮。

 「気候の変化、小惑星の衝突で起きる地震や津波、伝染病、人口増加で地球の環境はさらに悪化する」とした。