不動産仲介業 仕事日記 業界ニュース 読んどくニュース(有)Taisei21   

店舗開発 事業用地 収益物件 不動産仲介業をしています、東京より西の物件を取り扱っております。

人体のカラーX線写真、撮影に初めて成功 NZチーム

2018年07月13日 | 科学ニュース

人体のカラーX線写真、撮影に初めて成功 NZチーム

【AFP=時事】ニュージーランドの科学者チームがこのほど、人体の3DカラーX線撮影を世界で初めて実施した。撮像技術の開発に寄与した欧州合同原子核研究所(CERN)が発表した。

開発者でニュージーランド・カンタベリー大学(University of Canterbury)のフィル・バトラー(Phil Butler)氏は、「今回開発された装置の画素の細かさとエネルギー分解能の精度の高さが意味するものは、他の撮像装置では実現することのできない画像も入手できるということだ」と述べる。

http://news.livedoor.com/article/detail/15006316/


ビル・ゲイツが注目する電力不要の特殊な冷蔵庫

2018年06月15日 | 科学ニュース

ビル・ゲイツが注目する電力不要の特殊な冷蔵庫

電力を必要とせずに5日間程度にわたってワクチン輸送に適した低温環境を作り出すことが可能です

https://gigazine.net/news/20180614-vaccination-fridge/

https://www.gatesnotes.com/Health/The-big-chill

https://youtu.be/CzeILXKwe74

https://youtu.be/hVw1VKt9XAw

冷蔵庫の一つが「MetaFridge」です。電源がない環境でも、庫内をワクチンの輸送に適した温度を5日から9日間にわたって保つことが可能です

 


23歳の天才が生んだ自動運転の視覚「ルミナー」

2018年04月23日 | 科学ニュース

23歳の天才が生んだ自動運転の視覚「ルミナー」

https://forbesjapan.com/articles/detail/20707

23歳のオースティン・ラッセルが立ち上げたLiDARメーカー、「Luminar Technologies

ルミナーの新型LiDARは、従来よりも小型で軽量化されている。また、より少ない電力で近くの車両や歩行者、自転車、犬、木などの3Dマップを生成することが可能だ。使用するレーザー数は1個(業界首位のVelodyneは128個)だが、画像品質は競合製品に引けを取らない。また、デザインを修正したことで生産時間を大幅に短縮できたという。

LiDAR市場では「Velodyne(ベロダイン)」が長年独占的なシェアを獲得してきた。しかし、近年は「Quanergy」や「LeddarTech」「Ouster」「Innoviz」「TetraVue」「AEye」といった新興メーカーが現れる


小型原子炉発電 14歳で核融合炉発明!科学の天才テイラー・ウィルソン

2018年04月11日 | 科学ニュース

●14歳で核融合炉発明!科学の天才テイラー・ウィルソン

テイラーくんはわずか、14歳で自宅のガレージで核融合炉を設計し、発明することに成功します。
自宅のガレージで発明したというのがなんともアメリカらしいといえますね。

核融合炉の発明は12歳、13歳の頃から始め、最初は”ビンの中の星を作る夢”から始まったといいます。

その夢は大きなエネルギーを生み出すことに成功したのです。

2011年17歳で念願のインテル国際学生科学フェアで、インテル青年科学賞を受賞しました。

インテル国際学生科学フェアは毎年5月にアメリカで開催されている、高校生ための科学研究コンテストです。
「科学のオリンピック」とも呼ばれています。

https://youtu.be/5HL1BEC024g

●2013年にさらに研究は進み、19歳で50~100メガワットの大きな電力を生み出せる小型モジュール式原子炉を考案しました。

小型モジュール式原子炉の特徴は、工場で大量生産が可能であること。これによって、世界中へ運ぶことができます。

また廃棄するしか無い古い核兵器を燃料として再利用することができることがこれまで開発されていたものとの大きな違いになります。

 

●【3月1日 AFP】古い核兵器から取り出した廃棄物を使い、家庭や工場、そして宇宙居住施設まで、何にでも電気を供給できるようになる可能性を秘めた小型の原子炉を、米国のテイラー・ウィルソン(Taylor Wilson)君(18)が考案した。

、最大10万世帯の家庭に電気を供給できる、5万~10万キロワットの発電量を持った小型原子炉だ。組立ライン方式で製造が可能で、核兵器から取り出した溶融状態の放射性物質を使い発電するという。比較的小型で、30年間の発電に必要な燃料を炉内に密封した状態で出荷が可能だ。

 この原子炉のタービンは、蒸気ではなくガスで回るように設計されている。よって、通常の原子炉よりも温度は低く抑えられ、炉が破損しても中の物質は噴き出ることがない。

 ウィルソン君によると、燃料は溶融塩の形をとっており、原子炉は加圧する必要がない。また「事故が起きたときには、炉心(の燃料)を原子炉の下の中性子吸収材が入ったタンクに排出すれば、核反応は止まる」という。


日本で初めて電球を作った偉人・藤岡市助

2018年04月06日 | 科学ニュース

日本で初めて電球を作った偉人・藤岡市助

1882(明治15)年11月1日午後7時30分。銀座2丁目の大倉組事務所前で、日本で初めてアーク灯(弧光灯)と呼ばれる電灯の公衆公開が行われたのだ。

藤岡市助は、幕末の1857(安政4)年3月14日に岩国藩士の長男として誕生

 http://emira-t.jp/ejinden/3271/


グーグルが注目した日本人女性科学者、猿橋勝子

2018年04月06日 | 科学ニュース

グーグルが注目した日本人女性科学者、猿橋勝子

ニューズウイーク

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/04/post-9863.php

猿橋は小学生のときに校舎の窓ガラスを流れ落ちる雨粒を見て、なぜ雨は降るのだろうという疑問を抱いた。彼女はその答えを求めて、探求の旅に出る。専門分野は海洋化学。海水の炭酸濃度に関する先端的な研究を行い、1957年に東京大学で女性初の理学博士号を取得した。

海水中の炭素は、いま地球温暖化で問題となっている地球上の炭素サイクルの重要な部分を占めている。猿橋は55年の論文で、水温、酸性度、塩素量の違いによる炭酸物質量の変化を計算表として示した。これは後に「サルハシの表」と呼ばれ、コンピューターが普及するまで30年間にわたり海洋学者の助けとなった。

猿橋の研究成果は63年、地下を除く大気圏内、宇宙空間、水中での核爆発を伴う実験を禁止する部分的核実験禁止条約の成立につながった

81年には女性で初めて日本学術会議の会員に選ばれ、85年にも女性で初めて地球化学研究協会の「三宅賞」を受賞した。

 


殺虫剤は要らない、青い光が有ればいい

2018年03月29日 | 科学ニュース

殺虫剤は要らない、青い光が有ればいい

https://nge.jp/2014/12/15/post-90232

https://nge.jp/

昆虫の種類によっては、紫外線よりも青色光の方が殺虫効果が高い事が確認されたという。

蚊やヒラタコクヌストモドキ(小麦粉などの害虫)などにも青色光が殺虫効果を持っていることも分かっている。

ただ、蚊はショウジョウバエよりも青色光に強いこともわかり、直射日光に含まれる青色光の1.5倍程度の強さで死亡した。

一方ヒラタコクヌストモドキの蛹は直射日光の5分の1~4分の1程度の光で死亡することが確認できた。

特定の波長の光が昆虫の内部組織に吸収されると、活性酸素が生じて、細胞や組織が傷害を受けて死亡している可能性が推測されているのだ


シャープ 押して運べる進化系ソーラー充電スタンド

2017年12月29日 | 科学ニュース

シャープ 押して運べる進化系ソーラー充電スタンド

シャープが開発した「LN-CB1AA」は、本体前面に最大出力150Wを誇る同社の太陽光パネル“BLACKSOLAR”(ブラックソーラー)1枚を搭載し

従来の結晶モジュールと比べて、表面の電極をなくしたことで太陽光の受光をアップ。

さらに配線シート方式を採用し、銅配線はプラスとマイナスを合わせて200本以上を使用。裏側の銀電極と銅配線が直接つながり、かつ線幅も太いため送電ロスを抑制している。

また、電子(-)と正孔(+)が再結合して電気が消失することを防ぐため、NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の委託業務の成果を一部に活用した再結合防止膜形成技術を採用。セル表面にとどまる電子と正孔を押し返すことで再結合を防ぎ、発電ロスを低減させている。

http://emira-t.jp/topics/4240/


三角法の父”はギリシャ人ではなかった

2017年08月27日 | 科学ニュース

三角法の父”はギリシャ人ではなかった

紀元前120年前頃の古代ギリシャの天文学者、ヒッパルコスが月と太陽の軌道を計算するために使われたのが最初というのが定説でした。

ところが、オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学のダニエル・マンスフィールド博士とノーマン・ワイルバーベルガー教授の研究により、三角法を発見したのは古代バビロニア人であることが新たにわかりました。

1900年代にイラク南部で考古学者や学者たちによって“Plimpton322”と呼ばれる石板が発見されましたが、楔文字の内容を解析した結果、ヒッパルコスの研究より1000年以上前に三角法が使用されていたことがわかったのです

 

http://news.livedoor.com/article/detail/13525520/


小型トラクションモーター

2017年06月18日 | 科学ニュース

「Nidec(日本電産)入ってる」が、いずれクルマの代名詞に

日本電産は電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)を駆動する小型トラクションモーターの開発投資を拡大する

トラクションモーターでは過酷な環境で200キロワット級の高出力が要求され非常に高温となるため、放熱対策が大きな課題となる。同社の強みである磁気回路設計と、水冷却・オイル冷却などの冷却技術の研究開発を進める

 

http://newswitch.jp/p/8582