逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

「アンタッチャブル」愚劣な禁酒法 

2021年07月13日 | SARS-CoV-2と情報戦

(映画)アンタッチャブル(The Untouchables)1987年監督ブライアン・デ・パルマ出演ケビン・コスナー、ロバート・デ・ニーロ、ショーン・コネリー

1920年から30年代の禁酒法は闇酒場を横行させ、犯罪組織は酒の密造とカナダからの密輸により莫大な利益をあげていた。地元の警察や裁判所を買収しているギャングたちが市民への殺人も厭わない状況に、政府はアメリカ第三の大都会であるシカゴへ財務省のエリオット・ネスを派遣する


内閣官房が8日付で各府省庁に出していた政府方針への協力を依頼する事務連絡の文書(左)と、「廃止」を伝える9日付の文書(担当者名、問い合わせ先をモザイク加工しています)(山尾志桜里衆院議員事務所提供)

酒提供停止で内閣官房が依頼文書

共同通信社

新型コロナ対策で酒類の提供停止に応じない飲食店に取引金融機関から順守を働き掛けてもらうよう求める政府の方針決定を巡り、内閣官房が8日付で各府省庁に、所管する金融機関に政府方針への協力を求めるよう依頼する「事務連絡」の文書を出していたことが12日、分かった。内閣官房は、金融庁や財務、経済産業両省と調整や検討をしていたと明らかにした。

西村康稔経済再生担当相は記者会見で政府方針を説明し「関係省庁と擦り合わせをしている」と述べていた。関係省庁が明らかになるのは初めて。西村氏が担当する内閣官房新型コロナ感染症対策推進室だけでなく、政府ぐるみで進めようとしていた。

酒提供停止 内閣官房が金融庁、財務、経産と事前調整 政府ぐるみで推進に批判も

2021年7月12日 21時54分 東京新聞
 
新型コロナウイルス対策で酒類の提供停止に応じない飲食店に対し、取引金融機関から順守を働き掛けてもらう政府の方針決定を巡り、内閣官房が8日付で各府省庁に、所管する金融機関に政府方針への協力を求めるよう依頼する文書を出していたことが12日、分かった。内閣官房は、銀行などを監督する金融庁や、政府系金融機関を所管する財務、経済産業両省と事前に調整や検討をしていたと明らかにした。
 
西村康稔経済再生担当相は8日夜の記者会見で政府方針を説明し「関係省庁と擦り合わせをしている」と述べていた。西村氏が担当する内閣官房新型コロナ感染症対策推進室だけでなく、政府ぐるみで進めようとしていた。菅政権への国民の批判が強まりそうだ。
 
8日付の文書は「コロナ感染症対策の徹底促進について」との事務連絡。「所管金融機関等へご依頼いただきたい事項」として、金融機関が融資先の事業者に対し、新型コロナ特別措置法に基づく要請や命令の順守などを働き掛けるよう「よろしくお取り計らいをお願いします」としている。(共同)
金融機関から飲食店への圧力を求めたのは 西村大臣…の単独プレーではなく 内閣官房から政府一体のチームプレーだった。 首相は西村発言を知らないと答えていた。 とんでもないことだ。
 
菅義偉首相は9日午前 西村氏の発言を「承知していない」と述べていた。 退場する以外にないだろう。
銀行などに飲食店の監視をさせるための政府内文書を入手。7/8付で発出、翌7/9に廃止。発出前の事前調整は金融庁監督局監督調査室・財務省大臣官房政策金融課・経産省中小企業庁金融課の3部署と内閣官房でなされており、麻生大臣にはあげていなかったとのこと
 
衝撃的なのは、金融庁監督局だけでなく、財務省の政策金融課や経産省の中小企業庁金融課が依頼の名宛人として入っていること。つまり、本来中小零細企業を助けるべき政府系金融機関も使って、ある種の脅しと締め付けを要請しようとしていたわけだ。しかも法的根拠はないのに。どうかしている。
 
西村康稔経済再生担当相
 
今日の写真:コロナ対策で酒類提供停止に応じない飲食店に取引金融機関から順守を働き掛けを求める政府の方針決定を巡り、内閣官房が8日付で各府省庁に協力を依頼する「事務連絡」の文書発出明らかに。政府ぐるみで進める予定。

★注、今回の愚劣極まる禁酒法が西村担当大臣の暴走ではなくて「政府ぐるみだった」事実は全国紙の毎日新聞や共産党機関紙赤旗なども7月14日朝刊の第一面で報じるが、・・・共同通信が7月12日に提供しているのですから丸一日ニュースとしては遅い。折角第一面に出す値打ちのある大事な情報を1日寝かせるなど???普通は有り得ない大失敗。(ニュースは生鮮食料品以上に鮮度が命)
酒を飲まない菅義偉首相の「なんちゃって禁酒法」で政府自民党内部が大混乱で下剋上の無政府状態に陥ったが、その事実を報じるメディア自身も大混乱に陥っているらしいのですから恐ろしい。
 
 
埼玉・大野知事、緊急事態宣言始まる東京には「行かないでいただきたい」

7月12日 19時52分 TBSnews
 
「まん延防止等重点措置」の延長初日の埼玉県では、大野知事が、12日から4度目の緊急事態宣言が出された東京都について「行かないでいただきたい」と県民に呼びかけました。

埼玉県では12日から来月22日まで「まん延防止等重点措置」が、さいたま市と川口市の2つの市で延長されます。大野知事は、東京都と近接しているJR北朝霞駅で利用客に感染防止対策を呼びかけるとともに、12日から緊急事態宣言が始まった東京都への往来を控えるよう県民に訴えました。

「できれば東京には行かないでいただきたい。このようにお願いさせていただきたいと思います」(埼玉県 大野元裕知事)

大野知事は、東京由来とみられる感染者が急激に増えていることや、人口あたりの感染者が埼玉県よりも3倍から4倍程度多いとして、強い危機感を示しました
 
★注、世界恐慌と「禁酒法」で経済や治安がボロボロになった100年前のアメリカ合衆国の惨状を彷彿されるような悲惨な有様。到底現実の日本の話だとは思えない

英、コロナ規制ほぼ全廃へ ジョンソン首相は「警戒継続」訴え


12日、ロンドンの首相官邸で、記者会見するジョンソン英首相(AFP時事)

WHO デルタ株拡大「非常に危険な時期」

WHO(=世界保健機関)のテドロス事務局長は2日、新型コロナウイルスの感染状況についてインドで確認されたデルタ株が急速に広がる中、「非常に危険 な時期を迎えている」と警鐘を鳴らしました

EU上級代表「世界は2023年まで コロナを克服できないhttps://parstoday.com/ja/news/world-i80686
 
今後も終息せず、周期的にだらだた続く新コロ地獄(グレート・リセット)

もしジョセップ・ポレルEU外交・安全保障政策上級代表(EUの外務大臣に相当)の発言が正しいなら、不可解で不愉快な新コロ騒動は少なくとも後2年半(発生から4年間)は続くということですよ。現在でも青息吐息のホテルや旅館など宿泊業者や旅行関連業者、飲食業が間違いなくほぼ壊滅する(★注、自国産業を守る心算なら英国ジョンソン首相のような全面解除以外の選択肢がないことになる)
 

ワクチンに「全て懸ける」 菅首相

2021年07月04日11時01分 時事通信

菅義偉首相は4日放送のFMラジオ番組で、新型コロナウイルスのワクチンをめぐり、自らが掲げる7月末までの高齢者接種完了の目標に関し、「ワクチンは切り札だから、もう全てを懸けてやろうと思った。宣言しなければできない」と語った。その上で「7月いっぱいでなんとかできそうだ」と述べ、達成可能との見通しを示した。

★注、苦心惨憺、河野太郎担当大臣が恫喝までして必死でアクチン接種体制を構築したらファイザー社やモデルナからのワクチン供給が突然縮小され弾切れ状態。早々と日本の敗戦が決定する#バルジ大作戦


コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« エスタブリッシュメントとし... | トップ | 御用メディアが唐突に寝返る... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コロナ対策で禁酒法の日本! (ローレライ)
2021-07-13 16:44:47
コロナ対策で禁酒法の日本もコロナ共存のイギリスも、変態宗教に取り憑かれた結果である。
砂糖統制法が禁酒法となる (十三湊淳之介)
2021-07-14 23:04:27
昔のソ連では,一人の一箇月当たりの砂糖購入量―10kg?ーに制限があった.密造酒製造を制限するためである.ウォッカからの税収は巨額であった.禁酒法は砂糖統制法で有効となるはずだ.フィンランドでは事実上の蒸留酒購入制限法ーウオッカ半リットル2000円ほどーが施行されていて,Alkoという蒸留酒専売店で長い列に並んで一人一本だけ買える.これだと一人が酩酊する極く少量の酒量なのだ.公園の繁みに潜み,男も女も失禁するまで飲む.それもひっそりとだ.ロシアでも家庭で酒を飲むのは嫌がられることが多く,やはり公園へ行く.ベンチで待っていると,裾の長いシュウバを纏った女が前に立ち,毛皮外套の前をグイっと開く.内側には隠しがいくつもあり,ウオッカの瓶八本が差し込まれているのが見える.女性は三本指を頭上に挙げる.すると三人が私の方にやってくる.彼女は厚手のコップに四回この火酒を均等に注ぎ,私たち四人の客にふるまうのだ.一方フィンランドでは金曜日の夕方からヘルシンキ発のソ連領内で酒を飲むためだけのバスが列を成してソ連国境を目指す.芬ソ国境では検問は緩やかで,すぐバスの外に出ることができる.もうウオッカとアルメニアコニャックをずらりと並べた出店の前には行列ができている.宿に着いた時にはべろべろだ.日曜日の午後にヘルシンキへ戻るバスが出るが,車内は酒臭さと排泄物の臭気が充満している.

コメントを投稿

SARS-CoV-2と情報戦」カテゴリの最新記事