goo

中学中越大会結果

私が確認した試合のみです、記録は非公式です。

広神 7 - 0  中里、松之山、津南中等
小出 6 - 0   湯之谷
中条 8 - 0   湯沢
三条四 7 -  6  三条三
見附南 6 - 3  加茂
十日町 18 -  1   東小千谷
本成寺 3 -  0   下田
片貝 17 -  1   十日町吉田
今町 4 -  2   燕北
小千谷 7 - 0   小千谷南
七谷、三条一、三条大島 17 - 0  見附西
下条 10 -  9   津南
大崎学園 3 - 2   三条二

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

中学中越大会間近

中学生の大会もあっという間に明日からになりました、昨日は明日試合の学校は調整、来週からの学校は練習試合が多かったみたいですね。
昨秋のチーム初試合の頃と比べると当然ですがずいぶん上達したし又大会が迫ってきてアドレナリンのお陰か逞しくなってきました。
南魚沼地域、魚沼市、十日町地区の学校も春の全軟大会県大会の2校進出とまずまずの成績でしたが本大会では3校県大会進出を期待したいです。
広神・湯之谷は合同チームで県ベスト4でしたが今回はおのおの単独チームとしての参加になるのでその辺がどうかで単独でどこまでチーム力を維持できるのか、県大会出場の十日町南は選手層が厚いのが、練習試合でも相変わらず好調みたいです。
ベーマガ杯優勝の大和は投手力はレベルが高いが三年四人の頑張りと下位打線の二年生の奮起で試合内容が大きく変わりそう、塩沢は選手層が厚いが投手陣が課題、打撃陣がどこまでカバー出来るか、六日町は昨年秋から信じられないくらいチーム力がアップしてダークホース的存在で最近上り調子、八海は全体的にはまとまっている、投手陣もスキルアップしてきたが攻撃でつながりのある攻撃ができるかどうか。小出はベーマガ杯の準決勝みたいな粘り強い試合が出来るか、湯沢は人数的な面で苦しさもあるが初戦で勢いに乗れるか。
十日町、中条は以前は地域の上位大会進出常連校、当然選手は入れ替わるが伝統校の意地を発揮できるか、水沢、吉田、津南、下条は初戦の戦いがカギで勢いの波に乗れるか、中里・津南中等・松之山は合同チームの良い面が出てくれば、とにかく各校悔いのない試合を行ってほしいものです。

当センターもこの三地域の選手たちの特別応援体制(球数、営業時間)を行っております。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ベーマガ杯(中学)

ベーマガ杯は安定したチーム力を誇る大和中が優勝した、一週間雨で伸びたり試験中の学校があったりでこの大会の位置づけは各チームによって違ったができれば大和中対広神・湯之谷の試合を観たかった気持ちもある。ふと数年前を思い出した、優勝チームが週刊ベースボールの雑誌に写真入りの記事が紹介された(全国の中でもないこの大会の特権)がそれで満足し、燃え尽きたのか本大会で簡単に負けてしまった。優勝は素晴らしいが次の大会も大事、まして今大会も接戦の試合も多く点差ほどチームの格差もない、ましてトーナメントの七回までの試合はあっという間で怖い、そんな試合を今まで何度も見せられた。

今大会最終日の投手達(仕事で全員は撮れませんでした、スミマセン)


















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ベーマガ杯(中学) 最終日

優勝は大和中

準決勝 大和中1 - 0  千田中
大和中は準決勝千田戦、一回の一点を遠藤、小関両投手の継投で逃げ切った、1-0の試合は終盤相手にワンチャンスで逆転されるパターンも多いのですが 守りがしっかりしている。遊撃主将駒形 の守りの安定感は抜群、捕手丸山は強肩が持ち味、三塁豊野も小柄だが送球が安定している、外野井口陽は野球を始めたのが遅かったが練習量は半端でない地味だがほぼ毎試合2安打と打撃好調。千田はとにかく守りが堅い、以前松田監督時代全中県大会で二年連続優勝の快挙を成し遂げた、当然選手が入れ替わっているのだが伝統の力なのだろうか、目立つ選手はいない感じだがチーム力は高い。


準決勝 小出中 3 - 2  塩沢中
小出は三年4人、塩沢は三年20人だが小出の三年4人は俺たちが二年5人の分までやらねばの気迫が感じられた、試合展開としては塩沢が二回裏に先制、1-0で五回終了、一点のリードはやはり何が起きるかわからない。小出は塩沢の投手交代につけこみ四球から四番上村の左翼越えの二塁打、藤岡の左翼前の安打、大平の内野安打で一気に3点で逆転、塩沢七回裏一点を返したが及ばず安定した投球の小出投手高野、岡部のリレーで小出の逆転勝ち。塩沢は先発今泉が好投、五回まで小出をゼロに抑える大活躍、投手陣の故障で最近投手にコンバートされたが微妙に変化する投球が打ちずらそう。目立ったのは主将捕手の田村は中堅越えの二塁打、捕手としても肩が強くなった、遊撃岡崎の堅実な守備、三番内田は昨秋からとにかくスイングスピードがアップして毎試合しぶとく安打を打っている。ただ昨秋投手陣は層が厚いように見えたが今春その投手陣の故障が目立つ、本大会までに回復するか。第四銀行杯で2-0で惜敗した燕吉田が県大会優勝した、選手層はあつい、投手陣の復活に期待。

決勝戦 大和中10 -  0 小出中
くしくも三年生が四人というチーム同士の決勝戦、試合前大和捕手の丸山君と偶然会った「僕のバッティングおかしいですか?」と聞かれ「昨日からスイングの面はいい、トップバッターだけど積極的に好球必打で早いカウントから打ったほうがいいよ」と技術よりメンタル面の会話。そのバッティングを注目していたら一回先頭打者でいきなり左翼越えの二塁打、そして二回の二打席目は右翼越えのホームランで素晴らしい打撃を見せてくれた。大和先発は小関、打撃は県内トップクラス(私の評価) だが投手としても数段スキルアップした、昨年の県一位のチームでは丸山、遠藤のリレーが勝利の方程式だったが今年は遠藤三と小関という強力な二人の投手を育てた首脳陣は凄い。
そしておっと思ったのが九番に一年生駒形伝(主将の弟) が起用されていた、練習試合であの広い大和球場でスタンドインのホームランを打ったという、昨年に比べると体型的にもたくましくなっている。

小出中は決勝で敗れたが大健闘だと思う、三年四人で二年生の活躍次第と思っていたが三年生の意地が感じられました。先発高野の好投、松井、大平、本間も無難なプレーをみせていた、そして二年生の活躍が鍵と予想したが塩沢戦で上村、藤岡、椛沢が打撃好調でヒットを打ち岡部も塩沢戦で好リリーフで最後をしめた。ただ一日二試合になると投手陣の整備が急がれる、上村の投手としての早い復活がまたれる。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ベーマガ杯二日目

準決勝
 大和中 1-0   千田中
 小出中 3-2   塩沢中

決勝戦途中経過
    大和中 8 -  0  小出中 (三回終了) 


なお第四銀行杯県大会は広神中・湯之谷中は準決勝で鳥屋野中に残念ながら6-1で敗れました、優勝は燕吉田中です。  
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

上越沿線ベースボールマガジン杯(中学)

ベスト4 
千田中対大和中  塩沢中対小出中

千田は六日町との対戦最終回4点差を追いつきタイブレークで大量点を上げ逆転勝ち、六日町は惜しい試合落としたが昨秋に比べるとチーム力は格段にアップした、主将古藤、鋭いスイングの二年小谷(兄)、そして一年生ながら6番を打つ小谷(弟)まだまだのびしろはある。

大和中は三年生四人ながら相変わらずチーム力は高い、対堀之内中戦は三回で10-0と一方的な展開、県内でもトップクラスで県優勝メンバー小関、遠藤、堅実な打撃で2安打井口陽、主将駒形の三年がチームを引っ張り勝ち上がると二年生が鍵となるが先頭打者ホームランの丸山は調子上向き、同じく堅実なプレーの井口慎の活躍に期待、下位打線が課題か。

堀之内中は昨秋新チームスタート試合で広神・湯之谷連合と中盤まで互角の戦いの試合をしたので注目していたが守備の乱れと打撃の不調が気になった。

小出は対八海戦序盤リードを許したが粘って追いつき中盤一気に大量点で八海を突き放した、やはり三年四人で大和とチーム構成が似ているが
逆に二年生の個々のスキルが高い感じ、試合前保護者が八海(多分昨年のチームのイメージがあった)を警戒していたが大勝だったがあまり参考にならない。二年、一年の選手層は厚いのでこれから他の学校にとっは脅威だ。

八海は昨年と比べるとちょっと辛い、初戦は先発上村が粘りの投球をみせ富山のスタンドインのホームラン、小沢の適時打、二年田村の2安打などで勝ち上がったが二回戦対小出戦では序盤リードしたものの中盤投手陣が乱れ大量失点、この辺が課題か。

塩沢は三年20人と他を圧倒したチーム編成で同学年でのポジション争いの激しさがあるがそれがチームのスキルアップにつながっている。投手陣は貝瀬、関口、井口蓮、今泉打撃陣は左打ちの岡崎、内田のスイングは鋭い右打者は川内が好調、主将田村、富田、阿部匠、片桐、塩谷、黒田など層が厚いのが強みだ。

湯沢は一年生が加わり単独での大会参加が可能になったがチームの柱立山をバックアップできる、体制に早くなってほしい。

本大会まで一カ月を切っている、昨秋からみると当然だが各自スキルアップしている、そしてここから一気に技術が向上するのでこれからいかに仕上げていくかがポイントだ。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

少年野球日報杯中越大会

22日に日報杯中越大会が行われましたが私は残念ながらセンターの仕事で中学のチーム練習が入っていたので観戦できませんでした。夜大会を観たある少年野球チームの監督さんが魚沼地区を勝ち上がった湯之谷小やまびこの結果を教えてくれました。

結果は接戦でしたが惜しくも初戦で敗れたそうです、試合内容も結構押し気味でしたが走者が牽制球でアウトになったのが4回か5回あったそうで非常にもったいなかったとのことです。

この大会は例年小学校の運動会と重なることが多く、監督が学校の校長先生に運動会の不参加をお願いしたけど拒否されたとか、統合チームの片方が運動会に当たったので戦力ダウンで試合を行ったとか、監督さんにとっては悩みの多い時期の大会です。

ただ前日センターに来てくれたある地域の代表チームの監督さんは「大会があるので運動会は6月になりました」(詳しい内容はわかりませんが)とのこと、野球関係者にとってはありがたい対応ですね。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

全軟県大会

中学全軟県大会で「広神・湯之谷連合」がベスト4に勝ち残りましたね、県大会の前の週の練習試合を拝見させてもらいましたが珍しい指導法も見させてもらいさすが勝ち進むには理由があると感じさせられました、ここ30年くらいで初めてみた光景でした。

広神中には最近秋に結される「新潟県選抜チーム」の監督を数年務めている松田先生が赴任してきてチームが変わると思っていたらいきなりこの好結果です。練習試合の最中に挨拶したら「家から300メートルの学校になりました」とのことでしたが「松田効果」と言ってもいいでしょう。広神・湯之谷準決勝は鳥屋野中とのこと期待大です。

この春魚沼・十日町地区の各中学は全体に監督、コーチの移動が近年にないくらい激しかったんですが全軟中越大会では比較的好成績だったのが印象的でした。

地域第一シード大和中は地元の利を生かしたかったんですが初戦の前日の塩沢中との練習試合2試合は結果論とは言え無謀だったのでは、まして1-0の試合では投手は全力投球して翌日に疲労が残ったのではなんて思えてしまいます。六日町中は大健闘二試合勝ち上がりましたがあの本成寺にコールド勝ちは素晴らしい。塩沢中も初戦順当に勝ち、代表決定戦燕吉田と2-0の惜敗は負けたけど自信になったでしょう、塩沢中にも名将羽鳥先生が移動になり三年生20人という定位置争いの激しさは他の学校には無いのでこれからに期待です。

八海中は一試合勝ちましたが昨年の県内トップクラスのチームとどうしても比較してしまうのですがこれで満足してほしくないものです。堀之内は三年が少なく来年のチームかと思ったんですが昨秋新人戦では広神・湯之谷と四回まで0-0の試合を行い一歩も引けを取らない戦いをしていたが来年は恐ろしい存在。小出中も三年四人と野球どころ小出としては寂しいが今の二年生は少年野球で県ベスト4のチームなのでこちらも来年は楽しみです。

十日町地区から県大会に進んだ十日町南中は初戦はタイブレーク二回の末見事勝利しましたが準々決勝で敗戦、この地域では飛びぬけた部員数を誇るので次の大会で飛躍が期待される。

中学の本大会まで早いもので残り約一か月、当センターも南魚沼・魚沼市・十日町地区の中学生を対象に特別応援体制(特別サービス)をとっています、是非悔いのない練習を行ってほしいです。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

六日町高校2-0上越高校

ゴールデンウィークはセンターの仕事に専念、残念ながら球場に一回も足を運ぶことが出来なかったんですがようやく今日六日町高校の試合を観戦、試合結果とイニングスコアは皆さんご存じですので試合内容を細かくご案内します。
一回表上越のトップバッター大山が一二塁間に強烈な打球、誰もがライト前に抜けたと思ったが六日町二塁手杉山がこの打球に飛びつき一塁で刺した、このプレーは大きかったこの後三、四番に連打があったのでこの杉山のプレーがこの試合を決めたといってもいい。

一回裏六日町敵失で出塁した腰越を杉山が送り山之内の右中間の安打で先制、なおも井口拓のセンター前安打、関の四球で一死満塁と攻めたが後続が凡退、一点先制したがちょっと嫌な試合展開。

六日町二回、三回と星野、山之内の安打で攻撃するがチャンスを生かせずちょっと嫌なムードで試合が進む。

四回六日町先頭の星野がレフト前にヒット、次の松井の初球に二塁盗塁松井が送り、一番腰越が一塁強襲のライナー、打球がライト前に転がる(記録はヒット)間に星野がホームイン。

六日町先発山之内、毎回走者を出すが絶妙なコントロールとバックの好守備に助けられる、三回は上越山岡のセンターに抜けるかと思われるライナーをまたも二塁手杉山がジャンプキャッチ、六回はまたも山岡のライトライン際のライナーを六日町関がスライディングキャッチした守備の好プレーがチームを救う。

七回からは杉山がマウンドに上がり、七回・八回と二イニング三者凡退の好リリーフ、九回は先頭山岡にライト前のヒットを許し嫌なムードだったが二者連続三振に打ち取りゲームセット。

すごい打者もすごい投手がいるわけでもないが昨秋招待試合で選抜出場の常総学院と序盤3-2の好試合を行った自信は大きい、いわゆる高校生らしいチーム六日町、次の対戦相手は強豪北越ここからが正念場だ。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

営業時間のご案内

今日今日(23日)の営業は午後8時まで行います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

本日の営業予定

本日(17日)の営業はAM9:00よりPM7:30まで行う予定です。
マシーン8台、スピード右打ち10種類、左打ち6種類です。小中学生の会員証は昨年のものをそのまま使用可能です、また一般の方も只今メンバー料金にてサービス中です。
なお天候等により営業時間変更の場合もありますのでご了承ください。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

営業のご案内

本日(12日)のナイター営業は電気設備点検のため休ませていただきます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

営業のご案内

本日(11日)の営業時間はAM9:00よりPM7:00までです。
マシーン8台、スピード11種類、なお大好評の小中学生特別割引券は昨年のものを今シーズンも使えます(他のセンターの半額に相当するそうです)、一般の大人の方も只今メンバー料金でサービス中です。皆さんの来場お待ちしています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

プレ営業中です

本日(10日)はプレ営業始めました、マシーンは8台稼働中、どなたも会員料金でサービス中です。
本日はプレ営業のため午後7時まで行います、皆さんのご来場お待ちしています。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

プレ営業

バッティングセンターの準備を進めていましたが一応準備完了しましたので完全営業ではありませんが本日(8日)午後よりプレ営業(テスト営業)を開始いたします。本日のナイター及び明日は寒気の影響のため休業の可能性がありますので宜しくお願いします。本格営業は天候にもよりますが土曜日(10日)を予定しています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ