ゆりちゃんと語ろう♪

北海道札幌市から発信♪ダイビング、ラーメン、写真、日常のあれこれなど、テーマもなくだら~りと。  ・・・見てみる?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ああーあ

2006年02月28日 15時30分40秒 | Weblog
お休みモードな私。だーらだーら過ごしています。
なーーーーんにもせずに、お昼ごはんは、簡単オムライスを作って食べた。
そしたら、はあああっ!ケチャップがなーーーい!スーパーに走るか・・・でも、面倒だし、絶対ケチャップだけでは終わらない
そしたら、戸棚にミートソースの缶詰。ふ・・・コレがあるじゃないの。
オムライス、ホームのお年寄りも大好きなんですよーー

私は料理をするのが、キライじゃないと思う。
でも、「広いところで」という限定つき。
私の台所は、狭くて、なんだか落ち着いて料理できまちぇん。

・・で、お昼寝なんかして。
ぎんさんとまったりべたべたして、一緒に寝てるものだから、目がさめても、お互いにおふとんから出られないーーー
ぎんさんは、満足そうに私の顔を見てる。
ネコと寝る時、ひげが問題。
くすぐったいんだもん。
こんな幸せはないってほど、幸せーーー
ネコとともに、昼下がりのゲル化。


コメント (6)

夜勤明けですーー

2006年02月27日 12時06分20秒 | Weblog
きのうの夜勤は比較的、おだやかでした。
けれど、1個だけ、バトルがありました。
あるおじいさんは、電気を消しまくるのが、習慣なので、なんでも切りまくり
困ってしまいます。
洗濯機も、ヒーターも、なんでもかんでも、すべて、です。

ところがこのおじいちゃん、もう足元はふらふらで、何度も転倒事故を起こしています。キケンなので、と、いろーんな対策をしていますが、夜中じゅう、おじいちゃんとスタッフのバトルです。
キケンだからと、豆電気をつけても、消す。
廊下の電気も、消す。ヒーターの電源を切り、おしっこが面倒だとゴミバコにする。
きのうは、足元灯というのを、買ってつけてみましたが、それも消しまくる!
どんなに説明を、繰り返しても、忘れる、しまいには怒る。
(暴力をふるうこともアリ)
(しかも、殴ろうとしても、かわされると、いきなりよろめいたフリをして
「ああ・・なんて危ない」とか言う)・・・。

そして、朝。
罪もなく、「あれ?それはなんだろう?」と、おじいちゃん。
わたしはもう、説明する力もなく、黙って、悲しく足元灯を直していました。
誰のせいで、一睡もできなかったと思ってるんじゃい!!ワレー!!
・・・・と、言いたいトコを、
「○○さん、もうすぐ朝ごはんだから、顔洗って支度しようか?」

ああーストレスのたまる仕事だわーーー
これじゃあ、家族はやっぱり、一緒に暮らすのは、無理だと思うもの。
でも、これから2連休です、うれしー♪






コメント (6)

気分転換でちゅ。

2006年02月25日 21時13分49秒 | Weblog
きのうはひさびさに、飲みに行きましたーーー♪
すっごく楽しかった。
こういう気分転換って、大事ですよねー?
ついでに、テンプレートも変えてみましたがどうかな?

友人ジャスコは、やさしい奴です。
帰り際、いかにもさも、忘れていたように、「コレうちの母から、漬物」と
渡すの。
重いだろうと、最後まで自分で持ってくれていたのね。
こういうやさしさ、見習うべきだと思った。
なんでヤツに男がいないんだ?
幼なじみって、なんだか会うととても気持ちがほぐれるね

デパートの「全国うまいもの市」を見て周りました。
日本って、おいしいものがたくさんある国だねえ・・・・
もちろん北海道がナンバー1さ!(お国じまん)
大阪の「イカ焼き」あり?どこだっけ?じゃこ天なんかを買いました。

それから、名古屋名物手羽先が有名な、「世界の山ちゃん」という居酒屋さんに行き
食べてから、音楽をリクエストできる小さな飲み屋さんに行きました。
彼女は大変なロックファンなのです。
ボンジョヴィや、ローリングストーンズの公演が近いことなんかで、盛り上がりました。

夜更かししたけど、ちゃーんと仕事も頑張りましたよん

そうそう、もうすぐサッカーが開幕しますが、なんとコンサドーレのホーム初戦の日、ハワイから帰った友人たちと、ジンギスカンを食べることに!
ひええーーー!!
でも、コンサドーレはまた見られるけど、彼女は今度いつ帰国するかわからないし
友情を大事にすべきだと思うので、参加するです。
ジンギスカンは大好きだし。
最近はジンギスカンが、東京なんかで、流行のきざしらしいですねー
札幌でも、新しいジンギスカン屋さんが増えていますが、いまいちです。
やっぱり昔ながらのジンギスカンが、一番好き
コメント (5)

あなたのそのコート

2006年02月23日 20時05分54秒 | Weblog
また少しだけ、寒さがぶりかえしたような1日でした。
早く春が来るといいなあ・・・

ずいぶん見かけなくなりましたが、今だに毛皮のコートを着ている人がいます。
毛皮を選ぶ理由って、何でしょう??
暖かい。軽い。美しい・・・・・
その、どれもを満たすものは、今はたくさんある時代ですよね??
そのたくさんある、別の物とはたったひとつだけ、違う点があります。
それは高価だということ。
それを着ている人は、つまり見栄っ張りだということです(きっぱり)

毛皮は、大嫌いです。
私の持ち物には、ほんの少しでも、毛皮がついたものはありません。
以前、デパートで働いていたときも、販売員にすすめられて
「え?それ、動物の死骸の一部でしょ?悪趣味ー。」
と、きっぱり言ったことがアリ
私、ひどいですか

でもね、そのコ-トを作る現場はもっとひどいです。
今から、そのお話がしたいので、何か食べながらごらんになってる方は
読まないほうが賢明です。ごめんちゃい
後で読んでね??

ひとつめは、シルバーフォックス等。
海外の、とある繁殖場の現場では、キツネが、せまい檻に閉じ込められて
劣悪な環境におかれています。
知能の高いキツネには、その生活は耐えられないのでしょう。
せまい檻の中で、ぐるぐる回り続けています。
保温されることもなく、ケガや病気に対処される事もありません。
目がつぶれている。自ら、足を食いちぎっている。骨折している・・・
地面から1Mくらい高いところに、並んだ檻は、床もすのこ状ですから、
糞尿は、下に落ちるしくみになっています。
寝るところさえなく、どんなに寒いことでしょう。
(ちなみにこれはミンクなどでも、同じです)

彼らが、ここから出るのは、殺される時だけです。
二人の人に、首と尻尾を持って、ぶらさげられます。
そして、口と、肛門の2箇所に電極が。
口に電極をくわえさせられた、その目が恐怖に見開いています。
この狐が、一生にくわえたものは、与えられたエサと、電極のふたつだけです。
感電で死ぬのです。
時には、まだ生きていても、暴れる力がなければ、生きたまま、皮を剥がれるのです。

ふたつめは、狸です(狸さん、ごめんなさい、動物の狸です
中国の動画。
檻の中にたくさんの狸。その1匹の尻尾をやおらつかみ、そのまま後ろ足を持って地面に叩きつける。1回、2回、3回、4回・・・・
このあたりで、狸はぐったりし、口から血を流しています。

ぐったりした狸が、地面に並べられています。
どの狸も、目をパチクリさせ、苦しんでいます。
その狸の足が、ナタで切られていきます。もちろん生きたままです。
足の下に、板を入れられ、それをまな板のように使って、ナタを振り下ろします。
そして、ぶらさげられ、おしりのほうから、皮を剥がれます。
無理やり洋服を脱がすように、引き剥がします。
ぐいぐいと、ナイフも使わずに。
もちろん、足をばたばたさせて、暴れています。

最後に、前足と、顔の部分まで剥がれたら、おしまいです。
皮を剥がれた、もう狸には見えない、ピンク色の動物は、
トラックに放り込まれます。
トラックには、その、一回りも、ふた周りも細くなった、ピンク色のぬめぬめした
動物が、山のように積まれています。何十匹いるでしょう・・・
死んでいると思うでしょう?
・・生きているんです。
目をパチパチさせ、首を持ち上げて、あたりを眺め回す・・そしてまた
ぐったりと倒れる・・・・
皮を剥かれてしまったために、まつげがとても長く見える、その目が不憫で
なりません。

泣きながら見ました。どうぞ神様、このコたちを早く殺してあげてください!
苦しみから、救うたった1個だけ残された道は、死でしかない・・・

狸は本来、とても気が強い動物だと、聞いたことがあります。
その狸が、はむかうことも出来ず、殺されていくのは、目の前で起こっている
殺戮が、自分の身にふりかかることを、知って、怯えきっているからでしょう。
そして、狸はとても、夫婦愛の強い動物です。
つれあいを亡くすと、何も食べず、落胆して死にいたることも多いのです。
狸は「ラクーン」(あらいぐま)という表示で、ほとんどが日本に輸入されています。
私が街で見かける、狸の毛皮の多くは、フードの縁取りです。
アライグマと狸は、毛質が違います。
ここまでして、フードに縁取りが欲しいですか??
それは保温ではなく、ファッションのためでしょう?
では、フェイクで十分なのでは??

みっつめは、あざらしの赤ちゃんです。
お母さんあざらしが、氷の隙間から、見つめる前で、赤ちゃんは殴り殺されます。
ただ、棍棒のようなもので、頭を殴り続けるだけ。
真っ白で、黒い、大きな瞳のアザラシの赤ちゃんは、逃げる足もなく、ただ、怯えきって、叫びながら、殴られます。
お母さんあざらしも、吼え続けますが、それも空しく、大事な赤ちゃんは
口から血を吐きながら、引きずられて行くのです。
これは、現在は反対運動も多く、規制はあるようですが、まだ行われています。
買う人がいるから、獲る人がいるのです。
高価であれば、法を犯してでも、お金が欲しい人はたくさんいるのでしょう。

よっつめは、チンチラです。
皆さんは「チンチラ」という動物をご存知ですか?
大きさは、小さいハトくらいの、ネズミのようなウサギのような動物です。
体はまんまるで、灰色、背中などに黒い毛が混じっています。
耳は丸くて、大きく、モルモットの耳にそっくり。
大きなまんまるな目が、可愛らしい。
毛がふわふわで、なめらか。人になつくので、最近ではペットショップでも
販売されています。
私はペットショップよりも、50代以上の女性の、コートの襟で、その姿を
見かけます。
背中の黒い毛が目印になり、そのご婦人を飾るために、犠牲になったチンチラの数がはっきりと、わかります。
1匹、2匹・・・・・たいていは、8匹以上が使われているようです。
なんか、数えてしまう私・・・
持っている、アナタ・・・後ろで私が数えていますよ??こわーい>私。

5つ目は、犬、ネコです。
現在中国では、犬とネコの毛皮を、日本に輸出しています。
「アメリカンコッカースパニエルの煮込み」がある国ですから、毛皮くらいで
驚いてはいけないような気がしますが・・・
やっぱり、シェパードも、あの狸のようにぶら下げて、生きたまま皮を剥がれて
いました。
何百という、犬や、ネコが積まれたトラック。
1M四方、高さ30センチくらいの、網でできた箱に、犬も、ネコもぎゅうぎゅう詰め。
それを積み上げてあるトラック。
トラックが到着すると、箱はトラックの、高いところから、地面にほうり投げられます。
悲鳴をあげる犬やネコ。
この時点で、圧死するコもいるでしょうし、骨折してるコも多いでしょう。
でもこの後、どうせ殺してしまうので、気にするはずがありません。

動揺をなんとかしようと、隣のネコの顔を、一生懸命なめてあげているネコ。
(ネコは動揺すると、なめて気持ちを静めようとします)
何もしてないのに、なぜか網の隙間から、棒で突かれています。
それは、もう、作業というより、殺戮なのでしょう。
人は、戦争などで、不必要に残酷になることがあります。

何百という、血まみれのネコの毛皮を前に、置き去りにされた(きっと忘れられた)茶トラのネコが、悲しそうに鳴くのが、印象的でした。

注目すべきは、その輸出先が日本だということです。
日本人は、たとえそれが犬やネコの毛皮だと、バレたところで、大騒ぎしないと
知っているからです。
欧米では大騒ぎになりますから。

かわいいぎんさんの背中をなでていても、「きっとコレがウサギだと言われても
きっと誰もわからないだろう」と、思います。
現在の技術では、染め分けも簡単です。

私が毛皮を持つ人に対しての認識は、「何も知らないおばかさん」か
「どんな殺戮を犯してでも、その身を飾りたいほどの、見栄っ張り」です。
おそらくは、毛皮と知っている以上、動物を殺したことは理解しているはずなのに
それを深く考えもせず、着られる神経が理解できない。

野生動物の毛皮は、もちろん希少で、高価なものです。
毛皮を持っている皆さんには、野生動物の知識がありますか??
実際に、生きた姿のその動物を、見たことがありますか?
あなたの、そのコート。
本当にそれは、アフリカに住むネコ族のものだと、言い切る自信はありますか?
野生動物は、あなたのコートになるほどには、もう存在しません。
過去に全世界の女性が、それを着たために。

血に染まった毛皮。
それでも、その毛皮で、身を飾りたいですか?
男性諸君。
そんな女性は、お好きですか?
毛皮を着て、にっこり微笑む彼女の赤い口紅が、血に染まって見えませんか?
もし、それが気にならないのだとしたら、今度の犠牲者はあなた自身かも。
何を犠牲にしても、自分が大事な女性ですもの、ね?



コメント (9)

プロテクター

2006年02月21日 01時05分26秒 | Weblog
口腔外科に行って来ました。
歯のプロテクター、なんだか透明で、頼りないけど、みょおおおおーーーに
ジャストフィット。一回つけたら、もう外れません。
そ・・・そこまで、きっちり作らんでも・・・・
でも、思ったより、薄くて、つけたまましゃべれるし、いいかも。

先生はきっと、コレの成果を見たいんだろーなー
「サンシャインとかに、ダイビングプールあるじゃない?
ああいうとこで、練習しないの?」
・・・・しないってば。

「たぶん、次回の海外になると思いますよー?地元ではあんなにぶっ続けで潜ったりしないので・・」と、言うと、ちょっと残念そうでした。
それにしても、こんなモノが5千円近くするなんて、たかーーい!
サイズ合わせるために、ハサミでチョキチョキしてるところ見たら
そ・・・それでいいのか??
って思っちゃうけど、それでいいんだろうなあ。

コレ、専用のケース付。なんか入れ歯ケースみたいで、悲しいけど
これで、ダイビングしても大丈夫と思ったら、嬉しい♪
まあ、外はまだまだ雪なんだけどね。

あ、そうそうすきっちょなんですが、なんか前足びっこ引いてるの・・・・
様子見て、だめだったら病院ですねー
まあ、年だから、もう弱っているんだと思うのだけど・・・
部屋の中を歩いているのに、「きゃん!」って痛がるので、年齢のせいって
思うんだけど・・・
お散歩でも、なにもなかったし。
ちょっと心配です。
コメント (3)

ロシアは留守でした。

2006年02月19日 22時18分00秒 | Weblog
私は、介護の仕事をしています。
認知症の高齢者のお世話をするのは、ほんとに大変
いきなり、とんでもない事をするし、ぶっ飛んだ事を言うので、
それに対応する私たちスタッフは、神経をすり減らします
次に何をするか、予測がつかないのだから・・・

でも、見事な対応の例として、本に載っていたのをひとつ紹介させて
ください。
Aさんは、いつもすぐに「ロシアに行く」と言ってホームを出たがります。
若い頃、遠洋漁業の船で、ロシアに通い、羽振りがよくて、現地の女性に
モテていたのだそう。
その日も「ロシアに行く」と、ホームの玄関を出たAさんに、スタッフが
「ところで、ロシアはどっちですか?」

「ちょっと待っててください、今、様子を見てきます」
Aさんが、指差す方向に走っていって、すぐに戻り
「Aさん、今日はロシアは留守でしたよ。」
Aさんは、「留守じゃ、しょうがないな」と、ホームに戻ったそうです

ロシアが留守・・・・ぷぷ・・ロシアってなんだあああ??
でも、お見事!!

ほんとに冷静に考えると、ギャグでやってるとしか思えない事を仕事で
してるもんです。
たとえば、食欲のないおばあちゃんに
「じゃあ、味噌汁だけでも・・・」
味噌汁を飲み終わったら、「コレ味見して?」とほんの3口ぶんづつ
いろんなおかずや、ご飯を分割して出すのです。
「覚えていない」事を、逆手に取るというのか・・・結局おばあちゃんは
完食してしまいます。

物忘れが激しいだけなら、いいのですが、中には「色ボケ」と、俗に言われる
人もいます。
24時間、そっち方面のことしか考えられないし、お風呂で
「体を洗いましょう」と、石鹸がついたタオルを渡すと、延々と股間だけを
洗っています。
24時間、自慰を繰り返し、大声であえいでいます。
「人が見てるじゃないのーー」
「いいんでないか、人が見てたって、いいんでないか」
一人二役アリ・・・・・

女性の部屋にも、侵入するし、わいせつな言葉をスタッフに投げつけ、スタッフにもせまります。

今朝は、おむつパンツを交換する私の頭の上で、自慰をくりかえし、ニヤニヤと
笑ってもだえていました・・・もうイヤ・・・・・・
平然とした顔で、「どうしました?」と、聞くと
「見ればわかるべやーー」
・・・・・「後はご自分でしてください」と、私は介助をやめました。

年を取るということ。
体は疲れやすく、自由には動かず、醜くしわだらけになり・・・
認知症は、人格を崩壊させます。
でも、そうならなければ、人は生きることへの執着を断ち切れないものかもしれないとも、思う。
何でも忘れてしまうこと・・・
いい事もそうだけれど、苦しかったことも忘れてしまうから、もしかしたらそれは
人生を終わろうとしている人への、神様からのプレゼントなのかも・・ね?
コメント (8)

寒いよー心まで寒い

2006年02月18日 09時32分16秒 | Weblog
札幌は冷え込んでいます先日は春の日差し?とも思ったけどこんな時、必ず新聞の見出しは「冬に逆戻り」ぷぷ・・・
ワンパターン

あったかいパラオの海が恋しいよう画像はオオメカマスの群れです。
群れは英語で「スクール」これは「スクール オブ オオメカマス」です。
・・・だって、オオメカマスって英名なんてゆーの??
こんな調子で、パラオでもおかしな英語で、普通に生きてました。

群れ・・・・中学の時、写生遠足があって、歩いている時、振り返ってぞっとしたのを覚えています同じ服装、同じ持ち物、同じような髪型の人間が、まるでアリのように、同じスピードで同じ方向を目指している・・・
気持ち悪いと、ぞっとしました

あれは「没個性」にぞっとしたんでしょうねえ・・・
自分の意見を持たない、なんでも人の真似の日本人。
暮らしは豊かだけど、心が貧しい。
遅れた、先進国です。
特に、自然保護、動物愛護の点では、モラルが最低です。

最近のペットブーム。てか「ブーム」って何
20年くらい生きるものを、「ブーム」って

では、本日の札幌市動物管理センターの状況は・・・・・
雑種が5 純血種がウエルシュコーギー、パグ、柴犬、ラブラドール、ポメラニアン、シェパード、ミニチュアダックス。
雑種を上回っています
これはその、ペットブームの産物です。

特にシェパードはなんとホワイトなんです。
そんなレアな犬も、最近は平気で、管理センターで殺されています。
「なんでもいる」と考えてもいいでしょう。
ペットショップ並みです。

殺されると知らない犬たちは、カメラを見て笑っているコもいます
可愛がられたのでしょう。きちんとお座りをして、カメラに向かうコ。
理解しているのでしょう。怯えて、目に恐怖が走っているコ。
観念しているのでしょう、うずくまり、顔を持ち上げないコ。
病気で、毛がほとんど抜けてしまい、ぐちゃぐちゃのままのコ。
年を取り、足も細くなってしまって、ガリガリ・・目が見えていないだろう
老犬。
放置されていたのでしょう、爪が恐ろしく長く、真っ黒に汚れて、毛が固まり
犬にはとても見えないコ。
みんな、殺されます。

一般の方は、安楽死されると思いこんでいるようですが、違います。
犬は自動的に、次の部屋へ、送られるシステムになっています。
そして、もう次の部屋がない日、犬は自動的にガスが充填される箱に送られます。
そして、炭酸ガスが充填されます。
これは、窒息死です。ナチスのガス室も、これじゃなかったかしら?
犬は苦しみ、もがきながら、死んで行きます。
一生懸命、透明な壁を前足で、引っかいて「出して?」と言ってるセッターが
印象的でした

苦しんで、大きく口を開けながら、首をのけぞらせ、足をつっぱって死ぬのです。
たまに、死に切れないコがいて、まだ動いていても、その箱は、自動的に床が開き、犬はどさっと、下に落ちます。
下の箱は、焼却炉です。生きたまま焼かれるコもいるのです。

猫はもっと悲惨です。即日殺されます。
しかも、たまねぎが入っているようなネットに何匹も入れられて!!

殺す人間の罪悪感を軽減するための、自動装置。
しかし、本来はその罪悪感は、誰が背負うべきものでしょう?
むやみに販売しまくるペットショップ。
どうでもいい繁殖を続けるブリーダー。
「かわいい」を合言葉に、でっちあげまでして、ペットブームを誘発するテレビ番組。
モノのように、買って、いらなくなったらポイする人間。

ペットショップは出会いの場なんかじゃない。むやみな繁殖と、それに「かわいい」を連発して、衝動的に買わせようとする、ただの商売にすぎません。
ペットショップはもういらない。
見てみても、ろくな犬がいない。犬の質がおそろしく低い。
そんなばかでかいヨーキーやポメがどこにいるんじゃあああああって、シロモノ。

早くから母親と引き離されたせいで、体力がないし、病気にかかりやすい。
子犬は親犬のもとで、ある程度育たないと、健康な子犬になれない。

あの、恐ろしいガス室は、税金でまかなわれています。
ペットショップでの生体の販売を禁止して、経費を削減したほうが
良くはないですか?

どうか1匹でも、殺される犬や猫が減りますように。
皆さんも、犬を飼おうと思うとき、真剣に考えてください。
引越ししても、飼えますか?
あなたが食べるものがないほど、貧乏になった時も、おにぎり1個をそのコと
分け合って、生きられますか?

動物と暮らしていくのは、大変なことです。
小さい犬ほど、長生きするのです。
犬は心臓の大きさが、ほぼ、どの犬も変わらない。
チワワから、セントバーナードまで!!
大きい犬は、その分、心臓を酷使して、血液を体に送っています。
だから、お別れが早いのです。

動物病院は高額です。予防接種や、フィラリア予防の薬も、安くありません。
旅行に行くにも、ペットホテルもこれまた高額ですし、場合によっては
受け入れ拒否もあります。
介護が必要な病気に、犬がなることは、珍しくありません。
毛が抜ける病気で、ボロボロになる犬も、少なくありません。
これはなかなか完治しません。
それでもあなたは、根気良く治療し、病院に通い、丸裸の犬を誇らしく
「私の家族です」と、散歩できますか??

犬は全身全霊で、あなたを慕います。
その一生を、あなたに預けるほどに。
答えられないなら、飼うべきではありません。
でも、もし、答えられるなら、どうか、ペットショップではなく、ブリーダーか
もしくは、管理センターから、殺されるコを救ってください。



コメント (12)

食べ物の話題

2006年02月17日 20時01分23秒 | Weblog
ええーっときのうの話題に引き続き・・・って全然関係ないけど、食べ物の話題です食べるのは、大好き
好き嫌いがほとんどない。
何でもおいしくいただくヒトなの
でも、納得いかない組み合わせとかは、ある。
ポテトサラダに、みかんの缶詰や、リンゴを入れるのは

お寿司のネタに、固い貝は合わないと思う。あわびとか。
口の中で、混ざらない・・・・
どちらか、先に飲み込まないと・・・・・
(コレお寿司屋さんで、そう言ったらピンポーン♪って言われた)

あわびより、つぶの方が美味しいと思う。
ちなみに私はサザエって食べたことがない。
横浜かどこかのつぼ八で、串に刺して焼いてあるのを食べたけど、
焼きすぎて、貝の味がわからなかった・・・・
なので、食べたことがないっていうのは、違うのかな

最近は、ススキノには創作料理のお店が、竹の子のようにわさわさ生えて
きています。
でも、水菜や、いろんなもので、ごちゃごちゃに飾り立てている料理は
最終的に何を食べたのか、わからないようで、あまり・・
まずくはないんだけど

根っからのどさんこの私は、素材が良ければ、単純な料理が美味しい派。
野菜。
たとえば、えだまめ、スナップえんどう、とうきび、アスパラなんかは、
台所で、お湯をわかしておいてから、もぎに行く・・・というほど
鮮度で味が変わります。
北海道に住む私でも、取ったばかりのアスパラは涙が出そうなほどおいしいでも、そんなのはめったに食べられません

カニも、料理するより、1匹で貪って、食べたほうがおいしい。
獲ってすぐのを、茹でたのは、甘くてほんとにおいしい

そんなだから、北海道には、どうも名物料理って、ありません。
世間で言う、ちゃんちゃん焼き(鮭をまるごと、味噌と野菜と一緒に鉄板焼きにする)は、あれはウソでちゅ。
まわりのヒトも、ほとんど、CMで知りました。
北海道の「漁師の料理」で、一般的ではないです。
私も、CMではじめて知りましたよーーー

さてさて、写真はパラオのレストラン。
この日は、台湾からのツアー客のランチに指定されていたらしく
いきなりどやどやとやってきて、みーーんな同じものを食べてました。
そこのお店では、わんこが席に案内してくれます
そして・・・・まるで、担当でもあるみたいに、ひとつのテーブルに
一匹のわんこが、「くれないかな?その・・・鶏肉のはじっこだけでいいから
ちょうだい?ね?」って、おとなしく待っていました。
だーれも教えてくれないのに、ちゃんとおとなしく待ってるんだねえ
えらいねえ
コメント (8)

はああーーー

2006年02月16日 08時59分02秒 | Weblog
ここのところ、昼間の仕事が連続で、疲れるーーー私の仕事は4交代なので、時間が不規則。
夜勤は大変だけど、逆に自分のペースで仕事ができるし、それが好き。

写真は全然関係ないけど、パラオのクマノミちゃんですかわいいでしょ?お魚って、なかなか上手に撮るのは難しい。
たいていのお魚は、はっきり言ってしまえば人間がキライだからです・・・ごめんね。お魚くん、でも潜らせてね??
つまり、ダイバーはみんな片思い
あーのーーーーひとのーーことーーなどおおおおおーーーーー

こんな一方的な関係ですが、海の中で会うのと、水族館で会うのとは、恐ろしいほどに、違うのです。
ダイビングでは、生き生きと、「あるべき姿」で、それぞれに生きている魚たちに会えるけど、水族館の小さな水槽では、生気がなく、目もどんよりとして、ひれを倒し、またはヒレもボロボロ・・・魚だからできないけど、人間だったら自殺してるかもしれない・・・
熱帯魚マニアとか、理解できません。
きっと本当の姿を知らないから、あんなことができるのね。

ダイビングをするにあたっては、認定カードを取得しますが、その時、
もし、そのショップがまともなショップだったら、イヤというほど、自然保護を
教育されます
ダイバーは本来、水の中のすべての動植物に、ふれてはいけないの。
でも、ダイバーの中には平気でそれをする人がいます。
それが恩がある人だったりして、ジレンマに苦しむことも、しょっちゅう。

これはダイビングに限らず、自然保護っていう問題では、意見が違うことアリ。
私は、きっと地球上で一番有害なのは、人間だと思う
だから、もっと自然や動物に対して、謙虚になったらいいと思う。

「ブタや牛は、食べられるために生まれてきた」
「え?スズメを食べる?かわいそう!ニワトリ?あれは食べるためだから・・」

どんな家畜も、肉を取るために、人間が勝手に改良したのよーー
ニワトリだって、ブタだって、殺される時には、どんなに恐ろしいか。
すべての命が、同等ではないのは、理解できる。
でも、でも、せめて、感謝しませんか??
あなたが毎日飲んでいる、真っ白なそのミルク。
それは、愛しいわが子に、飲ませようと、お母さんウシが出した血液です。
血液は、乳房の中で、おっぱいに変わるのです。

玉子も、ミルクも、お肉も、お魚も。
感謝していただきましょうよーーーー
では、これから朝ごはんです。
「いただきます



コメント (4)

テンプレ戻しました

2006年02月14日 19時15分28秒 | Weblog
サッカーバージョンはちょっと見づらかったねでも、コンサドーレの開幕も近くなり、今年は去年より、少しいいかと思っているので。えへ
ちょっと期待も込めてみたのでした

今の冬の時期の私は、お休み期間といってもいいです。
春、サッカーが開幕になると、サッカーで忙しく、その次にはダイビングが始まります職場のお休みは、希望が2日しか出せないので、そうなるともう、両方は無理なの海中心になってしまうのだった。
てか、お金も大変だわーーー両方は。

楽しみな夏、早くこーーーーい
冬はいらない。寒いのは嫌い。
あったかい所に移住したいよお皆さんは、そういうこと考えませんか??こんな所に住みたい・・・こんな生活したい。

私は日本を離れるほどの語学力はないので(それに居住権とか面倒)沖縄がいいかと思う。けど、調べてみたら、現地に保証人いないと、住むところも借りられないものなんですねー

それと、根っからのどさんこの私に厳しいもの・・・それは虫
ゴキブリや、ガがだめだ・・・・それにクモも
与論に行った時、ものすごく大きいクモを見て、見ただけなのに背筋が
でもね、夢見ることはいいことでしょう??
あったかい所で暮らしたいなあ

私の友人は、大学で勉強するためにハワイで暮らしています
彼女の話を聞いていると、ある意味、暮らしてしまえばどこでも一緒なのかも。
私はハワイは大好きで、いいところだと思うけれど、生活ってそういうものかもしれませんね。

南のあったかい所で、短パンとTシャツだけで暮らすって、いいなあと思うけど
人はないものねだりするものかも。
特にこんな雪におおわれた季節には・・・ね

コメント (7)