経済学・統計学 オンライン指導

大学院・編入試験、公務員試験他資格試験、統計検定、卒論・単位取得対策等

青山学院・心理学科 編入英語 2010年

2020-08-06 06:29:53 | 日記

問題

解答

(1) 同じ環境にさらされた異なる個人は、その環境を異なったように解釈し経験し反応する。

(2) 外向的なこどもは彼女の周りの人々や出来事に注意を払い、彼女の内向的な兄弟はそれらを無視するだろう。

(3) 言い換えれば、それぞれの子供の人格は客観的な周囲の状況から主観的な心理的環境を抽出し、人格成長を形作るものはその主観的環境である。
(4) ある人は傷つける行動を意図的な悪意の産物と解釈し、同じ行動を意図せざる鈍感さの結果だと解釈する人とはかなり違った反応をする。

人生の大きな出来事のひとつは死である。自分たちが死ぬと気づくことは成長において重要である。動物は痛みや恐れに苦しんでも死という概念をもたないが、人間は苦痛と死を区別する。
また、人間には未来という概念もある。なぜなら言語によって未来を表現できるからだ。我々は未来に関心を持ち、未来の目的にむけて多くの行動をする。早い頃から人間は現在への本能的な嗜好とは対照的に未来の重要性を学習する。

(1) conflict  (2) imprinting (3) prediction  (4) reinforcement
(5) emotion  (6) instinct
(7) hypnosis  (8) maturation  (9) conditioning (10) persuation

コメント   この記事についてブログを書く
« AD-AS分析~特別区・マクロ・... | トップ | 青山学院・心理学科 編入英... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事