経済学・統計学 オンライン指導

大学院・編入試験、公務員試験他資格試験、統計検定、卒論・単位取得対策等

青山学院・心理学科 編入英語 2011年

2020-08-31 09:41:48 | 日記

問題

[1]

(1)若いことが利点となる年配の人と働くことにおける多くの領域がある。

(2) この仕事はすでに資格を持ち、一般的なカウンセリングを実施している熟練したカウンセラーのためのものである。

(3) 概して選ばれたカウンセラーは中年で、彼らはしばしば^年配の親を持ち、親の年齢特有の問題に彼らは対処しなければならないでいる。

(4) 共感と混じり合った常識はしばしば心理学理論でいっぱいの頭よりもより価値がある。

[2]

この文章では、「死が悪であるか」を問題にしている。
ウィトゲンシュタインが考えたように、死は人生の限界であり、人生の内部で起こるものではない。あるものの限界は、その「あるもの」の内部にはない。
そう考えるとエピキュリアスの有名な議論に直面する。死はそれが実際に起こるまでは我々を害することはなく、実際に起これば害する対象である我々は存在しない。我々を害することができないなら、死は悪ではない。

[3]

(1) cooperative (2) independent (3) attachment (4)  emotional readucation
(5) classical conditioning   (6) anxiety  (7) working  (8) attribution
(9) collectivism (10)intelligence

コメント   この記事についてブログを書く
« 青山学院・心理学科 編入英... | トップ | 青山学院・心理学科 編入英... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事