日々是図書館

或る図書館司書(リハビリ中)の日常

H30.10月のまとめ

2018-10-31 22:17:16 | 輪月記
H30.10月のまとめ

・累積走行距離:341km
・月間走行日数:10日



朝夕の通勤で、ほぼ汗をかかない自転車のベストシーズンだ。
とはいえ、この時期は週末ごとに仕事のイベントが入り、プライベートで自転車に乗ることなど夢のまた夢。

車の運転中に、気持ちよさげに走るローディを見かけると、心がざわつくこと...

とはいえ、今月は足の怪我、末には腰痛を発症してジテツーすらも自粛中。ままならなものよ...

(参考)H25年12月~H30年10月の累積走行距離数:19010km
コメント

マンホール・コレクション SASEBO 3

2018-10-29 08:01:00 | 献上品目録
今回の採集場所は、長崎県佐世保市の四ケ町アーケードのど真ん中。



島之瀬公園のそば、アーケードの敷石の路面に同化していて、デザインマンホールに気づかず行き過ぎるところだった。
汚水、と書いてあったから気づけたけど、危ない危ない。

この記事を書こうとして、由来やなんかを軽く調べてみると、どうやら最近設置されたもののようだ。マンホールカードの対象にもなっているらしい。

しかも、佐世保市内に2箇所しか設置していないんだと。
わざわざデザインにコストかけて、製作が2枚だけって...なんでそんなことしてるんだろ?
コメント

リザレクション

2018-10-28 08:24:00 | 道楽
実に長いこと愛用してきたデジカメが、8月のブルベを走行中についに動かなくなった。



もともとは妻の主力ウエポン。
それを、俺の仕事のために借りだしたんだが、出張先で地面に落として傷物にしちゃった。



以降、俺のところにお嫁入り、それからでも都合7年使っている。
傷だらけだし、今では外装のカバーも浮いたりしていてダメージ感もかなりある。



撮影中、いきなり電池なしマークが出て、勝手に活動終了とかしやがる。再起動しても、しばらくするとまた活動停止。こりゃもう寿命か。



それから約2ヶ月。



何の気なしに充電済みの予備バッテリーを入れたところ、普通に動きやがった。ホントに充電切れだけだったらしい。\(゜ロ\)(/ロ゜)/


まだ使えるんだったら、いい機会だし、今まで気になっていたカバーの浮きを修理しよう!



カメラの外装が浮いた隙間に、瞬間接着剤を流し込んで接着する。ずっと気になっていたがたつきがやっとなくなった。
これでまだ、しばらく使い続けられるな。
コメント

マンホール・コレクション MINAMIARIMA

2018-10-25 14:43:00 | 献上品目録
今回はまったくノーマークだった。採取場所は、長崎県南島原市南有馬町(旧 南高来郡南有馬町)の原城図書館前。
この町には、島原の乱の舞台になった原城がある。


あ、写真のとおり、見つけたのはハンドホールね。


このデザインのモチーフは、桜と原城の天守閣?と左下側に天草四郎、らしい。

......いやはや、どう突っ込むべか....

原城に天守閣なかっただろうに。
しかも五重櫓とか。
行政がこんな大嘘ぶっこくのはどうよ。


コメント

上付きと下付き、どっちが好みか?

2018-10-21 22:26:00 | 自転車
上付きと下付き、どっちが好みか?

なんとなく、上面はフラットにしたかったから、ずーっとライトはハンドル下付きにしていた。
そうしてると、パンク修理のために自転車を逆さに置いても地面に擦れないし。

ただ、今年の夏のブルベから、エクステンションバーの下にライトを装着するようにした。
そうすると、ライトの手前にあるステムが邪魔でon-off のスイッチが押しにくい。

そこで、今回は上付きに設置してみた。


そうすると、確かに照明のオンオフはしやすい。あと、少しとはいえ位置が高くなることから、照明的にもいいだろう。

しかし、実走するとすぐにとても気になる点が判明する。
まず、ひどく揺れる。ライトが揺れるから走っていると明かりが揺れる。そして、だんだんとライトがお辞儀しだす。

ライトを下付きにして、吊るす形の時には気にならなかった症状だ。これなら、スイッチを押すときだけ不便を我慢する方がまし、すぐにもとに戻そう。

やっぱり俺は下付き派だ。
コメント

再び、名実ともにコルク号

2018-10-17 11:50:00 | 自転車
現在のコルク号のハンドル。
残念ながら、右のコルクがとうとう折れてしまい、この2ヵ月ほどはバーエンドの穴がむき出しのままだった。

コルクのバーエンドは、コルク号のアイデンティティーなのに...



しかし、今から、ここに新しいコルクを挿入する。




少しばかり直径があわないんだが、そこは熟練の(笑)スキルで優しくねじ込んでいく。


そして




左右ともに、ちょっぴり大人のバーエンドキャップを装着完了!

左は熟成済み、右は仕込んだばかりのコルク。ここに、コルク号のアイデンティティー完全復活である。


コメント

バーエンドキャップ

2018-10-15 17:12:00 | 自転車
8月の頭に折れて、落っこちたままだった右のバーエンドキャップの交換部品。

今日、職場の同僚からプレゼントしてもらった。ありがとう!!





我が愛車のバーエンドには、やっぱりこれだ!

さっそく、明日装着しよう。
コメント

足の親指の爪剥離

2018-10-10 17:56:31 | 阿呆
仕事で同僚と本棚を運んでいる最中この事故。

左足の親指の爪の剥離。
薄暗い中で応急処置(ウエスとガムテープを使った圧迫固定)の際に、パッと見たとき割れてるように見えたけど、明るいところで見たら、めくりあがった爪の真ん中に折れた傷が入ってるだけで済んだ。
痛いことは痛いし、病院に行くはめにもなったけど、腫れさえ退けば大丈夫だろ。



とりあえず、ジテツーはしばらく自粛だな。
コメント

ホイールバッグは廃物利用で!

2018-10-08 22:18:00 | 自転車
我が家の車の貨物スペースは、たいして広くない。コルク号を車載しようとしたら、どうしてもホイールを外す必要がある。
だが、ばらして横置きしたフレームの上に、ホイールを重ねて置くと汚れや傷が気になる。

かといって、しょっちゅう使うわけでもないホイールバッグに大金突っ込むつもりもない。



だったら、自分で作ればいいんじゃないか。引っ張り出してきたのは廃材一式。宅配の荷物を梱包してあったシートの切れ端とコネクタが壊れたLAN ケーブル。



シートを折り曲げガムテープで張り合わせ、ケーブルを通して作成。
お手軽に作ったわりには、まあまあ使えるんじゃないかな。


コメント

からあげドンドン

2018-10-07 21:27:23 | 食通
本日、ランチの代わりにちょっとつまみ食い。



ここはちょっとした名物。


サカキンさんのホームコース上だと思うので、お勧めしときます。
おいしいですよ。

テイクアウトのお店です。
コメント

GARMIN EDGE 500、逝く

2018-10-07 12:13:00 | 自転車
これからブルベの相棒として、使いこなしていきたいと思っていたGARMIN Edge 500。

とても、とても、とっても残念なことに、不慮の事故により殉職してしまった。



その日は雨。
普段だったら通らないトンネルの歩道を走行中、敷石の継ぎ目の振動でポンと跳ねた瞬間だった。
GARMIN がブラケットから外れて車道へと転げ落ちる....

直後に、その上を通っていく軽トラ。
成すすべもなく、見守る俺。

車に牽かれたとはいえ、とてもきれいに逝ったGARMIN 、電源を入れたらまだ使えそうな気がするくらいだ。

このまま、しれっと修理に出そうかな(ムリムリ)
コメント

嗚呼、DNF!BRM825イナサヤマ200k

2018-10-04 10:41:00 | ブルベ
楽しみにしていたBRM825はDNFであったことをここにご報告する。もっと正確に言うと、DNFすることを決めてから出走したのだった。

・・・切ないのう

今さらながらのまとめ記事執筆だが、やっぱりブログにするまでがブルベ。記憶を振り返りつつ、書き起こしていこう。



ああ、空が青いのう....


....それは、出走2日前の職場で告げられたのであった。
「8月26日のランチとディナーの接待よろしくね。」

あのう、わたくし、26日は一応お休みをいただいておるのでございまするが・・・
夜の宴会は聞いてましたが、昼のアテンドはいつ予定に加わったんでしょーか?
「今。」...左様でございますか。

俺の鋭すぎる頭脳は、一瞬で計算を終了した。

出発は8月25日の18:00、
推定走行時間は11時間、
ゴール時間は翌8月26日の早朝5:00ごろ。
それからゴール後の手続き、
寝床まで何時間かの自走、
さらに出勤し、
そこから空港までお客を迎えに行ってランチからアテンド。
しかも、オールナイトで走った翌日、仮眠もなしで夜の宴席までエンドレスで本来は休日に仕事の予定。
社会人としてこれどーよ、途中で切り上げるしかないな。

時間的に、十分な睡眠時間が確保できるようDNFできるコース上の適当なところ、100km地点あたりがベストであろうか。
そこまでに、メインディッシュの稲佐山も登るし、長崎名物のノコギリ区間も消化している。おいしいところは体験できるだろう。
それ以上走ると、大村湾を一周してゴールしてしまったほうがかえって良かったりするなあ。



当日はそう覚悟を決めて、スタート地点に向かったのだった。

スタート地点まで、寄り道してフロントライトを追加で一灯買い足そうかどうか悩んだりしながら炎天下を自走していると、途中の道路脇で一人の若者がなにかロードバイクの調整をしていた。あの雰囲気は、きっとがんがん走るタイプのライダーだろうなあ、と思って行きすぎ、次の信号に引っかかって停まっていると、追いついてきて後ろから声をかけらえた。
元気な若者で、なんと本日のブルベの参加者、さらに今回が初ブルベらしい。
反射ベストを着て走っている俺を、ブルベの出走者と目星をつけて声をかけてくれたらしく、そのまま一緒にスタート地点の潮騒の湯まで走ることにした。

潮騒の湯についたのは、スタート1時間前。うーん、ほんとは出走前にひとっ風呂浴びたかったんだけどなあ、ちょっと時間が押してる。
あきらめて外の足湯で我慢していると、参加者たちがばらばらとやってくる。

そうこうしているうちに、AJ長崎代表のishiishiさんとてれすけさんが潮騒の湯から出てきた。二人から、日見トンネルの通過方法をブリーフィングで説明しろっていきなり振られる。
久しぶりに会ったてれすけさんは、病気かと思うくらいめっちゃ痩せてた。実はダイエットしてたらしい。自走してきたと知って、てれすけさんは呆れていたけど、途中でDNFする予定であることもこのとき伝えておいた。
あと、出走しないけど、いつもブログを読ませてもらっているbb1さんも見かけた。



車検とブリーフィングが済み、いよいよ出発。
途中でDNF予定の俺は、できるだけ長い間楽しむために、先頭集団を追い越さないことを心掛けて走るつもりだった。100Km程度だったらピッチをあげても足を使い切る心配はないけど、逆にボッチで先頭走ってさっさとお楽しみが終わったらつまらん。足が合う集団の前後で、できるだけブルベの雰囲気を楽しみたい、というちょっと邪な動機のもとに車列の一番最後で出発したのだった。



出発した車列は、夕暮れの大村湾沿いをゆっくり南下する。残念なことに、この写真を最後に持参したコンデジが故障。フォトチェック用にスマホで撮った写真を除き、画像が尽きてしまうがご容赦あれ。。

このころ、俺の直前を走っていた遠征組の一団にとって、自転車のことなんかなーンも考慮しとらん荒れ放題の路肩は想像以上だったらしく、お互い声をかけあって、いっそうゆっくりペースで団子走行である。すぐ頭を押さえられて、俺も前に出られんし。
しかもこの道、ちょうど夏休み最後の土日で、迂回路がない海沿いの幹線道路。さらに時間帯的には伝統的に渋滞が生じるうえ、長崎のドライバーは自転車に不慣れ、と。

とうとう大村市内に入って、道が狭くて交通量が増えたあたりで、目の前の一団に車からイチャモンつけるヤツがあり、やり過ごしたかと思ったらそれに由来すると思われる職質で先頭集団がストップするはめに。

潮時かな、と思い鈴田峠ですり抜けをかけながら最後尾から前方へ移動する。間違っても、先頭に出ないように、ここでも注意だ。諫早市街からPC1につく頃には、もう暗く、いよいよナイトブルベ本番、気温も下がって走りやすくなってきた。

PC 1から先は稲佐山までちょっとクセのあるコースだが、自分にとっては特に問題なし。結局、このあたりで一緒になった堅実そうな二人に、自分一人で走ると寂しいので(爆)、勝手に連結してDNFするまで走っていた。



夜道は集団の方が、車から目立つからね(言い訳)

彼らの前後をうろうろしながら、長崎市内を抜け、女神大橋を渡り、稲佐山を登り、畝刈へと抜ける。ここらでちょうど100km 、今回のブルベはここで終えることにする。

俺がうろちょろしたせいで、ペースを乱された二人には悪いことをしたなあ。空気読まずに申し訳ない。にもかかわらず、紳士的なお二人だった。俺もあんなランドヌールにならなくっちゃ。

二人を見送って、道端でDNFの連絡をメールする。すぐに返事のメールが着信して、俺の今年のブルベが終わった。そこから峠を二つ越え、まだ日が昇る前にしっかり就寝。

この時間、まだみんな、ブルベを満喫してるんだろうなあ、と思いながら翌日に備えて就寝。とはいえ、自分もできるだけのことはやったという充足感を胸に、床についたのだった。

さあ、来年こそ頑張るぞ!



コメント (2)

ニャンコプラスにて

2018-10-02 06:57:41 | 肉球
1ヶ月ぶりのニャンコプラス。
いや、1ヶ月もせずに通っていたら、ほぼ常連だろ....



今日は、みんな寝てるかグルーミングで穏やかに過ごしてる。



チビッ子たちもいた。



癒された....
コメント