にゃんたのお気楽DINKS生活

結婚11年目の2013年、ついにDINKSを卒業しました!仕事、ゴルフ、不妊治療を経ての妊娠出産、育児など徒然に。

幸せのバイオリン

2018-11-26 12:18:55 | 日記
前回の続き。



ギスギスした夫婦仲をなんとかしたいと思いたった頃、

ちょうど、大学のオケからOB会のお知らせが来ました。

OB会では、その年の定期演奏会で演奏する曲を

学生さん達と一緒に演奏するイベントがあるんです。

ここ数年、私は演奏に参加して、主人は子供と会場近くで遊ぶというパターン。



・・・そう、それでは仲良くなれない!!



ということで、今回は子供はばぁばとお留守番させて、

夫婦二人でOB会で演奏しようよ!と誘って見たんです。

たまたま、よく練習した曲だったこともあり、主人も快諾してくれました。




主人が使っているのは、学生の時に30万ほどで購入したバイオリンだったのですが、

なんというか、はっきり言って音がイマイチだったのです。

弓も若干扱いづらく、主人のスキルのなさも手伝って、

品のないガサツな音がするというか・・・・

あ、もちろんプロが弾けば、違うんですけどね。




OB会に備えて練習していく中で、

「やっぱりこの楽器ではあかん気がするなぁ・・・」

と言い始めた主人。

「新しくていいやつ、買おうよ?」

というと、

「いや〜これからずっと弾くかどうかわからんし、

いいやつって何百万とかやろ?勿体無くない??」

とグズグズ・・・。




ここで、仲良くしたいビーム炸裂 笑

「ねぇねぇ、これからもずっと一緒にバイオリン、弾いて行きたいな

「今回は一緒に参加してくれることになってすごく嬉しいねん。」

「バイオリンといえばさ、私たちの原点じゃない?」(そう、私たちはオケ婚。)





「10周年にもらったネックレスのお返しってことで、15周年のプレゼントにさせてよ!」






・・・・はい、決まった〜〜。




それからというもの、私は主人が気にいるバイオリン探しを

昔からお世話になっているバイオリンの師匠にお願いし、

主人とどんなのがいいか何度も話し合いを重ね、

主人は毎日のようにネットでバイオリンの画像を見て調べ・・・と

なんともワクワク、ソワソワするような日々を過ごしていました。




そして、お願いしてから2ヶ月もたたなかったでしょうか、

ある日楽器屋さんから

ご主人の楽器、きてますよ〜〜〜の連絡が!!




弓も一緒にお願いしたから、20万ほど予算はオーバーしましたが、

かなりお値引きいただき、素敵なケースまでつけていただいて、

ついに新しいバイオリンが我が家にやってきました。




自分のじゃないのに、私がめちゃ興奮してしまい、

主人が弾く前に、楽器屋さんで試し弾きしてしまったよね〜〜。

先生に「大人っぽくて、響きが素敵なのがいい!」と無茶振りしたまんま・・・

本当に上品なのに艶っぽくよく響くバイオリンなのでした。





その日、主人は知らせを聞いて、

なんと、会議を欠席して早退してきました。

もうその喜びようと言ったら・・・。

見ているこちらが涙でそうなほどでした。




その日から毎日のように、バイオリンの練習を始めた主人。

学生時代に一緒に弾いた二つのバイオリンのための協奏曲を

また一緒に先生の前で弾きたいんだってさ・・・。

私も練習しなきゃだわ(笑)。





これから二人で仲良く歳を重ねて、

一緒にバイオリン弾いていきたいね。

・・・と、主人が言った!!

嘘でしょ!?って感じ。




コンパクトカー1台分くらいしましたが、

決して無駄な出費ではなかった・・・はず・・・。だよね!?




コメント   この記事についてブログを書く
« 不機嫌な夫と夫婦関係の揺らぎ | トップ | 知らないうちに »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事