にゃんたのお気楽DINKS生活

結婚11年目の2013年、ついにDINKSを卒業しました!仕事、ゴルフ、不妊治療を経ての妊娠出産、育児など徒然に。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

幸せのバイオリン

2018-11-26 12:18:55 | 日記
前回の続き。



ギスギスした夫婦仲をなんとかしたいと思いたった頃、

ちょうど、大学のオケからOB会のお知らせが来ました。

OB会では、その年の定期演奏会で演奏する曲を

学生さん達と一緒に演奏するイベントがあるんです。

ここ数年、私は演奏に参加して、主人は子供と会場近くで遊ぶというパターン。



・・・そう、それでは仲良くなれない!!



ということで、今回は子供はばぁばとお留守番させて、

夫婦二人でOB会で演奏しようよ!と誘って見たんです。

たまたま、よく練習した曲だったこともあり、主人も快諾してくれました。




主人が使っているのは、学生の時に30万ほどで購入したバイオリンだったのですが、

なんというか、はっきり言って音がイマイチだったのです。

弓も若干扱いづらく、主人のスキルのなさも手伝って、

品のないガサツな音がするというか・・・・

あ、もちろんプロが弾けば、違うんですけどね。




OB会に備えて練習していく中で、

「やっぱりこの楽器ではあかん気がするなぁ・・・」

と言い始めた主人。

「新しくていいやつ、買おうよ?」

というと、

「いや〜これからずっと弾くかどうかわからんし、

いいやつって何百万とかやろ?勿体無くない??」

とグズグズ・・・。




ここで、仲良くしたいビーム炸裂 笑

「ねぇねぇ、これからもずっと一緒にバイオリン、弾いて行きたいな

「今回は一緒に参加してくれることになってすごく嬉しいねん。」

「バイオリンといえばさ、私たちの原点じゃない?」(そう、私たちはオケ婚。)





「10周年にもらったネックレスのお返しってことで、15周年のプレゼントにさせてよ!」






・・・・はい、決まった〜〜。




それからというもの、私は主人が気にいるバイオリン探しを

昔からお世話になっているバイオリンの師匠にお願いし、

主人とどんなのがいいか何度も話し合いを重ね、

主人は毎日のようにネットでバイオリンの画像を見て調べ・・・と

なんともワクワク、ソワソワするような日々を過ごしていました。




そして、お願いしてから2ヶ月もたたなかったでしょうか、

ある日楽器屋さんから

ご主人の楽器、きてますよ〜〜〜の連絡が!!




弓も一緒にお願いしたから、20万ほど予算はオーバーしましたが、

かなりお値引きいただき、素敵なケースまでつけていただいて、

ついに新しいバイオリンが我が家にやってきました。




自分のじゃないのに、私がめちゃ興奮してしまい、

主人が弾く前に、楽器屋さんで試し弾きしてしまったよね〜〜。

先生に「大人っぽくて、響きが素敵なのがいい!」と無茶振りしたまんま・・・

本当に上品なのに艶っぽくよく響くバイオリンなのでした。





その日、主人は知らせを聞いて、

なんと、会議を欠席して早退してきました。

もうその喜びようと言ったら・・・。

見ているこちらが涙でそうなほどでした。




その日から毎日のように、バイオリンの練習を始めた主人。

学生時代に一緒に弾いた二つのバイオリンのための協奏曲を

また一緒に先生の前で弾きたいんだってさ・・・。

私も練習しなきゃだわ(笑)。





これから二人で仲良く歳を重ねて、

一緒にバイオリン弾いていきたいね。

・・・と、主人が言った!!

嘘でしょ!?って感じ。




コンパクトカー1台分くらいしましたが、

決して無駄な出費ではなかった・・・はず・・・。だよね!?




コメント

不機嫌な夫と夫婦関係の揺らぎ

2018-11-25 10:39:21 | 日記

こんにちは!

ついに1ヶ月間が空いちゃった〜〜〜。

いろんなイベントで大忙しのちびにゃん5歳の秋でした!

・・・なーーんて、まとめた(笑)。



今日は、なんとも不穏なお話。

あ、でもね、もう解決してるから、安心してね!

(誰に言ってるんやろ・・・)




ちびにゃんがなかなかやんちゃで、いう事きかないことが多くて、

私も主人もいつもちびにゃんを叱っている状態が

夏頃から数ヶ月続いていました。

積み重なる毎日のストレス。

朝起こしてご飯、着替え、準備。

お迎え後の手洗いうがい、夕飯、お稽古、お風呂

歯磨きに寝る準備・・・・

全てのことにお小言が続いて、

家族全員がイライラ・・・・



それに加えて、お互い仕事が忙しく、帰宅後はぐったり。

家で仕事の話を私に聞いてもらいたい主人は、

私の生返事や、ちびにゃんからの妨害に口数も激減してしまっていました。




そして・・・数ヶ月後 「いつも不機嫌な主人」が完成〜パチパチぱち。

ちびにゃんが何か気に入らないことをすると、

「俺は知らん!オマエ、なんとかセーよ!!」

・・・え!?今、オマエって言いました!?Omae!?

ちびにゃんが叱られて泣いていると

「うっさいなぁ!泣くのやめさせろよ!!」

・・・え!?泣かせたの、オタクですよね!?

食事中に騒ぎ始めると、

「飯もゆっくり食べさせてくれへんの?いい加減にしろよ!」

・・・え!?お二階に行っちゃうの!?ご飯の途中ですよ?





一事が万事、ギスギス、イライラ、私や母にまで当たり散らす主人。

もうなんかね、

あれれ?この人、私が大好きで結婚したあの素敵な男性だっけ!?

ひょっとして、どっかでクソつまんねーバカ男と入れ替わった!?


みたいな、ね。(笑)




で、私もひどいこといっぱい言われて傷ついたわけよ

なんでこうなったのかな?

私だって一生懸命頑張ってるのに。

何がいけないんだろう?

どうしたらいいんだろう??




そんな時に、ふと夫婦ラブラブを謳ったブログにたどり着くと、

「夫婦仲が悪いと、子供の学力が下がる」

とか、書いてあるわけ。

もう知らねーよ!!と叫んでバイクで走り出したい気持ちになったわよ・・・。

(バイク乗れないけど。)



でも、そのブログを見ながら気づいたのは、

相手を変えようと思えば、まず自分が変わらなければ

ならないということでした。

自分の人生の大半を一緒に過ごすパートナーだからこそ、

いつだって、一緒にいて楽しくて心地よい存在じゃなきゃ、

悲しすぎるもんね。




実はそう思い至るまでには、割と長い間悶々と悩んで、

別に離婚したっていっかぁ・・・。

モラハラとか言ったら養育費と慰謝料とれるかな、とか

調べたりもしたんだけどね・・・。



で、結局何をしたかというと・・・




「本当はあなたのことが大好き!」

「どうしても、以前のように仲良くしたいの!」

「これからもずっと、一緒にいて助け合いたいの!」




と、いつもそういう気持ちを持って、接するように心がけました。

ことあるごとに仲良くしたいアピールを始めたわけです。

ちびにゃんはばぁばのお部屋に20分ほど派遣して(笑)、

ゆっくり話を聞いて、一緒に少しお酒を飲んで・・・。




言うは易しとよく言うけど、

これは、ほんまに簡単でした!

負けるのではないのじゃ〜、自分の思い描くシナリオに相手を巻き込むのじゃ。

・・・むしろ勝ちなのじゃ・・・と負けず嫌いの自分に言い聞かせながら(笑)





相手の話をよく聞く。

いわゆる傾聴、共感というスキル・・・。

仕事だとすんなりできるのに。

でも、私はできる子、とまたまた自分に言い聞かせ。




私がもう一度仲良くなりたいキャンペーンを始めて

およそ2週間・・・もたたないうちに、

なんと、主人の態度が軟化。

イライラギスギスのムカつく主人から、

以前のように、優しくて素敵な主人に戻り始めたのです




やればできる子!!





・・・あ、私のことね。




そして、関係修復?に一役買ったのが、

我が家に来た新しいバイオリンなのでした

そのお話はまた今度 ・・・。



コメント