どうぞ、スポンサーを降りてください

 政府の「厚生労働行政の在り方に関する懇談会」の奥田碩座長(トヨタ自動車相談役)は12日に首相官邸で開かれた会合で、厚労省に関するテレビなどの報道について、「朝から晩まで年金や保険のことで厚労省たたきをやっている。あれだけたたかれるのは異常な話。正直言ってマスコミに報復してやろうか。スポンサーでも降りてやろうかと」と発言した。
 奥田座長は「ああいう番組に出てくるスポンサーは大きな会社ではない。地方の中小とかパチンコとか」とも述べた。
 これに対して、委員の1人である浅野史郎前宮城県知事は「スポンサーを降りるぞとか言うのは言い過ぎ」ととりなした。(時事)

◆◆◆◆

筑紫哲也氏が亡くなって、いよいよ民放のニュース番組で視聴したい番組がなくなったなあ、と思っていた矢先、奥田碩のこの発言である。
どうぞ、スポンサーを降りてください。
そしたら、秋葉原で事件を犯した加藤被告がトヨタの関連企業である関東自動車で派遣労働者として、どういう扱いを受けていたのか、マスコミは詳細に調査報道をすればいい。スポンサーに気兼ねなんかしなくていいもんね。
あと、こういうニュースもマスコミでガンガン流しましょう。
このニュースもいいですね。
     ↓
トヨタ車体(本社・愛知県刈谷市)が、低賃金の派遣労働者を使いまわす「クーリング」を中止しました。「法の解釈にのっとり、よろしくない」と、違法性を認めました。日本共産党の志位和夫委員長が衆院予算委員会(10月7日)でこの問題を取り上げてから、1カ月もたたずに中止に追い込まれました。(赤旗HPより)

赤旗だけではなく、民放のニュースでも放送できますね。

奥田さん、どうぞスポンサーを降りてください。

ちなみに、私は最近通勤用の自家用車を買い替えましたが、もちろんトヨタ製ではありません。カメラもキヤノンは買わないよ。

 
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )
« 贋作 泣いた... Luxemburgさ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (ななし)
2008-12-19 18:12:51
不買運動は良いですね。
日本国民がトヨタとキャノンを買わなくなれば彼ら経団連も焦るでしょう。
日本から出て行くかも知れませんけどw
そうなればなったでイイと思っております。
元々日本の製造業、と言うか世界の製造業はかなりの過剰生産体制、飽和状態ですから。
出て行っても日本に居るように保護は受けられませんからね。
出て行った途端に苛められて乗っ取られるのは彼ら自身よく分かってる筈ですw
出て行けるもんならとっとと出て行ってみろと。
そう脅しを掛ける前にやってみろと。
こう言いたいですね。
トヨタは社員には全く還元せずに社内留保でマネーゲームをやってかなりな額を溶かしたようです。
消費税の還付金制度や巨額の為替介入をはじめ相当国から補助金取ってる分際で良くやるよホント。
国の保護政策、そして勤勉な国民のおかげで大きくなった癖に生意気言ってんじゃないよと思いますよね~。
国民を売るんなら出てけと。
奥田が会長になってからの経団連は大きく変質した感が否めません。
土光氏や松下幸之助氏の爪の垢でも煎じて飲め。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。