いつかはあの頂に

還暦過ぎて少し焦っている老クライマーです。いつかは昔のようにアルパインクライミングへの復帰ができたらいいねえ。

寺尾七つ岩と権現山

2023-01-19 | 中濃の山
関市寺尾の七つ岩から権現山まで縦走してきました。
前日までどこに行くか決めかねていましたが天気も良さそうなので冬の低山陽だまりハイクとしました。


寺尾の千本桜公園駐車場に車を置き七つ岩登山口のある寺尾まで約2キロの車道を歩きます。


道路脇にある寺尾岩めぐり登山口到着。


最初に現れるよぼし岩。


よぼし岩の上から寺尾の集落を見下ろします。


こういう明るい陽射しの中を歩くのが冬の低山ハイクの魅力でしょうか。


高賀山と瓢ヶ岳。


後から登る権現山(左)と今日は登らない扮陽寺山(右)。


見晴らし台を経て七つ岩に到着。 大きいほうで5mぐらいでしょうか。


裏にハシゴがセットされているので上に上がれます。 低いほうの岩上でコーヒーブレイク。


一旦見晴らし岩まで戻ってから権現山に縦走します。


寒くもなく暑くもなく山歩きするのに一番よい気温。


だいぶ近づいてきました。


山頂手前の鉄塔から見た権現山。


権現山山頂にあるお堂。 
山頂からは良く登られているコースで駐車場まで下山しました。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

七七頭ヶ岳

2023-01-17 | 滋賀県の山
滋賀県長浜の上丹生より七七頭ヶ岳と新谷山を周回してきました。
先週の倉見で自作ワカンバンドのテストができなかったのでそのテストも兼ねてです。


上丹生の登山口には数台置ける駐車場がありました。 今日は私一人の様です。 YAMAPやYAMAREKOで直近の記録が載っていないことを確認の上やってきたのでトレースがないことを祈ります。


昨日は相当雨が降ったようです。 登山口の横を流れる高時川がまっ茶色の濁流でした。 雪が残っていればいいのですが。


しょっぱなから急登でスタートです。


本日は300mぐらいから雪が繋がってきました。





この辺りでワカン到着。


右手に見えた墓谷山。


同じく横山岳。


ワカンのおかげでだいたいは脛までのラッセルです。


頂上までもう一息。


山頂にある七七頭岳観音のお堂。


七七頭ヶ岳山頂。


山頂から新谷山へ縦走します。 と言ってもひたすら雪の林道を歩くだけですが。





今日はアルパインブーツではなく買ったばかりのスポルティバTX5で来ています。 この辺りから足がもう冷たくて。 防水スプレーも何も処理してこなかったので結露でしょうか? 古いゲーターはもうすっかり水を吸ってるしパンツの裾もずぶ濡れです。





ここが新谷山山頂。 山名プレートも何もありませんでした。


少し頭を出していた三角点。


雪は摺墨の集落まで続いていました。
駐車場に到着してシューズを脱ぐとソックスが搾れるほど濡れていました。 湿雪を6時間もラッセルすると新品とはいえトレッキングシューズだとこんなもんかなあ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

倉見山

2023-01-05 | 中濃の山
根尾の倉見山に行ってきました。

倉見山は夏に3回(うち沢1回)、秋に1回、冬に1回それぞれ別ルートから登っています。本日は自作のワカンバンドのテストの予定だったのですが、あろうことか肝心のワカンを自宅に忘れて来てしまいました。
新年早々大ボケです。 こういう時はソロがいいですね。 馬鹿にされずに済みますから。


うすずみ温泉の裏手の水道施設横から登ります。


400m付近。


500m付近。 やっと雪が繋がってきました。


600m付近。


700m付近。 この辺りでチェーンアイゼン装着しました。


800m付近。 雪は割と締まっているので脛ぐらいまでのラッセルです。


時折踏み抜くと股の辺りまで沈みます。


ああワカンが欲しい。


さほどえらくはないが早く歩けないのがもどかしい。


もう山頂手前。


山頂到着。 今日は三角点は探しません。 積雪は1mぐらいでしょうか。 昨夜降った新雪は6cmほど。


木立の向こうに見える岩岳。


さあ後は楽しく下るだけ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

兎走山

2023-01-04 | 西濃の山
新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。



今年の干支にちなんで初登りは兎走山。

昨年同様に怪我無く無事に帰って来ることをまず一番に心がけたいと思います。
それでいて月に一度ぐらいは会心の登山が出来たらいいなあと思います。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大平山と継鹿尾山

2022-12-29 | 愛知県の山
犬山の桃太郎神社から大平山と継鹿尾山に行ってきました。


桃太郎公園前のキャンプ場無料駐車所に車を止めます。 本日のキャンパーは12張りぐらいでした。 山での宿泊は慣れてますがキャンプは苦手な私です。


桃太郎公園からのスタートです。相変わらずシュールな桃太郎たちですね。
公園のトイレ横からせせらぎコースに進みます。


せせらぎコースに入ってすぐ右手にある大平山に突き上げる谷に入ります。


谷に入るとすぐ二股になりますが山頂に近い左又に入ります。 この辺りはガレガレです。





滑滝が出てきました。


ちょっと直登は無理な滑滝。 ここは高巻きして右の尾根に上がりました。


谷に戻ろうかと迷いましたがもう尾根をこのまま上がることにしました。


途中大きな岩壁に道を塞がれますが正面右手を直登して岩尾根の上に出ます。


岩尾根が終わると激藪というより棘が引っかかって痛い藪です。


なんとか大平山の稜線の遊歩道に出ました。


すぐ山頂でした。


大平山からはいったん下って石原登山口を経由し東海自然歩道で継鹿尾山に登ります。




石原登山口に到着。


途中右手に見えた大平山。


この道はよく整備された東海自然歩道です。


継鹿尾山山頂にある東屋。


東屋からは犬山城、犬山モンキーパーク、クライミングゲレンデのある伊木山が一望できます。


最後は紅葉で有名な継鹿尾観音の寂光院を経由して駐車場まで戻りました。

今日のハイクが今年の山納めとなります。 皆様よいお年をお迎えください。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする