N45-50

ロシア・サハリンと北海道を結ぶ架け橋ネット
Rがタイトルにあるとロシア語対応です

古き日本時代の文化を公開中 ユジノサハリンスク市

2018-10-04 05:47:24 | 情報

南サハリン居住者は根付の世界に飛び込むように提案されている

 
文化ユジノ・サハリンスク

Yuzhno-Sakhalinskに開かれた日本のミニチュア彫刻の展示。

サハリン州文化省、ユネスコ・サハリンスクの日本総領事館の代表者と地方行政官が、地域美術館での展覧会の開会に参加しました。

根付は伝統的な日本の衣装の一種で、江戸時代(1603-1868)に着衣として使用された着物の形をした滑り止めキーホルダー。着物ベルトにはインロー(薬箱)、財布、袋などの小物が必要です。

展覧会の主催者である「根付の魅力、日本の木のミニチュア彫刻」はユジノサハリンスク総領事館によって行われました。平野隆一総領事は、このイベントはロシアの日本とロシアの年の枠組みの中で行われていると指摘した。ヒラノ氏は、サハリン州政府と美術館の運営に感謝し、展覧会の開催を支援しました。彼はまた、このイベントが、ロシアと日本の間の文化交流を含む、交流のさらなる発展に役立つだろうという自信を表明した。

セルゲイ・ナサダイン市長は、地域センターと日本は長期的な経済的・人道的結びつきによって結ばれているが、その基本は文化的協力のままであると述べた。市長は、展覧会の主催者にこの文化イベントに参加し、ユニークな作品を知り、日本のミニチュア彫刻の世界に興味をそそられることを願った。

この展覧会では、木彫り家と現代アーティストによる日本財団のコレクションから、根付65点を紹介します。根付の世界に身を浸すには、主人が与えたイメージのエネルギー、形の奇妙さを感じるために、展覧会には手に取ることができるアイテムがあります。根付の巨匠の作品に関する映画がホールに展示されています。

この展覧会は10月17日まで開催され、IA Sakh.comは市役所のプレスサービスを引用しています。

 
 
コメント