N45-50

ロシア・サハリンと北海道を結ぶ架け橋ネット
Rがタイトルにあるとロシア語対応です

ウインタースポーッ花盛り サハリン便り

2012-01-30 09:25:17 | 娯楽・スポーツ


 ソース Sakh.com サハリンマン
 北海道でも冬のスポーッが各地で開催されています。
 Wカップジャンプ男子二連戦では、日本勢が金メタルを獲得しました。
 ソチ五輪へのメタルが男女共に期待されています。
コメント

青少年スポーッ交流 サハリン発

2012-01-29 10:36:42 | 娯楽・スポーツ
 これは、スポーツ、観光や青少年政策の庁の2011、頭部、マゴメドマゴメドフを加算し、報告された。

 -第一に、サハリン州知事アレクサンダーKhoroshavinに代わって開発された2010年から2018年年間における体育スポーツの地域開発プログラムの実施の年、だった-モハメッドはアリエフを言った。

 プログラムは既にスタジアム"ヴォ ​​ドニク"の第一段階を委託し、湾やホルムスクで同様の施設を設計したコルサコフでのスポーツ複合施設の建設、工事の書類を準備、threeスタジアムの再建を開始した-ホルムスク、ユジノサハリンスクをとアレキサンダー、サハリン-相対論的。新しいスポーツの複合体はNevelskに就役した、と2012年にそれが競技場の再構築を開始します。

 -これはnevelchanのための大きいギフトである、と我々は近い将来に新たな高みにあるスポーツの上昇が信じている- 。
マゴメドフを言う良いニュースがあるとスキーのための。今年はAlexandrovskユジノサハリンスク、ウグレゴルスク、マカロフ、Gornozavodsky、Nevelskでリフトの設計を開始します。山スキー、複雑な"山の空気"の概念の発達に関する知事への代入があります。
 物理的な文化とスポーツの開発プログラムのためのスポーツ施設の建設と再建が継続されます。と順序になっている2011年の場合、ほぼすべての地域のスポーツ施設に改装され、近代的な設備や装置を搭載し、2012年にはスポーツ学校で同じような仕事を保持するために計画されています。

 観光マゴメドフの分野における2011年の重要なイベントは、第六サミットを命名北海道とサハリン地域の市民は、ユジノサハリンスクで開催されました。

 この会議の一環として、ロシア、日本の観光事業の発展を議論する。その約90%を思い出してください。サハリン地域の領土に来る観光客は、日本の市民です。

 - 2012年には、我々は、観光開発のプログラムを準備し、採用を開始する必要があります- 。
スポーツ、観光、青少年政策の代理店の頭のための彼の計画の共有が重要な政策文書が現在の年にとの採択される青少年政策。。

 2011年に代理店がステージ上で青少年政策の概念"青少年サハリンと年間2012から2018までの千島列島、"開発した場合は-同様のプログラムの受け入れをマゴメドマゴメドフはまた、サハリン地域の2012年に健康な生活の年になることを想起した。

公開:25/01/2012午前15時35分 著者:ユージンShereshevsky  Sakh.com

サハリンマン  サハリン・北海道の青少年によるスポーッ交流の強化を要望しています。
コメント

最強 サッカーコーチ就任 クロアチアから助っ人 サハリン便り

2012-01-28 09:39:01 | 娯楽・スポーツ
 ワールドカップの二つ銅メダルを訓練クロアチアのコーチズラスタンコビッチは、、FC"サハリン"のスポーツスクールで動作します

 クロアチアのコーチズラスタンコビッチは、ユジノサハリンスクで、今日到着しました。
2月1日から、彼はコーチ、コンサルタント、スポーツ学校のサッカークラブ、"サハリン"として作業を開始します。

 銅メダルを受賞し、ワールドカップ1998 Davor Shukeraで得点王 - クロアチアでは、スタンコビッチはほとんどのタイトルのプレイヤーが彼の国はすべての時間だもたらしたことが知られている。ゴランVlaovich - 国の代表チームでMundialyaのブロンズは、別の生徒スタンコビッチを得た。

 サッカークラブスポーツスクール"サハリン"の新ヘッドコーチの弟子の中でも2回はクロアチアで最高の選手を投票したと同時にその国のチャンピオンシップのプレイヤーが目詰まり最もなったTsvitanovichaイゴールを、区別することができます。

 としてズラスタンコビッチ、彼はスキルの攻撃のプレーヤーのラインを与えることができる最善のことを認めた。

 彼はサハリンの才能のために貧しい人々ではないと確信している、私達はちょうど初心者プレイヤーにそれらを考慮して開発できるようにする必要があります。

 そして彼がそれを何ができるか、子どもたちのコーチは何度も主張している。

 クロアチアの専門家は、そのコーチングはトリビアではないと考えています。
そしてその結果は、教師と子どもたち自身の仕事上だけでなく、熟練したプレイヤーから自分の子供を育てるために親の意志に依存しないだけでしょう。

 あなたがサッカークラブ"サハリン"の基本的な構造体への最初のプレーヤーを調達するためにかかる時間尋ねると、ズラスタンコビッチは自信を持って答え - 4~5年から。
学校でクロアチアのサッカーのコーチの主な機能の一つは、"サハリン島"は訓練のサッカー選手のための効果的なシステム、FC"サハリン"のプレスサービスを作成します。

 ソース Sakh.com サハリンマン
コメント

露日関係を波立たせる必要はない ロシア外務大臣発言

2012-01-27 18:06:22 | 情報
 ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外相は、28日から29日までの訪日を控え、共同通信とのインタビューに答えた。

 その中で外相は、「日本とは長年にわたって、多くの国際問題および地域問題において相互に受け入れ可能な解決を共に探って来た仲間であり、その日本との関係はロシアにとって特別を意味を持っている。」と語っている。
 
 日本の玄葉光一郎外相との交渉議題についての質問に答えたラヴロフ外相は、政治対話の深化、経済発展の近代化を保証するための、特にエネルギーおよび投資分野を中心とした貿易経済協力の拡大、人文分野、文化交流などにおいて大きな潜在力があると考えていることを明らかにした。

  また日本と共同で、極東およびシベリアでの石油、ガス、石炭の開発を行う可能性について、そしてエネルギー分野での協力が露日関係の緊密化に重要な役割を果たし得るか、という質問に対して、ラヴロフ外相は、2011年3月11日の後、ロシアから日本への支援が、すこしでも心理的ショックや経済的被害、放射能汚染などを軽減するために役立つことを願っている、と語っている。

  エネルギー分野での協力が、露日関係の強化において、重要なファクターの一つとなり得ることも指摘している。

  ラヴロフ外相は、日本企業とロシア連邦エネルギー省および国営原子力企業「ロスアトム」によって構成されている実務グループの枠内で、日本経済のエネルギー調達の改善や福島第一原発の事故処理などを促進するような実のある結果が得られることを期待する、と述べている。

  領土問題におけるお互いの譲歩に関する問題について、ラヴロフ外相は、ロシアが日本と協力して、平和条約の調印に関する結果を生むような対話に、将来つながるべき好ましい雰囲気を作り出していく準備がある、と答えている。

  そのために必要なものとして、外相は次のものを挙げている。

  第一に、両者が存在している現実を客観的にとらえることだ。それはまず、日本側が「北方領土」と呼んでいる南クリル諸島は、第二次世界大戦の結果、合法的にロシアに編入されたものである、ということだ。それは国連憲章によっても確認されており、それらの領土に対するロシアの主権は疑問の余地がない。

  第二に、露日関係を波立たせる必要はない、ということだ。特にいま挙げたような現実に背くような様々な公式発表や行動を行わない、ということだ。

  第三に、露日関係を経済分野、人文分野、および南クリル諸島の共同開発を含む国際問題などの領域で幅広く発展させていかなくてはならない。ロシア側の法律は、クリルの共同開発にあらゆる可能性を提示している。

  ラヴロフ外相は、露日対話を取り巻く雰囲気は最近、より好意的で信頼出来る性格を帯びてきていると指摘している。それは2011年3月11日の日本での出来事を克服していくために、両国が緊密に協力している結果、可能となったものだ。

 一方で、日本の記者らは2010年に両国関係が悪化したとしているが、ラヴロフ外相はその原因として、ロシア指導部がロシアの主権的領土である南クリルを訪問したことではなく、日本側がそれに対して至って感情的に反応したことを挙げている。

ロシアの声 サハリンマン

 日本のマスコミは総体的に、政治屋及び官僚の下働きにのプロパガンダの要素を含んでいるのが大半である。
コメント

ロシアで、地熱発電への関心高まる

2012-01-27 09:26:16 | 学ぶ
1月からロシアで地熱発電の実験プロジェクトの実現化が始まった。
モスクワから650キロ南東に位置するモルドヴィア共和国では、地熱発電による暖房が設備された「エネルギー効果の家」が作られる。また、北カフカスのチェチェン共和国でも地熱エネルギー分野を発展させる準備がなされている。
 専門家らはロシアにおいて地熱発電の関心が高まりつつあると分析している。地熱エネルギー市場では、地熱発電分野の速やかな成長のためには、国家の援助が必要であると叫ばれている。

 日本における福島第一原発の事故と事故後に沸き起こった原子力発電の未来についての論争を受け、代替エネルギーへの関心が高まった。
多くの国々で、地熱発電のより広範な利用が求められ始めた。
地熱とは地下深層の熱を指し、地熱発電は、風力発電や太陽光発電と同じく、最も安価なエネルギー源を利用する。
その発電方法は、理論的には単純で、高熱の地下水が湧く場所を見つけ、ボーリング作業を行い、地熱発電所を建設するだけでよい。
あとは、無料のエネルギーを電力に変換し続ければよい。

 しかし、実際には、地熱発電の実現は大変難しいと、金融コーポレーション「アトクリーティエ(開化)」のシニア・アナリスト、セルゲイ・ベイデェン氏は語る。

 「地熱発電所の建設費用は、建設予定地の地理的条件と特殊性によって異なります。ロシアにおいて地熱発電に関心をもっているのは極東地方だけです。
地熱発電は採算が取れるでしょうか?エネルギー市場における現在の値段と税率を見る限り、現在のところ、地熱発電は採算がとれません。
でも、将来には地熱発電プロジェクトへの関心の高まりが現れる可能性はあります。」

 現在、ロシアの極東地方では、5基の地熱発電所が稼働している。全体の発電量は、80メガワットを超え、全需要電力の3分の1をカバーする。
そして、さらに発電量を増やすことも可能だ。そして、カムチャッカだけでも、地熱発電の規模は、100ワット以上だと査定されている。
しかし、大きな産業的需要がないまま、プロジェクトを進めるのは赤字となり、投資を呼び寄せたとしても採算が取れない。

ロシアの他の地方においても、地熱発電は可能ではあるものの、政府の援助がなければ、政府が値段を調整し、不足分を補填している天然ガスと競合することはできない。

 ロシアで最大の地熱発電所を所有している専門会社「ルスギドロ」は、ロシアの地熱発電における経験は、西側諸国のものに引けを取らないと発表している。
「ルスギドロ」は外国のプロジェクトへの参加を検討しており、アイスランドのレイキャヴィク・ジオサーマル社と協議を行っている。
さらに、同社は、外国企業がロシアにおいて活動することに興味を持っていると明らかにした。これらの事業は、電力における税率の自由化を見越して計画されている。

 ガス大手の、「ガスプロム」も、国内分と輸出分のガスの値段の統一化に、すでに乗り出している。

 今後、暖房代は天然ガスと地熱のどちらの方が安くつくだろうかと家を持つ人は頭を悩ませることとなるだろう。そして、専門家らは、小規模の地熱利用においても将来的な展望が見込めると声をそろえて述べている。

 地熱の小規模利用とは、地熱と地下水の熱を発電ではなく暖房として利用することを意味する。
このようなプロジェクトは、極東地方、シベリア、南部、カフカス地方の共和国およびカリーニングラード地方、さらにはモスクワ郊外やアルハンゲリスクといったロシア全土で計画中だ。
このプロジェクトの対象には、個人の一軒家のみならず、全団地および温室栽培農業も含まれる。

 地熱の小規模利用プロジェクトにおいては、地熱発電所を建設する必要も熱配管系を敷設する必要もないため、地熱暖房システムは、他のシステムと競合可能で、投資段階においてはより効果的ですらある。

 ロシア国内では、約50か所の地熱発電所が稼働している。国家の援助で、プロジェクトの費用とエネルギー費と温熱費の最終価格を下げることが可能となるだろう。
世界で最も地熱発電量が多いのは米国だが、個々の発電所の発電量が最も多いのはアイスランドとフィリピンとなっている。

 ソース ロシアの声  サハリンマン
 北海道にも地熱発電所が一箇所あります。
これから北海道各地で立地条件と環境基準が整えたら近い将来、地熱発電基地として
エネルギーの再開発が可能となります。 期待したい資源でもあります。
コメント

特許庁の基幹系刷新「中断が妥当」、外部委員会が報告書

2012-01-26 09:50:35 | ロシア・地震予知情報
特許庁は2012年1月24日、外部の有識者による「特許庁情報システムに関する技術検証委員会」がまとめた「技術検証報告書」を発表した。報告書は特許庁が5年前から進める基幹系システムの刷新プロジェクトについて、「いったん中断し、具体的な対応策を講じた上で再開することが妥当」と結論付けている。 ロシアの特許書 アメリカの特許書

 特許庁の基幹系システム刷新プロジェクトは進行が遅れ、現時点で稼働のメドがついていない。2011年9月からは、技術検証委員会が特許庁およびプロジェクトに参加する東芝ソリューションとアクセンチュアの関係者に問題点などをヒアリングしていた。

 中断の原因について、報告書では「設計書に修正すべき項目があり、それらを解消する見通しは立っていない」「仮に修正が2年で完了するとしても、その後の工程にかかる期間を勘案すると、2014年1月に稼働させるという現在の計画を実現するのはほぼ不可能」などと述べている。

 報告書では「中断」という表現を使っているが、既に報じたように、特許庁は現体制によるプロジェクトを取りやめる方針を固めており、報告書を受けて中止を決めるとみられる(関連記事:特許庁、難航していた基幹系刷新を中止へ)。

 特許庁はシステム設計とシステム基盤の構築を東芝ソリューションに99億2500万円で委託、アクセンチュアと30億円超のプロジェクト管理支援契約を結び、プロジェクトを進めてきた。ところが設計が始まると、現行の業務やシステムを理解した職員と技術者が足りない問題が表面化、進行が滞っていた。

 2010年6月には特許庁の元職員がシステム関連情報の見返りに、現行システムを担当するNTTデータの元社員から200万円超のタクシー代を受け取り、収賄容疑で逮捕されている(関連記事:「システム入札情報入手に賄賂」、特許庁審判官とNTTデータ社員を逮捕)。

 この事件を受けて、特許庁は外部の有識者による「特許庁情報システムに関する調査委員会」を設置。同委員会は2010年8月に事実関係を解明した報告書をまとめた。報告書はプロジェクトの進行について「遅延は生じたが、体制強化などによって改善傾向にあり、プロジェクト再開は可能」と結論付けていたが、結果的に改善することができなかった。

 特許庁が5年前から進めてきた基幹系システムの刷新プロジェクトを中止する方針を固めたことが、日経コンピュータの取材で分かった。当初は2011年1月の稼働を予定していたが、業務分析の遅れなどから要件定義と設計が難航。稼働を3年遅らせたが、立て直すことができなかった。

 政府が策定したレガシーシステムの刷新指針に基づき、特許庁は2004年10月に「業務・システム最適化計画」を策定した。この刷新指針は、特定のITベンダーとシステム保守などを長期契約することによるITコストの高止まりを解消する目的で策定されたものだった。同庁はさらに、入札に分割調達の仕組みを採用して競争原理を働かせることを目指した。

 要となるシステム設計とシステム基盤の構築については、東芝ソリューションが入札予定価格の6割以下の99億2500万円で落札した。ところがプロジェクトが始まると、現行の業務やシステムを理解した職員と技術者が足りない問題が表面化、進行が滞った。特許庁はアクセンチュアと30億円超の契約を結び、同社にプロジェクト管理支援を委託していたが、それでも遅れは防げなかった。

 特許庁のシステム刷新を巡っては、外部の有識者による「特許庁情報システムに関する技術検証委員会」が現在、プロジェクト継続の可能性を調査している。近々、同委員会が報告書をまとめる計画だ。システム刷新に携わる関係者によれば、報告書はプロジェクトの中止を促す内容になる可能性が高いという。報告書を受けて、特許庁はシステム刷新の中止を決めるとみられる。  ロシアの特許庁長官

 サハリンマン
コメント

ロシア式 移動サウナ 冬季用 サハリン発 宣伝用

2012-01-25 08:53:50 | 情報
同社は、"ノビク"サハリンでは、モバイル風呂"Mobiba"を提供
洗礼盤で泳ぐことを文化とレジャーの都市公園における優れた湖に昨日来たサハリンの人々、、のための気持が良い驚きは、モバイルサウナのほとりに設立されました。誰もが氷水の後にそこで暖かくなることができます。
"ノビク"、会社がそれらを与えられたこの無料の機会 - モバイル風呂ユジノサハリンスクで"Mobiba"のメーカーの公式販売店。
あなたは、あなたが買うものを選ぶことを余儀なくされている場合 - お風呂やリビングのテントを、そして今、これらの機能の両方を単一の製品で取得することができます。"ノビクは、"サハリン風呂モバイルプロフェッショナルとツーリストクラスを提供しています。彼らは、スポーツやアクティブなレクリエーションを愛する人のために適しています。バスは10-20分(そのサイズに応じて)に設定しても非常に厳しい霜で、100度以上の温度に石炭や木材で焼成する。特殊な炉が供給されています。
それらは簡単に平らな地面にインストールすることができるので、モバイル風呂は便利です。同時に、これらのテントの中でリラックスは2~12人からすることができます。"Mobibyは"漁師、ハンター、旅行、夏の住民のためだけでなく、釣りの工場、建設現場などで使われるだけではなく
直接ノボシビルスクから、生産者価格で"ノビク"によって提供されるモバイル浴場のすべてのモデルは、、オンラインストアを注文することができます。 Shoppy.ru。
2月1日の前に要求を行ったと送料無料を受け取ります。配達時間 - 5-8日。
26-89-40:すべてのお問い合わせは電話をしてください。 Sakh.com サハリンマン

 モバイル風呂のお値段

コンパクトタイプ 24990ルーブル 
      ツーリストタイプ 29990ルーブル 
             モバイルバースプロクラス63990ルーブル
 
 日本円 70000円から 120000円程度です。
コメント

小熊を救助した シベリア森林警備員

2012-01-24 09:24:38 | 動・植物・環境
ロシアの声


沿海地方森林警備員 2頭の小熊を保護
null 2/4Photo: RIA Novosti


ロシア沿海地方の森林警備職員らは、冬眠用の穴の中で偶然、二頭のヒマラヤ熊の子供を発見した。
リア・ノーヴォスチ通信によれば、母熊は密猟者により殺されたが、幸い、小熊達はシトフスキイ・サファリ・パークのドミトリイ・メゼンツェフ園長が自宅に連れ帰った。

もし森林警備員により発見されなければ、小熊達はタイガ(シベリアの密林)の中で確実に死亡していたと見られる。 今のところ小熊達の今後については明らかではないが、タイガの厳しい寒さに凍えることなく、温かい世話とミルクが保障されている。

リア・ノーヴォスチ



コメント

日本政府が隠匿作戦 東電 原発事故  

2012-01-24 09:23:48 | 情報
 重大疑惑 犯人は誰だ 官邸「原発対策本部」議事録がない!
 民主党政権のデタラメが改めて俎上に上っている。「原子力災害対策本部」の議事録の問題だ。
昨年5月に枝野官房長官(当時)が「議事録を取る場がほとんどなかった」と明かしていたが、“ほとんど”ではなく“まったく”作成されていなかったのである。

 「原子力災害対策本部」は、総理大臣が本部長に就き、全閣僚がメンバーとなって、事故当日の昨年3月11日に設置された。除染の基本方針や避難区域、農作物の出荷制限など、原発事故をめぐる重要な決定をしてきたとされる。
 ところが、NHKによると、会議の議題を書いた「議事次第」を作っただけ。会議でどんなやりとりがあったかが分かる「議事録」は作っていなかったという。事務局を務めていた原子力安全・保安院の担当者は、NHKの取材に「業務が忙しく議事録を作成できなかった」と釈明している。
 
 しかし、公文書管理法は、政府の意思決定の過程を検証できるようにするために、重要な会議の記録を残すように定めている。議事録ゼロはあり得ないし、あってはならない。自分たちの失策が記録されると困るので残さなかったか、本当はあるのに誰がなにを話したかバレるとマズイので、なかったことにしたのではないか。どう考えても不自然だ。公文書の管理に詳しい名古屋大特任教授の春名幹男氏はこう言う。

 「議事録を作成しないという重大事を、官僚の一存で決められるとは思えません。民主党は“政治主導”を掲げていたからなおさらです。菅総理か枝野官房長官の指示があったと考えるのが自然。恐らく、情報もなく、微妙な問題なので『フリートークでいきましょう』となったのでしょう。ただ、官僚の習性として個人的にメモを残しているはず。あとで大臣から『あれはどうだったかな?』と聞かれた時、答えられないと困りますからね。3・11以降、官邸がどう動いたのかは、将来、同じ過ちを犯さないためにも、絶対に記録しておくべき。議事録がないのは国民的な損失です」
 
 いったい、誰が「議事録」の作成を止めたのか、会議でなにが話されたのか。官僚の個人的なメモでもなんでもいいからかき集めて、真相を明らかにしないとダメだ。

 何はともあれ「公人の議事録」が存在しないのが、民主主義の世て゜はありえない。
当時の「菅政権」に責任を追及する。
その「つけ」は、補ってもらう。   サハリンマン

「公文書保管法」に接触している重大な犯罪でもある。 
 犯罪に関わった官僚の指導的「それに従った政治屋」 感触が強く感じられる。
コメント

行政執行で国益にそぐわない「馬鹿のいる日本」 1月の公務員不祥事 日本版

2012-01-23 08:39:06 | 情報
配布ミス4565人に影響 センター試験、異例の混乱(01/15 23:07)

問題冊子の配布ミスについて説明する大学入試センターの惣脇宏理事(右)=15日夜、東京都目黒区の同センター
 大学入試センター試験は2日目の15日、理科と数学を実施し、全日程を終了した。2日目は大きなトラブルはなかったが、初日に問題冊子の配布遅れなどのトラブルが続出した地理歴史と公民では、少なくとも58会場の4565人が開始時間繰り下げなどの影響を受けたことが判明。不手際によるトラブルとしては異例の規模となった。

 センターの惣脇宏理事は「多数の受験生に迷惑をかけた。今後は運用の改善を検討したい」と謝罪した。

 センターによると、10分以上開始が遅れたのは48会場の4053人。繰り下げ時間が最も長いのは静岡大の40分だった。 センター試験 許されぬ問題配布ミス(1月17日) 大学入試センター試験(14、15日実施)で、試験問題冊子の配布トラブルが続出し、全国で4500人以上が試験時間の開始繰り下げなどの影響を受けた。

 1990年に始まったセンター試験で、過去最悪の混乱といえる。

 全国統一の試験は公平であることが前提だ。これが損なわれると、信頼が失墜する。

 独立行政法人・大学入試センターと各大学は、配布ミスや混乱がなぜ起きたのかを洗い出し、再発防止に万全な対策を講じてもらいたい。

 受験生に不利益があった場合は、救済に積極的に対応してほしい。

 混乱は1日目の地理歴史(世界史Aなど6科目)と公民(現代社会など4科目)で起きた。今年から、全10科目のうち最大2科目を事前に選択できるよう改められた。

 120分間の試験前に、地理歴史と公民の2冊とも配る手順だった。2倍の手間となり、開始時間に間に合わなかった会場もあった。

 問題なのは、地理歴史しか渡さず、公民の配り忘れに後から気付いた約10会場のケースだ。60分後に答案を回収する「第1解答科目」のみを合否判定に使う大学もあり、受験生は通常、得意科目を先に解く。

 ところが、開始のチャイムが鳴っても問題が手元に来ない。本番に備え、懸命に準備をしてきた受験生は焦り動揺したことだろう。

 道教大札幌校の教室でも同様のことが起き、2科目目の開始が1時間も遅れた。受験生は事情説明のないまま、座って待たされたという。

 ミスが判明した後の対応も悪い。試験時間が10~48分延長されたり、逆に短くなって再試験の対象になるなど、各地でバラバラだった。

 極度の緊張を強いられる受験生には、あまりにも酷ではないか。

 道外では、間違いを訴えても地理歴史が最初だ―と、当初は取り合わなかったケースもあったようだ。

 配布に時間がかかるのは予想されたが、配り忘れは極めて初歩的ミスだ。試験監督者の姿勢が疑われる。周知にも手抜かりがあったとしか言いようがない。

 今年は変更点のほか、携帯電話の不正使用をめぐる注意もしなければならなかった。こうした説明にも時間が取られ、試験開始時間が守られなかったケースも目立った。

 宮城県の気仙沼高会場では、東北大の不手際から英語のリスニング機器が届かず、2時間遅れとなった。「確認を怠った」との釈明では済まされない。

 今年約52万人が参加した試験のあり方自体に、無理は生じていないのか。それも含めて、関係者は事態を重く認識するべきだ。


警視庁巡査、中1女子に痴漢容疑 西武新宿線内で尻触る

 警視庁第6機動隊の20代の男性巡査が電車内で女子中学生の尻を触ったとして、東京都迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されていたことが18日、捜査関係者への取材でわかった。容疑を認め、釈放されたという。

 捜査関係者によると、巡査は17日午後5時すぎ、西武新宿線の高田馬場駅(東京都新宿区)から鷺ノ宮駅(中野区)に向かう電車内で、隣に立っていた中学1年の女子生徒の尻を触った疑いがある。ほかの乗客に見つかり取り押さえられた。仕事を終え、帰宅途中だったという。

京大医学部生が電車で女性の下腹部触る
2012.1.19 05:00操作メニューをスキップして本文へ

 いくら医者の卵とはいえ、その“触診”はババ~ン、アウトォ!!
 走行中の電車内で、女性の下腹部を触ったとして、京都府警七条署は18日、府迷惑行為防止条例違反(痴漢)の疑いで京都大医学部3年、大坪尚貴容疑者(21)=大阪府柏原市=を逮捕した。同署によると、「すみません、触りました」などと容疑を認めているという。
 逮捕容疑は18日午前8時6~8分ごろまでの約2分間、JR東海道本線、米原発姫路行きの普通電車内で、アルバイト女性(31)の下腹部を左手で触った疑い。
 同署などによると、大坪容疑者はクラブ活動でボート部に所属。同部ホームページ上では「体力をはるかに超える勝ちたいっていう強い気持ちは肉体を動かすんだ」などと座右の銘を披露しているが、今回は“女性を触りたいっていう強い気持ちが手を動してしまった”ようだ。
 大坪容疑者は前日(17日)、滋賀県大津市のボート部合宿所に宿泊。18日朝、京大への通学のため、JR石山駅から電車に乗車。電車が山科駅から京都駅へ向けて走行中、Gパン姿で立っていた女性の股間に、手のひらを押しつけていた。
 当時、車内は通勤ラッシュで混み合っており「体の下のほうは見えない状態だった」(捜査関係者)といい、「カバンが当たっている」と思いこんでいた女性が、恐る恐る自分の手を下げて確認すると、そこにはボートで鍛えた大坪容疑者の超ごっつい手があったという。
 ブチギレた女性が大坪容疑者の手をガッチリとつかみ、「痴漢したでしょ!!」と問いつめ、京都駅で駅員に引き渡した。
 京都大学は18日、サンケイスポーツの取材に「事実確認が済んでおらずコメントできないが、事実ならば誠に遺憾」などと話した

上席国税調査官を盗撮容疑で逮捕 池田(01/10 16:15)
 【池田】池田署は10日、道迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで、帯広市東7南12、十勝池田税務署上席国税調査官大西秀之容疑者(40)を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年12月6日午後5時45分ごろ、十勝管内池田町のコンビニエンスストアで、雑誌を読んでいた女子高校生(17)に背後から近づき、スカート内をカメラ付き携帯電話で撮影した疑い。<北海道新聞1月10日夕刊掲載>

経産省係長が駅ホームで盗撮容疑 東京・小金井、現行犯逮捕(01/06 13:42)
 経済産業省資源エネルギー庁新エネルギー対策課係長の男(34)が昨年末、駅のホームで盗撮したとして、警視庁小金井署が東京都迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕していたことが6日、同署への取材で分かった。係長は容疑を認め、送検後に釈放された。

 逮捕容疑は、昨年12月28日午前8時20分ごろ、東京都小金井市のJR中央線武蔵小金井駅ホームで、前に並んでいた女性のスカートの中をペン型の隠しカメラで撮影した疑い。

 小金井署によると、カメラに動画が残されていた。係長の挙動が不審なため駅員が110番した。「興味本位だった」と話しているという。

女子高校生を盗撮の疑い 原子力担当の道職員を逮捕(01/06 23:03、01/07 00:12 更新)
 札幌北署は6日、道迷惑防止条例違反(ひわいな言動)の疑いで、札幌市西区八軒6西6、道総務部危機対策局原子力安全対策課主任(34)を逮捕した。

 逮捕容疑は5日午後7時45分ごろ、同市北区のスーパーのエスカレーターで、女子高校生(18)のスカートの下にビデオカメラを差し入れ、動画を撮影しようとした疑い。

 同署によると、容疑者は「仕事でストレスがたまり、20代後半から500回以上、盗撮を繰り返していた。(この日も)10人ぐらい盗撮した」と供述しているという。

コメント