N45-50

ロシア・サハリンと北海道を結ぶ架け橋ネット
Rがタイトルにあるとロシア語対応です

ホルムスク観光案内 三

2017-05-31 05:56:58 | 旅行・観光・買い物

 

ヴィクトル・チューリン
ヴィクトル・チューリン

「船上!」Turizmatichesky

マカロワはすぐに公共の庭の勝利となるべき広場につながる通りダウン短い旅行 - 近代への移行の歴史から。今ここに - 裸地、臆病な木と空のベンチのカップル。通りの反対側には、行政からのガイドを注意することは誇りに思って、今街の景色を眺めることができます展望台を、組織化された - それまで景色を眺めための「高層」裏庭にコーナーを見つけなければなりませんでした。そして今、文明。

階下趣のあるモザイク代替修理屋根や住宅開発右無愛想なモンスター探して、建物の崩壊ファサードは、缶詰工場できます。現在、同社は、唯一の生産ラインを採用しています。壁のブランドオフ、それが街を照らす目を細め、レーニン - 彼らが言う何も、プロレタリアは、突破します。

しかし、憧れの主な目的 - もちろん、海。遠く、セミ隠しミストブルーの広がりは静かにそれは岩の堤防の上にバックスプラッシュ、海岸に巻かれ、うなり声。

5分後、すでに底に参加ツアー - プロムナードには、防波堤を眺めかつパワフルな石のグラフィックスを愛します。「ヨットと私は大好き海、」少し変色白色塗料は述べています。それは、ソ連の小さな遊歩道あり - 場所を変更し、愛が残ります。未知のアーティストはもちろん、見てではなく、ここではヨット - (実際にエリックKomnatskogoと名付け、地域の学校の夏のスポーツの枝である)地元のヨットクラブでの睡眠。

- 私たちは、長い航海、護衛船のためのボートクルーズ、子供たちのディンギーを持っています。伝統的にホルムスクレガッタで開催された - 勝利の日は、すでに30年経過している、ネベリスク海峡カップ - バニノ、Sovgavan、コムソモリスクの本土から来て、そして「秋ブリーズは」まだあります。ロシアの日にも、祭り「ロシアの帆」になります - ディレクターマイケル・スモリアコブ氏は述べています。 - 私たちは、今、私たちは学校のために待っているものの中に、サハリンまでやって、約60人がネベリスクになります持っています。

ホルムスクポートを歓迎では、かなり頻繁に他の国でヨットを来Smolyakovを継続 - 今年、スウェーデン、スイスからの乗組員を待って、日本からの2つのチームが7月にアンカーを落としました。観光客は、少なくとも日本では、少なくとも、カムチャツカにかかわらず、千島列島を取り、船員自身ホルムすることができます - 公差と耐航ヨットができます。ここだけの安全性への毎年の要件が厳しくなる - 選手における血管のフル装備で、単純に十分なお金を持っていません。

- 国際観光はちょうどセーリングに基づいて開発しています。それはエキサイティングだ、それは楽しい、素晴らしいことです。我々はまた、我々がここにプライベートボートを持って、ヨットを借り、乗客を運ぶために計画されました。ここではこれらの公差だけの問題で - だけでなく、何のリソースがありません。そして、彼らが表示されるの助けなし - ビクター馬、サハリンエリアセーリング連盟の幹部会の会長を含まれています。

マイケル・スモリアコブ
マイケル・スモリアコブ
イゴールVitohin
イゴールVitohin
コメント

中学生も防衛訓練 自国を守る努力

2017-05-30 15:16:41 | 情報

南千島列島の第10次5カ中等学校は、軍事訓練キャンプに参加しました

 
Новости Курильских островов , Южно-Курильск 千島列島のニュース古釜布

С 26 по 31 мая на базе пулеметно-артиллерийского полка на Кунашире прошли ставшие уже традиционными очередные военные сборы десятиклассников пяти средних школ Кунашира и Шикотана. 26から5月31日に国後島の機関銃と大砲連隊に基づいて、伝統的な、通常の軍事訓練の第10次5カ中等学校国後島と色丹島を可決しました。

Старшеклассники в течение пяти дней проживали в казармах по распорядку воинской части.ルーチン部隊の兵舎に住んで5日間の高校生。 Подъем в 6 утра, утренняя зарядка, завтрак в столовой, усердная физическая работа — через все это прошли участники сборов.朝、朝の運動、ダイニングルームでの朝食、ハード物理的な作業では6でアップ - それをすべての参加者は、手数料を行ってきました。

Попав на территорию воинской части 71435 п. Лагунное, ребята сразу же погрузились в атмосферу военной жизни.軍事ユニット71435 pの領土たら。Lagunの連中はすぐに軍隊生活の雰囲気に突入しました。 Им рассказали об истории основания части, ознакомили с боевым оружием и военной техникой.彼らは軍の武器と軍事装備と知り合い、ベースの歴史について語りました。

В практических занятиях по стрельбе из боевого оружия (АК-74, ПМ) каждый старшеклассник примерил на себя специальное обмундирование, а также смог сделать несколько выстрелов.実用的な特別な服を試着する戦闘兵器(AK-74 PM)から、すべての高校生の撮影でトレーニング、およびいくつかのショットを作ることができました。 Ребята были разделены на несколько групп: пока одни стреляли, другие собирали и разбирали оружие.子供たちはいくつかのグループに分けた:いくつかのショット、他の人が武器を組み立て、分解しながら。 Помимо молодых людей, во всех мероприятиях принимали участие и девушки-старшеклассницы.若い人たちに加えて、すべてのイベントに出席し、女の子の高校生。

По окончании сборов на общем построении были подведены итоги.結果の一般的な構造上の解約手数料の際に発表されました。 Перед участниками выступил заместитель командира по воспитательной работе пулеметно-артиллерийского полка подполковник Олег Галиаскаров.参加者は、機関銃や大砲連隊の教育活動、中佐オレグGaliaskarovの副司令官によって対処されました。 Он поздравил ребят с успешным окончанием военных сборов.彼は軍事訓練が正常に完了して子供たちを祝福しました。 Каждый участник получил свидетельство о прохождении подготовки по основам военной службы.各参加者は兵役の基本に訓練の証明書を受け取りました。 Об этом сообщила газета "На рубеже".これは「変わり目」新聞によって報告されました。

 

Наталья ЧекалкинаナタリアChekalkin

すばらしい少年たちです。自国の防衛を自前で訓練する努力は見上げたものです。 日本の少年らは「平和ボケ」でこの様な発想もできないが、残念です。 サハリンマン

 
コメント

ホルムスク新発見 二

2017-05-30 06:16:29 | 娯楽・スポーツ

二次世界大戦からこれ以上の重要なモニュメントは、主催者は、市内でプロモーションツアーは残って気付きません。

マリーナ・サイドロバ
マリーナ・サイドロバ
アンドリューSuhomesov
アンドリューSuhomesov

スターリンの帝国バナーファサード

Avtobusikホルムスク管理は、再び甌穴にパスの「リング」を通じて風をガラガラ。言葉Andreya Suhomesovaブレークを通じて口笛風。

- 私たちは、硫黄泉でミネラル風呂だったです!でもbreezingに天皇樺太の時代に(そう、歴史家は言う - サハリンへの「主要な」日本の相続人が見ていないではありません)。私たちは、チェーホフでコストロマ、スペリオル湖で、このような庭園があり、どのような美しさの海岸に。滝 - ホルムスクのzhivopishet頭 - も、ヤルタとソチでは、何もありません。

- はい、あなたは街の入り口にダンプを持っています。多分何かをする良いですか? - バスに興味を持っています。

- ごみは1年か2年のために生きるために残され - それは閉じられ、再培養されます。すべてのこの混乱を削除する必要があります前に、とホルムスクとチェコ人の前で - はい、我々は街の入り口に直接注文することが必要であることを理解しています。政府はそれについて多くを行うことを計画 - プログラムが表示されます、サハリンの周りに処理する多くの植物を - 熱心Suhomesovを伝えます。 - 私たちは、街につながる通りの鉄道へのより多くの秩序をもたらすことを計画しています。彼らと彼らのファサードは、地域をきれいにするように私たちは、起業家で作業します。可能であればない、何のマスターは、例えば - バナーをハングアップしません。

また、市長の壮大な計画 - 今日は街をpylyatファサードや通り、重ポートのための代替ルートの組織を、片付け。同時に、私たちは、ソ連の遺産の残党を破壊しないようにしようとしなければならない - 手すり子と手すりと、海のすべての風にオープン - 例えば、Sovetskayaストリートに最初の日ではない、投与は帝国のスタイルで「スターリン」バルコニーの所有者と戦ってきました。

- 人々がバルコニーの窓ガラスを持つ自分が快適に取得したいことは明らかです。しかし、あなたは何ができるのでしょうか?彼らは歴史的中心部に住んでラッキーです - 市長彼の手をスローします。

パーチ、レーニン、日本の軟膏

- 私達はちょうど私たちの博物館があることを理解していない都市の多くを持っています。一度ここに来た場合でも、彼らは定期的な訪問になります。私たちものWhatsAppに自身のバンドを持っている - そこにいくつかの展示会が発表し、イベントに招待 - 研究者ホルムスク博物館ゼニア・ボローデイ笑顔。 - 私は仕事の5年を持っています。非常に興味深い - 子供たちは、例えば、回転式ダイヤルで古い携帯電話を示しています。彼らはいくつかの奇妙な奇跡を好き知覚する - 彼らは今、スクリーン、センサーを持っています。

希少なコミュニケーションの豊富なコレクションに加えて、樺太のさえ重い装置があることを意味 - 文化ホルムスクの家の2階にある博物館では、10,000以上の異なるアイテムが含まれています。従業員の中に特定の誇りのサハリンの海の海洋動物、島の森と空の住民に捧げ展示の一部です。博物館のホールでは、優しいクマとさえ百寿ハタキラリと光るサンゴや貝、誇り鷲とサーモンのスケールを公開しています。

- この石のパーチで、私たちは、全体の伝説が接続されています。それが日本の技術で作られたと領土MAOKAMの博物館に保存されたといわれています。その後、戦後、それがSahTINROアントノフの博物館に移しました。そして、彼は私たちに来ました。百年のために彼に展示ようになっています。そして、さらに多くの魚のように、と - 館長オルガ・ムラートバ微笑みます。

博覧会、すでに十分強力なイベントのために現在の250平方メートル - 博物館は、ちなみに、未来への希望に住んでもあります。プロムナードの広々とした海の博物館の出現 - 希望と従業員の計画に。今年は、設計や見積りのドキュメントの開発のため2500万ルーブルを待って、そしてすべての2019年、すでにお金で「燃え尽き」場合は工事現場に行くことを望んでいるが。また、新しい展示会を開く2021年から2022年で:インタラクティブ領域、水族館、広々とした客室や店舗の独占から引き出されました。

実際、アラートholmchaneでほぼ一定家、屋根裏や地下室の基盤の深さで、ジャガイモのフィールドで見つかった新しい人工物のコレクションに留めて - この時点までに博物館への専用の3つの小さな部屋は、すべての新しい展示物の圧力の下で壊れないことが期待されています。本格的な日本ドレッシングテーブル - 最新の買収の一つ。あなたが博物館で、冗談を盗聴した場合は、皮膚のための日本の香水、さらにはナイトクリームの匂いを嗅ぐことができます

コメント

旧樺太・大泊 サハリン州 ホルムスク市観光と博物館の案内

2017-05-29 07:10:11 | 旅行・観光・買い物

旧樺太・大泊 サハリン州 ホルムスク市観光と博物館の案内

コメント

ネフチェコ゛ルスク地震 犠牲者への慰霊祭が雨の中ユジノサハリンスク市駅前公園て゛開催されました。

2017-05-28 16:07:50 | 情報

ユジノサハリンスクで記念メモリネフチェゴルスクの地震の被災者

 
Южно-Сахалинск ユジノサハリンスク

Под аккомпанемент дождя прошло 28 мая в Южно-Сахалинске памятное мероприятие, посвященное 22-й годовщине разрушительного землетрясения в Нефтегорске.雨の伴奏のもとネフチェゴルスクで壊滅的な地震の22周年のユジノサハリンスクの記念に5月28日可決しました。 Не делая себе скидки на неблагоприятную погоду, к памятнику жертвам трагедии у привокзальной площади пришли областные и городские власти, депутаты разных уровней, общественники, горожане.自ら不利な天候を割引にすることなく、前庭での悲劇の犠牲者への記念碑は、省、市当局、異なるレベルの議員、公人、市民来ました。

Сама церемония длилась от силы десяток минут, из которых добрая половина пришлась на панихиду по погибшим, которую отслужил под прикрытием зонта епископ сахалинский и курильский Тихон.式典には、傘やビショップSakhalinsky kurilian Tikhonのカバーの下に務め死者のための半分のサービスに落ちたの強さに10分間続きました。 Певчие поддерживали архиерея своими голосами, прячась от дождя под шатром сбоку.歌手司教は側に10トンの下で雨から隠れ、彼らの声を維持しました。

Следом за этим состоялось возложение цветов — как обычно, первыми к памятнику принесли цветы и даже целые корзины с цветами руководители области, города и различных ведомств.花を敷設するこの式典に続いて - いつものように、記念碑に最初は花や地域、都市と様々な部門の花の頭のさえ全体のバスケットをもたらしました。 Потом дошёл черёд и до обычных горожан.それから彼はターンに達し、一般市民へ。 Люди, потерявшие близких в давней трагедии, традиционно приходят сюда в этот день, у многих на глазах слёзы.昔の悲劇で愛する人を失った人々は伝統的に目に多くの涙で、この日にここに来ます。

После мероприятия губернатор Олег Кожемяко нашёл время, чтобы ещё пообщаться в непринуждённой обстановке с родственниками погибших — ответил на вопросы, обсудил проведение памятных мероприятий, пообещал помощь и поддержку.イベント終了後、知事オレグ・コツヘムヤコ犠牲者の親族でリラックスした雰囲気の中で話をする時間がかかった - 質問に答えた、記念イベントの開催を検討し、彼が助けと支援を約束しました。

И уже когда официальные лица разъехались, последняя группа родственников подошла к усыпанному цветами памятнику, чтобы без всяких церемоний положить свои скромные гвоздики.当局は残っていたときと、親戚の最後のグループは、あっさりと自分のささやかなクローブを入れて花だらけの記念碑に来ました。

 
コメント

旭川公園を整備しました 来週は旭川からお客さんが訪問します ユジノサハリンスク市

2017-05-28 06:04:33 | 旅行・観光・買い物

ユジノサハリンスク公園旭川で台無しに花壇を復元

 
Южно-Сахалинск ユジノサハリンスク

"Зеленый город" восстановил клумбу в сквере Асахикава. 「グリーンシティは」公園旭川に花壇を回復しました。 Напомним,リコール пропажу десятка кустов 茂みの数十の損失 рассады на одной из клумб сквера обнаружили 24 мая. 5月24日に見つかった四角のベッドの一つ上の苗。

Клумба, высаженная в честь 50-летия побратимских отношений Южно-Сахалинска и Асахикавы, лишилась трех видов цветов: щучки дернистой, астранции, альтернантеры.パイク芝生、astrantia、alternantery:姉妹都市関係ユジノサハリンスクと旭川の50周年を記念して植えられた花壇には、色の3種類を失いました。 Это многолетние растения, которые были выращены специально для клумбы по эскизу японских специалистов, и планировалось, что они будут долго украшать сквер.日本の専門家の設計上の花壇のために特に成長してきた、そしてそれは、彼らが公園を飾るために長い時間になることを計画したこの多年生植物。 Кроме того, уже на следующей неделе сквер планирует посетить делегация из Асахикавы.また、来週は旭川からスクエア代表団を訪問する予定です。

Были закуплены новые саженцы.新苗を購入しました。 Специалисты МБУ "Зеленый город" восстановили клумбу и надеются, что больше им не придется заново высаживать цветы, а только ухаживать за ними.専門家MBU「グリーンシティは」ベッドを復元し、より多くの彼らがする再植物の花を持っていないが、唯一のそれらの世話をすることを願っています。

В "Зеленом городе" отмечают, что поскольку цветы для этой клумбы выращивались специально и в ограниченном количестве, не удалось оперативно закупить рассаду альтернантеры — она еще совсем маленькая. 「グリーンシティ」のノートでは具体的かつ数量限定で成長させた花壇用の花以来、すぐに苗alternanteryを買うことができなかったこと - それはまだ非常に小さいです。 Этот вид досадят позже.迷惑この種の後に。

Всего в этом году в Южно-Сахалинске будет высажено 343 тысячи цветов.合計ではユジノサハリンスクで、今年は343000色を植えされます。 Завершена высадка в сквере Пограничников, в понедельник начнется оформление дорожной развязки на улице Пуркаева, затем газонов вдоль проспектов Победы, Мира, улицы Ленина и в других местах.路上で、道路ジャンクションの登録を開始します月曜日に、公園国境警備員に上陸を完了Purkaeva、その後、道の勝利、平和、レーニン通り、他の場所に沿って芝生。 Высаживать цветы будут весь июнь, сообщает ИА Sakh.com со ссылкой на пресс-службу мэрии.植えられた花は6月の全体になり、市役所のプレスサービスを参照してIA Sakh.comを報告します。

Администрация Южно-Сахалинска призывает горожан бережно относиться к озеленению и украшению города — не воровать растения и не вытаптывать клумбы.盗むことはないと植物のベッドを下に踏みにじるしない - ユジノサハリンスクの管理は、住民が市の造園や美化の世話を奨励しています。

 
コメント

22年前の地震の悲劇を忘れません オハ地区 ネフチェゴルスク村

2017-05-27 08:22:13 | 情報

オハはネフチェゴルスクの地震の被災者を追悼します

 
Оха オハ

22 года назад произошла одна из самых страшных трагедий в истории Сахалинской области: в результате разрушительного землетрясения не стало Нефтегорска. 22年前、サハリン地域の歴史の中で最も恐ろしい悲劇の一つがあった:壊滅的な地震がネフチェゴルスクませんでした。 Землетрясение унесло жизни более 2 тысяч человек, не пощадив ни взрослых, ни детей.地震は、大人でも子供でもない温存ない、以上の2000人が死亡しました。

28 мая в Охинском районе пройдут траурные мероприятия, посвященные годовщине землетрясения.オハ地区5月28日には、地震の記念日に捧げたイベントを喪ます。

Принять участие в траурном митинге у мемориала памяти жертв нефтегорской трагедии, который начнется в 10:30 в Охе, приглашают всех желающих.すべてのニューカマーを招き、オハで午前10時30分に開始されますネフチェゴルスクの犠牲者への追悼の法要に参加しています。

Также мероприятия пройдут в местах массовых захоронений погибших:また、イベントには、被災者の集団墓地で開催されます。

  • в Охе — в 12:00;オハ中 - 12:00。
  • в Тунгоре — в 12:00; Tungore中 - 12:00。
  • в Сабо — в 12:00;サボ中 - 12:00。
  • в бывшем Нефтегорске — в 13:00. 13:00 - 旧ネフチェゴルスクインチ

Для бывших жителей поселка и родственников погибших, относящихся к категории малообеспеченных, предусмотрен бесплатный проезд в Нефтегорск.かつての村人と低所得カテゴリに属する犠牲者の親族のために、ネフチェゴルスクへの無料送迎を提供します。 Выезд намечен на 10:00 от площади Нефтяников.出発はオイラーズの面積の10:00に予定されています。 В Оху выезд состоится с 15:00 до 16:00.オキシ出発15:00から夜04時まで行われます。

Организацию медицинского обслуживания в Нефтегорске обеспечивает Охинская ЦРБ с 10:00 до 16:00, сообщает ИА Sakh.com со ссылкой на охинскую администрацию.ネフチェゴルスクにおける保健サービスの組織はオハの管理を参照して、報道機関Sakh.comによると、午前10時から16時00までOkhinskaya CRHを提供します。

  犠牲者のご冥福をお祈り申し上げます。 サハリンマン一同
コメント

ホルムスク市内近郊のご案内 一

2017-05-27 06:03:17 | 旅行・観光・買い物

西海岸のサハリンホルムスクリビエラや旅行野望

キリル・ヤスコ

サハリンの観光開発は、今日、おそらく、アイロンを放送していないだけ - インバウンドおよび国内、環境・美食エリート道路や意図的民主的。セットアップと実行複数の部門では、「投資」、「ホスピタリティ」、「サービス「クラスナヤPolyanaの」、単語「観光」を曇らせるべきで島領域の非プライマリ希望、開発「山の空気」に割り当てられたルーブルの十億の開発に従事異なる形で「」開発 『と』」来るには公人、職員や議員の演説でシャッフルします。

地上の観光セクター本当のステップにこの宣言不屈の関心のすべてはがっかり小さいと - 例えば、よく知られているハイテクトイレユジノサハリンスクはまだドアのロックに立ちます。これは、設計されたルートのゲスト、TOP「山の空気」と資本の状態にもかかわらず、です。

ジョン・ホルムスクは、信託を争います

ホルムスクに電力を供給することを決定した観光に真剣に従事しても、プレスツアーを整理し、地域の6人のツアーオペレーターのためのツアーを勉強する - しかし、おそらく観光の中心地の一つは、今の南にブレーズされます。市の行政の相互作用のこの形式は、見たことがなかったです。

旅の目的は、成功市長アンドリューSuhomesov時に注意し、ジャーナリストやツアー会社とだけ精通ありませんでしたが、また港湾都市でホスピタリティ業界を向上させることにいくつかのフィードバック、アドバイスや勧告を受けます。海辺の町の町長の将来の繁栄の基礎としての観光は、明らかに、多くのことを置く - 80年代には、彼の意見では、面積がソ連の市民のための本当の観光のメッカであり、その領土の一部 - ほとんど極東の温泉と健康のリゾート。そして、このすべては、私は市長が、今日復活することができます確信しています。

- 海の博物館、美しい遊歩道、海洋動物のリハビリの中心 - ノーマルファサード、道路補修は、観光インフラとだけホルムスクにすることができ、いくつかのレーズンを、開発しました。私たちは、サハリン、ホルムスク、樺太など認知物事の歴史と知り合いに観光客への機会を提供します。私たちは、開発をmorehodki空きポートのステータスを取得してみましょう。そしてそれは、すべて本物だ - 、5年、10年にアンドリューSuhomesovをホルムスクの画像を描画します。

それが判明したとしてしかし、私の観光スポットや都市のインフラの一部は、今日豊富である - それはこれに基づいて、明らかに、その意図栄光に建設される予定です。だから、ホルムスクで歓迎します。

第二次世界の遺産の血を注ぎ

連邦高速道路で甌穴を振って18人乗りのバスの怪しげな生活。不快な座席上の老朽化、車の腹でサハリンのメディアの特派や演算子、地域で最大規模の旅行会社の代表をぶら下げます。窓の外では、厚い沿岸霧を広げる - 同じ霧は、観光セクターに優先されます。何かがすでに迫っているが、将来の輪郭はまだ不安定です。

- それは記憶に残る場所である - ここに1945年に日本の侵略者ホルムスクからの解放のための熾烈な戦いだった、 - 文化やアーカイブマリーナ・サイドロバの都市部門のヘッドは述べています。パスの上にヘイズ酪農片に包まれたジャーナリストとturgagentyは、すべての港湾都市に到着を満たすために。花崗岩の碑に砲ピース - 霧に数十メートルは、記念碑を暗く。サハリン南部の25の兵士-解放者を埋葬されている今日この質量の墓、。以前は、遺体は、新しいルートホルムスクあった、3つの別々の墓にありました。

- これは名誉の記念日、私はすべての代表団を止める最も訪問された場所の一つ、全てのお客様のイベントのために私たちのメイン会場です。

その暫定的な場所を指定された場所を72年前に日本の機関銃のバンカーを落書き進めるソ連の兵士 - 割れたアスファルトで覆われたパスに沿ってさらに少しは、霧がお互いに積み上げた石の数の建設をアップします。

- MAOKAMとToeharuを結ぶ道 - 「アイコン」が開催され、戦争の時代に、ちょうど記念碑の後ろにあります。それだけで、後にソ連の時間でそれを移動し、その後、すべての複合体から脇舗装です。だから、それゆえこの「トラム」と全体の傾きは、一目で、すべての芽を見ることができました。したがって、それはすべての丘は、トレンチや要塞にあった、重要な高さでした。嵐の中、多くのソ連の兵士は、ここで死んだ - 文化の部門のヘッドは述べています。

すでにかなり剥離やひび割れ、赤レンガを露出し、小さな白いレプリカ - 今ここだけ骨格点対空戦闘を彷彿とさせます。はい、でも永遠の竹 - 70年以上前に、それは帝国軍の兵士を隠し、そして今で柔軟間の空のボトル、タバコパックや他の破片を隠す茎。

さて、市はここで大規模な記念コンプレックスを建設する計画を持って、行政に教えて - 要塞の一部を再構築するために、回復するための溝を、照明を調整するために、公共のイベントのためのレクリエーション市民やベテランのプラットフォームを整理します。プロジェクトの総費用は、3億ルーブルと見積もらSidorovaを、強調しており、このお金は取ることですどこかは明らかではありません。

- 私たちは、すべてのリアライズ75周年ことを願っています - 文化部門のヘッドを追加します。

パスで記念に加えて、ホルムスク地区に3人の集団墓地があります - 地域センターで45人を埋葬英雄広場に、配置され、より緩やかな記念碑や埋葬がPyatirechyeとNikolaichuk駅に位置しています。また、記念に、戦争焦土日に海軍人員の不足の条件で軍事輸送地獄の坩堝に投入しyungam燃える便の男12〜14年を、思い出させます。それは、文化の地元の家の前に位置しています。また、プロムナードに祖国の兵士の記念碑です。

第二次世界大戦からこれ以上の重要なモニュメントは、主催者は、市内でプロモーションツアーは残って気付きません。

 

コメント

サハリン博物館 2

2017-05-26 06:04:13 | ベルカのお話

Но бывает и по-другому.しかし、それは別の方法で行われます。 Вот у нас есть замечательная картина "Магдалина в пустыне" (художник Мясоедов) в "русском" зале.ここでは、「ロシア」ホールで「砂漠でマグダラのマリア」(アーティストMyasoedov)の素晴らしい絵を持っています。 И пришла, помню, группа маленьких детей — первый, может, второй класс из гимназии.グラマースクールの最初の、多分二年生 - その後、私は幼い子供のグループを覚えて、来ました。 И увидели эту картину.そして、私たちはこの写真を見ました。 Тут ведь в чем дело, надо ребенку показывать репродукции, объяснять, какое бывает искусство, чтобы не было какого-то шока, был багаж, ведь самый главный музей — это воображаемый музей.架空の博物館がある - つまり、メインの博物館があるため、そこに、ショックのようなものだったの荷物だったこと、芸術であるかを説明するために、生殖に子を表示する必要があり、それが何であるかになります。 Но не многие родители это делают.しかし、多くの親が行います。 И не все дети, соответственно, знают, что такое обнаженная натура, какая у нее роль в художественном образовании в истории искусства.そして、すべてではない子どもたちは、それぞれ、知っているヌード何を、どのような美術史における美術教育における彼女の役割。 И я привыкла, что у них разная реакция — кто-то смеется, кому-то стыдно, кто-то закрывает глаза.そして、私はそれに慣れて、彼らは異なる反応を持っている - 誰かが笑う、恥誰かに誰かが彼の目を閉じて。 Но тут ко мне подошла одна из мам и сказала, чтобы я не смела показывать детям эту картину, что это безнравственность.しかし、私は母親の一つで近づいて、私はそれは不道徳で、子どもたちに絵を表示するには勇気がなかったと言われました。 И ее, к моему ужасу, поддержали учителя.そして彼女は、私の恐怖に、教師によってサポートされていました。 Они развернула детей, но я их остановила, все это рассказала.彼らは子供たちを繰り広げたが、私はそれらを停止し、すべては語りました。 Так удивительно для меня все это было — это же искусство, как его можно так воспринимать?私にとってとても素晴らしかっそれはだった - それはそう取ることが可能な限り多くの芸術でありますか?

Есть у меня даже свои открытия — я занялась темой передвижников, у нас тут какая-то часть их работ представлена и, соответственно, затронула тему меценатства.私も彼らの発見を持っている - 私はワンダラーズのテーマを取り上げ、我々はそれに応じて、提示し、自分の仕事の一部を持っている、慈善活動のトピックに影響を与えました。 И в одной из статей наткнулась на портрет, идентичный тому, что у нас представлен — написано, что это немецкий художник и некий граф Евсявский, хотя об этом графе ничего неизвестно.そして、私は、我々が提示するものと同じです絵に出くわした記事の1に - このコラムが知られていないが、それはドイツの画家とグラフEvsyavskyであることが書かれています。 Вдруг в Интернете нахожу портрет идентичный, где написано, что это Людвиг Штиглиц, отец того самого Александра Штиглеца, в честь которого названа академия в Питере (Санкт-Петербургская государственная художественно-промышленная академия имени Штиглеца, бывшее Мухинское училище).突然、私はインターネット上で見つけることがLyudvig Shtiglits、サンクトペテルブルク(サンクトペテルブルク州立芸術Shtigletsa命名産業アカデミー、旧Mukhinaアカデミー)でアカデミーの名誉で命名されたアレクサンダー自身Shtigletsa、の父であることを述べている肖像画、と同じです。 А эту работу у нас приобрели как раз в Санкт-Петербурге еще на заре истории музея, то ли первый директор, то ли научный сотрудник.そして、この作品は、私たちは博物館の歴史、または最初のディレクター、または研究者の夜明けにサンクトペテルブルクで購入しました。 Пока еще рано утверждать, что все именно так, а не иначе, надо проводить исследования, собирать материалы.すべてこの方法ではなく、別のは、材料を集め、研究を行う必要があると言うのは時期尚早です。 Но пока моя гипотеза подтверждается.しかし限り、私の仮説が確認されているよう。

Можно долго рассуждать, что такое музей, есть много всяких параллелей, но я считаю, что музей — это пространство свободное, куда бы приходили люди и могли смотреть на произведения искусства и получать новые мысли, новую пищу для ума, чтобы человек на старое под новым углом посмотрел.あなたが長い間何の博物館を主張することができ、そこにParallelsのすべての種類がありますが、私は博物館と信じている - 新しいと古いこのスペースは無料で、人々が来て、芸術作品を見てすることができ、新しいアイデアを得るに関係なく、思考のための新たな食品の人々へ角度の外観。 Важно, чтобы каждый привыкал ходить в музей, чтобы это было интересно.誰もがそれが面白かったの美術館に行くことに慣れていることが重要です。 Музей — это не мертвое хранилище, это живое пространство со своей внутренней работой и развитием.博物館は - それは死んストレージではありません、それは、その内部の仕組みと開発との生活空間です。 Границ знаний нет.そこに知識のフロンティア。 В данном случае, когда говорим о научных сотрудниках, надо знать философию, надо понимать свою тему, ориентироваться в ней.私たちは、研究者の話をすると、この場合、それは哲学を知る必要がある、一つはそれをナビゲートし、そのテーマを理解する必要があります。 Но самое главное в работе с людьми — помнить, что сухие заученные экскурсии, факты из биографии, то, что написано в аннотации, — это никому не нужно.しかし、人々に対処する上で最も重要なこと - そのドライ学んだツアーを覚えておくべきは、伝記の事実は、何が抽象的に書かれている - 不要です。 Надо, чтобы это было что-то новое, интересное, то, что мы узнаем каждый день, все это перерабатывать, осмысливать.興味深い新しい何かがあったことを、私たちは日々学んだ、このすべてのプロセス、理解が必要です。 Хотя, конечно, все мы ленивцы, но с этим бороться надо: я тоже не трудоголик, я не понимаю людей, которые сидят на работе до глубокой ночи.もちろん、我々はすべてナマケモノが、それに対処するためにする必要があります、が、私も仕事中毒ではないよ、私は夜遅くまで仕事で座っている人を理解していません。 Важно, чтобы ты делал свою работу хорошо и с душой, не важно, метешь ли ты улицу, моешь окна или продаешь обувь.あなたが通りをmeteshかどうかは重要で窓を洗う、または靴を販売していない、あなたが魂で良い仕事をすることが重要です。

Главная награда — это когда людям интересно, когда у них новые знания.主な賞は - それは、彼らが新たな知識を持っているとき、人々が興味を持っているときです。 Я помню у меня был случай.私はケースを持っていた覚えています。 Я давала экскурсию маленьким детям, даже не знаю, ходили ли они уже в школу или нет.私は、彼らはすでに学校に行ったかどうさえ知らない小さな子供の見学を行いました。 И долго-долго рассказывала им о наших экспонатах в христианском зале.そして、長い時間のためにキリスト教の聴衆の中に私たちの展示物についてのそれらを伝えます。 Провела экскурсию и буквально на следующий день во время пробежки... Я просто бегаю в парке каждый день.ジョギング中に行わツアーと次の日は...私は毎日公園で実行します。 Это абсолютно реальная история, самая счастливая в моей жизни.これは絶対に本当の話、私の人生で最も幸せです。 И я иду с пробежки и услышала, как мальчик маленький, именно с моей экскурсии, сестре, такому подростку, рассказывает: "Да там в музее такие крылья у ангелов, иконы такие красивые".そして、私が実行しようと小さな男の子を聞いたよ、それは、私のツアーで私の姉は、そのようなティーンエイジャーだったと言う:「はい、博物館であり天使の羽です、アイコンがとても美しいです。」 Я вообще на это не обращала внимание во время экскурсии, а он заметил, и его это впечатлило.私は一般的にツアー中に注意を払っていない、と彼は見て感銘を受けました。 И это важно — может, он не слышал, что я говорила, и уже не помнит каких-то деталей.そして、これは重要である - おそらく、彼は私が言ったことを聞いていなかった、とすべての詳細を覚えていませんでした。 Но вот это впечатление от искусства в нем осталось, оно в нем живет и будет его вести к чему-то хорошему.しかし、ここでそれはそれに住んでいるし、それが良いものにつながる、芸術の印象が残されているです。

Сахалинский областной художественный музей, один из самых молодых музеев России, был основан в 1983 году: 25 марта открылась первая постоянная экспозиция в здании бывшего японского банка "Хоккайдо Такусёку", которое было построено в начале 1930-х годов, а в 1980-х годах реконструировано и передано музею.サハリン地域の美術館、ロシアで最年少の博物館の一つが、1983年に設立されました:3月25日には、1930年代初頭に建てられた旧日本銀行「北海道拓殖銀行」、で最初の常設展を開いて、そして1980年代に改装され、博物館に引き渡さ。 Это здание, расположенное в самом центре Южно-Сахалинска, является оригинальным историко-архитектурным памятником и в какой-то мере определяет облик города.ユジノサハリンスクの中心部に位置し、この建物は、元の歴史、建築モニュメントであり、ある程度の都市の外観を決定します。 Большой зал первого этажа предназначен для выставочной работы, залы второго этажа заняты постоянными экспозициями: "Христианское искусство" и "Русское искусство конца XIX — начала XX веков", "Искусство Кореи", а также виртуальный филиал Русского музея.一階の大ホールは出品作業のために意図され、常設展示によって占め二階の広間:「キリスト教美術」と「遅いXIXのロシアの芸術 - 初期のXX世紀」、「韓国の技術」としてだけでなく、ロシア美術館の仮想支店。

"Попугаем Попкой, который заучил материал и рассказывает одно и то же, быть не получится" — Жанна Белоносова, экскурсовод первой категории научно-просветительного отдела областного краеведческого музея. 「材料を記憶し、同じことを言ったオウムのバットは、なりません」 - ジーン・ベロノソバ、地域博物館の科学と教育部門の第一のカテゴリーのガイド。

Я работала в образовании с 1967 года: сначала школы, а потом департамент образования.私は1967年以来、教育、最初の学校で働いていた、と教育の後、学部います。 В 2009 году ушла на пенсию, но мне это не понравилось — я считала, что у меня есть силы, чтобы работать по любимой специальности "история и обществоведение". 2009年に、彼は引退したが、私はそれを好きではなかった - 「歴史と社会科学」私は最愛の専門のために働くために強さを持っていると思います Подумала, что музей будет отличной площадкой, чтобы работать здесь в полном объеме по материалу истории.私は博物館がここに材料の歴史の完全な仕事に優れたプラットフォームになると思いました。 Но когда я пришла, меня приняли на работу, оказалось, что я очень мало знаю эту самую историю — все-таки школа — это одна специфика, а музей — это совершенно иной объем, другие акценты.すべて同じ学校 - - 私が来たとき、私は仕事に受け入れられた。しかし、それは私が実際には同じ話はあまり知らないことが判明し、それは完全に別のボリュームや他のアクセントである - 1つの特異ますが、博物館があります。 Для меня это было новинкой.私にとって、それは目新しでした。 Но коллеги хорошо встретили, учили работать: по всем залам прошла подготовку, такую хорошую школу.彼の同僚はよく満たされている。しかし、私たちは仕事を学んだ:すべてのホールは、このような良い学校を訓練しました。 И вот уже 8 лет работаю — пока у меня все идет на интересе — в школе в последние годы как-то уже поднадоело: материал изучен вдоль и поперек, год за годом одно и то же.そして今、8年間は仕事 - 私はまだ関心に行く限り - 学校が何らかの形ですでに近年で供給されています材料は、今年1と同じ、年後、上下に研究し。 Здесь же буквально все новое.新すべてが、文字通りあります。

Очень много было работы и в школе, и затем в департаменте — разные программы, много детей, учебники, начальная военная подготовка.それは仕事のや学校でたくさんだったし、その後の学科 - さまざまなプログラム、多くの子供たち、教科書、基礎軍事訓練。 Думала, что уже ничем меня не удивишь: когда я пришла в музей, сперва даже не знала, что за профессия такая — "экскурсовод".私が最初でさえ、このような職業があることを知らなかった、私は美術館に来たとき、私は驚かなかった何も持っていなかったと思った - 「ガイド」。 Со стороны смотришь, что-то рассказывают, все так просто.あなたは、何か教えを見る側からは、すべてがとても簡単です。

А оказалось, что это такая сложная и многоплановая работа, и все тут пригодилось — и знание психологии, и навыки общения с людьми, и знание материала.しかし、それは、このような複雑かつ多面的な作業であることが判明し、それは便利だ - と心理学の知識、対人能力、および材料の知識。 В "исторических" залах, конечно, было проще — у меня было все полученное в институте, багаж преподавания в школе. 「歴史的な」部屋、もちろん、それは簡単だった - 私はすべての機関、学校での荷物の指導を受けていました。 Но вот природу я осваивала очень долго — там своя специфика, свои особенности.しかし、それは私が長い時間を学んだ自然だ - それは、独自の特異性、独自の特性を持っています。 Вообще каждый зал со своими "лицом" и характером — каждый надо принять и понять.一般的に、その「顔」とキャラクターとの各部屋には - 誰もが理解し、受け入れる必要があります。 И, конечно, в этом плане я до сих пор учусь — мне кажется, что я мало знаю, что ничего не знаю.そして、もちろん、この点で、私はまだ学んでいる - 私は私は何も知らないことを知らなかったと思います。 Все время хочется чего-то нового, какую-то новую планку ставлю себе постоянно.すべての時間は、あなたが新しい何かをしたい、いくつかの新しい基準は、常に自分自身を設定します。 Хочется все это хорошо донести постоянно.私たちはすべてのことだけでなく、すべての時間をお知らせしたいと思います。 Такой вот характер.このような文字があります。

Наш музей для меня — это частичка родины, той территории, где мы живем.私たちの博物館は私のためである - それは祖国の作品は、私たちが住んでいる地域です。 Это часть огромной страны.これは広大な国の一部です。 Приходишь в музей — тут залы, экспонаты и в каждом что-то свое.博物館に来て - その後、ホール、展示、および異なるそれぞれの何か。 В зале растительного и животного мира рассказываешь об удивительной природе Сахалина, о том, как острова богаты, и не только полезными ископаемыми, какие тут животные, в чем особенность каждого.サハリンの動植物の会場では、島の驚くべき性質について教え、その後どのような各機能許さ天然資源、だけでなく豊富です。 При этом для детей говоришь одно, для взрослых — другое, ведь у каждого свой интерес, свои мотивы.誰もが自分の関心、彼の動機を持っているので、より多くの - 同時に、子供たちは大人のための一つのことを言います。 Попугаем Попкой, который заучил материал и рассказывает одно и то же, быть не получится — это как в школе, когда учителя, который по бумажке рассказывает и ничего не знает, никто не воспринимает.職場でも、同じことを材料を覚えて言ったオウムのバットは、 - 一枚の紙を告げると、何も知らない先生は、誰も取らないときには、高校でのようなものです。 Так что работаешь на аудиторию, а она каждый раз разная — детсад, начальная школа, старшеклассники, студенты, взрослые — и местные, и туристы с материка, которым интересен наш край, и спортсмены, которые приехали к нам и заглядывают в музей между тренировками или катанием на "Горном воздухе".だから、観客のための作業が、それは毎回異なっている - 幼稚園、小学校、高校、学生、大人 - ローカルとの両方の私たちの地域の興味を持っている本土からの観光客、そして私たちに来て、トレーニングの間、または博物館で見て選手「山の空気」に乗って。 И для таких стараешься рассказать так, чтобы они задумались о переезде на Сахалин, чтобы они оставались здесь.そして、彼らはここに残って、サハリンへの移行を考えているように、これらを伝えるためにしてみてください。

コメント

サハリン美術館 歴史を振り返る

2017-05-25 13:03:39 | 芸術

 

Детей особенно нацеливаем на природу — под них приспосабливаешься, играешь с ними, показываешь медведей и прочее.子どもたちは、特に自然にでゼロしている - 彼らはクマとよりを示す、適応一緒にプレイします。 Класса с четвертого уже приводим ребят сюда — ископаемые, предметы, им все это интересно.彼らはすべてが興味を持っている資源、品目、 - 第四持つクラスはすでにここにみんなをリードしています。 Совсем малюток, конечно, это не так занимает.かなり小さなものは、もちろん、それは取るされていません。 Старших ребят к тому же ведем в зал, посвященный Сахалину и Курилам в XX веке, освобождению островов, подвигам сахалинцев в Великой Отечественной войне — это очень интересно, там… Это война, это подвиг. 20世紀にサハリンと千島列島に捧げホールで同じ行為に年長の子供たち、島の解放、第二次世界大戦中にサハリンの悪用 - それはそこに非常に興味深いです...これは戦争である、それは偉業です。

Иногда, правда, к своей беде, выхожу за рамки — у нас норма была вести экскурсию 45 минут. 45分のツアーをリードしてきた規範 - 時々、しかし、彼のトラブルのために、私は越えて行きます。 Трудновато было.それは困難でした。 Теперь у нас полтора часа, стало попроще — как можно за 45 минут все это рассказать?あなたは45分で、このすべては、私たちに言うことができるように - 今、私たちはそれが簡単になった、半分の時間を持っていますか? Вот этот зал хотя бы — коренное население, археология, периоды, особенности, перемещения, отличия и схожесть.先住民、考古学、期間、特に移動、相違点と類似点 - ここで、少なくとも部屋です。 Как все это даже в час уместить?どのようにすべてのこのフィット感はさらに時間でしょうか?

"Музейный работник — это универсальный солдат" — Татьяна Уланова, младший научный сотрудник научно-просветительского отдела литературно-художественного музея книги А.П.Чехова "Остров Сахалин".タットヤーナ・ウラノーバ、ジュニア研究員とアントン・チェーホフの「サハリン島」の文学と芸術図書博物館の教育部門 - 「美術館の労働者 - それは普遍的な兵士です」。

По образованию я филолог, окончила с отличием профильный факультет в СахГУ.教育によって私は言語学者は、彼はサハリン州立大学における教員のプロファイルから優秀な成績で卒業しています。 Но мне всегда хотелось работать именно в сфере культуры.しかし、私は常に、文化の分野で働くことを望んでいました。 Через пару недель после получения диплома меня приняли на работу в музей книги Чехова.数週間卒業後、私はチェーホフブックミュージアムで仕事をしました。 Музей все-таки литературный, и мое филологическое образование очень пригодилось.それでも、文学言語学と私の教育博物館は非常に有用でした。 Летом будет два года, как я погрузилась в эту атмосферу.夏に私が大気に突入してから2年があるでしょう。

Сразу стало понятно — это место очень активное.それはすぐに明らかになった - この場所は非常に活発です。 Если можно так выразиться — движуха здесь невероятная.私はそう言うかもしれない場合 - dvizhuhaは、ここで信じられないほどです。 Никакого застоя и угасания.いいえ停滞しないと崩壊。 Оказалось, работники — не музейные экспонаты, а энергичные люди.ない博物館片、及びエネルギッシュな人々 - それは、従業員が判明しました。 Здесь каждый день происходит что-то новое.ここでは、毎日何か新しいことがあります。 Даже иногда бывает сложно перестроиться с одного события на другое.でも、時には一つのイベントから別のものに移動させることは困難です。 Но отставать нельзя.しかし、あなたが追いついていないこと。

Сотрудник музея — это универсальный солдат, который должен уметь многое и разбираться почти во всём.博物館の従業員は - 多くのものとほとんどすべてを理解できなければならない普遍的な兵士、です。 Мне как научному сотруднику приходится не только копаться в первоисточниках, но и собирать информацию для лекций, проводить экскурсии, писать свои статьи и проверять статьи коллег.私は、科学的な従業員として一次資料を掘り下げなければならないだけでなく、講義のための情報を収集するツアーを行い、あなたの記事や試験物品の同僚を書くこと。 Ну и конечно, все мы активно участвуем в создании экспозиций, совместно обсуждаем подготовку новых проектов.そしてもちろん、我々はすべて積極的に共同で新規プロジェクトの作成を議論する展示会の創設に参加します。 Жизнь в нашем музее бурлит.私たちの博物館の激怒での生活。

Вообще главная задача музея — это популяризация чеховского наследия.一般的には、博物館の主なタスクは、 - チェーホフの遺産の普及です。 Поэтому мы много и активно изучаем большую литературу — читаем книги, сверяемся с исследованиями.したがって、我々は積極的に多くの偉大な文学を模索している - 研究と相談し、本を読みます。 Моя задача — знать абсолютно всё о Чехове.私の仕事 - チェーホフについて絶対にすべてを知っています。 Эта информация становится базисом для лекций, экскурсий и проектов музея.この情報は、講義、ツアーや博物館のプロジェクトのための基礎となります。 Другой момент — проверка статей и материалов, которые создают другие сотрудники музея.もう一つのポイント - 他の博物館のスタッフを作成記事や資料をチェックします。 Бывают не совсем верные трактовки Чехова.チェーホフのかなり正しい解釈はありません。 Они встречаются даже в научных статьях.彼らはさえ科学論文に記載されています。 Мы должны проверить каждую цифру и дату.我々は、すべての番号と日付を確認しなければなりません。 Просто так никто не может написать экскурсию и выйти ее читать людям.ちょうどそう誰も遠足を書きませんし、それを読むために人々を得ることができます。 Вся информация, которая выходит из стен музея, проверяется нашим научно-просветительским отделом.博物館の壁から出てくるすべての情報は、私たちの科学・教育部門がチェックされています。 Кроме того, я сопровождаю все выставки — пишу аннотации к экспозициям.また、私はすべての展示会に同行 - 露出に注釈を書き込むこと。

Может, это прозвучит странно, но мне нравится копаться в информации.多分それは奇妙に聞こえるが、私は情報を深く掘り下げたいです。 Например, приезжает выставка Льва Толстого, и передо мной стоит задача — изучить его биографию, написать экскурсию и лекцию. 、彼の伝記を研究書き込みツアーを講義する - たとえば、展示会LVA Tolstogo、と私に仕事をしています。 Самое интересное — это как раз узнавать что-то новое, сверять эти данные с материалами исследователей.最も興味深い - それは、新しい何かを学ぶ研究材料と、これらのデータを確認することだけです。 Часто встречаются разночтения в датах, и мне нужно докопаться, найти верный ответ — и вот это самое интересное, знать истину.多くの場合、そこの日付の相違があり、私は正しい答えを見つけるために掘り下げる必要がある - そしてこれは真実を知るために最も興味深いものです。 Это действительно очень приятно.それは本当に非常にうれしいです。

Моим "профильным" писателем в университете был Достоевский.大学での私の「プロファイル」は作家ドストエフスキーました。 По его "Братьям Карамазовым" я писала диплом. 「カラマーゾフの兄弟」によると、私は卒業証書を書きました。 Чехова, конечно, тоже изучали, но не так пристально.チェーホフは、もちろん、勉強ではなく、非常に密接に。 Проработав два года в музее, который носит его имя, могу сказать — в жизнь Чехова я погрузилась довольно глубоко.彼の名を冠する美術館で2年後、私が言うことができる - 私はチェーホフの生活に非常に深く沈みました。 Но предела совершенству, конечно, нет — можно продолжать копать, искать, изучать.しかし、完璧の限界は、もちろんありません - あなたは、掘るために見て、学ぶことを続けることができます。 Сколько раз я прочитала "Остров Сахалин" — уже сложно сосчитать.何回私は「サハリン島」を読みました - カウントするのは難しいです。 Почти ежедневно приходится освежать отдельные главы и эпизоды.ほぼ毎日、私たちは個々の章とのエピソードをリフレッシュする必要があります。

毎月私は7回の講義を読み、4件のツアーを過ごす - それらの2チェーホフに関連した常設展示に関連しています。旅行の人々は完全に別の質問をします。美術館、またはどのように彼らはチェーホフに関連して表現されている項目の信憑 - いくつかは作家が、他の行われているサハリンに住んでいたかに興味があります。時には、それは一緒に写真に描かれているツールで、かどうか、彼はホールに立って本棚を、所有しているかどうか尋ねました。

私たちは、本物のアイテムがたくさんあります。例えば、眼鏡は、彼の息子懲罰的労働によって博物館に寄贈しました。一般的に嘘やガラスの下に立っている各展示、については、博物館の任意の従業員に伝えることが可能です。私たちはそれぞれ特別なプログラムでの展示についての情報を爪決して項目の説明に従事しています。メイン倉庫基金に保存されている4193台 - これは最も貴重なオブジェクトです。博物館の科学的・補助金を10万台より少しです。

私のお気に入りの展示会の被験者が、これはもちろん、驚くべきことではない、書籍。私たちの誇り - チェーホフの博覧会の第二。本棚には、16の異なる言語、約70冊による「サハリン島」の版の最大のコレクションを収容します。別の一意のコピー - 著書「サハリン島」の原稿のコピー。私たちの博物館は、元のソースのすべてのスキャンシートの所有者となっています。私自身はそれをやっていた - 原稿シートを保持しているロシア国立図書館の専門家と非常に長い会話を。それでも文学と芸術の状態のアーカイブとリンク - 彼らは「サハリン島」の原稿の4枚を持っていました。今、私たちは博物館に持って原稿をスキャンした - それはすべての訪問者が対話型スタンドを持って見ることができます。

原稿の中で最も興味深い - 彼の手によって作られたノートライターの削除、フィールド内の数字は、彼が手書きです。私は、原稿を研究会議で論文を発表しました。チェーホフは編集者や検閲することを三振ことを、印刷に入ったどのくらいのソースが最後にと異なっている見るためにテキストを比較することで面白かったです。変更点は本当にいました。最初はそれがあったものの、個々の受刑者の生活の記述に行かなかった - いくつかの部分からチェーホフは、意図的に拒否しました。彼は明らかに製品の整合性を維持しようとしました。あまりにも、彼の意見では、すべてを処分しました。しかし、多くの薄暗い場所では、明らかに検閲受けました。

驚くべきことに、チェーホフは非常にきちんとしてスムーズな手書きでした。現代の医師は珍しいです。完全に理解できます。例えば、遠くの後ろに、この点ではトルストイの原稿、。私は、手書き文字を並べ替えた彼の妻、に同情し、テキストを入力します。

「サハリン島」の分野では、パターンを満たしています。チェーホフは台形を塗られ、赤鉛筆で描きました。一般的に、彼は、書いた赤と青鉛筆で作られた黒インクで「サハリン島」、およびマーク。私はほとんど修正せずに書いたが、何かが消さ。でも意味でそれを撫でているが。17章の終わりに、彼はテキストを渡りました。近づいてみると、私はこの数字いるのを見ました - 18.そこで彼は、新しい章の始まりとなりました。

あなたは驚かれることと思いますが、博物館のスタッフも、美術館に行きます。それは私の前にあったようしかし、ちょうど、露出を楽しむ自分は博物館で働き始め、今では不可能です。他のすべて、プロフェッショナルな外観を見て:比較、評価、私は少し物事を見ます。このような標識、またはフォント内の任意のセットを作成する方法として。

私は、サハリン博物館が好きではありません。しかし、私たちは、もちろん、異なっています。彼はその雰囲気の中でユニークです。それはようで、来場者自身がそれを感じるだろう - 私たちはフレンドリーで開かれています。常に対話の準備ができて。私たちは、助言、相談無料、チェーホフによって学術作品を書くすべての人を助けます。人々は返品を感じるし、見返りに与えます。時々、人々は一人で私たちに来て、いくつかの時間後に友人や家族の会社に戻りました。彼らは満足して残して戻ってきた最初の時間が好きでした。それはあなたが感謝の人に自分の仕事の結果を見ると、それは感動、とてもうれしいです。

文学や芸術館の物語は、ときサハリン公共知識人の見解の影響と、まだ、その後大手chehovedovソ連からの応答を受信した地上サハリンチェーホフブックミュージアム「サハリンの島」で作成の考え方の下で、前世紀の80年代に開始されます。1995年9月29日待望の博物館は、最初にその扉を開きました。2013年2月に博物館は新社屋に移転しました。近年では、極東に建てられた唯一のハイテク博物館の建物です。展示会のほぼ2000平方メートルの面積に新しい建物や配置kinolektsionnyルーム、広々とした預託、修復ワークショップで。

 
コメント