N45-50

ロシア・サハリンと北海道を結ぶ架け橋ネット
Rがタイトルにあるとロシア語対応です

日本文化を披露しました ネベリスク市

2018-11-11 06:34:27 | 人・交流

Nevelskの地元の伝統的な博物館に開かれた日本のこけしとロシアの巣型人形の展示

 
文化ネヴェルスク

展覧会「Matryoshka and Kokesi」は、Nevelsky地方歴史博物館で11月9日に開かれました。展覧会の基盤は、サハリン地方美術館の資金と、サハリンのアーティスト、ナタリア・キリクヒナ(Natalia Kiryukhina)のmatryoshka人形とこけし人形のコレクションから構成されています。展覧会では、 "日本"と "ロシアの国"シリーズのアーティストの絵やグラフィックを展示します。

2018年は日本のロシアとロシアで日本の年と宣言され、この展覧会は両国の文化を適切に提示し、ネフスキー博物館の重要な出来事となった。

イベントのゲストは、ロシアのモチーフが行われた展示ホールに集まり、ユリ・バトゥーティンによってバラライカで演奏されました。

展示・展示の専門家、スヴェトラーナ・チェルノワは、美術家、師匠、教師、博物館の友人であるナタリア・キリクヒナ(Natalia Kiryukhina)に、彼女の協力と展覧会に出品された展覧会に感謝しました。

彼女の演説でナタリア・キリクヒナは、日本との最初の会合、彼女の最初の人形をどうやって持っていたのか、そしてこの異常な人形をどのように収集し始めたのか話しました。30年前、友人が放棄した日本の船で見つけた3個のフィギュアを持ってきて、最初の木造がアーティストに登場しました。

「コレクションを集めることさえ考えなかったが、日本へ行くたびに、この人形が私をもっと引き付けてくれた」とナタリア氏は語った。

日本の木工と並んで、ロシアの文化、歴史、人生、民俗工芸の一つであるマトシェフカの展示品を収集しています。多くの場合、ロシアのネスト人形と日本のこけしの間に平行線が描かれています。どちらも母国の文化財であり、外国人のための人気のあるお土産です。

Nevelskyの都市部の副市長であったウラジミール・コピロフ氏は、暖かい芸術家について語った。ウラジミール・イェフィモビッチは長年の友情のためにナタリア・セルゲイエーナに感謝し、創造的な業績を挙げました。今年の夏、Nevelskで開催された野外で、日本の芸術家、陶芸家の岡井仁子と一緒に野外でセラミック製品の焼成を始めたのは彼女だった。副市長は友人の火が消えないという希望を表明し、創造的な成功を祈った。

イベントの儀式が終わった後、サハリン州立美術館の研究員ルドミラ・ユルチェンコ(Ludmila Yurchenko)が実施した展覧会の最初のツアーがゲストに提供されました。リュドミラは、ネストされた人形とこけしの起源、木製人形の特質、生産の主な方向性、絵画の様式を興味深く詳細な方法で説明しました。

ゲストと住民は2019年1月末までに実行されるこのユニークな展覧会を訪れ、Nevelskの地方歴史博物館を参照してIA Sakh.comに報告します。

 
 
コメント

サハリン青少年ボランティア代表は世界大会から帰国しました

2018-10-25 10:53:06 | 人・交流

青少年オリンピックから帰国したサハリンのボランティア

 
「アジアの子どもたち」スポーツユジノ・サハリンスク

青少年オリンピック大会のボランティア「アジアの子供たち」が帰国しました。実際には、島民はブエノスアイレスに行きました。

サハリン代表団には、ボランティア「アジアの子どもたち」Elvira ZgurskayaとAnastasia Ulyanovaのチームリーダーと、ゲームディレクターのSardaana Jendrinskayaの国際部長が含まれていました。

インターンシップボランティアは経験から学ぶために行った。彼らはすぐにサハリンのボランティアの準備に従事する。島民は、市内、交通機関、ボランティア、ホスピタリティプログラムの内部組織のレベルを高く評価しました。これはすべて、「アジアの子供たち」で行う必要があります。

- すべてが相対的です。レベルは全く異なります。オリンピックだけではありません。そこには多くの若者がいて、他のスポーツや競技大会は国際オリンピック委員会が開催しています。私たちが学ぶことができることはたくさんあります」とSardaana Jendrinskaya氏は言います。

今年のユースオリンピックでは約4,000人の選手と7,000人のボランティアが集まりました。ロシア代表チームが最も多くの賞を受賞し、過去の大会で決めた独自の記録を破ることは注目に値する。今回は、ロシア人が59個のメダルを奪いました。そのうち29個は金でした。

- プライドはただ破裂している。あなたは、あなたの同胞、誰かが仲間であっても参加していることを理解しています。そして、あなたはあなたの心と魂が勝つために彼をサポートします。それは何と比較されません。その後、運動選手と同じくらい疲れたままになります。 "Elvira Zgurskayaは彼女の印象を共有します。

ボランティアは自由時間に限りゲームに参加することができます。彼らは朝や夕方に7時間働いた。サハリンとは別に、競技会にはロシア語を話すボランティアはほとんどいませんでした。

- ヨーロッパのどこかに住むロシア語圏の人々や、例えば南米に住む人々がいました。この国の居住者と結婚したとします。しかし、彼らは指で数えられるかもしれない - たいてい5人ほど - Sardaana Jendrinskayaは言った。

サハリンの人々は、運動選手が住んでいた青年オリンピック村で働いていましたが、ロシア語と日本人の選手たちと連絡を取りました。島のボランティアは、文化教育プログラムの場所で会うことができました。

- 数字や宿泊施設に問題がある場合は、アスリートの申請を取りました。彼らはすべてを自分でやったか、専門家に申請書を送った。Sardaanaはアスリートが様々なテストに合格できる特別なテントで働いていた」とAnastasia Ulyanovaは語った。

文化的、教育的プログラムはサハリンの発見でした。スポーツの生活に加えて、ゲームの参加者は時間管理について学び、そのような競技で国家やジェンダーの葛藤を避ける方法を教えられ、アルゼンチンにも紹介されました。IOCの任務は、競技会を開催するだけでなく、選手たちを文化的に豊かにすることです。来年2月、島民がアジアの子どもたちに使っていくことは、まさにこの経験です。

- たくさんのアイデア。私たちはボランティアのために何かを学ぶためにそこに行きましたが、最終的にはアスリートにもアイデアをもたらしました。ボランティアにとっては、シフト作業が必要です。私たちはボランティアの間でいくつかのコンテストを開催できるようにモチベーションプログラムを改善しています。アルゼンチンでは、アスリート、例えば、「Sardanaana Gendrinskaya」の株式を保有していました。

ゲーム「アジアの子供たち」の参加者は、文化的に豊かになりたい。計画 - 島地域について語るサイトの構成。第1回国際冬季ゲーム「アジアの子供たち」は、2月8日から17日まで、2019年に開催されます。彼らには1500人の選手、1000人のボランティア、600人の裁判官が出席するとSakh.comの報道機関がサハリン州のスポーツ、観光、青少年政策の報道を引用している

 
 
コメント

北海道文学館より文豪チェーホフのコレクションが贈呈されました

2018-10-15 04:31:02 | 人・交流

チェコフの日本人翻訳者図鑑

 
文化ユジノ・サハリンスク

博物館のIII地域祭りの枠組みの中で、すべての博物館労働者、特に資金の管理人の心を暖かくするイベントが開催された。チェコフの文学美術館「サハリン島」の美術品のコレクションには、日本からの贈り物が補充されました。有名な日本人スラヴィニスト、工藤正博が北海道文学博物館の所長からチェコフの遺産に触発されたイラストが描かれました。

チェーホフの書物博物館では、この作品は楽しい驚きであり、認められた監督はEvgeny Firsovaだった。工藤正博は1985年に初めて国を訪問し、次の訪問は30年後に行われました。昨年5月、島の博物館と北海道文学財団との間で協力協定が締結されました。これにより、新たな共同文化プロジェクトへの緑の光が与えられ、Chekhovの朗読が札幌と東京で開催され、日本からロシアの文献、サハリン、ロシアの注目を集めた展覧会が行われました。

工藤雅弘のロシア文学への愛は驚くべきものであり、その普及への貢献は莫大です。彼はまず、同胞の "医者ジヴァゴ"だけでなく、Pasternakの物語と詩を開いた。さらに、彼は "ドクター・ジヴァゴ"を描き、写真を発表する式典で、彼は彼の最愛のボリス・レオニードヴィッチの "The Tale"を読む。彼の翻訳では、日本の読者は、マンデルスタム、アクマルトヴァ、クレブニコフ、ピルニャック、ロシアの民話の作品に親しみました。彼はアバンギャルドのアーティストBarbara Bubnovaの対応を翻訳した。私はチェコフの「サハリン諸島」のテキストを手作業で完全に書き直しました(専門家を除いて少なくともサハリン人はほとんど読んでいませんが)。

工藤雅弘さんは、「ロシア語はうまく話せませんが、よく読んで翻訳しています。

彼はロシア語とポーランド語を翻訳し、詩や絵を書いています。最初の旅行が「サハリンへの旅」という本を書いた後。博物館と工藤昌弘がチェコフの愛に基づいて友人になったサハリン州立大学エレナ・イコニコフ教授のおかげで、彼は彼の効率と活力に敬意を表します。工藤さんはロマンチックな性質で、時には乾燥した花や繊細な香りが彼の手紙から出てきます。彼は独占的に "高潔さ"という言葉で書いています...

工藤-アーティストについては、博物館は、おそらく、前に見たものの中で最も珍しい献身インクアントン大公でした。巻物には日本の伝統では、同時にプーシキンと日本に怪しい似た彼の細い目とカーリーチェーホフ(アナスタシアStepanenkoは意見の研究者信行中本についてを思い出さ博物館のないカジュアルな従業員 - そしてそれも3枚の絵画は、3枚のシート上のインクで作られているという事実はありませんChekhovはちょっと日本人でした)。正浩工藤は、少なくともテキストのリテラルの読み取りに傾いたが、メタファーとシンボルの面積を残して、別の角度からチェーホフを垣間見ることができます。ゲオルク・ジョージに限り等しい工藤における慈悲のその人間的使命を持つチェコは、地獄サハリンに降り 島に滞在した最後の日に(スーツケースとブーツが道路に置かれているように)作家は福音に変わります...スクロール上の2番目の部分はチェコフ前のサハリン旅行記「シベリアから」で描かれています。それぞれのミニチュア「フレーム」は、チェコフのテキストのエピソードに厳密に捧げられ、著者の見積もりを伴い、アイヌ人の命を描いた平沢oz三の絵に似ています。日本人の目、私たちの人々、そして私たちのオープンスペースのためにそれほどエキゾチックではありませんか?

「私は芸術家ではなく、私は素人ですが、アントン・パブロビッチの作品が大好きなので、伝統的な日本の紙の色彩の詩にそのテキストを翻訳する自由を取った」と工藤雅裕は語った。 - 私の意見では、テキストのみを使って、思考や意図を知覚するだけでは十分ではありませんが、色やイメージを通して、新しい要素や意味を見つけることができます。私の絵は文学を色と光の言語に翻訳したものです。

彼の本の贈り物も象徴的だった。これは1925年のチェコホフの「サハリン島」で、大阪商工会議所の図書館に置かれていた。工房雅弘が親しんでいたロシアのアーティスト、May Miturichのイラストを翻訳した「Mezzanineのある家」もあります。そして、すでにチェーホフのイラストレーションを作成しているのはわずかですが、ごくわずかですが、それはヴリミール・クレブニコフの子孫であるミトゥリッヒの芸術的スタイルを模倣しています。だからすべてが絡み合っている。

 
 
コメント

日本の写真家が友好展覧をしました

2018-10-14 07:16:36 | 人・交流

日本の写真家がサハリンのビジョンを提示

 
文化ユジノ・サハリンスク

地元美術館の後藤春樹展「サハリンに仲間入りする」展では、自然な群衆がいました。博物館の小さなホールは、博物館では非常にまれな現象である副議長や副市長を含む文化的、政治的な爆弾の興奮のためには、明らかに準備ができていませんでした。しかし、ここでは、文化遺産省の支援を受けて、ロシアの十字架年間を祝ってユジノサハリンスクの日本国総領事館が主催する国際的なイベントである写真展が開催され、近代的な写真芸術への関心が高まっていた。

アントン・ザイチェフ副首相は、サハリン州と北海道地方の友好と経済発展に関する合意締結20周年を振り返り、より多くの文化的プロジェクトが必要であるとの意見を表明した。また、ユジノサハリンスク日本国総領事館(平野隆一)は、国際写真交流の歴史を振り返りました。昨年、日本人はサハリンで撮影し、その後は東京にいました。総領事館によれば、春木後藤は、非常に変化の激しい時間を過ごし、様々な困難を経験し、現代社会の基盤を創造した人々の生活を感じる機会を与えている。

春木さんは若くて誠実な男で、32歳の時から定期的にサハリンを訪問し詳細に文書化しています。プロットを探して、日本人の写真家がサハリンを横切って豊富にぶつかりました。理想とはかけ離れたサハリンの現実が彼をひどく揺さぶったのかどうか尋ねられたとき、彼はLeonidovo、Shebunino、Gornozavodskに登った。いいえ、ショックではなく、彼は分かち合う新しい人生経験を受けた。彼はサハリンの人生の知識に「サハリンとサハリンに残っていることを忘れないでください」という2冊の本を捧げました。

著者のように、彼は第二次世界大戦後にサハリンと人生を結んだ日本人の運命である狭いが長距離のテーマを持っている。この歴史の階層は、日本ではあまり知られていないので、報道にふさわしいものであり、さらに、それは若者にとって特に重要です。日本人のサハリン州の同胞、どのように住んでいるのか、子供、家、料理、仕事、庭園、娯楽、天気、休日、家畜... 写真の芸術的価値(ストーブのビネグレットや鍋のスナップショットなど)に関する吃音は余計です。しかし、後藤春樹の展覧会は、ロシアと日本の友好関係の財政への貢献としてのみ考えるべきである。彼のプロジェクトは長年にわたって存在していなかった私たちの島の深い関心に同情的です。小さなものを美しく見たり、新しいものを学びたいと思っている愛好家を見て、私は二度目の日常生活を見たいと思うかもしれません。古典が言ったように、対面することは見られません、遠くに多く見られます...

この展覧会では、監督のオフィスと博物館の各部門のドアの上に、束ねた絵がかすかに貼られています。サイズとシンプルなプロットの点では、写真は石けん箱のように撮られ、家庭のアルバムから取り出されたものであり、それがなければ平均的な家族がインターネット前の時代にはできなかったようだ。しかし、この無感覚は基本的なものです。

- すべての人々のほとんどは、家族の写真、毎日のシーンにこだわり、魂の中で最大限の反応を引き起こします。したがって、このスタイルの撮影が選択されました。この展覧会が日本で開催された時、観客は彼らの人生の雰囲気を感じるために写真のヒーローに近いと思われたと著者は説明した。

春木さんの展覧会はさらに3日間有効です。そして10月17日、サハリンのアーティスト、ナタリア・キリクヒナ(Natalia Kiryukhina)の「印象派」の展示会が、同じ場所で開かれます。

 
 
コメント

島の人形劇スタッフは北海道公演を成功させました

2018-10-12 04:48:04 | 人・交流

日本で行われたサハリン人形劇場の芸術家

 
文化ユジノ・サハリンスク

サハリン人形劇場のアーティストたちが帰国しました。この旅は、日本の風月子劇場と文化遺産省とサハリン人形劇場の3国間協定の枠組みの中で行われた。ツアーの援助には、北海道の統治があったと、IA Sakh.comは人形劇場のプレスサービスを参考にして報告している。

「Dreams」のパフォーマンスでアーティストは札幌、旭川、中川町の3都市を訪れました。4つのショーが開催され、全年齢の約700人の視聴者が訪れました。演奏の一つには90歳の祖父がいました。さらに、同じ熱意を持った大人と子供の両方がインタラクティブに参加し、喜びが彼らの夢を描く。Lyudmila IevlevaとAlexander Kotovは、聴衆をあまりにも魅了し、笑顔と声で彼らをあまりにも魅了しました。彼らは彼らと付き合いたくありませんでした。

サハリン・パペット劇場と嘉セノコー劇場のクリエイティブ・コンタクトの中で初めて、ロシアと日本のアーティストが北海道の地方で受け入れられました。

サハリン・パペット劇場のインガ・コスタノーヴァ(Inga Kostanova)取締役は、「すべてが非常に厳粛で壮大で親しみがあった」と述べ、「ロシアの篠原信行企画調整部長が受け入れた。同氏は、北海道とサハリン地域の友好と経済協力の合意20周年の枠組みの中で、日本におけるサハリン人形劇場のツアーの重要性を指摘した。最後の強い地震の後、私たちの演技は本当の光線だったことを強調し、私たちはそれを待っていました。

風月子劇場とサハリン人形劇場の協力は、両国の文化交流にとって非常に重要です。アーティストはお互いから学ぶ何かを持っています。共同計画交渉では、日本の演劇がサハリンに到着する演奏が選ばれた。協力の発展について話がありました。

サハリン・パペット劇場の芸術監督、アントニナ・ドブロワボワは、「私たちの劇場での交流の素晴らしい経験をもって、日本のアーティストが夏のドラマスクールに参加し、奇跡の島の祭典の枠組みを広げる可能性について話すことができます。その一つの方向性の発展として、演奏に参加するために俳優を交換する提案がなされた。それは日本側の強い関心を呼び起こした。

そして、もちろん、新しいアイデアが生まれました。Antonina Dobrolyubovaが言うように、さまよう時間を選び、黙って考えるようにするだけでいいのです。そして、彼らは間違いなく興味深い珍しいプロジェクトに翻訳するでしょう。

 
 
コメント

秋祭り 子供すもう大会 大麻神社

2018-10-09 04:55:02 | 人・交流

毎年、恒例の子供相撲大会がおこなわれました。 幼稚園児から小学高学年のクラス別で大会は行われました。子供力士には勝っても、負けても賞品が与えられました。

江別市おおあさ神社境内 

コメント

ジャズバンド 日露競演 10月30日

2018-10-05 11:11:49 | 人・交流

サハリンで有名なジャズミュージシャンを集めるロシア・日本祭

 
文化ユジノ・サハリンスク

2回目は、ロシアと日本のジャズ文化の代表を結び付けるユニークなイベントが、ユジノ・サハリンスクの住民とゲストを待っています。10月30日と31日に島嶼地域では、II国際サハリン・北海道ジャズフェスティバルが開催されます。

参加するフェスティバルでは:

  • Quintet Igor Butman - ロシア
  • 石川俊介五重奏団 - 日本
  • LRKトリオ - ロシア
  • アナスタシア・リュートヴァ(ボーカル)と彼女のバンド - ロシア
  • 栗屋真実トリオ - 日本
  • オレグ・バトマン・カルテット - ロシア

今年は、10月のコンサートホールのステージで、全てのコンサートが開催されます。10月30日、19時に、Quintet Igor Butman、LRKトリオ、そして日本のゲスト、石川俊介がQuintetで演奏します。10月31日、KKZの19時に、オレグ・バトマンの4人組のコンサート、アナスタシア・リュートヴァ(ボーカル)と日本の真理子トリオのグループが開催されます。

また、フェスティバルの枠内では、エヴァンギレベデフ(グランドピアノ)、オレグ・バトマン(ドラム)、栗谷真実(グランドピアノ)のマスタークラスであるイゴール・バトマンとのクリエイティブなミーティングがあります。

サハリン州政府の支援を得て、イゴール・バトマン音楽センターの生産拠点で、第2回国際ロシア・日本の祭り「サハリン・北海道ジャズ」が授与される。

このフェスティバルの主な任務は、複雑な政府間問題を解決するための好都合な雰囲気を作り、相互の文化的および人道的協力の視野を広げ、ロシアと日本の友好関係を広げる政治家、政府、公的な人物の信頼と相互理解を強化することです。昨年と同じように、両国のジャズ・アートのスターたちも祭りに参加します。今年、サハリン・北海道ジャズフェスティバルのヘッドライターは、イゴール・バトマン奏者、クインテット、日本のミュージシャン、栗谷真琴、石川俊介の4人組となります。

フェスティバルの初日は、モスクワのジャズシーンであるLRK Trioで最も人気のあるグループの1人によって開かれます。彼のキャリアの中で、ヨーヴェニ・レベデフ、アントン・レブニュク、イグナット・クラブツォフはファーストクラスのミュージシャンとして名を馳せ、ロシアの近代的なジャズ音楽の「新しいトレンド」と呼ばれています。2017年、トリオは、日本、ベルギー、オランダ、ポーランド、エストニア、ラトヴィアで成功を収めたLosen Records(ノルウェー)とButman Music(ロシア)の2枚のレーベル "If You Have a Dream"をリリースしました。

10月30日には、日本のピアニストの松戸久理さんのトリオの演奏も行われます。音楽家は特別な演奏スタイルで知られています。ソウルフルで透明感のある微妙な音色です。同時に、シャープなリズムは世界中の人々を驚かせます。アカウント誠チャックMandzhione、ネイサン・デイヴィス、ジョン・ファディス、ジョニー・グリフィン、ビリー・コブハム、ドナルド・バード、ジェームズ・ムーディ、トゥーツTielmans、カーティス・フラー、チコ・フリーマン、アーサー・ブライス、ビリー・ドラモンド、マークなどのジャズの星と14枚のアルバムと公演でWhitfield、Benny Mopin、Wallace Roni、Paul Jackson、Bill Watrousなどがあります。Trio Makotoの参加者は、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、オーストラリアで最も有名なフェスティバルに選ばれました。

イゴール・バトマン(Igor Butman)の最も有名なジャズマンのクインテットがコンサートを完成させる。マエストロは紹介を必要としません。彼の名前は世界の異なる国々でロシアのジャズを話すときにミュージシャンが発音する最初のものです。イゴール・バトマンのディスコグラフィーには、チック・コリア、ランディ・ブレッカー、ジャック・デジネット、ジョン・パティトゥッチなど、最大のジャズ・スターによる録音を含む17のアルバムが収録されています。ButmanはArchie Schepp、Pat Metini、Eddie Gomezなどの有名ミュージシャンと同じステージで演奏しました。今年、ユジノ・サハリンスクのフェスティバルで、彼は様々な世代のロシアのジャズミュージシャンを含むクインテットで演奏します。長年に渡って、イワール・バトマンは世界で最も有名なフェスティバルやニューヨーク・バードランドを含む伝説のクラブ会場を含む多くのコンサートを行ってきました。

Anastasia Lyutovaと彼女のグループのパフォーマンスは、2回目のフェスティバルの本当の宝物になるでしょう。アナスタシアは若いジャズ歌手であり、短期間でミュージシャンや宣伝者から高い評価を受けました。ジャズ・ミュージックの国家室内管弦楽団とのコラボレーション。Oleg Lundstrem。2018年、サンクトペテルブルクの国際ジャズデーの公式プログラムの一環として演奏しました。アナスタシアはジャズの主流を好む。Anita O'Day、MelTormé、Ella Fitzgerald、Abby Lincoln、Carmen MacRay、John Hendrixが彼女のパフォーマンスに最も強力な影響を与えました。彼女のバンドのレパートリーは、30代〜50代のアメリカの音楽からのヒットと一般に知られていないジャズのスタンダードから構成されています。

10月30日には、日本が最も有望なジャズマンの一人、石川俊之の5人組の五重会で祭りに出演します。サックス奏者はニューオーリンズとロッテルダムでジャズを学んだ。ミュージシャンのキャリアにおける最も明るい瞬間の1つは、ニコラス・ペイトン、リー・コニッツ、ラッセル・バティスト、トミー・スミス、ジョン・アバークロンビー、ジェラール・プレンスナー、アダム・ナスバウムとの共同パフォーマンスと呼ぶことができます。数年前、彼は日本とヨーロッパ諸国の最も権威のあるシーンで成功したミュージシャンのグループを集めました。

このフェスティバルは、アメリカとロシアのオレグ・バトマンを征服した最も現代的な現代ジャズ・ロシアのドラマーの4人組の演奏で終わります。18歳でアメリカに住んでいたオレグは、ジョー・ロック、エディ・ゴメス、グローバー・ワシントンなどの著名なミュージシャンと仕事をして録音し、素晴らしい音楽体験を得ました。オレグはアメリカとロシアの最も有名なサイトで語りました。2007年には、ナタリア・スミルノワと共にジャズマンが、ロシアとヨーロッパの最も有名なコンサート会場で名声を得たアンサンブル「ジャズ・パッション」を制作しました。アンサンブルで働くオレグは、ミュージシャンとしてだけでなく、作曲家としても自分自身を実現する機会を得ました。クリスチャン・タンデム・バトマン・スミルノワのアカウントで、既に4枚のアルバムがButman Musicというレーベルにリリースされています。

第2回国際祭り「サハリン・北海道ジャズ」は、サハリン・フィル・ハーモニック・ソサエティのプレス・サービスによると、Sakh.comの報道機関は、ロシアと日本の文化交流や友好関係の拡大を目的とした優しい友好的な雰囲気とともに、

 
 
コメント

島民の北海道訪問記

2018-09-27 09:30:05 | 人・交流

日本へ旅行する。そこと背中

 
観光週刊コルサコフコルンスクウグレゴルスクポロネスク

1日目

行こう!

通常の天気では、ペンギンはコルサコフの港から月曜日、水曜日、金曜日の稚内港へ出発し、週に3便を払う。火曜日、木曜日、土曜日に戻る。日曜日は停滞している。私の旅行の日は9月14日金曜日に落ちました。

朝、私たちは古いコルサコフ港に到着します。天候はまだそれが今の日にあるべきであることをまだ決めていないので、今や日の出は終わり、雲を閉じる。しかし、海は静かで、カタマランの弱い風が支障ではありません。

旅客の主要な接近を待って、私たちは国境と税関の管理を行っています。人々は少し、そうトラフィックと大騒ぎ。私たちとの飛行では、いくつかの同胞人たちと、帰ってきたライジングサンの土地からの少人数の観光客が、私たちのために出発します。

日本人観光客
日本人観光客

私の注意が手に膨大なスーツケースで大きなにぎやかな男に引かれ、眠い沈黙ステーション熱狂的な叫び声を吹いた:「サハリンは - それは奇跡だ、それは夢です!」。彼の哀悼者たちに気持ちがいいので、彼は文字通り習慣を通り抜け、今私たちは一緒にドライブにいます。彼と一緒に、私は仲間の旅行者との知り合いを始めることに決めました。

ウラジミール・ニコラエビッチ・ツダノフは、モスクワ州立大学の元教授であり、20年以上にわたり、札幌大学の教授であり、日本人学生に「外国語としてのロシア語」を教える教授です。島では、彼は9月7日にSakha州立大学で開催された国際セミナー「Face to Face」に参加するために到着しました。

 V. ZhdanovおよびV. Fitzner
V. ZhdanovおよびV. Fitzner

- 一般的に、私の妻と私、ナタリア・イワノフナは、飛行機で飛行することになっていました。しかし、9月6日に北海道を襲った地震は、ほぼ計画通り打ち切りました。我々は、すべて、旅行はキャンセルされたと思った!しかし、幸いなことに、ロシアと日本の間で海上通信が復活しました。悲しい魂がなければ、私は言うでしょう - 旅行は信じられないほど楽しいものでした。船の乗組員は非常に賢明です:荷物が積載されている、任意のヘルプがレンダリングされます。

ちなみに私はサハリンで3回目を迎えましたが、ここではポジティブな変化が起こっていることを喜んで思い出します。都市の出現が変わり、道路が改善しています。そして日本人にとって、あなたの島は聖地です。私が生徒にサハリンやハワイに行くのが好きな場所を尋ねると、「サハリンにはもちろん、ハワイはどうですか?」と答えるのは躊躇しないかもしれません。

ナタリア・イワノフナに通訳として「仕事」を依頼した後、次の「ペンギン」の乗客と会話を始めます。犬和裕介は、本州の小さな石川町(日本の主要シンボルの1つが富士火山であり、東京都の首都)からの銀行員です。何が彼をサハリンに連れて行ったのですか?リラックスして旅行すること、そして必然的に海を望むこと。彼は飛行が好きではありません。

稲葉裕介
稲葉裕介

「また、冬にここに戻ってきたい」とユースケさんは「スキーに行く」と話す。彼らはそれがサハリンで素晴らしいことだと言います!

よく日本人は感情に非常に拘束され、そのため、慎重に言葉を選ぶ、私の対談は、現在のナビゲーションの後半開始について戸惑いを発現することが知られています。詳細には言及せずに、私は、この問題が運送会社に宛ててはならず、両方の官報の当局に官僚的な遅れで対応すべきであると答える。

給与や年金にと、もちろん、ロシアと日本の美食predilectionsについて、(世界経済危機がキャンセルされていない)、両方の国での生活コストの高さ:着陸を見越して、我々はまだこのとそれについてウラジミールニコラエヴィチでおしゃべり。

- 私には4人の娘と4人の孫がいます。私たちはもちろん、日本食のようですが、毎年そのようなことはありません!私のスーツケースは見えますか?あなたはその中に何があると思いますか?うんざり! - これらの言葉で、表題の言語学者が荷物を拾い上げ、バスに突っ込んだ。時間を無駄にせずに、彼の後に私は残す。

10分後、すでにインドネシアの船員を笑顔で迎えているカタマランに乗っています。乗組員には8人、サハリン海運会社のValery Fitznerの代表者は9人目です。直ちに、私は言う、Zhdanovによって与えられたおいしい特性、彼らは200パーセントを正当化する。「ペンギン」の雰囲気は、ただの慈悲ではなく、家庭のようなものです。すべての乗客に対応するためにスタッフを送信する前に - 1を椅子に、よく、乗り物酔いに苦しむ人たち - リカンベントの席には、すべての利害ボトル入り飲料水、衛生キットに配布(何を知っています!)。海の眺めを楽しみたい人や高速船の速さは、オープンデッキに護衛され、安全のために監視されました。そして、神聖な聖地 - 航行伐採 - においても、好奇心の玄関は注文されませんでした。

我々はコルサコフを残す
我々はコルサコフを残す
ナビゲータで
ナビゲータで

カタマランについてのいくつかの言葉。代わりに前5の四時間 - 以前にこのルート日本語蒸気もはや16により、減少旅行時間を提起「エース大豆」に行った者に対し、「ペンギン32」は、20ノットの速度が可能です。上下の船の2つの広々としたキャビンには、国内と日本の映画とクリップが再生されるテレビが装備されています。3つのバスルームにはシャワーヘッドまで、きれいにするために必要なものすべてがあります。

途中で私たちは隣人と「太陽の下」で知り合います。Yuzhnosakhalinka Dashaと彼女の4歳の娘Nastyaは日本に住んでいます。北海道は毎年夏に移動します。

通常は飛行機で札幌に着きますが、今回は必要な日程のチケットがないので、海上に行きました。ところで、チケットについて。航空運送業者は価格が変動し、海運運送業者は明確な関税を設定しています。だから、サハリンとクリルの住民(もう少し高価)のための片側の大人のチケットの費用は120ドル、子供は60ドルです。6歳未満のお子様は無料です。大人一人で2人の子供から6歳までの輸送の場合、子供1名は無料で、2回目以降は基本子供料金の50%が支払われます。「コルサコフタチアナから元気な女の子、日本に行く - 荷物については、1人の自由乗客は彼と一緒に1件の以上私の仲間の旅行者として、ロシア人のために非常に重要である50キロ、の合計をとることができ

私たちの代表者とDashaはSASCOの代理人によって中断されています - 税関申告を記入する必要があります。私たちは書類を返却して、それを側面に置いてください - 先にはまだ2時間ほどあります。私たち、日本を待つ!

"村"

私は昼寝し、目を開き、窓 - 地球を見ます!まあこんにちは、ワカナイ、ライジングサンの国の最北端の都市!

私は90年代に覚えている - 『ゼロ』サハリンの船員の初め、日本の港でより頻繁に家である(遠く真実からだった)小さな海辺の町 『村』と呼ばれ、南小樽の位置しています - 『Otarovkoy』。これらの漁業集落の無法期間を密かにする期間は真のルネッサンスとなった。しかし、5年前から、密猟者の話題は隠されていたし、生きるのが悪くなったので、それはもっと退屈になった。そのため、35,000番目のワッカナからの若者たちは、「長いルーブル」(彼らの場合は円)とエンターテインメントのために札幌のような巨大都市に急いで行きました。身近な状況ではないですか?

これが私の初めての日本旅行であることを考えると、旅行の前に私はワカンを訪れた旅行者のレビューでサイトを徹底的に探検し、滞在のプログラムをまとめました。しかし知識のある人は私に、チョウザメを減らすように言いました、半日でそれを受け入れることはできないと言っていました。助言を借りれば、見えないだけの主なものを残しました。

私はすぐに壁時計が現地時間とサハリン( - マイナス2時間差)を示して海ポートビルに陥る桟橋から、ダウン海岸へ行ってきました。私は、北海道警察が緊急事態で動作し、街に出て行く方法についてのメモを取得する非常に正しい代表の手から、インポートされてから禁止品目および製品のリストに精通し、パスポートとビザのコントロールを通過します。

時間の違いは2時間です
時間の違いは2時間です

最初の(そして予想される)印象はとてもきれいです。斑点も草もない。それはまだ荒廃しています。ちょっと後に私が説明したように、日本人は歩くだけで時間を殺すのではありません。すべてのビジネス。そのため、Wakkanaの主要なアトラクションの1つであり、市民の誇りの対象である防波堤を見るのは特に楽しいです。彼は、最初に、来る風から救われ、次に、彼の足の筋肉を汲み出すことが判明しました。

通りではワクチンはきれいで捨てられています
通りではワクチンはきれいで捨てられています
防波堤
防波堤

私がダムに憧れている間、別の船が港にやって来た。稚内への旅に伴う私によれば、北海道サハリンライン(株)総支配人 Hyugzi Kadzuhiro、それはKarafutoの支配の間にOdomari(Korsakov)から到着する乗客フェリーが係留されたこの停泊場にあった。

フガジ・カズヒロ
フガジ・カズヒロ

1930年に遠隔地に建設された水圧構造の防波堤について、市のイベントや音楽祭などの会場として使用されていた兵士さんは、多くを伝えることができます。数年前、彼はブレイクウォーターモデルを作りました。そこでは、微妙なニュアンスを細かく再現し、カラフートの地元の博物館に渡しました。

ホームシック

一般的に、サハリンの接近はワカンで非常に深刻である。ここの思い出に残っているほとんどすべてのものは私たちの島につながっています。はい、そして我々が似ている海岸の救済、そして気候です。だから、ドーミーインのホテルに行く途中で、日本人ではなく、野生のバラの花が咲き乱れ、緋色の果実で茂っているのが見えました。道路には理想的な路面と同じ歩道があり、左手の交通量で通り過ぎていましたが、まだ家に吹き荒れていました。

したがって、おそらく、多くの日本人の心には、サハリン南部とクール族はまだ「北方領土」であり、ロシアの島ではありませんか?これは議論の余地がある問題ですが、私は後でそれに戻ります。

死んだ鷲、放牧鹿

次の訪問は、灯台、小さな海洋生物園、青少年研究センター、そして興味深い時計を備えたコンパクトな堤防がある、野外岬でした。簡単に各オブジェクトについて説明します。

灯台は30年前に建てられ、海岸で最高のものの1つです。

小さな船は釣りから帰る
小さな船は釣りから帰る
時計付きの岸壁
時計付きの岸壁
ウォーターフロントの生徒
ウォーターフロントの生徒
灯台
灯台

あなたが魚を養うことができますささやかな水族館特に懐かしく思い出したシールでは、ペンギンが剥離手「を行うために」、北海道の比較的温暖な気候、魚Garra Rufaで非常に快適、不器用で、巨大なタコは、ガラスに、すべての手足を立ち往生。しかし印象は異なりました。写真の隣にある水族館の大部分と海洋の住人の描写は写真を撮っていましたが、すでにプレート上で調理されていました。日本人は何が、そして実践的には拒否できません!

不器用なイルカ
不器用なイルカ
歌う封印
歌う封印
水族館のレシピ
水族館のレシピ

青少年センターの子供たちは、特に、このようなトンネルの音楽、プラズマ球として、いくつか面白いと教育の観光スポットにアピールする、というように。しかし、北極セクションとは、サハリンの開示された主題開発、全体として北極域は、かなり興味深い両親です。

北極のセクション
北極のセクション

ちなみに、小学生はしばしば遠足で岬に来ます。だから、堤防に到着した日に、雑多なギャグルは、野球の帽子に同じ野球の帽子の中に、旗を手にした一群の学生を収容しました。どうやら、地元の歴史に教訓がありました。

さらに、私の道は、稚内の100周年を記念して建てられた80メートルの塔に横たわっていました。

タワーは街のどこからでも見ることができます
タワーは街のどこからでも見ることができます

高い丘の上に建てられ、街のあらゆる場所から見ることができます。キャンプと信頼性の高いフェンシングを備えた、Kamyshovパスの "銃への"道に似ています。塔の入り口には、赤い本Stellerのイーグル、熊のうなりを悩ますオオカミが詰まっています。タワーの頂上にはパノラマの展望台があり、そこからは、大豆岬を含む海岸線全体を見ることができます。そこでは、時間の不足のために私は決して訪問することができませんでした。しかし、ここで興味深いのは、二階にある:南サハリンの日本の時代に専念ヴィンテージ写真の質量、我々は通常、「悪魔」と呼んで鉄道橋、のレイアウト、および展示会は9 maokskih telephonistsに専念します。ここに彼らの話があります。

観測プラットフォームから
観測プラットフォームから
9人の電話事業者
9人の電話事業者

1945年8月20日、ソ連の水陸両用作戦がほぼ完了したとき、軍事通信の重要な接点であるマオカ市の郵電局が引き続き運営された。3日前には、12人のうち10人の従業員が退去を拒否し、自発的にボランティアをして座席にとどまり、書面による選択を確認しました。少し後、17歳の藤本照子避難ポイントに送信された(だけでなく、他の二つの女の子は、彼女が避難を待っていませんでした)。24歳だった最古の人の残りの9は、日本の義務への献身と自己犠牲のための一例となっている行為を犯した:空気の上に最後のメッセージを送信する前に、シアン化物またはモルヒネで自殺している:「これは、さよならを言うためにエンドです。」。それは重要ですが、

戦後、死んだ電話事業者は死後7世紀の宝石勲章を受賞しました。毛沢東の宗教団体(「9人の処女」)は、日本の他の軍人と一緒に靖国神社で崇拝されています。1973年には長編映画が制作されました。

恐怖は、これらの事実、かなり少数の女の子が彼らの決定に単独でいなかったということです。同様の悲劇が23人の看護師があったことを唯一の違いでEsutoru(Uglegorsk)で発生した、と彼らは(200以上の郡Esutoru日本の総飼育に好適死、自殺を)強い睡眠の丸薬を取りました。生存している看護師の1人は、ここで紹介された思い出に残る写真からもわかるように、数年後にWakkanaの博物館を訪れました。

戦争の恐ろしさを知らなかった私たちは、73年前に起こったことを判断するのが難しいと感じました。おそらく、古代のサムライの伝統の1の人々のために - それは許容できると考えられるから抜け出す方法に類似切腹(儀式自殺)、が、私は個人的に死んで遺体郵便電信の床の上に発見された女の子の若い笑顔を見て、皮膚を介して自分の道を霜ソビエト海兵隊の管理。

塔の近くの高原には興味深い記念碑「スノーゲート」(別名「氷と雪の門」)があります。これは再び郷愁を象徴するものです - カラフト。非常に印象的な、感情の彫刻で殴る。

スノーゲイツ
スノーゲイツ

ブロガーの一つのアドバイスに続いて、私は(丘塔100周年の麓に位置)の仏教寺院の領土に飛び乗りました。彼は想像力に驚かない、実際、私はこれのためにここにいない。より密接に...野生の鹿を見るのは面白かったです。あります!仏教の墓石の間で平和的に放牧することは私に近づい警戒でハンサムな墓石が、その後リラックスしても、自分の写真を撮る与えました。ちなみに、墓地は、平和的に母親が自分の赤ちゃんを「歩いている」寺、で、ここにある側の遊び場、バイ・サイド。このような死に対する哲学的態度は、日本の大多数である仏陀の信者の典型である。

神殿へのゲート
神殿へのゲート
墓地
墓地
子供の遊び場
子供の遊び場
放牧鹿
放牧鹿

私の遠足プログラムの最後の項目は、先に述べたKarafuto Museumでした。歴史の恋人たちは、ここではたくさんの楽しいものを見つけるでしょうが、私は大相撲のイメージを持つポスターに特別な注意を払っています。おそらく、この闘争が日本にどれほど普及しているかは言うまでもありません。たとえば、私たちの車の中でテレビの周りを移動しながら、その後、慎重に道を見て、相撲の試合とHyugadziさんを放送し、片方の目は上のコメントを画面とさえ何かを見つめるために時間を過ごしました。偉大大鵬の歴史は実際に彼はネイティブ生まれのイワンMarkiyanovichem Boryshkoだったことを私に夢中 - ウクライナの入植者の息子、そして日本、Sikuka(Poronaisk)で、サハリンで1940年に生まれました。彼のキャリアの間に、彼は主賞を獲得した - 帝国カップ - 32回、2015年には、太古の木がもはや生き残っていない時には、この成果は上回っていました。同年7月、初の相撲選手として「名誉市民」を授与されました。彼の若い頃、Taiho Kokiはライジングサンの国の中で最も美しい人の一人とみなされました。私たちを知って!

博物館
博物館
タイホコキ
タイホコキ

博覧会の見学に加え、シーフードショップ、ハンドメイドアクセサリー、その他の "観光"価格で優れた温泉やショッピングを楽しむことができます。それらの一つ - お菓子の店、私の "ガイド"は無視できませんでした。Hyugadziさんよると、それは彼らの両親によって発行されたポケットマネー、外に、子供たちはすべてのvkusnyashekを収集することができ、フルでオフお菓子屋幼少期(私が思うに、前世紀の60年代の初めである)、として様式化されています。

キャビアの観光料金
キャビアの観光料金

Waqkanae - Homacと探検家の "stenennik"にあるロシアの観光客(ここでは、ここでは、またいっぱいです)の中で最も人気のある店に着いたときは、すでに暗かったです。私は何を言うことができますか:定性的には(中国やアジア太平洋地域の他の国からのかなりの製品ですが)、期待に反して、「安い」ではありません。経験豊富な人によると、人々は完全なショッピングカートと空の財布を持ってその場所を去り、都市の通常の店で同じ商品を見つけたが、より安い価格であった。だから、私とは違って、時間があるなら、大騒ぎしないでください。最初によく見て、価格を尋ねて、その地域の近隣諸国の経済に「投資」してください。

稚内の典型的な通り
稚内の典型的な通り

我々は(稚内回天寿司で最高のは、満員登場)寿司バーがない、夕食を持っていた、と小さなレストランが完全おなじみサハリン料理とリーズナブルな価格で「ビクトリア」に。ひょうごさんは、夕食のあと、魅力的な孫たちの写真を誇っていました。まあ、人々はどこにいても同じです。彼らは自分の子孫を誇りに思っています。今も心配していて、未来を希望で見るのと同じです。

まあ、すべて、今ホテルに戻って - 明日は寝る。

2日目

あなたが生きたい島々?

期待と現実 - あなたは翌日の始まりを特徴付けることができます。朝食のためにダウンし、私は喜んで「バイキング」に駆けつけ、食品の良い選択を提供していますが、私は磁石が赤キャビアを描くが、白のいくつかのパンではなく、バターで、そして一番上に持っている - ミルクとコーヒーを。ええ、私と一緒にこのような休憩は、長い間起こっていない!コーヒーマシンはきっぱりフルカップを注ぐことを拒否したといくつかの無味、甘いパンと卵は水っぽくて、一般に「不規則」判明半分だけ油を与えました。さて、日本は周り貪る空の茶碗は、彼の口に持って来るとスマートスティックを振り回すとりこ美食の多様性を持っていたとき、それは奇妙だった、特にとして、存続します。

私の所見によると、一般的に隣人は個人的なレベルで非常に気が散っていませんが、同時に彼らは自分の人生に最大の利便性を装備することができます。例えば、私のホテルの部屋では、約12の "正方形"には、人生に必要なものすべてが収納されていました。カーテンがあれば、停電して、早い日の出があなたの睡眠を妨げることはありません。シャワーの床、滑り止めコーティングのある方、シャワーヘッドの場合はさらに2つのホルダー - 子供と車椅子の方のためのものです。エレベーターの場合、3つのボタンのパネル - 障害のある人のために右と左の下部がもう一度下がり、通常のレベルのもの - があります。すべての電柱、歩道、歩行者横断、街の主要ショッピングセンターへの入り口には、盲人や視覚障害者のための救済看板が装備されています...

港に到着し、不必要な遅れをせずに、すべての「コードン」を通過して、既によく知られた桟橋に行きました。この日、 "Penguin"が53人の乗客を乗せ、Wakkanayに向かう途中のように、ほとんどが日本語でした。そのような素晴らしい天気の中で、通過する波とともに、それはデッキに上らず、景色を楽しむことではない罪でした。ポート、次々に痛いほど馴染みで終わるそれぞれの橋脚の上に営巣絵の旋回カモメ、周り、(光がこれらの海の生き物を引き付ける)、小型船舶を行った夜釣りサンマやイカのための電球の花輪が飾ら:何を見てビーコンは、まだ日本の建設のように、コルンスクの港の入り口に立っています。

V. Fitznerが英語でいくつかの単語をいくつかの乗客と飛び越えたことを聞いて、私は彼をもっとよく知ることに決めました。元々チェコ共和国出身で、ロシア語でかなり穏やかに話していた、絶対に言い表せない名前のアダムという男(社会主義キャンプの元の国へのこだわり!)。彼は25歳です。彼はミュージシャンであり、忠実な仲間と "濡れた看護師" - ギターを使って世界中でヒッチハイクしています。アダムはヨーロッパ全体を歩み、「極東へ」という言葉で日本に行くことにしました。巨大な距離を克服して(バックパッカーは基本的に航空輸送(土地と水のみ)を使わないという事実を考慮して)、3ヶ月前に彼はライジングサンの土地に足を踏み入れました。この間、彼は大小の都市を訪れ、大勢の人々に知り合い、

- 日本はハイテク州であり、その住民は自宅を守っている本当の愛国者です。したがって、ここではすべてがとても清潔で装備されています。しかし、ここに住むために - いいえ、私はしません。私たちの心理においても異なる、家族に対するさまざまな態度、仕事。日本人はコミュニケーションに問題があります。一般的に、彼らは非常に閉じており、個性を示すのを恐れています。「他のみんなと同じように」は、その存在の基本原則です。たぶん、これは第二次世界大戦の遺産で、敗北後に生まれ変わった国のためにすべてが奉仕され、個人の利益は関係ありませんでしたか?たとえば、ロシアやウクライナでは、経済的、社会的な問題にかかわらず、人々とコミュニケーションをとることはずっと簡単でした。

チェコ共和国からの旅行者
チェコ共和国からの旅行者

私たちの長い会話では、アダムはまた、日本とロシアの間の長年にわたる領土紛争についても言及しました。

- 現代日本人にとっては、これは本当に原則の問題だとは思わない。少なくとも若者からは、それほど聞いたことがない。彼らのために、サハリンとクール族はロシアの土地であり、彼らはそれを当然受け入れている。

「北部地域」の復帰は、むしろ、両国の人々の性交の障害ではなく、支配する政治エリートにとっての威信の問題であるように思われる。これらのことについては、私はサハリン川岸がどのように船外に形成されているのか気付かなかった。もう少し - コルサコフの岸壁に再びあります。20分も経たないうちに、国境当局は私たちを暖かい抱擁に連れて行きました。こんにちは、マザーランド!

将来の旅行者のためのLayfhak:

  • 日本に行く場合は、この国にビザを発行する際、領事手数料は請求されません。ビザの登録は無料です。しかし、私たちの観光客は、気にしないために、旅行代理店を通してこれをすることを好む。このサービスは1人あたり1〜2,000ルーブルの費用がかかります。
  • ホテルに滞在する予定の場合は、石鹸と敷物を持参する必要があります。ここにはすべてがあり、まともな品質です。ヘアドライヤーは、携帯電話(100V、フラットプラグフォーク付き)、パジャマ、スリッパ用です。
  • 買い物を計画している場合は、カードに加えて現金が必要になります。ある店舗(例えば、 "stenennik")では、キャッシュの途中にあります。さらに、同じHomacのすべての製品について、2つの価格が表示されます。現金机での計算には2番目に消費税が8%あります。

アナスタシア・アルキポワ

 
関連ニュース:
コメント

島のテニス選手は札幌での親善試合に参加しました

2018-08-31 05:49:01 | 人・交流

サハリンテニス選手が日本で親善試合を開催

 
スポーツユジノサハリンスク

気象条件にもかかわらず、日本のロシア年の間にテニスで親しみやすい会合が開催されました。サハリンテニス選手の代表団はフェリーを予定していたが、天候のためにキャンセルされたため、飛行機で札幌に着く必要があった。

子供たちのために、バスが割り当てられ、彼らが訪れたチョコレート工場のための遠足プログラムが準備されました。平等なスポーツ闘争の雰囲気の中で、親善試合が行われました。双方は高度な技術訓練を示した。

さらに、ゲームの後、カルチャープログラムが編成され、IA Sakh.comは地方交通省のプレスサービスを参照して報告しています。

 
 
コメント

北方民族の文化交流はポロネスク市で終りました

2018-08-28 06:16:33 | 人・交流

モルドバ共和国の文化祭および文化省の伝統がポロネスクで終わった

 
文化ポロネスク

昨日Poronaisk歴史博物館は再びhospitably都市地区の住民やゲストへの門戸を開いた - 博物館は文化やサハリン地域北「オープンスペース」の先住民族の伝統の第二の祭りでした。昨年と同様に、イベントは、オープンエア形式で開催されました - すべての祭りのサイトは、博物館の敷地外に位置しています。

このとき、先住民族の民族の多様性と独創性を示しキャリアPoronaisk、ユジノサハリンスク、ノグリキとNekrasovka村から国民文化祭のために集まってきました。博物館のスタッフは、展覧会、マスタークラス、コンサート、国内のゲーム、コンテストなど、北部の人々の文化的多様性を反映した明るく広範なプログラムを準備しました。

このフェスティバルは小さな民族のコンサートから始まりました。また、外国人客があった人の中で観客、 - 日本と韓国の代表団 - 全国の音楽とダンスは、国家国民のアンサンブル「Mengume ILGA」の参加者を歓迎します。ニヴフ語で歌を行ったアーティストのパフォーマンスでは、国家の楽器の音楽は、観客は民族のアーティストの振り付けスキルを楽しむことができます。歓迎の演説は、サハリン地方のDuma Natalia Zakharchukの副議長によってなされた。

コンサートエリアから遠くない場所には、フェスティバルのクリエイティブゾーンがあります。テントの中で、彼らの祖先の伝統を続ける芸術品や工芸品の「巨匠の市」マスターは、毛皮の彼の素晴らしい仕事、魚皮、樹皮、ビーズや繊維陪審のゲストとメンバーを発表しました。マスターズは様々な材料の絵画、護符、宝石類、おもちゃ、衣類やアクセサリーのコレクションから作成しました。

すべての種類のマスタークラスはフェスティバルの必須属性です。祭りの参加者は、マスターPoronaiアンナリッツィック、ナタリアTretyakovaによって装飾用ガラス絵、ビクトリアAzizmamadovoyから塗りの木製のブレスレットから骨の彫刻のレッスンを受けています。イベントの魚の皮のゲストで作られたブローチは、マリーナクリギナのマスタークラスで行った。Noglikの熟練職人Lyudmila Paskitの厳密な指導の下、博物館の最も若い来場者は、自家製の樹皮からアップリケを作成することができました。

参加者とファンのための最も面白いのは、フェスティバルプログラムの競争力のある国家のゲームと "料理の戦い"でした。全国大会では、勝者は3つの年齢層で定義されました。男の子と女の子は競争 "コックファイト"と "犬のチーム"で棒を引っ張ることで競い合った。コンテストプログラムの成人参加者は、味わいのない観客や陪審員に全国料理を驚かせようとしました。

「オープンスペース」フェスティバルは、結果と授賞式をまとめて終了しました。民芸オルガHuryunの地域センターの先住民族の文化の部門の主要なmethodologistの手から展示会への参加のための証明書と賞品は、ビクトリアAzizmamadova(ビーズの富)、オルガリッツィック(骨の彫刻)、ヒョードルMygun(木彫り)、アルビナMygun(刺繍を得ました)、エレナOchan毛皮の(富)、リュドミラパスコ白樺の樹皮の(富)、アントノフヨンジュンヨンスはありません(国民のおもちゃ)や魚の皮で作られたパネルの祭りセムヨン・リッツィックの最年少マスター。愛上村 - 料理戦いは最初の場所ガリーナDzhiginasを取った、最高の国民食のための競争の中で第二第三アンナリッツィック、でした。マスタークラスでは、審査員はNoglikiの職人Lyudmila Paskitを指摘した。

 
 
コメント