ヤマアカガエルの産卵に春を知る日

山里の日々の生活と自然、そして稼業の木工の話。

図面と出来たもの

2012年06月28日 | 木工
桑の実が好きです。



埼玉や群馬の田んぼや畑の中で育ったので、子供のころも桑の実をよく摘んで食べました。
今でも桑の実を見るととって食べます。あまりそういう人はいないけれど、おいしいですよ。
山村なので、桑はたくさん生えてはいますが、おいしい木とまずい木があります。
もちろんうまいのを選って食べます。
梅雨時に生るので、雨に邪魔されて食べそこなうことが多いけれど、
今年は雨が少なくて、食べやすいです。





実についてきてしまったカメムシの幼虫。

ヒメツノカメムシという種類で、桑の葉に卵を産んだ後、親がしばらく健気に世話をするかわいいやつです。
桑の実を食べたらカメムシを食べてしまって、それから桑の実が嫌いになった話を誰かがしていました。





急に一台だけ、変わった椅子を作ることになりました。
一種の治療に使うものらしいです。座面が普通より低いです。
いつも作る椅子の寸法をいじって応用して作ることにしました。
そのための図面です。図面から3Dの絵も描いてみました。



加工が終わった部材を並べてみました。
座面の板はここにはないです。



出来たものがこれ。
材はケヤキ、漆ぬりです。
図面から起こした立体図とほぼ同じになって、ホッとしました。




コメント