ヤマアカガエルの産卵に春を知る日

山里の日々の生活と自然、そして稼業の木工の話。

材木の桟干しと新築のお宅の家具

2019年03月19日 | 木工
材を棧干ししました。




この材木、実は昨年の年末に製材して届けてもらっていました。

しかし、ずっと新築のお店と新築の個人のお宅のお仕事に掛かりっきりで干す作業ができませんでした。

やっと時間ができて積めました。



木は製材した後、ベタで重ねておくとすぐにカビや菌が生えてきます。

ただ今回のケースは真冬でしたので、放置してあってもなんとか大丈夫でした。





いつ製材したか忘れますので日付を書いておきます。

乾いて使えるようになるのは2,3年先です。





さてその新築のお宅の家具の写真を載せます。

納品施工の時はあまりに忙しく写真を撮ることもままならなかったのですが、「宿題」があったので再度お伺いして撮ってきました。







これはベッド、杉材。

下が収納引き出しになっています。引っ越しのさなかにお伺いしたのでこんな状態。

枠の下に引き出しを仕込むのは経験がなく作るのを躊躇したのですがお客様のご要望ですのでいろいろ構造を考えて作りました。

ベッド本体は専用の金具で組み立て、ヘッドボードと引き出しも別ユニットで現場組み。

特に引き出しの取っ手のデザインは試作を重ねて作りました。






こちらは洗面所の収納。材はシュリサクラ。

高さが2mあります。

戸口の枠より家具が高く廊下も狭かったので搬入は意外と大変でした。

新築ですと下見ができないのでこういうのは盲点ですね。









リビングにある収納戸棚と引き出しです。

材は杉の銘木です。大変な銘木です。元受けになる斎藤桐材店さんの支給。

取手は私の作。


この側板や天板は大工さんが据えたもので、これに扉や引き出しを仕込むという、これまた経験のない工作でした。

よく知られたことで、悪口と取られては困るのですが、大工さんの作るものは家具に求められる精度がありません。

家のような大きなものを作るのですからミリ単位のことは無理なのです。

今回の物も三つある開口部はみな寸法が違い、奥と手前でまた違ったりしました。

いろいろ気を遣いましたがうまくいったと思います。







一番の大物、食器棚です。間口が270cmあります。

表面材はシュリサクラ、構造材にパインの集成材を使っています。

取手はお客様が仕様感にこだわって探したもので、イケヤのものです。


パインの集成材は今回初めて使いました。420×50cmという大きな板で買えます。

あまり反ったりせず、ある種の合板などに比べて強度があり、場合によっては無垢材の様に剥いだりもできるのでなかなか重宝なものだと思いました。







手前にアイランドキッチンがあるので全景が写りません。

これは下の部分。

天板に付いているのは炊飯器の台で、前後にスライドします。





こちらが上の部分。

上部の木の鏡板の扉の上三分の一はダミーで、斜めになっている天井を隠しています。



正味一月でこれだけの家具を一人で作りました。

さすがにちょっとオーバーワークでした。







気が付けば、工房の池のカエルの卵もいつの間にやらオタマジャクシに孵ってました。








コメント

小家具いくつか

2019年01月21日 | 木工
年末から新年にかけて出来たものをいくつか載せます。







ケヤキ材のキャビネット。

理容院の受け付けカウンター用にとのことです。

材は施主様の支給で、丸太の製材から立ち会いました。

製材は2年ほど前です。とても良い木でした。

四枚の引き出しの前板は一枚の板から切って作ってあります。






こちら側は本来裏ですが、この家具の場合、お客さをお迎えするのはこちらの面ですので綺麗に仕上げました。

一枚の板を三枚に割いて使っていますので木目が揃っています。






同じケヤキでテーブルも作りました。

お待ちいただくお客様に使って頂くためのものです。










こちらは別件の家具。今年の初出荷です。

ブラックウォールナットのコーナーキャビネット。三角です。




三角形の家具は設計も製作も実は大変。






これが図面。

三本の柱を立てて細い部材で繋いで三角にします。

その部材が付く向かい合う面は平行にしたいので45度の断面を持った柱になります。






試しに作ったっブロックを図面に置いて寸法などを確認します。










昇降盤の定盤を傾けて柱を加工します。

この作業、最初は怖くてビビったが今は慣れました。

慣れれば大したことないです。





出来た柱の部材。






開けるとこんな感じ。





取っ手は扉の框から削りだしてあります。

ガラスも面取りを施し、飛散防止フィルムを貼ってもらいました。








同じお宅に作った引き出しの袖になるキャスター引き出し。

下の引き出しは内寸高が25cmあり、A4ファイルが入ります。

その引き出しは重くなるのでスライドレールを付け、前板にもキャスターを付けました。







前に収めた机に計ったようにぴったり入ります。(図面が残ってますので)

もちろん材も揃えてあります。サクラです。







机と一緒に作った壁面の本棚が超いっぱい!












コメント

クリ材の座卓の製作

2018年12月07日 | 木工
木の葉っぱもすっかり落ちました。

霜も降りました。

でも今年の冬は暖かいです。








工房の庭に沢蟹がいました。

冬眠場所を探しているのかに?






座卓を作りました。

お客様にはだいぶ前に工房にいらして、板を選んでいただきました。






長い板なので、晴れの日を待って外で荒仕事を済ませます。








上の二枚の板を合わせて作ります。


よく似た板でしょう。

一本の丸太から取れた板だからです。

曲がったナスを立てに切っていった様子を想像してください。

その様に製材しました。

このように板を貼り合わせると「ブックマッチ」になります。






大まかに切りそろえます。

このあと電気鉋で平らにします。







厚さを決めて板を剥ぎました。これは裏になる方。

「入り皮」という傷が出ましたが、織り込み済みです。






手鉋をかけ、サンダーをかけ、面取りしたりした後に足を付けます。






ひっくり返して表を仕上げます。







塗りました。

木目がはっきり出ます。

このように木目が線対称になるのがブックマッチです。








開いた穴に木を埋めて補修したところです。







横から見たところ。

後ろのごちゃごちゃは見ないで!




コメント

ショーケースの製作

2018年11月13日 | 木工
秋って春よりも派手なんじゃないでしょうか。

今年は紅葉が綺麗で、気温が下がらないので長持ちしてます。





遠景はこんな感じ。















葉っぱのまだらな色変わりが好き。







雨上がりの夕焼け。









さて、私の作った物を見てきた方にはちょと意外に感じるかもしれないものが出来ました。





ショーケースです。これが二台。

西洋の骨董、ガレなどが入るのだと思います。


前面と左右がガラス、裏板には鏡が入ります。

天板に照明が付き、棚板はガラスです。






ガラスは飛散防止フィルム加工です。

フィルムが貼ってない面にこんなシールが貼られて納品されました。






これが塗料。

ターナー色彩株式会社の製品です。

このサイトの色見本からお客様に色を選んでいただきました。








これが図面。








木地の見えなくなる製品なのであえて合板を使います。





白く見えるとこが合板です。


無垢をこんな風に使ってしまったら大変です。木が伸び縮みするので壊れてしまいます。


合板には合板のための構造があります。





一つだけ誤算がありました。


同じような物を以前にも作って運送会社に託して送ったのですが、今回も同じように発送しようとしたら断られてしまいました。

このようにガラスを使った物は送れないとのこと。

受け入れ条件が変わったようです。

仕方がないので納品に行きます。ちょっと遠方で大変です。
コメント

廉価版の椅子の制作

2018年10月30日 | 動物
秋が進みます。





カマキリがカマキリを食べてました。

これが話に聞く、交尾中にオスを食べているところかと思いましたが、食べられているのはコカマキリでした。





最近工房にリスがよく来ます。

とん、と軽い音がして、何かが屋根を走ったり、落ち葉をかき分けて胡桃を拾っている音がします。

二匹で来ているのはつがいでしょうか?

とっても警戒心が強いので写真は撮れません。

なんて身軽な生き物なんだろうと感心します。






ちょっと前に、棚を二種類作りました。





こんな柱の細い棚。





柱に棚ダボを仕込んでいます。








こちらは小ぶりな本棚。





「棚柱」と呼ばれる金具を使って棚板の高さを変えます。



本の大きさというものは全くでたらめで、しまうのに苦労しませんか?

この棚柱ですと2~3cmピッチで高さが変えられるので使い勝手はいいです。

金属が見えるので見た目はいまいちですが本を収めてしまえば見えなくなります。

荷重がかかっていないと駒が取れやすいのが難点です。








さて表題の廉価版の椅子の制作です。





右の椅子は定番の椅子、もう20年くらい作り続けています。

左が今回作った椅子。


定番の椅子の手がかかるところを省き、しかし同じような座り心地の椅子を狙います。

値段を押さえたものがほしいという、お店からの要望からです。




方針としては

・面取りを小さくする 

・背もたれを構成する部材を減らす

・座繰りも簡素化 座面の板も薄く

・見えないがホゾも簡素化







これが背もたれの型。

背中に当たるアールは同じです、ここポイント。

元の物は左右二つの部材を真ん中でくっ付け、さらに上下にも材を接着しています。

狭い板からでも取れる形にしてあります。







今回出来たもの。



弓型に切った一つの部材の下に厚めの材を接着して背中を支えるようになっています。

背もたれと後ろ足をつなぐ貫ホゾの先も平らに削ってしまいます。

元の物はボタン状に出っ張らせてデザイン上のアクセントにしてます。

背中に当たる角度も元のものと同じです。

面積はちょっと少ないですが、座ってみて背中に感じるものはほとんど同じです。











改めて撮影。





8脚出来ました。

このくらいまとめて作らないと割りに合わないかも。




部材が少ない分、こちらの方が軽いのは良い点です。




さて、少し安く売れますがお客様には受け入れられるでしょうか?









コメント