ヤマアカガエルの産卵に春を知る日

山里の日々の生活と自然、そして稼業の木工の話。

ちゃぶ台のリフォーム

2021年05月13日 | 木工
ちょっと古めのちゃぶ台をリフォーム。

思い入れがある品物だそうですが、脚が取れて無くなっていました。

分解して無くなった部材だけ作り足そうかと思いましたが、釘で組まれた枠がうまく分解出来ず壊れてしまったので、天板以外を作り直すことにしました。




畳んだ時に枠の中に脚が収まること、ストッパーが畳んだ脚の中にあって可動すること、などなかなか複雑です。よく考えられています。
結局、図面をちゃんと描いていろんな要件を整理してかかりました。




そこら中に普及した日用品だったと思いますが、なかなか指物的な物です。

我が家にも一台あります。

そして皆、なんとなくぐらぐらしているのです。

私なりの木工セオリーとしてはNGな作りの点もあります。







まあ今回は修復なので、ほぼ同じ作りにします。


自分の品物として作ることはあるのでしょうか?

参考にはなる修復でした。
コメント

栗とウォールナットのキャビネット

2021年05月05日 | 木工
国産の栗と北米産のブラックウォールナットのキャビネット。




設置場所の右手前に太い柱があるので、左右とも天板を長めに出して、右のウイングは柱に隠れても扉や引き出し部分は前から見えて使用にも支障がないようにデザインしました。

天板は巾170cm、奥行は50cm。男性的な木目のよい一枚板。

引き出しのウォールナットは一枚の板から順番に取っているので木目や色は完璧に合っています。

扉の鏡板は栗のブックマッチ。

ツマミは黒檀。





天板の形は前縁にアールがあり左右は鳥が羽を広げたように伸ばし、足は猫足風、引き出しにもアールがあって地板も引き出しに合わせてアールがついてます。

チッペンデールやロココなどのヨーロッパの家具に憧れますが、あんな派手な物は日本の家屋には合わないとおもってます。洋風のものに対しての憧憬を香らせつつも私なりのデザインです。





同じテイストで小振りのTV台も納品しました。
小さい分、形はやや簡素にしてます。

こちらの扉は上吊りの引き違い扉です。
コメント

丸太を買って製材

2021年04月17日 | 木工
久しぶりに丸太を買って製材しました。


買ったと言っても、あるきっかけで声がかかったもので、市場に仕入れに行ったりした訳ではありません。


製材したと言っても、作業は製材所任せで、立ち会った訳ではありません。


丸太を検分して簡単に製材の仕方を決め、終わってから運んでもらいました。





塩地という樹です。秩父産。


塩地は上野村が名産地ですが、今は手に入りません。

赤坂の迎賓館に塩地をふんだんに使った一間があります。そこは残念ながら上野村産ではなく木曽産の塩地だそうです。





これに桟を入れて屋根を掛けて干し、使えるのは2年後くらい。

その間に割れたりカビたり虫に食われたり。

どのくらい使えるものでしょうか?




製材したての板の肌は瑞々しいです。

ここからけっこう色は変わります。



自分の歳からあと何年仕事ができるのか考えて仕入れをする時期に来ている気もします。
コメント

鬼胡桃のロッキングチェア

2021年04月16日 | 木工
国産鬼胡桃材のロッキングチェアを作りました。

ペーパーコードのロッキングチェアは半ば定番商品ですが、木の座面の物はこのタイプでは初めての制作です。





国産の鬼胡桃は今や希少です。
しかもブラックウォールナットと見間違えそうな、このような色の濃い胡桃にはなかなかな出会えません。



座面の板は巾45cm、厚さは4cmの一枚板です。

この材を得て、このロッキングチェアを作ることにしました。

木目は完璧で、縮み杢もでています。



座面以外の部材も同じ板から作りましたので、色や風合いも完璧に合っています。



後ろ姿。

座面が重いので、ペーパーコード座面の物より重心が前になってしまったのは想定外でした。

座って背もたれに身体を預けてしまえば座り心地には問題はありません。



ロッカー(橇)の
形も新型です。

今までのスキー板の様なものは厚材が必要ですが、年々確保が厳しくなってきたので、これからはこの形にしていきます。

しかも、こちらの方がしゅっとしていていいかも。



コメント

クリ材のテーブルセット

2019年06月05日 | 木工
なかなか事情があったりなかったりで、ブログに載せるものがなく投稿が空いてしまいました。



クリ材のテーブルセットをお作りしました。




長さが135cm、幅が90cmほどのテーブルです。

綺麗な木目の三枚剥ぎ。






中央に四葉のクローバーのインレイを入れました。

インレイの材はブラックウォールナット。







インレイを仕込んでいるところ。

隣り合う物を一度に彫ると細いところが破損しそうなので二回に分けて彫って埋めます。









椅子は背もたれが高いのと低いののセット。

高い方がご主人用で、木目も男性的な物を選んで組んでいます。



座面などは全く同じです。

奥様が自分のものは背もたれを低くして欲しい、というご要望で作りました。

ただ短くしただけなので、この改造は割と簡単でした。








左の椅子は見本になったもので5年くらい前に作った物。

材は同じクリですが、こんなにいい色に変色してます。

右は出来立てほやほや。

クリは時間が経つにつれて色が濃くなり、渋く底光りするようになります。











コメント (1)