川柳風 老楽生きがい日記!       

千里南公園を散歩しつつ人生の黄昏時を自分らしくあるがままに生きる老楽幸 喜寿に感謝と幸せな生き甲斐日記 頑爺<肇&K>

Myブログ

2021年02月28日 | 冬・老楽生きがい日記!

<Myブログ>頑爺<肇&K> 

*初めての絵画教室 還暦事始

還暦から古希過ぎへの絵画作品記録用ブログ

http://blog.goo.ne.jp/child-hank809 

 

*みのおの森の小さな物語 

箕面の森の散策から小さなヒントを貰いながら書いた創作短編集

http://blog.goo.ne.jp/minoono11874 

 

*川柳風 老楽生きがい日記!

我流句を捻りながら頑爺の生き甲斐に綴る老楽日記!

http://blog.goo.ne.jp/mi8no7o4 

 

*箕面の森の小さなできごと 

箕面国定公園の散策日誌から森の小さなできごとや四季の風景を綴る

http://blog.goo.ne.jp/morinohanashi874 

 


 
コメント

家事忙しや

2021年02月24日 | 冬・老楽生きがい日記!
2月23日(火)6/13℃

家事忙しや
 昨日は旅の疲れもありぐっすりと眠った。
帰る居場所がある、自分の落ち着く自由な空間がある、そしてあるがままに自分らしく生きられる事がどれだけ幸せなことかを味わいながら、感謝と幸せに包まれて眠る。
 
 今日は23℃とか!? もうすぐ夏日だ。
このお天気のうちにと早速歩き旅で汚れた洗濯をするが、洗濯機を二回たっぷりと回し、干せばベランダは賑やかなこと。

 夕方取り入れてたたみ片づける手間は大変だなー と思いつつも、青空と太陽に ありがとう! と心で叫ぶ。

 次いでこの一週間ですっかり馴染んでくれた新しい靴を洗い、乾かして手入れをする。 この靴のお陰で今回183㎞ほどを無事に歩けた・・ ありがとう! と声を掛けながら磨いてなおした。

 次回歩き旅の準備をした後、今度は居場所の掃除と整理だ。
30鉢近くなった植物が水を待っている。 一つ一つ点検し枯葉をとり、声(肥え)を掛けながら見て回る。 これが楽しいもので、一点ごとに何かと応えてくれて飽きることがない。

 たまたまの古い部屋だが3LDKと広く、一人にはもったいない空間だが掃除も丁寧にすることで愛着もわいてくる。
  
 ひと段落して今週の予定を見ながら点検するとまた勘違いや思い込みで 何で? と思えるような失敗ごとが出てくる。 
慌てて連絡を入れて変更したり、追加したりで予定表が大きく変わる。
情けないがそんなトホホ! ばかりの毎日だ。 

 しかしここは嘆いても始まらず、いつもの ケセラセラ🎶 と、珈琲を淹れてコルビジェのラウンジチェアーで落ち着き、外の緑の木々を見ていると再びこの自由な幸せ感に涙する。 有難いことだなー と、失敗を忘れて前を向く。

 夕食には以前買って冷凍室にあるドイツのハーブソーセージにしようと解凍しサラダの予定も立て、ワインは赤がいいなと思いつつ いまブログを書いている。 
こんな穏やかな日もいいな・・・

・自由なり家事忙しや嬉しかな
・満載の洗濯物に生きている
・またチョンボ珈琲淹れてケセラセラ
・夕食の準備しつつブログ書く

今回 急な吹雪の中で道に迷い、また山崩れの崩落地跡に入り彷徨っていたが、意外と落ち着いてパニックにもならず真剣に自然と対峙した。
山里に下りてきた時は安堵の涙が溢れ落ちたが、村落の壁に貼ってあった武田信玄の言葉と内容に思わず頷いた。










2/14から2/20の1週間
<西国街道歩き旅の記録>
距離 183.8㎞ (1日平均 26.2㎞)
歩数 25.1万歩 (@ 35.800歩)

<起点の京都・羅城門から30日目の累計>
延べ距離 703.8㎞ (1日平均 23.4㎞)
延べ歩数 984.188歩(@32.800歩)

 終着の九州・大里宿まであと約200㎞以上あるが、これからがまた大変だ。 だが完歩の夢があり楽しい歩き旅としたい。
 
 スケジュールミスで次の再開は3月になりそうだが、暑くなる前の3月以内には達成したいものだ。
コメント (3)

早春の千里南公園

2021年02月12日 | 冬・老楽生きがい日記!
2月12日(金) 4/13℃

早春の千里南公園
 久しぶりに家の窓の前から広がる南公園を眺めつつ散歩に出て見れば、季節はいつしか春になっていた。

 歩き旅の尾道から一旦帰阪して二週間、この間予定やする事が沢山ありゆっくりと季節を愛でる事ができなかったが、やはり自然界のリズムは凄い!

 梅もスイセンも草花も顔を出し始め、春の暖かい陽射しにコロナ禍で長らく家にこもっていた人達も公園に出掛け始めたようだ。

 体調から寒い冬の間しか歩き旅が出来ないのだが、何とか暑くなる前の3月中には今期目的地の九州・大里まで完歩したいものと、また来週から続きの歩き旅を始める予定。

 とうとうこの間ブログも写真整理もできなかったが、旅を終えたらゆっくり楽しめると慰めている。
 
 昨年1月の東海道五拾七次から今回まで約1.500kmを一足の靴で歩き通したが、さすがに もうリタイアさせてくれ! と靴がストライキを起こし始めた。
 仕方なく先日二代目となる専用靴をオーダー新調し完成したばかりだが、これがじゃじゃ馬ならしと同じで足に馴染むまでに1ケ月ほどかかり、今回はこれが心配だな。

 それにこれから広島へ抜ける旧街道は難所続きとの事で気が抜けないが、これが生きていると言う証で楽しみに歩いて見ようと思うが、危機あればそこは柔軟に対応するしかない。

 さて皆さんのブログは毎日よく見せてもらっているものの、Myブログは中休みが続き一向に進まず、怠け者癖が定着してしまいそうだ・・・ トホホ!

・久しぶり公園いつしか春模様
・春きたり自然の営みまか不思議
・よく歩き靴に感謝の頭下げ
・怠け者ぐうたら病に時任せ

早春の南公園散歩道から


梅林の花も咲き始めた









自生するスイセンもきれいに咲いている



野鳥観察の人たちも多くなる

暖かい季節とともに、公園を散策する人、釣り人たちも多い




コメント (1)

街道歩き旅

2021年01月19日 | 冬・老楽生きがい日記!
1月19日(火)-1/8℃

街道歩き旅
 今日から昨年からの続き「江戸・西国街道ひとり歩き旅」で、昨年歩き終えた姫路宿から今日は相生宿を目指す。

 このコロナ禍に果たして歩いていいものかどうかと直前まで迷い、事前にかかりつけ医師に相談した。
「いいんじゃないですか まあ一人旅で人の少ない旧街道歩きで、人と接触したり話したりすることもないようだから、大丈夫だと思いますよ  それに昨年は東海道を東京まで歩かれた事だし、無理せずに十分注意して歩いて下さい  
 但し人のいない所では時々マスクを外して深呼吸してください  マスクをして運動していて倒れる人も多いですから  
 しかし老いの健康維持にはもってこいで羨ましいね」と。

 更に隣のいつも馴染みの薬局の薬剤師にも聞いてみた。
「最近、今までの運動のローテーションをやむなくやめて家に篭る人が多くなり、逆に体調が悪くなり病気になったり、中にはジムで元気だった人が急に寝たきり寸前になったりと、家の中ばかり居てあんまり神経質になるのもストレスが溜まり心身ともに考えものですから、とてもいい案だと私は思いますよ  対策だけはしっかりされて楽しんできて下さい」と励まされた。

 更に大阪府庁、兵庫・岡山県庁など行政にも電話で相談したが、概して「まあ積極的なお勧めはしませんが、街をロックダウンしているわけでなく、3密を避け対策をして通勤通学している人や、買い物や通院の人、ウオーキングやランニングをしている人もいるので、お聞きする一人での歩き旅の概要からして十分に気を付けてなさって下されば」との事。

 あくまでも自己責任で自分は当然の事だが、問題は何か人様に迷惑を掛けるような事はないか?  コロナ以外の事故や急病などで人の手を煩わせたり、診察に迷惑を掛けないか? とかいろいろ考えて毎日迷っていた。

「しかし事故や急病などは家に篭っていても階段を踏み外したり、喉をつまらせたり色々あり、普段の日常生活から十分に気をつけねばならない事ですからね」と言われ、歩き旅を再開する事にした。

 そんな迷いの中で昨年暮れから家に悶々と篭っていたら、自分の足腰が弱ったのか足や膝や股関節が痛み出して何度か診てもらったが、公園の散歩から帰るといつも治るので健康維持の為にも運動せねばと感じていた。

 勿論 万全の対策をするが、決して無理をせず日々の状況を判断しつつ慎重に歩き、ランチも今まで通り事前にパンと水を持ち、終日飲食店等には入らないので人と接することはないにしても、朝早く出発して旧街道を歩き夕方4時前には宿に着くようにする。 
 またその宿は対策を完全完備した所を探し、少しでも事態がおかしければすぐに帰るつもりだ。

 何ともおかしな時代になったものだが、今を乗り越えればバラ色に! とは到底なりそうになく、これからは生活を工夫して人様に迷惑をかけないように心掛けながら健康寿命を保ち、残された人生を生き生きと生き甲斐をもって生き抜きたい。

 終着の九州・大里まではまだ遠いが、喜寿の感謝を込めて実感しつつ完歩したいもの。

国宝姫路城はいつ見ても見事だ
 

ブログもこの間、日付項目更新だけで しばしの休憩! だが、区切り帰阪したら写真や歩き文面を編集し順次更新としたい。

コメント (4)

ヴォイス入力

2021年01月16日 | 冬・老楽生きがい日記!
1月16日(土) 3/15℃

ヴォイス入力
 スマホでのブログ入力は文字が小さいのでほとんどがヴォイス入力だが、時々頑爺の声を忘れるのか?  今までと違うとんでもない表現や誤字脱字が多くなり、仕方なく先日備えたテレビ付き大型パソコンで再修正せねばならぬ・・・ UPまでに時間がかかりまさに トホホだ。

 面白い変換違いはまた後日として、初めてスマホを手にした一昨年からビックリすることばかりで、その驚きの技術革新にはまさに帰ってきた浦島太郎だった。 

 それに昨年フィンランドへ旅したときに買った(ボケ)ポケトークとか言う手のひらに入る小さな自動翻訳機にもビックリ!
日本語で入力すると、自動的に相手国に翻訳されて音声で出るし、相手のフィンランド語も自動的に日本語に訳されて音声で出てくるから、外国での会話に特別不自由がないのだ。
 最も一緒に行ってくれた息子は外国留学もして英語に堪能なので全く不便はなく頼もしかった。

 それにしてももう半世紀以上も昔の学生時代、当時の世界一周無銭旅行なる本などに触発され、ESS部に入り英会話を覚えようとしたり、アルバイトをして小型の英文タイプライターを分割で買い覚えようと奮闘したが全く成果なし! 
今の時代と比べまさに隔世の感がする。

 あと10年いや5年先にはこの進化はどこまで進むのだろうか?
何だかワクワクして見てみたい気がする。
それまで何とか元気でいたいものだが 生がもつかな? トホホ!

・変換のボイス入力あら便利
・翻訳は声入力でコリャ便利
・少し間の技術革新夢ごとき
・この先はどんな夢あり見てみたい

南公園のベンチで寛ぐ人、本を読む人、早春を憩う人
 

  

 


コメント

東京大衆歌謡楽団

2021年01月15日 | 冬・老楽生きがい日記!
1月15日(金) 1/15℃

東京大衆歌謡楽団
 コロナ禍の拡大による緊急事態宣言を受け、自然学校始めいろんな予定表に入れていたスケジュールがすべて中止となり家にこもる。

 久しぶりにYouTubeをみると懐かしい歌声が聞こえてくる。
昭和のオールドスタイルが懐かしさを誘い、その歌ひとつひとつに思い出があり聞き惚れる。
 浅草神社境内で演奏する東京大衆歌謡楽団だ。
時々顔を出す浅草ブルースカイハーモニカバンドのオジサンとの共演もいいな。

 息の合った4人兄弟が仲良く演奏し、アコーディオン、ベース、バンジョー、ギター等を伴奏に昭和の懐メロを歌う孝太郎の歌声とその姿勢がまたいい。
いつしかビールを冷蔵庫から取り出し、口ずさみながら至福のひとときを過ごす。

 寒い境内だが、楽団をとり巻き聞き惚れる人たちはみんな同年輩の爺ちゃん婆ちゃんばかりだが、次々と目の前の帽子の中にお金が積まれていく みんな幸せな顔をしている いいねー

 夜が耽るのも忘れて懐かしさに聞き惚れ、終戦前夜から戦後を生きてきた軌跡を辿りつつ時には涙しながら酔いしれた。

もうすぐ夜明けか まぁいいか〜
天国に時間は無いよね あー幸せだなー

・コロナ禍で予定なくなりYouTube
・生演奏 昭和懐メロ涙目に
・ビール飲み歌うリズムに合わせ酔う
・夜明け前天国に時間あるでなし

冬枯れの南公園・散歩道
凛とした冬空 気持ちいいなー




コメント

過去の記憶

2021年01月14日 | 冬・老楽生きがい日記!
1月14日(木)5/14℃ 
過去の記憶

 今日は個人的な記念日だが、お天気も良くなり南公園を散歩しつつ、過去を振り返りながら歩いた。
  
 いろいろあった人生を振り返りながら次々と想えば、過去の出来事が走馬灯のように蘇る。
今の幸せを思いつつ、我が人生に関わってくれたみんな一人一人に心からの感謝でいっぱいだ。 
改めて 本当にありがとう と想い涙する。

 最近のボケ気味な認知症一歩手前の毎日を嘆くものの、遠い過去の出来事は次々と鮮明に覚えているのだから不思議だ。
 今日の夕飯メニューも忘れ、次々と端から忘れて思い出せずに困ったものだが、これも何か不思議だ?

 それだからと言うわけでもないが、今の内に昨年の「江戸・東海道57次一人歩き旅」を一冊にまとめてみようと出発からの原稿を書きだしPCに入れ始めたら止まらない。

 1年前の丁度今日から歩き始め、3月に完歩してもう10ヶ月前になるのに昨日の事のように思い出し、次々とその時の心情や思いなど詳細に浮かんでくるのだから不思議だ。
一体この頭はどうなってるのかな?

 今大阪はコロナ禍拡大の「緊急事態宣言」下の外出自粛で家に篭る状況なので、この時間を活用し一気に東京、千葉までの38日間を想い書いてみることにした。

 これに没頭できる間は認知症気味のボケ頭と付き合わなくていいかも? と期待しているのだがね・・・ トホホ!

・人生を振返れば今ただ感謝
・過去の事次々想い不思議なり
・今の事次々忘れ不思議なり
・想いだす今の間に記録とる

今日の南公園は穏やかで凛とした気持ちのいい冷たさだ
 

 
コメント

認知症か

2021年01月13日 | 冬・老楽生きがい日記!
1月13日(水)1/7℃ 

認知症か?
 昨日のボヤキついでになるが、最近忘れ物ばかりでホトホト嫌になる。

 買い物に出かけたが、事前に買う必要なものをしっかり寸法も測りメモに書いたのに、そのメモを忘れてきた。 
帰ってメモを探したが見つからず 一からやり直しだが、一体どこへ行ったのかな?

 着替えるつもりで出しておいた服が帰ってきたらまだハンガーにかかったままで、慌てて今の服装を見てガックリ! 
もう手遅れだ! 

 その前は予定を一日違えて朝からあれこれと大変だったが、翌日の事と勘違いしてたり。
消したはずの電気がついていたり?

 電車で違う方向に乗ってみたり、地下街でここがどこか分らなくなりいよいよ認知症状かと慌てた。

 帰り道に夜のスーパーで食材の買い物をしたが、帰宅して食べようとした弁当が ない?  どうやら後でと思って買い忘れたらしい? 

 最近はどうも気持ち散漫でフーテンの爺さんになったものだ。 
お前大丈夫か? と今日も鏡に聞いたが・・・ トホホ!

 こんな毎日なのに果たしてこれから 九州までの一人歩き旅 が継続できるのか我事ながら心配だが、老春のフーテン放浪旅とすればなんとかなるかも⁉️
ケセラセラ♪♪  

・忘備録そのメモ忘れ役立たず
・着替え出し帰ってきたら掛けたまま
・予定表一日間違え大慌て
・老春をフーテン爺でケセラセラ

早春賦を歌いたくなる南公園の小さな春





コメント (1)

メガネは何処へ

2021年01月12日 | 冬・老楽生きがい日記!
1月12日(火)1/8℃

メガネは何処へ
 今朝の大阪は珍しく雪 と言っても積もる雪ではないが、懐かしく窓から眺めた。 
故郷・安曇野は今頃雪が高く積もり、子供のころ毎日眺めた常念岳やアルプスは真っ白なことだろう・・・ 懐かしいな。

 昨日からメガネをどこへ置いたか分からず家中捜索していた。
お陰で掃除せねばとついでに片づけていたら半日かかったがとうとう見つからなかった。
 一昨年の両眼手術から奇跡的に裸眼でも日常生活に支障はなく有難いことだが、もう慣れたのでメガネは要らないものの、あればより便利なので重宝していた。

 高価だったので再度探したが見つからず、一昨日の外出時にかけていたのにどうやらどこかで外したついでに落としたようでガックリだ。
 それにしてもそれに気が付かずメガネなしで帰宅したので何とも可笑しく  お前大丈夫か? と鏡をみた。

 仕方なく馴染みの心斎橋のメガネ店へ出かけて新調したが、一週間後に送ってもらうことにした。 とんだ出費だ。

 久しぶりに心斎橋にでたが、コロナ禍の拡大に外出自粛要請がでているものの、いつもの80%ほどの人出で結構賑やかだったので用事を済ませて早々に帰宅した。

 しかしこれからこんな忘れや紛失事ばっかりして過ごすのかと思うと気が重いが、これも順調に老いる? ということかと諦め ケセラセラ♪♪ と笑ってごまかすばかりだ。 トホホ!

・雪が降る故郷想い涙ぐむ
・紛失に家中探し片づける
・メガネどこ支障ないのは有難や
・混雑に早々帰るコロナ禍か

凍る南公園の釣り池 
氷上で滑るカモたち






コメント

ノルディック ウォーキング

2021年01月11日 | 冬・老楽生きがい日記!
1月11日(月)0/8℃
ノルディック ウォーキング

 ノルディック ウォーキングの講習会へ出かけた。
名前は聞いたことがあるが、何をどうするのかは全く知識がなかった。

 最近 歳のせいなのか? 時々ふらつきながら体が左右に揺れて歩くので危ないなー と感じていた。
これからまた歴史街道歩き旅を始めたいが、そんな懸念を友達に話していたらこのノルディック ウオーキングを薦め紹介してくれたのだ。

 会場の都市公園に定員7名が集まり、初心者コースの一からポールを借りて教えてもらったが、日ごろいかに間違った歩き方をしていたか思い知らされた。
 教えてもらいながら広い公園をコーチと共に回ったが、いつもと違う筋肉を使う為か終了後珍しく筋肉痛だった。

 この教室は正しい歩き方と共に、筋肉を鍛え、柔軟で体の変化にも咄嗟に対応できるように徐々にレベルを上げていくようで、沢山の参加者が各コースに予約されていた。
どうやら全くの初心者コースは月に1.2回ぐらいしか予約が取れそうにない人気だが続けてみることにした。

 今年も喜寿の記念に歩き旅を継続したいし、あわよくば傘寿の80歳までに日本列島縦断800万歩の街道歩き旅完歩の夢を実現するためにも、正しい歩き方をマスターしたい。

 人は80歳になっても筋肉は鍛えられ、内臓にも良い影響を与え、寝たきりになりにくく健康寿命を延ばすこともできると、筋トレを組み入れながら両手に専用ポールを持ちながら歩くので安定感もあり、慣れれば更に歩き旅も楽しくなりそうだと新たな挑戦だ。

 ただ一人で歩く旅に何でそんなにはまるのか?  悪友は首を傾げるが、これが至福の旅なんだなー
解るかな? 分かんねえだろうな?🤣🤣
しかしお前のはただの放浪癖だろう・・・ と言われれば、ちょっと自分でも納得だがね トホホ!

・ただ歩くそれだけなのに奥深い
・歩き方知ると知らぬと大違い
・八十路まで筋トレすれば長生きと
・歩き旅お前はただの放浪か

千里南公園にも小さな春が来た 




コメント (1)

冬鳥観察

2021年01月10日 | 冬・老楽生きがい日記!
1月10日(日) -1/7℃

冬鳥観察
 所属する自然学校の課外実習で伊丹市の昆陽池を訪れた。
朝5時起きで外は氷点下、大阪では不慣れな寒さのため身に染みる。

 コロナ禍下だが、3月の卒業まで勉強や実習が続くのは暇な爺にはありがたく嬉しいことだが、やはり要注意で望まねばならぬ。

 昆陽池(こやいけ)は朝一面に氷が張り氷の上を滑りながら歩くカモの姿がおかしかった。
ここは奈良時代、行基により治水の為に築造された池を中心に広がるきれいな公園で、関西屈指の渡り鳥の飛来地でもある。
オナガガモ、ヒドリガモ、カンムリツブリ、キンクロハジロ、ユリカモメなどもカモ類や水鳥ほか数十種類が飛来するとか。

 午前中は山階鳥類研究所の専門家による講義が面白く興味を引かれた。 
スライドやビデオを見ながら、この古代の恐竜の子孫は何だと思いますか? との問いには応えられなかったが、あれこれみんなが言った末に これは今の鶏ニワトリです・・ と。 
だから恐竜はまだ絶滅していないんですと言われ、更に皆さんは今恐竜の子孫の唐揚げを美味しいと食べているのですよ・・ と笑わせた。

 鳥には歯がなく、丸呑みか嘴の鉤で引きちぎって食べるとか、更に飛ぶ技術、羽根の作業動作の不思議など詳しく説明を聞き、またその個々の営みや生態も知り驚愕した。

 午後からはたっぷりと時間をかけ、別の野鳥専門家のガイドで氷が解けて開けた池の水鳥や野鳥の観察をした。

 老後の趣味として入学した自然学校だが、あちこちでの自然観察会を終えるとその都度 仲間と共にご当地の美味いものを食べ、旨い酒を飲み交わし笑い転げるが、その老楽の至福に浸ることができる余禄は幸せな人生だといつも感謝する。

 最もどっちが目的で参加しているかはそれぞれだがね!? 
トホホ!

・氷上のカモ スケートし面白や
・恐竜の子孫鶏これいかに
・勉強も飲み会もあり至福なり
・目的はどっちなのかはそれぞれに

兵庫県伊丹・昆陽池の自然観察会
今回29種類の野鳥観察が楽しめた












マー君の木があったよ



コメント (2)

絵を眺む

2021年01月09日 | 冬・老楽生きがい日記!
1月9日(土) -2/3℃

絵を眺む
 昨日 画材を出したついでに、今まで描いてきた200余点の油絵、アクリル画を整理しだしたが、1つ1つに思い入れがあり眺めていると走馬灯のようにその日、あの日を想い懐かしい。

 とうとう夕方まで全く片付かず、広げっぱなしの散らかしただけで一日が暮れた。
さてこれからこれをどう収めるかな?  トホホ!

・描いてきた絵画1つに歴史あり
・絵筆持ち別世界にて至福なり
・老春は短いけれど夢描く
・1枚の想いを胸に日が暮れる

南公園の池に薄氷が張った
冷たい中 カモたちは元気だ



部屋に次々と広げたが、見て想いふければ、整理どころか散らかしただけで日が暮れた・・ トホホ!!


コメント

亡き愛犬

2021年01月08日 | 冬・老楽生きがい日記!
1月8日(金)-3/1℃ 

亡き愛犬
 かつて家にはゴールデンレトリバーがいた。
生後間もない幼犬が我が家にやってきた時は、家の中で家族みんなが大喜びで囲み遊んだ。

 最初はリビングやキッチン等どこでもおしっこをして慌てて追いかけたが、それが嬉しいのか逃げ回りあちこち拭いて回った。
 やがて少し大きくなり庭に大きな犬小屋を作り居場所ができたら落ち着いた。

 当時私は理不尽な事情もあり、その犬を一切触らせてももらえず、毎日その様子を見ながら声かけだけしかできなかった。

 やがて立派な成犬になり、毎日散歩に連れて行く家族は大きくなり大変だったようだが、私は相変わらず関与も手出しもできなかった。

 国内外の旅行などに出かける時は、専門業者に預けてその都度 数か月 躾訓練もしてもらったので行儀は良かった。

 たまに家族が出かけ不在の時は、犬舎にてよく話をした。
きっとそのうちに一緒に山を歩こうな! 一緒に野山を駆けて遊ぼうなと、その都度 何度も目をみて約束し、その日を夢見た。 
そんな話をしているといつも尾っぽを大きく振り嬉しそうに喜んだ。

 ある日突然容体が悪くなり、何度か獣医に診てもらったが、愛する家族に見守られて昇天した。 まだ7歳で可哀想だった。

 結局私の約束は果たせず、夢は叶わなかった。
この絵を描きながら涙で悲しくなり、今日は愚痴をこぼす日となったが、今も時々一緒に山を歩きたかったと悔いる夢を見る。
動物を飼えば情があってもうだめだ・・・ トホホ!

・幼犬に振り回されて拭き回る
・物言わぬ犬との会話思い出す
・約束を守れずすまぬ愚痴こぼす
・犬猫は情がありすぎ飼えぬまま

今日外は寒く、家で小さなキャンバスに向かい、約束を果たせなかった愛犬を想いつつ絵を描き部屋に飾る




コメント (3)

アナログ人間

2021年01月07日 | 冬・老楽生きがい日記!
 1月7日(木)2/7℃

アナログ人間
 この正月、小学校時代の同級生から手書きの手紙が来た。

 彼は超アナログ人間で、今の時代パソコンもメールもスマホもなしで、通信はもっぱら手書きの手紙か電話なのだ。 
こっちはたまに手書きの手紙など書くと手首が痛くなり、震えてペンが持てないし、ついついご無沙汰となる。

 しかし彼は大学を出た後、大手メガバンクに入行し、しかも本部電算室の責任者だったから、コンピューターに精通しているのはもちろん、最先端の金融ビジネスを支えてきたのだからプロ中のプロだ。
それだけに今の彼のアナログ生活が信じられない??

 どうやらいろいろと裏の裏まで見て知り尽くしてきたので、リタイア後は便利さよりも、もっと人間らしい自由さを求めての信念のようだがね!?

 しかし考えてみれば今の情報化社会の便利さに慣れてしまうと、人間は機械になんでも頼り振り回される奴隷となり、人間本来の自由が奪われる! とか言われると納得する。

 ましてGPSで終日所在地を検索されるような時代ではオチオチと悪遊びもできない。 そんなトホホ! な便利な管理社会なのだからいいのか悪いのか?  
束縛が最も苦手な自分なのにいつしか終日機械に頼り、重宝し、逆に管理されるなんてやっぱりどこか違うなー?

 それを思うと、それら機械から一切解放され、CP情報を遮断し、マイペースで人間らしく自由にあるがままに生きることも、今の時代は貴重な贅沢なのかもしれない。

 そう考えると昔を思い出して手紙を書いてみるかな という気になるが さて!? 取り合えず返事は後日にしよう・・・ 
トホホ!

・アナログはデジタル越えて贅沢か
・人間の欲望無限きりがない
・自由とは束縛のない精神だ
・GPSオレを探すな管理すな

冬空の南公園 散歩道から
やっと熟した残柿が野鳥のお喋りバーのようだ

コメント

デンマーク家具

2021年01月06日 | 冬・老楽生きがい日記!
1月6日(水) 2/10℃ 

デンマーク家具
 デンマークを始めスウェーデンやフィンランド、ノルウェーなどの北欧家具やインテリア用品、生活雑貨が好きだ。 
その人間味のある温かいデザインも素晴らしく、自分の感性を育て豊かに満たしてくれた。

 自分がサラリーマンを辞めて1つのアイディアを基に小さな会社を創業し、少し軌道に乗った時にコペンハーゲンに駐在員事務所を設け、現地に住む日本人でデンマーク家具の専門家に特約駐在員を委託した。

 現地を訪れた時は家具工房で酒を飲み交わし語り合った中にはルド・チューゲセンもいた。
 その後、世界的な家具コレクターでデンマーク家具に深い見識を持つ人とも親しく交流が持てた。

 知人が中心になって日本でハンス・ウェグナーやフィン・ユール展を盛大に開催した時はその皆さんの苦労を思い嬉しかった。 
故フィン・ユールの奥さんから手紙をいただいた時は感激した。
30歳半ばの若き頃の話しだ。

 あれから40年、今や隠居爺じいとなり写真を眺めるだけだが楽しいものだ。
かつての家族はみんな関心がなく、書斎にハンス・ウェグナーのラウンジチェアを置き何十年も使ったが、一昨年1人引っ越す時にいつしか捨てられてしまった・・・ 
トホホ!

 しかし昨年、下の息子と二人でフィンランドを旅したが、感性が似ているのか 彼は北欧が好きでスエーデンに夫婦で移住したいと言い出した時は慌て、オレも一緒に! と願ったが、その後諦めたようだがお邪魔虫だったかな?  トホホ!

・その昔北欧家具に一目惚れ
・一目惚れ仕事に生かし生きてきた
・好き嫌い関心なくばゴミとなる
・回顧する想い出多く暇もなし

南公園の散歩道 落葉したメタセコイヤの下を散歩 若き頃の回想を楽しむ

コメント