川柳風 老楽生きがい日記!       

千里南公園を散歩しつつ人生の黄昏時を自分らしくあるがままに生きる老楽幸 喜寿に感謝と幸せな生き甲斐日記 頑爺<肇&K>

公園会話

2020年11月24日 | 秋・老楽生きがい日記!
11月24日(火)7/17℃ 

公園会話
 散歩中一休みしていたら、後ろのベンチに大阪のおばちゃん二人が座った。
 大きな声で聞きたくもないが否応なしに話が聞こえてくる

うちの旦那 今おれへんねん
しやからな ワテは今ごっつ気分エエねんな  エサ作らんでエエしな  鬱陶しい顔見んでエエしな」

「ハハハ  逃げ出しはったんかいな?  家出したんか?  あんた煩いさかいな  それともエエ女でもできたんかいな?  あの顔でそれはないわな ハハハ」 と賑やかなこと。 更に、

「アホかいな 病院や 再検査で入院や  どうでもええねんけどな  癌やったら長いやろ  コロっと逝ってくれたら楽でええねんけどなぁ」

あんたアホかいな なんぼなんでもそんな時にこんなとこで遊んでてエエんかいな?  全くしょうない人やで   なんぼ豚爺さんかて旦那やろ」

「もう ええねんやん  あんなんどうなっても ワシャ知らんわ」 と。

どこまでが冗談で本気なのか!?
大阪のおばちゃんにはいつもついていけません🤣
苦笑して聞きながらも少し背筋が冷たくなり、早々に退散することにした😱 

旦さん大丈夫でっか!?  同情します。

・大阪のおばちゃん話ついてけず
・病みダンナ置いて遊びしワシャ知らん
・どこまでが冗談本音か図りかね
・夫婦ごと人に解らぬ闇もあり 頑爺

南公園の人模様 ①釣りを楽しむ人


②池畔でお喋りを楽しむ人

③沖縄三線を奏でる人

 
④犬と戯れる人


コメント (1)

金剛山々麓

2020年11月23日 | 秋・老楽生きがい日記!
11月23日(月)10/17℃

金剛山々麓
 自然学校の課外活動で河内長野市の金剛山々麓へ秋の豊かな植生観察へ出かけた。
 その道のベテラン講師の詳しい説明を聞きながら、秋たけなわの山麓を歩いた。

 植物や樹木の自然の営みにはいつも驚かされ、その様を知る度に深く畏敬の念を持つ。

 しかし同じことを何度専門家から聞いても右から左で覚えられず、観ては忘れ、書いても忘れ困ったものだが、そんなことを気にするより、マイペースで美しい花や葉一枚の自然の営みを愛でながら感動を味わう方が好きだ。

 聞く植物の名前は上の空だが、しかし茶店の看板には敏感に反応するのが悪い癖だな・・・
猪肉か!?  旨いのかな?  酒は何が? とかね🤣
それに採りたて、茹でたての枝豆も店頭にあるのだが・・・ あのねー
トホホ!

・絶対に造形できない自然の美
・優先す覚えるよりも感動を
・枝豆と猪肉とあとはあれ
・関心は違う所で反応す 頑爺

山麓の谷川と紅黄葉


敏感に反応した看板


コメント

落ち葉

2020年11月22日 | 秋・老楽生きがい日記!
11月22日(日)7/18℃

落ち葉
 散歩の南公園のベンチで落葉する樹々の葉を一つ一つ手に取って眺めると、なんて美しいのだろう と感激し感動する。

 その配色、絵の具では出せない色調、年輪を重ね最後の完熟した美しさは何物にも変えがたい素晴らしい自然の造形だ。

 人はそれぞれの想いで自然を見るが、今日改めて南公園の紅葉を眺め、落ち葉を手に取りよくよく眺めると、その終焉の美の素晴らしさに心を打たれる。

 人生最後となる遊行期を迎え、自分もこのような美しい輝きを持って終焉を迎え落葉したいものだとしみじみと思う。
人間もまさに大自然の1つに過ぎないのだからな。

 そんな美しい秋の落ち葉に浸っている時、前をお洒落なワンちゃんを連れ散歩中の優雅なマダム? が会釈をして通り過ぎた。

ありゃ‼️
今きれいな思いに浸り眺めていた落ち葉の上を容赦なくマダムが踏みつけ、更にワンちゃんが小用をしだした・・・ あのねー

 何事もなかったかのように立ち去った跡のあの落ち葉を眺めながら、我が人生を思いだすなー  なんちゃってね🤣😂  トホホ!

・紅葉の落ち葉手に取り絵画見る
・舞い落ちる黄葉に見る終えの美や
・落葉も踏みにじられて肥やしかな 
・年輪の終焉の美に酔いしれる 頑爺

南公園も秋風と共に落葉盛んになる 




コメント (1)

ところで

2020年11月21日 | 秋・老楽生きがい日記!
11月21日(土)9/18℃

ところで
 3ヶ月ごとの眼科の定期検診に出かけた。
昨年の両眼手術から1年を経たが、実に快適でありがたいことだ。

 そもそも物が歪んで見えたり、両眼共0.04とかで目の障害者基準ギリギリで何年も別の眼科で診てもらってきたが回復しなかった。

 しかし機会を得て眼科専門病院にて診てもらい、すぐ手術となり片目ずつ各1週間ほど入院したが、今は裸眼でも1.0と不自由なく、メガネで1.5と奇跡の快適さだ。

 老の健康寿命に欠かせない視力の機能回復にこんな嬉しい事は無いよ。

 担当の女医は一通り検査した結果、順調ですよ! 問題ありません とうれしい診断。 
ところで もう東海道は歩き終えたの! と 聞かれてびっくり!

 そういえば昨年そんな話をしていたと思い出したが、医師、看護師、検査士などスタッフ160人余の眼科専門病院で毎日数百人が訪れるのによく覚えてくれていたものだと感激!

箕面から大阪城ー江戸城から浦安まで、延べ38日間、916km、124万歩の曽孫二人を訪ねての一人歩き旅 完歩を報告した。

 やはり医師は頭も記憶力もすごいね。
ちょっとでもあやかりたいものだが、しかし頑爺は今が最高の老楽日和だからこれでいいよ。
ところで 今日は何曜日かな? トホホ!

・手術して皺もよく見え快調だ
・覚えてる医師の記憶に脱帽す
・忘れてる歩いたところ思い出す
・今はどこボケて老楽 幸せだ 頑爺

南公園の散歩道から 

野鳥観察をする人たち

南千里駅前から 

コメント

夜のトイレ

2020年11月20日 | 秋・老楽生きがい日記!
11月20日(金)14/23℃

夜のトイレ
 毎日夜中に1、2度トイレに立っていた。
夏場は特に熱中症の注意喚起で寝るまで水分をとっていたので、数回は夜中に起きていた。
当然のごとく夜中眠れなく睡眠不足で困ったが対策はなかった。

 先日netで夜のトイレに効くいい薬があるとの広告を見た。
そんな薬があると知らなかったが、高そうだが効くのかなと思って見ていたが、定期検診でいつもの かかりつけ医 に初めて、そんな薬があるのかと聞いてみた。

ありますよ! と説明を受け、すぐに処方箋を出してくれた。 何でも聞いてみるものだ。

 早速いつもの冗談を言って笑い合う薬剤師に頼むと「お薬手帳」を調べ、ちっと待ってね! と医師と電話をして相談したらしく、軽い緑内障予防の目薬をさしているので組み合わせが悪く、他のゆるい薬にしてもらったからと渡してくれた。
それは親切にありがとさん!

 数日前からその薬を試しているが、夜中1度も起きずに朝まで久しぶりにぐっすりと眠れてる。 しかも薬代は数百円と安くて感激!

 老い歳の健康寿命を保つには、適切な情報と気軽に相談できる人や医療スタッフを周りに作ることが大切だなとしみじみと思った。

 しかし この前のこむら返りの漢方薬に、いつもの高血圧や咳止めの薬など次々と薬が増え、人のことを笑っておれなくなった。   
寄りはヤダね・・・ トホホ!

・夜トイレ何度も起きて寝不足だ
・効く薬netで見つけ医師に聞く
・薬剤師その役割に安心す
・多薬を眺め爺じいは歳嘆く 頑爺

南公園も秋たけなわ 散策路は枯葉でいっぱい

紅葉の下でPCに夢中の学生さん


情熱的なフラメンコダンサーみたいだな!?

コメント

ラジオ体操

2020年11月19日 | 秋・老楽生きがい日記!
11月19日(木)14/25℃

ラジオ体操
 毎朝6時半になると前の公園から微かにラジオ体操の曲が聞こえる。
いつも6時に起床するので行こうと思えばいつでも行けるのだが、つい横着して耳で聞くのみだった。

 今朝、出かけてみると改めてその爽快さに気が付いた。
思えば小学生の時代からだからもう70年近くにもなるが、このラジオ体操の曲が流れるたびにいろんな想い出が蘇る。

 もうすでにジョギングを済ませた人々は体操をすませば朝食と出勤の準備のようだし、犬の散歩途中の人々はリードをつないでしばし体操で体をほぐし、シニアの皆さんはゆっくりと朝のウオーキングや散歩途中にそれぞれの場所で体を動かす・・・ いいねー
  
 みなさん新鮮な朝の空気を胸いっぱいに吸い込み、筋肉を和らげ、体を動かし、秋の風情を楽しみながら新たな気持ちで一日の始まりだ。

 ラジオ体操の後に散歩を済ませて部屋に戻り、薫り高い珈琲を味わいながらの朝食   我ながらいい遊行期をすごしているなー と一人 幸せの悦に入る。

されど まだまだポンタ腹の体重を減らさねばならぬ・・・ トホホ!

・懐かしやラジオ体操行く歳や
・それぞれが慣れた体操日々の糧
・コロナ禍にラジオ体操 明日があり 
・体重を減らせばならぬ体操か 頑爺 

南公園のラジオ体操は時間に合わせて各々随所で自由に行われている





コメント (1)

撮り鉄

2020年11月18日 | 秋・老楽生きがい日記!
11月18日(水)24/13℃

撮り鉄
 ブログや雑誌などで撮り鉄と称する鉄道を撮影するマニアの方々をみる。

 それらの写真を見せてもらうたびにこの歳になっても心が躍りワクワクするのはなぜだろうか?

 東海道歩き旅でそんな人たちを見かけ、自分でも1人でたまたま通る鉄道を撮ってみたりしていたが楽しかった。

 子供の頃に故郷の安曇野を走っていた蒸気機関車を見てその機関士になりたいと夢を描いていた頃を思い出す。

 信濃路の中央線はトンネルが多く、蒸気機関車では大阪に到着時、各々が煤煙で顔が黒くなっていて笑いあった事を思い出す。

 もしあの頃の夢を実現させていたら、蒸気機関車など今はないし、何に転職していたのかな? と、つまらない回顧をしてみたが夢は夢で終わってよかったようだがね!?

撮り鉄の気持ちが分かる爺となり
機関士の夢叶わなくも夢でよし
信濃路はトンネル多く顔黒く
撮り鉄の写真眺めて夢の旅 頑爺

先日 天下茶屋駅で見かけた南海電車・関空行のラピートは鉄腕アトムのイメージだ 2月フィンランドへ行く時に関空まで乗った




いつも散歩する千里南公園のトンネルに入る阪急電車・千里線電車 大阪メトロと相互乗り入れの為、メトロの電車も走る 






観察会の途中で見かけた南海電車りんかん


これも関空へ向かうJRのHARUKA
鉄道は夢とロマンがあっていいねー
コメント

植生観察

2020年11月17日 | 秋・老楽生きがい日記!
11月17日(火)9/22℃

植生観察
 自然観察会で世界遺産・仁徳天皇陵墓、堺百舌鳥古墳群の広がる大仙公園や堺市の都市緑化センター、堺市博物館へとでかけた。

 初めてだがその歴史遺産を知り、改めて日本のルーツを遡り、その素晴らしさを再認識した。

 植生観察で印象に残ったのは大きな蘇鉄(ソテツ科)の木。
亜熱帯に自生し、雄雌異株だが、その雄木と雌木の余りにもはっきりとした表現に何とも言いようのない可笑しさを感じて笑った
😆🤣

・さすがだな世界遺産の重厚さ
・古墳群 天皇制の重みあり
・その蘇鉄 雄雌ありて間違えず
・観察会クスっと笑う木々があり 頑爺

蘇鉄(ソテツ科)の雌木と雄木





コメント (1)

カントリーカフェ

2020年11月16日 | 秋・老楽生きがい日記!
11月16日(月)12/22℃

カントリーカフェ
 大阪・能勢の山間を抜けて田舎道を走り回り、やっとの思いで田んぼの中にぽつんと一軒だけあるカフェに連れて行ってもらった。 

 周りは数件の田舎家があるのみで何もない所。
稲刈りの終わった田んぼの真ん中に、まさかと思うようなカフェがあった。

 この中だけを切り取れば高級別荘地の一角と言われても遜色はないのだが!?
中の駐車場は予約の十数台の車で満車! この村の人口よりも多そうだ?

 料理はとても美味しかったが、1歩外に出るとその落差に唖然としパラダイムの転換だ。 どんなところでもアイディア1つでビジネスになるものだと感心する。

 値段もフレンチ並みで強気だが予約で満席、固定経費は人件費は・・ などとかつて長く会社をやっていたせいか? すぐに頭の中で計算が始まり、息子らとはまた別の視点で見ていた。

面白い! とテレビで放映されたようで、これからこの村はしばらく都会人の車で賑わうだろうな・・ 
しかし狭い細い田舎道の為、運転には要注意だよ。

 それにしても今のこのコロナ禍の時代、電車もバスもない田舎だがドライブがてら家族でこんな所へ出かけてくるのも1つの楽しみかもしれないな。

 最も車の免許証返納でこんな所へは一人で来れず、今は連れて来てもらうだけだがね・・ トホホ!

コロナ禍にドライブしつつ田舎カフェ
・田んぼ中 蛙鳴きつつフレンチを
・ビックリ代払うと共に知恵盗む
・常識を覆すごと商いに 頑爺

能勢・宿野のカントリーカフェ


  



コメント

書き直し

2020年11月07日 | 秋・老楽生きがい日記!
11月7日(土) 14/22℃

書き直し 
  これも歳のせいか?
最近やり直しのなんと多いことか。
手紙を書いたが、最近はメールやLINEが多いので手書きは疲れる。 

何度か書き直しやっと完成。 何枚かの先の不満文章はゴミ箱へ。 
明日手紙を出すときに再確認しようとそのまま眠った。

 翌日遅くなり昼過ぎに出かける時、前日書いた手紙を封筒に入れようとして文面を見たら、何故か間違って書いた前の文面だった。 と言うことは新しく書いた手紙はどこへ?

いろいろ考えたが、間違って破り捨てたのが本物だったかも? 
慌てて朝ゴミ出ししたゴミ箱へ降りてみたら既に収集済みだった 😭  

急いで新しく一から手紙を書き始めたが、一晩寝たら新しい文面が全く思い出せず、今も筆は止まったまま 困ったな😫    トホホ!

・手紙など久しぶりにペンを持つ
・書き損じその都度書けばどれがどれ
・捨てたものそれが本書き書き直し
・書いたこと一晩寝たら忘れたよ 頑爺

南公園の釣り人 





コメント

減量作戦

2020年11月06日 | 秋・老楽生きがい日記!
11月6日(金) 8/21℃

減量作戦
 体重が12㎏もオーバーと分かり、対策を寝ないで考えたがドンづまりなので、恥を忍んで悪友に聞いた。

「そんなん簡単や 食わんかったらええねん 水だけで40日位生きられるぞ」  と。 
あのなー オレは無人島の遭難者か? それとも修行僧か? 骨皮筋衛門になるやんか?  と笑った。 
理屈は分かるが何とも難しいものだ。

 そこでnetで少し学び、先ず毎日の自炊食を調整すべく、冷蔵庫を空にして糖分の高いものは捨てる・・ ところが毎日多く飲んでいた野菜100%ジュースがこんなにも糖分が高いとは知らなかった。 

しかも少し前にnetでその野菜ジュースを3ヶ月分大量に買ったばかり😭
好きな果物も相当糖分が高いなー
面倒臭がり屋なので手軽な野菜ジュースに果物ばかり食べてたのが原因かも?

米飯は月に10食ぐらいパックご飯を食べるだけだから大丈夫だが、それにかけるレトルトカレーがまたダメだとか。 

更に食品の表示を見ていくと あれも これも 糖分高いものばかりでどないしょ😫
背に腹は代えられぬので捨てる運命か?

さて今日の食べるがものがなくなったが、トンカツ食べたいな・・ でも脂質もダメか😩

しかし朗報が一つ・・ 
「酒やビールはあかんけど、焼酎なら乙種の芋で一合の半分以下なら毎日でも糖分ゼロで問題ないらしいぞ・・」と教えてくれた。 

早速 お湯割り一杯に、ミニ豆腐とモヤシ炒めのみ・・  あー つまらんな!  トホホ!

・水だけで40日は生きるぞと
・糖分が太る元とは辛いもの
・貧食は慣れたものだが腹怒る
・歩くため足の為だと腹なだめ 頑爺

南公園と馬肥える秋の空 

コメント (2)

体重

2020年11月05日 | 秋・老楽生きがい日記!
11月5日(木)7/18℃ 
体重
  最近周りの人から、ふっくらしてきたね! とか 少し太ったな! とか 牡丹餅(ぼたもち)になったみたいに言われ、今までは 幸せ太りだ! と笑って過ごしていたが、どうも最近いつもの体調と違う⁉️

そこで体重を測ってみようと体重計を探し回り、押し入れを引っ掻き回してやっと見つけ、久しぶりに体重を測ったら、なんと2年前から12kgも増えてしまった  まさか! オーマイガー 😱😭

 最近のこむら返りや歩き疲れ、血圧上昇、痛風気味に先日久しぶりに15kmほど山を歩いたら足がつって強張り、筋肉痛で歩けなくなりホトホト困り漢方薬を処方してもらったりしてたが、今までより12kgも重い荷物を担いで毎日生活しているのだから無理もない。

歳のせいにしていたが、まさか体重増加が原因だったとは・・  
風呂に入りよくよく見ればポンタも顔負けの出腹に思わず・・・ オーマイガー😱 😭 

 早速 一昨夜から晩酌のビールを止め、飲み会も極力避ける事にし、食事量を半分に減らし、少し前の貧食生活に戻す事にした。
  
口で言うのは簡単だが、一旦自由解放されたのにまた後で束縛されるようで こりゃ大変だわ。

さて具体的にどうするかな?  
自己責任の自損事故と同じだが・・・ 今晩寝ないで考えてみよう・・ あー トホホ!

・ボタモチに似てきたそうな我が体
・体重計探して乗ればオーマイガー
・ビールやめ貧食戻れヤナこった
・歩けぬぞ太り過ぎではそれ恐い 頑爺

千里南公園に秋が来た


南公園横の狸のポンタは同類の友達
コメント

箕面(みのお)林道

2020年11月04日 | 秋・老楽生きがい日記!

 11月4日(水)9/17℃

箕面林道
 2年前まで毎日のように歩いていた箕面(みのお)の森へ出かけた。
東京の高尾国定公園とこの箕面国定公園を結ぶ1650余kmの山岳道、東海自然歩道の西の起点が箕面ビジターセンター前だ。

 山野草を愛でながら秋の山道を歩けるのはいつも至福のひと時だなー と一人幸せをかみしめる。
箕面(みのお)と言えば紅葉が有名だが、ひと昔前は人口より猿の方が多いと揶揄されたものだ。
今は天上ケ谷で餌付けされて落ち着いているものの、今日も20匹ぐらい見かけた。

猿に鹿や猪など野生動物は山に食料がなくなると里へも出てくるので大変だ。
今年も山の木の実が温暖化の影響か? 不作だと聞いたので、また里へ食べ物を求めて出てくるようだから心配だ。  一昔前では考えられなかった光景を目にするからね。
都市近郊の貴重な森だから、人も動物も何とかうまく共生していきたいものだが・・? 

最も頑爺は昔から猿のモンチッチだとか、猪の猪突猛進型だとか、今は出腹の狸ポンタとか、河馬の顔とカバ禿に短足のダックスフンドだと呼ばれ、動物とは共感を覚えるので共生は出来ると思うのだがね・・ トホホ!

・秋空を見上げ歩けばけ躓き
・山道で挨拶すれば笑顔あり
・猪に猿鹿までが里あさり
・動物と共存ありて心地よし 頑爺

箕面の森のひとこま










コメント

匂い

2020年10月28日 | 秋・老楽生きがい日記!

10月28日(水)10/21℃ 

匂い 

においには良い匂いと 悪い臭いがあるらしい・・

 今日は良い匂いのほうだが、階下からお昼に秋の香りが煙と共に漂ってきた。 今日は秋刀魚か 美味そうだな・・ と指を加える。

昨日は焼きにんにくの香ばしい香りで食欲を誘うスパゲッティだったようだが?

 冬場の寒い時期以外の在宅中は、たいがい窓を全開にして公園の緑と共に季節の風を部屋へ取り入れてるので食事時には階下の香り、匂いも漂ってくるのだ。

 1年前の引っ越し時に挨拶回りをした時、階下の人は同年輩の女性で一人暮らしだと言っていたが、この1年で会ったのはゴミ出し日に一度下で会い、挨拶した程度だから全く知らないが、料理は得意のようで羨ましい。

 長い人生でこのような集合住宅に住むのは余りなかったので、上下隣同士の台所・キッチンの匂い、様子が否応なしに伝わる。

 この25年間、自炊生活を楽しむ! とは言うものの、不器用で面倒くさがり屋でルーズなので自分の料理は全く上達しない。

 友は「その内に動けなくなったら3食付きの介護施設に入れるから、それも楽しみやんか・・」と励まされるが、その代り気ままな自由にはならないわな・・ と即拒否!

どうすりゃいいんだ この私~~ の心境だ  藤圭子か?  古いな。

 落語だが、うなぎ屋の軒先でその匂いで飯を食う輩に代金を請求したら、銭を鳴らして音で払った・・ なんてのがあるが、明日も階下の匂い、香りで飯を思い出すか、それとももう窓をしっかりと閉めるかだな・・ トホホ!

・秋だなー秋刀魚の匂い階下から

・階下の旨い匂いで飯を食う

・不器用な自炊料理 味気なや

・窓閉めて美味い香りよさようなら 頑爺

早朝の南公園 散歩道から

コメント (3)

公園ブライダル

2020年10月27日 | 秋・老楽生きがい日記!

10月27日(火) 6/17℃

園ブライダル 

 自然学校の実習で大阪市立長居公園内の植物園へ出かけた。  サッカーのセレッソ大阪の本拠地ヤンマースタジアムや野球場を含む広大な都市公園だ。

その中の植物園はまた自然豊かでインストラクターの指導の下、インタープリターとしての実習を受け大いに学んだ。

終えてからの班のお疲れ飲み会も実に楽しく、老いてこの仲間たちとの集いは幸せなひと時でほろ酔い気分で帰宅した。

 実はもう一つ、併せて植物園内の芝生広場でのオープンな人前結婚式、披露宴を横目で見ながら幸せな初秋のひとときをも楽しんだ。 前日は大雨だったのに好天の秋空   秋の花が満開だ  よかったね!

青空結婚式には多くの人が参列していたが、一般の公園に来た人たちも祝福の拍手をしていた。    

今日初めて出会う人だが、初々しい新郎・新婦を見ていると、これからのお二人の人生がどうぞお幸せでありますようにと心から願うのでした。

 結婚式と言えば昨年、孫の結婚式に参列し嬉しい涙を流したばかり・・  今は早くも2人の可愛い天使のような曽孫に更に幸せ涙を流す。

人生山あり谷ありでいろんなことがあるけれど、生きていれば人生に必ず幸せ場面はやってくるものだ 必ずね。

頑爺の家系は早婚なのか、曽孫が適齢期になり玄孫と会えるかも? の20年後まで生きてみるのも有りかな   95か・・🤣😱

・学ぶこと多くありすぎボケ間ナシ

・老い友と飲める楽しみ青春だ

・結婚式 公園でする嬉しさよ

・玄孫まで見るのも励み生きる甲斐 頑爺

長居公園と幸せブライダル

  

  

コメント