銀の人魚の海

日々の思いを好きに書いています。映画、DVD、音楽、本。
スヌーピー、NICI、雑貨グッズ画像も。


刑事モース 画像

2018-11-14 | 刑事モース オックスフォード事件簿 2018NHK放映
全く入れてなかったので、モース左、と上司サーズデイ。



60年代、英国、寒そう。マフラーしっかり。

コメント

CASE12 禁断の森 prey

2018-11-14 | 刑事モース オックスフォード事件簿 2018NHK放映
冒頭、モーツアルトか~オペラ、アリアから。

イスラエルとエジプトが戦っているシーン。

ある家族の光景、ベッドで寝ている病人。植物状態のよう。

初めのいくつかのカットが、ヒントになるドラマ。

これもそうだった。

かなり変わったミステリー。

荒唐無稽といえばそうかな~

これまでと違い、こんな方向へ展開していくんだ!面白かった。

モースは、前回で刑事に復帰し新しい部屋に引っ越している。


もうナースとは完全に別れているのね。

巡査部長に昇進するよう。

イングリッドというベビーシシッターが失踪した。

妻が亡くなった父ヘクターが、彼女にシッターを依頼していた。

上司、サーズデイが、前に似た事件があったな~と。

これが初めの病人カットにつながる。

レイプされ、殺されかけた事件。

今回と同じ通り、まだ未解決。

サンドラと言い、サーズデイの娘と同級生だったので記憶にある。

4年前、今もサンドラは昏睡状態でベッドにいる。

一転し、暗い、怖い森の湖から女性が消える。

伝説なのか?この湖にはリンジーの怪物がいる?

動物が事件にかかわっているのでは?

湖からちぎれた腕が発見される。

イングリッドはまだ不明。

一人亡くなり、一人不明。

ヘクターが切り裂かれ殺されている。

人なら、鈎針のようなもので殺害していると検視官は言う。

捜査で、マンイーター?という言葉があがる。

獰猛な動物が関係しているのではないか?

スペイン語の言葉も出てくる。

スペイン、グラナドス、かファリャの曲が流れる。

このあたりいいな。

英国でない異国の感じが出ていた。

モースは、関係している人物、博士のアフリカ、サファリのスライドを

熱心に見ている。

アフリカのカルト集団、レパードマン。

これは撲殺集団らしい、その話も出る。

ラスト、15分、

英国の木々の迷路庭園、この中である動物が逃げ、どうどうと歩く姿が、

圧巻!小さかったら可愛いね。

ドキドキ、恐怖シーンが続く。

事件は、え~そうだったの、という過去の辛いできごとと重なり

解決へ。

長年のトラウマね~

モースは無事、巡査部長に昇進する。

あと1話で終わってしまう。シクシク。(T_T)

コメント

CASE12  禁断の森

2018-11-12 | 刑事モース オックスフォード事件簿 2018NHK放映
2回に分けやっと見た。

異国情緒たっぷり、面白かった。

虎が出演(・・;)

今日もいろいろあったが、刑事モースが良かったので、
嬉しい\(^^)/

あと一話。

また詳しく書きます。
コメント

CASE 11遠き理想郷

2018-10-30 | 刑事モース オックスフォード事件簿 2018NHK放映
原題、アルカディア。

はじめ、クラシック音が多いこのドラマ、これはなかった。

英で60年代、明るく米のようなスーパー、リチャードソンズから始まる。

いつもクレジットシーンの中に、ヒントがあることがあるので

じっと見たが~

20代の男性サイモンの死、爆発死?

新興宗教、コミューン、怪しげな団体が出る。

サイモンが一時、ここにいたそう。

自給自足の生活をしているというが、そうは見えない。

帰りの車の中で、マリファナに自由恋愛か!

サーズデイは怒りをぶつける。

女性、ローレンはズーパーで買い物後、帰宅中に倒れ死ぬ。

そして、このスーパーのベビーフードにガラスの破片が入っていて
買った女性の子供があやうく、難を逃れる。

サーズデイは、人は暴走する、という。

モースは新規一転、新しい部屋に移る。

ここで初めてクラシックがかかる。

モースの先輩ピーターは、彼女が妊娠したので、米へ移住すると決めたとモースに

打ち明ける。

スーパーのオーナー一家に何か秘密があるよう、捜査は進む。

恨んでいるものがいるのか~

モースは、社長の妻に夜、自宅に人が潜んでいるかも~来てほしと呼ばれ
行き調べるが、誰もいない。

その40代妻に誘惑されそうになるが~

この家、明るく大邸宅、英っぽくなくとてもモダンなインテリアで
米を思わせる。

3人家族なのに、部屋が20はありそう。

庭も広い。

家政婦がいないと普通は無理。

モースが誘惑されそうになる、シーンはなかなかいい。

そして、社長の一人娘が突然誘拐された。

電話で、お金をの受け渡しを指示され、モースが行くことになる。

ピーターは結婚する、父にもなるので、僕が行くと言う。

モースは犯人に殴られ、お金は取られてしまう。

モースとピーターは必至で娘をさがし、

古い炭鉱の中で縛られている娘を発見、無事だった。

娘は、ある団体に属していて、そこも絡んでいるらしい。

サイモンは偽の死体、もしかして本人は生きているかもしれない~~

スーパーのマネージャーの息子と社著の娘の関係は?

娘は過去に何かトラウマになったことがあった?


意外な展開だった。

モースはクラシック、オペラが好き。

鐘の音を聴き、あの電話の背後音はG♭だという。

事件は解決する。

ピーターは妻のお披露目をパブでするが、モースは出ない。

代わりにクラシックを聴きつつ彼に手紙を書く。

二人は米へ旅立つ。

サーズデイも、寂しくなるな~と言う。

モースは、新しい物語が始まるから、いいことです、と。

雨の中、二人は車に乗り仕事へ~

これまでで、一番面白かったエピソードかな~。

英国っぽくない感じが良かった。


コメント

新聞  モースの評が載った🎵

2018-10-29 | 刑事モース オックスフォード事件簿 2018NHK放映
NHK、夕方放映。
4回だけだが、放映してくださり、嬉しい!

TV欄に評が載った。
見たら、感想いれます。

コメント

刑事モース DVDは

2018-10-28 | 刑事モース オックスフォード事件簿 2018NHK放映
アクセス解析期間で、刑事モース、へも少しある。
BS録画、あと二話。

Amazonで調べると、刑事モースは、でているが、DVDでみられず、
パソコンのみなど、字幕もないようで、単純な物語ならともかく、
日本語吹き替えでも、二回見ないとわからない事もあるのに、絶対無理。

主任警部モースはTSUTAYAレンタルであった。

中年になったモース、
若き頃と違い、女好き、ギャンブルもだったか…
イメージ、大きく変わるな。
NHKBSで、次の放映を期待、是非。
コメント

若きモース役 ショーン エバンス

2018-10-26 | 刑事モース オックスフォード事件簿 2018NHK放映
刑事モース、CASE10、11を見た。
まだ感想は書いていない。

渋くていい。
見ていると落ち着く。

11は色彩など、これまでと違う感じのエピソードで一番面白かったかな…

モース役、ショーン エバンスを調べた。
リバプール出身。
ビートルズと同じ。
37歳。
ロンドンの難しい演劇学校へ合格、
Bカンバーバッチと映画で共演もしている。多分、未公開。
その後、若い時代のモース役に抜擢された。

刑事モース、DVD、字幕付き、日本バージョンは、出ていないよう。
NHK、次も放映待ってます。
コメント

プレミアムフライデー になった

2018-10-26 | 刑事モース オックスフォード事件簿 2018NHK放映
金曜日になった。
多数の国民には無縁のプレミアムフライデイの日。

明日は仕事が忙しいのがわかっているので、もう休まないと。

ハロウィンの週末。
🎃カボチャ絵文字。

刑事モース、11。
二回に分けて今日、見られた。

英ドラマ、ダウントンアビーも素晴らしかったが、
こちら負けないドラマになっていて、
モース役、ショーンエバンス、調べてしまった。
また書きたい。
コメント

今日は見られるか・・

2018-10-25 | 刑事モース オックスフォード事件簿 2018NHK放映

モース、わかりにくいが、落ち着いた映像と個人が守られている感じが好き。

曖昧さがない。

日本人と違う気質。

特にモース、オックスフォード大学を出たエリートなのに

刑事になり、黒人女性と同棲、という生き方もいい。

物語、事件は複雑で、ドラマ1回で、3人は死者がでて、わかりにくい。

先日、CASE10、二回目ざっとみたら、そうか、もあった。

上司の言葉がなかなかいい。彼は家庭をもち子供が二人いる。

今日は、夕方から少し見られるか~

都心は、昨日より気温高いか~

快晴、湿度は低い気がする。

10月下旬、10月は半そでがまだいる月。

服は少し整理はできたが、まだ半そでも出ているね。

とくに都市部、ビル熱などで、そうは冷えない。
コメント

CASE10 光と影の奇想曲

2018-10-23 | 刑事モース オックスフォード事件簿 2018NHK放映
10月から4回放映予定。

何か月ぶりかの録画鑑賞。

冒頭から格調高いセンスは同じ。

クラシックが鳴る。

ケース9ラストで、モースは殺人犯として、誤認逮捕されてしまう。
上司サーズデイも、撃たれ大ケガをする。

モースは釈放され、友人トニーの別荘、湖のほとりの小さい小屋に
ひっそりと暮らし、もう警察へもどる気はない。

その近く、森のような場所でひき逃げがあった。

女性が同じ車に何回もひかれている。

大学では学生が殺害?これはヘロイン接種での死のよう。

ひかれた女性は、バスの車掌、ジーニーだった。

サーズデイはモースが心配で、モースの恋人だったモニカに
彼の居場所をきく。

停職中のモースの小屋を訪ね

警察へ戻らないかと誘う。

けがはよくなり、肝臓機能も何とか~と聴き、モースは安心するが

モースはもう戻る気はないという。

サーズデイは残念そうに去る。

トニーは暇な元貴族、派手な暮らしぶりでパーティ三昧を送っている。

この連続ドラマでは、初めて華やかでキラキラしたパーティシーンが
何回も映る。

やや退廃的、60年代英の派手さはこうなの?

バブル時代の日本とは違う雰囲気。

モースも人妻とダンスを踊っている。

人妻からキスしてと言われキスを❗


セレブたちとの交流の日々、
モースは、女性ひき逃げ事件と関係があるらしきものを
近くで拾い

サーズデイに渡す。

モースは、刑務所にいるときの気持ちを彼に初めて話す。

中国のアヘンの密売、華やかな暮らしの裏側、ある彼の過去、
遊園地のマジックショーの秘密など、

複雑に絡み合う物語は、9までと同じよう、わかりにくい。

モースは結局、刑事に戻り、友人たちもからむ
事件の捜査に加わっていく。

2回見ないとわからよくない。
事件は解決。

サーズデイはモースと歩きながら、最後に

人生は選べない、という。

これ、ホント、親を選べない、ように。

サーズデイの妻が作るサンドイッチは、1からずっと同じ(^^♪
コメント

CASE10 来月から

2018-09-24 | 刑事モース オックスフォード事件簿 2018NHK放映
刑事モース、オックスフォード事件簿。
わ〜嬉しい!

前回はいいところで終わってしまったので、放映あるのか…
待ってました。

来月6日からBS放映再び。
CASE10から。
有料チャンネルでは放映されているの?


初めて見た時、地味でずっと見られるか、と思ったが、
ここへページも作ってしまったほど。

地味だが、とても味がある重厚な刑事ドラマ。
音楽はクラシック中心、美術も抜群。ホンもいい。

前の放映は三話くらいしか保存できなかったので、
必ず保存しよう。
コメント

刑事モース CASE9 ネバーランド

2018-08-05 | 刑事モース オックスフォード事件簿 2018NHK放映
久しぶり、最終話を見た。
これが一番面白い、という感想が多かった。

確かに。
90分、4人死んだか~

変わらず、一度では、わかりにくさもあったが、これまでのよりは物語として
面白さがあった。

演出もいい。
初め、教会、賛美歌シーンから、宗教性が濃いイントロ。
ステンドグラスがうつり、モースも歌っている。

上司、サーズデイは検診を受け
高血圧、と言われる。

刑務所シーンへ、脱獄犯がいる。
1月に出られるのに、なぜ?

そして貧困地区から、動物好き少年が家出する。
父の暴力で家出したらしい。


電車にひかれた?50代の元記者、自殺なのか?
アルコールが検出された。

サーズデイは現場が好きといい、もし離れろと言われたら
退職するとモースに言う。

モースは黒人の看護師と同棲している。

遺体発見、溺死?脱走した男性だった。

腹話術師も登場。

モース、サーズデイが調べに行くと、
人形に代わりに語らせたりで、的を得ない。

政治家がナイフで殺された。
妻は、夫は福祉に力を注ぎ、素晴らしい人だった。
うらまれるなどない、ときつく、きっぱり、激しくいう。

警察の腐敗があり、最近、証拠品がなくなることがあった。

その腐敗を暴こうとする。
議会も、同じく腐敗がある。一緒にやろうと~

モース、サーズデイは他の警官へも腐敗をなくそうと、誘う。

昔、孤児院出身者、6人~
彼らが結束して、何かを訴えようとしている。

かつて新しい孤児院の院長が来てから、
性的虐待、暴力があるようになった。
その院長は、殺された政治家だった。

モースは撃たれ殺されそうになる。

そして、モースの同僚のあの刑事が孤児院出身で、
暗い過去を背負っていたことがわかった。

警部になり28年のサーズデイ、
退職はせず、これからも弱者の手を差し伸べる仕事を続けたいと
モースにいうが。
突然、撃たれる。

重体~助かるか~

モースも罠にはまり、殺人容疑で逮捕され、
車に強引に乗せられ去っていく。

ここで、9は終わった。

これまでのケースは、殺害者が多いわりに、動機が弱かった。
そこまで何人も殺す必要あるのか~と。

今回は、この動機ならあってもおかしくないと感じる
強い動機、そこもよかった。

いい所で終わりになってしまったよ~~
次はいつか放映してくれるの?NHKさん、お願い。





コメント

CASE8 情事の代償

2018-06-09 | 刑事モース オックスフォード事件簿 2018NHK放映
今ままでで、一番面白かった。
黒いストッキングをはくシーン。
レコード針が映る。

このケースでは、出る人皆、赤い花びらのようなバッジを胸につけている。
後でわかるが、戦死者追悼の花のバッジだと知る。

絞殺主婦の記事。
3人既婚主婦が殺害。指輪をしていない。

ストッキングでの連続絞殺魔事件となる。

盲人のピアノ調律師が出る。

捜査を進めていくうちに、ストッキングを販売のデパートが舞台に。
モース、上司のサーズデイが、デパート従業員に聞き込みへ行く。

ストッキング売り場の女性、アームストロングは
サーズデイを見て失神してしまう。
彼も驚くが心を隠す。

アームストロングと彼は戦争中の知り合いで、過去があった。

デパートの在庫係、知的障害がある男性も絞殺ではないが殺される。
5人目の殺害。

主婦たちと同じ犯人なのか?
謎は深まる。

モースは同じアパートの黒人の看護師と知り合っていて、
初めて食事をし、恋人関係になる。

黒人が恋人という設定も、当時としては斬新かもしれない。
さらにデパートの男性店員に、ゲイの方がいることも。

サーズデイは結婚40年だったか?記念日を迎える。
妻、家族、友人たちと幸せなパーティを開く。

捜査は進展する~

アームストロングとサーズデイは戦争中の仲間で、恋人だった。
妻には話していない。

上司の過去の関係をモースは、アームストロングからきく。

ラストは悲しい最後になる。
モーツァルトのレクイエムか?がかかる。

このケースも話は、これまでよりわかりやすく面白かったが、
やはり動機が弱いわりに、殺人の数が多すぎる。

変わらず、クラシック、オペラがなり、
英国60年代の渋いムードがいっぱいのドラマは変わらない。

3作しか保存できず、
残るはあと1作、DVDいつか買おうと思ったり。
コメント

刑事モース 放映タイトル 追記

2018-06-07 | 刑事モース オックスフォード事件簿 2018NHK放映
タブレットに保存していた、ネットからのタイトルを

もう一回見たら、NHKと他二つのチャンネル、3つでの放映のよう。

タイトルが三つあるエピソードもあった。

モース警部時代の本も1冊読み、面白かった。
昔、昔、2冊くらい読んでるかな~

うっすら記憶が・・
コメント

刑事モース 放映タイトル

2018-06-07 | 刑事モース オックスフォード事件簿 2018NHK放映
刑事モースは、WOWOWで放映されたことがあるのか?

そこでのタイトルはNHKBSのタイトルとは違っているが書いておこう。

最後の2話は5月末現在、まだ未見。楽しみにみよう。

9話分。~がNHKタイトル。UNEXTでも放映なので、2つある?

シーズン1
華麗なる賭け~ ある晴れた日に

毒薬と令嬢~泥棒かささぎ

殺しのフーガ~同じ

犯罪相関図~ファミリービジネス

家族の肖像~家族の絆

シーズン2

死のパレード、消えた手帳~失われた光

亡霊の夜想曲、顔のない少女~鏡の国の少女

情事のスケルツォ~情事の代償

汚れたネバーランド~ネバーランド
コメント