ママザウルスの行政書士への道

+むすめ(コザウルス)との のほほ~ん記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大楠山ハイキング迷い人の旅

2018-10-14 | 旅日記
過ごしやすい季節になりました。皆さんご機嫌いかがですか?

9月の連休はどこにも出掛けず、仕事や片付けに追われ「3連休じゃなくてもいいから、水曜日あたりに休日があるとよいのに…。」とぼやいておりました。

来年2019年のGWは10連休だとか?!そんなに休んだらその後大丈夫なのか、5月病とかちょっと心配…、でもやっぱり楽しみですね(0゜・∀・)

さて、先週10月の連休は品川駅から乗車する三浦半島1DAYきっふで大楠山ハイキングをしました。大楠山は最高峰242mの低山。ささっと登ったら、海辺でゆっくりする心積もりで向かいました。

スタートは衣笠駅、商店街(おにぎりやドリンク調達可)をとおり、改札反対側方面の衣笠コースの登山口へ。

しばらく街中を歩いて行くと、急に衣笠公園のハイキングコース入口があります。

どんぐりころころ♪

と登っていくと

案内板が頻繁に現れます。

公園内の所々に置かれた木製のオブジェがほのぼのした気持ちに…。

展望台からの眺め。標高134.2m。

次の衣笠城跡に向けて下ります。

一般道を横切ると

衣笠城跡への入り口です。

途中、岩を登り

根本から折れている木を通り過ぎ

順調に城跡まで来ました。

次はいよいよ本命の大楠山/ ̄\

そこへ現れたのが台風の爪痕でした。

道を塞ぐ倒木をときにはくぐり

ときには跨いで進みました。

進入禁止と言われているかのように感じました。

そこへ現れたのが迂回路のお知らせ。

この迂回路の階段(草の中にあります)を見逃して、わき道をずいぶん進んで戻る羽目に…。

その先の迂回路は高速道路(横浜横須賀道路)を横切って又戻るようにして横切り、再び横切る、分かりにくいものでした。

高速道路の下を通る狭い階段とトンネルがあったので、疑いながらも進んでみたら、トンネルの中は真っ暗で誰かが住んでいた跡があったり、蜘蛛の巣だらけで進めず戻ったりしました。

たまらず「迂回路を来たらここへ来てしまったんですが、大楠山へは…?」と横須賀PAや民家の人々へ訪ね歩いて、やっとのこと大楠山登山口まで行ってみたら、また迂回路の案内が…。

日が傾きかけたころ、ようやく大楠山山頂まで230段の階段に辿りつきました。

大楠山山頂からの眺め

ゆっくりしている時間はなく前田橋バス停に向けて山を下ります。

無事に日があるうちに下山して、海辺へ。

ゆっくりはできませんでしたが、達成感だけは十分に味わった旅でした。




コメント

3分の1地点

2018-10-01 | 日記~いろいろ編

今朝は台風一過の青空となりました。昨晩は風の音でよく眠れず、朝は台風で屋根が吹っ飛んだ家の横を通りました。皆さんは大丈夫でしたか?被害が拡大しないよう祈るばかりです。

さて、毎度骨折り話しで恐縮ですが、大腿骨骨折してから8カ月、久しぶりのレントゲンと撮りました。繋がった骨にかさぶたのようになにやら張り付いているのがわかりました。

順調だったリハビリはこのところ停滞気味です(((ρT-T)ρそれでも、もうこれが限界かなと思いながらも続けていると、僅かによくなって来ているのがわかります。

階段もスムーズに昇り降りできるようになり、ぎこちないけれど小走りできるようになりました。

元のとおり動けるようになるまで2年、やっと3分の1のところまで来ました。気長にがんばりますく( ̄△ ̄)ノ
コメント

入管業務研修会

2018-09-17 | 日記~お仕事編
久しぶりに研修会に参加しました。「申請取次事務研修」という外国人が日本に居るための手続きに関する研修です。

↓朝から午後5時まで4時限に分けて勉強します。最後には効果測定まであり、学生に戻ったかのような気持ちになります。

お昼にはお弁当も付いていますo(⌒囗⌒)oΨ イッタダキマーーース!
この研修を受講し届出をすると、晴れて申請取次者になることができます。

ただし、有効期限は3年のため、続けて申請取次者でいるためには3年を経過する前に更新の研修を受講しなければなりません。

私は2回の更新を経ており、今年3回目の更新をするはずでした。ところが、予定していた時期に骨折して入院ヽ(  ̄д ̄;)ノ

しかも申請取次事務研修は、月に1回程のペースで全国の都市のどこか一か所でしか開催されません。更新に間に合わせるには遠征するしかない状況でした。

仕方なく更新はあきらめて、近場東京の新規研修でもう一度申請取次者になることに…。

この10年で「高度専門職」や「介護」の新しい在留資格が設けられておりますが、最近は人手不足を解消するため新在留資格「コンビニ」を要望する声があるそうです。

コメント

お見舞い

2018-09-17 | その他お知らせ
9月も半ばに入りやっと残暑も和らいでまいりました。

西日本の豪雨や北海道の地震、大きな災害が立て続けに起こってしまいました。けれども、私の普段の生活に直接的な影響はあまりなく、このまま普段どおりでよいのか、何か出来ることはないか悶々とする日々です。

普通の毎日を大切にしつつ、被災された方々が一日も早く安心して暮らすことができますようお祈りいたします。
コメント

リハビリハイキングin奥高尾

2018-08-30 | 旅日記
カレンダーの上では暑かった夏もそろそろ終わりです。気温38℃が続いた後の35℃の日は、「暑いけれど少し楽」に感じ、30℃だったりすると涼しいような気がするのは私だけではないはず?

↑高尾(高尾山登山口のひとつ前の駅)下車

そんな気温30℃位の日、景信山→城山→高尾山と登って参りました。トレッキングは脚力回復のリハビリによいとのことです。※半年前に大腿骨を折りました。

↑小仏行きのバスに乗ります。

高尾山について調べ始めたら、奥高尾という場所があることを知り、景信山から高尾山へのルートを行くことにしました。

↑「大下」バス停下車、来た道を少し戻ったら中央線のガード下をくぐらずに左手の梅林方面へ向かいます。

↑取り敢えず見えた山

↑林道を行くと

↑木下沢(こけざわ)の沢沿いに出て

↑リバートレッキングしている親子の姿も見られます。

私も沢の中を歩きたくなりましたが、大人しくしました。

↑しばらく行くと、沢を渡る橋がかかり、ここからはしっかりとした登山になります。

あまりの山道に、今度は夏山で滑り落ちて骨折でもしたら…と不安になりましたが、無事登頂ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

↑小仏峠。渋滞で有名な「小仏トンネル」があるあたりです。

↑小仏城山。山頂に神奈川県と東京都の境があります。

↑高尾山の頂上が近づいてまいりました。この奥からやって来たのです。

↑遠くには富士山も見えます

これでやっと体が脚の使い方を思い出した感覚です。特に階段の降り方はさっぱり忘れていた感がありました。

翌日、きちんと筋肉痛になり「私の体もまだまだ若いんだわ」と内心喜んでいたら、回復に5日間もかかり最初の喜びは帳消しになりましたδ(⌒~⌒ι)

コメント