丸顔おばさんのブログ

就任式後が本番よ!まだまだこれからよ!悪いヤツの逮捕!/不気味なプーチン。毒を盛られた反体制派ナワリヌイ氏、帰国後ソッコーで拘束。

訂正:この記事で取り上げた、
は2020年1月16日に配信の記事なのですが、勘違いしておりまして、今年2021年の記事として書いてしまいました。申し訳ありません。
本文を、横線で消して、緑の文字で訂正させていただきました。
ごめんなさい!
******************************

がっかりするのはまだ早い!!!
こんなのが、ツイッター上に出回っている。↓

テレグラムでリンウッド弁護士を検索すると、いくつか彼のものらしきアカウントがあって、そのうちのひとつに確かにあった。
でもいくつかそれらしきアカウントがあって、フェイクアカウントかもしれないし、真偽は不明。

そしてこれまた真偽不明だけど、ポンペオさんがテレグラムで緊急放送について言っているらしい。

https://twitter.com/naoyafujiwara/status/1348490390731558916?s=20
米保守派評論家ジェームズ・コルシ氏による昨年11月20日の講演のハイライト トランプと軍の合意
https://twitter.com/naoyafujiwara/status/1348490391981494275?s=20
軍の将軍たちがオバマをクーデターで追い出すために動いていると言ってきた。しかしまた考え直すと言ってきた。トランプが大統領選に出るからと。なら合法手続きとしてクーデターをやると。これがトランプと軍の合意。
https://twitter.com/naoyafujiwara/status/1348490393105489920?s=20
Qアノンは軍のインテリジェンス、トランプに近い。内部情報を流している。
https://twitter.com/naoyafujiwara/status/1348490394212843520?s=20
トランプは昔から、いつもいつも負けたふりをして最後の最後に勝つ。いつもいつも。今回も同じ。トランプは今回も負けない。反撃が始まった。司法省、FBIもあまりにもひどい腐敗。あまりにも腐敗は広がっている。

負けたふりをして、最後の最後に勝つそうだ!

最後の最後、、、っていつだ?まだなのか?

だから、おばさん、まだ終わってないと思ってるの。

なにか仕掛けがされたうえでの、政権交代したかもしれないし。

もしかしたら、あいつらすでに司法取引していて、GPSを付けて泳がせてるのかもしれない。ひょっとしたら就任式前に。。
BLMのリーダーはそのようにして釈放されたというし。
就任式は一見、なにごともなく行われた。しかしものすごい厳戒態勢の中でだ。

泣き出すバイデン・・・。
バイデン、もう二度と故郷に戻れない自身の運命を思って、感極まったのかもしれない。ディープステートにも人の感情があったようだ。

もう自分の運命をわかっているかのようにも見える。
だから、見た目と内情が異なる可能性、高いぞ。

一瞬出て、すぐに削除された反乱法に署名のニュース・・・・

しかし米空挺部隊のパーラーも真実かどうかは分からない。DSの情報攪乱である可能性はつねにある。もうこのアカウントは削除されている。
しかし例のQアノンのこっそりとした暴露である可能性も捨てきれない。。。

マキナニー将軍が自身のテレグラムで、宇宙軍のハイテン将軍のテレグラムはフェイクであると発信されている。

しかしフェイクアカウントで何者かが真実をこっそり暴露している可能性もある・・・

しかし、あいつらの情報攪乱である可能性もある・・・

そしてこのマキナニー将軍の発信がフェイクである可能性、アカウントがフェイクである可能性も今の時点では捨てきれない・・・

ただ、状況から憶測するに、、反乱法がすでに出ている可能性はあるなぁと個人的に思う。
だとすると、もう「あいつら」パージの主導権は、米軍にあるのかもしれない。
大統領は3軍の統帥だという。トランプさんはそこから降りたわけだ。
では就任式を終えたバイデンはというと、反逆罪の証拠が揃っているならば、米軍は準備が整い次第捕まえることになっているのかもしれない。すでに司法取引しているのかもしれない。
そういうことなら、バイデンは米軍に指令を出せない状態かもしれない。
むしろ指令を出すことはおろか、米軍に監視されている大統領なのかもしれない。

なにしろDS、人数がものすごく多いだろ?世界中にたくさんいるからねー。
バイデンたち逮捕ー!ってニュースが出ちゃうと、あいつら大混乱起こして逃げまどい、BLMなんかも暴れるだろう。
だから、主要なDS全員に対して、GPS付けて逃げられないように監視下に置いて司法取引する過程が完了しないと、公表しないのかもしれない。

だとすると時間がかかる。3月にトランプさんが大統領に就任するのではないか、という噂も聞く。

「逮捕は開始した。まだ公開していない。これから30日以内に公開すると言われている。」
「これから大規模な逮捕が行われる。これからの逮捕は公開されるか分かりませんが、ジョーバイデンは今の段階では逮捕されない。第2段階で逮捕されるそうだ。いつからいつまでが第1段階かは分からない。」
全ての政党、全ての政府、全ての部門が含まれている。これらの犯罪はワシントンD.C.に留まらず、州政府、郡政府まで及んでいる。これを漏れなく全部公開するのは数か月の時間がかかります。多すぎるからです。封印された資料だけで20万あるそうです

とおっしゃっている方がいる。もちろん未確認情報だろう。
「全員の捕獲が済むまで、バイデン、おまえ、大統領やれ!」と米軍から命令されて、GPSつけられている可能性、あると思うなw
この膨大な全米、いやもしかしたら全世界のDSの捕獲が済んでから、最後にバイデン逮捕で公式に発表かもしれない。
そのうえで、あのバイデンの涙を見ると、ちょっと納得だ。
なんとも悲しい大統領だ。

だとすると、まだまだこれからだ。
トランプさんが完全に政権から退いたかのようになった今からがクライマックスなんじゃないの?!
まだまだ、おばさんはワクワクしている。

正式に公開されるまではすべてが水面下だろうけど、

例のCIA長官が辞任したようだ。
メイカさんの動画より(現在は削除されている)
先日のドイツ・フランクフルトで米軍特殊部隊とCIAが銃撃戦の末、米軍特殊部隊が不正選挙サーバーを奪還した、あのとき。その現場にジーナ・ハスペル長官もいた。
特殊部隊が発砲した際に、現場で負傷した。その後、助けられ飛行機でアメリカに連れて帰った。帰国後は刑務所の中。

この人が辞任ということだ。やっぱりこれ、いよいよ本当かもな?w

というわけで、政権の座についてテレビに出ていても監視中かもしれないなと思って見ている。

ところで、最近、ロシアのニュースが出ているので、ちょっと書いておきたいと思った。
例の毒を盛られたロシアの反体制派のナワリヌイ氏が帰国し、ソッコーで拘束されたというニュースだ。

ロシア野党指導者ナワリヌイ氏、帰国直後に拘束 欧米が釈放要求

2021年1月18日更新 2021年1月19日

昨年8月に神経剤を使われ死亡しかけたロシアの野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏(44)が17日夜、治療を受けていたドイツからロシア・モスクワに帰国し、ロシア当局に即刻拘束された。アメリカや欧州連合(EU)はロシア政府に対し、ナワリヌイ氏の釈放を求めているが、現地の裁判所は30日間の勾留を命じた。 
(中略)
ドイツ政府は9月、ナワリヌイ氏に対して神経剤ノビチョクによる毒殺が図られた「明確な証拠」があると発表した。ナワリヌイ氏は、ロシア当局が自分を暗殺しようとしたと主張している。ロシア政府は一切の関与を否定しているものの、複数の調査報道がナワリヌイ氏の主張を支える結果となっている
〈おばつぶやき〉
ノビチョクを盛られたことは証拠があるとドイツ政府は言ってるんだね。ウソ言うと、ドイツもあとで困るだろうから、たぶん医学的に判明していることなんだろうと推測している。

おばさん、この反体制派のナワリヌイ氏がディープステートである可能性も考慮して、注視してたの。そしたら、ポンペオさんもロシアに対して深く憂慮するというコメントを出してるだわ。今回↓
記事つづき。
(中略)
20日まで米国務長官のマイク・ポンペオ氏はツイッターで、「ロシアによるアレクセイ・ナワリヌイの逮捕決定を深く憂慮している。自信のある政治リーダーは競合する声を恐れないし、政敵への暴力や、違法な逮捕を必要と考えない」と書いた。
〈おばつぶやき〉
そうよ。帰国後ソッコーで逮捕する時点で、毒を盛った犯人は、プーチン、おまえではないか!ww
だからねぇ。。。たくさんの言論人の方がロシアはウラでトランプさんと繋がった反DSで正義だとおっしゃるんだけど、その根拠があいまいで、おばさん腑に落ちなくてね。腑に落ちないだけでなく、最近モヤモヤしちゃってね、、、つぶやいちゃった。

このリツイートさせてもらったツイートの返信には「やっぱりプーチンは信仰心が厚く、反DSの善の人なんですね」といった内容のものが多い。

ここ最近のプーチンのやってることと、ポンペオさんの発言や声明を見ると、とても打倒DSで共闘しているようには見えないんだよな。



中国共産党と結託して、日本の北方領土にミサイル配備したり。
記事続き。
(中略)
〈画像下の説明文〉
ナワリヌイ氏の支持者が複数、ヴヌコヴォ空港で拘束された(17日、モスクワ郊外) 
〈おばつぶやき〉
本人だけでなく支持者まで拘束したのか。。。やっぱり独裁国家だろー!
独裁者だよー、プーチン!

(中略)
ロシアの連邦形執行庁は17日に声明を発表。ナワリヌイ氏が「執行猶予期間中の規則に繰り返し違反したため、2020年12月29日以降、指名手配中だった」として、裁判所が判断を示すまで勾留は続くとした。

ナワリヌイ氏は過去に公金横領罪で有罪になり、執行猶予判決を受けている。2018年大統領選では、この判決を理由に出馬を阻止された。ナワリヌイ氏は自分に対する有罪判決は政治的なものだと、一貫して反発している。

〈おばつぶやき〉
大統領選に出馬するほどの人物だったんだね。ロシアとその周辺国では大規模な反プーチンデモが起きているからなぁ。
これらの怒った人たちがナワリヌイ氏に投票する可能性が高いよな。
するとやっぱりプーチンにとってはかなりの脅威なわけだwナワリヌイ氏は。

そして自分自身の権力延長のために憲法改正の是非を問う国民投票で、不正選挙、やっただろー!プーチン!
おばさん、知ってるよ!(後に詳しく書きます)

ロシア当局はこの執行猶予に伴う出頭義務などの違反を、今回の拘束理由としている。

これとは別に、ロシアの検察は新たに別の詐欺罪で同氏を訴追しようとしている。

ナワリヌイ氏は、プーチン政権が自分に対して新しい罪状を捏造(ねつぞう)することで、自分の帰国をなんとしても阻止しようとしていると主張していた。

〈おばつぶやき〉
罪状の捏造はさ、あいつらの常套手段だからね。でっちあげってやつだね。
法律守ってたって、なんか見つけて、ケチ付けて訴えるってのは、古今東西いたるところでやられている。

〈画像下説明文〉
連邦保安庁エージェントとの電話でFSB関係者のふりをするナワリヌイ氏

昨年12月には調査報道サイト「ベリングキャット」などが、ナワリヌイ氏を長年監視していたとされるロシアの連邦保安庁(FSB)の工作員3人が、同氏と同時期にトムスクにいたと報道。さらに、ナワリヌイ氏が身元を伏せてFSB工作員に接触し、神経剤ノビチョクを使った自分への攻撃の詳細を聞き出した様子を伝えた。

ナワリヌイ氏はFSB工作員コンスタンティン・クドリャフツェフ氏との通話を録音し、オンラインで公表。その中で工作員は、ノビチョクをナワリヌイ氏の下着に入れたと話している

〈おばつぶやき〉
ナワリヌイ氏、なかなかしたたかだね!
逆にプーチンの手先の工作員をハメたわけだw
あいつらと戦うには「証拠を突きつける」ってことが不可欠なんだよね。
それでも証拠をもみ消そうとむちゃくちゃなことをしてくるからねー。

こうした報道をプーチン大統領は「トリック」だと批判ナワリヌイ氏はアメリカ情報機関の支援を受けていると主張している。


〈おばつぶやき〉
「トリックだ」と批判ですか。それによって工作員が真相を吐いたならば、それは証拠というのではないのか?プーチンよ。

そしてまたまたプーチンがさらなる権力固めをしているかのように見える↓
ごめんなさい、これ私、今年の話と勘違いして書いちゃいましたが、去年の1月の記事でした。
2020年1月16日

ロシアのドミートリー・メドヴェージェフ首相は15日、内閣が総辞職すると発表した。この数時間前には、ウラジミール・プーチン大統領が議会の権限強化に向けた抜本的な憲法改定を提案しており、プーチン氏が2024年の任期満了後も権力を維持する狙いがあるとみられている。

プーチン大統領がこの日、年次教書演説で発表した憲法改定案は、現在大統領に与えられている首相や閣僚の任命権を、議会へと移すことなどが柱で、最終的に国民投票で決定するとしている。

2018年の大統領選で再選を果たしたプーチン氏は、現在4期目で、2024年に任期満了を迎える。しかし、その後も陰で権力を維持しようとしているとの憶測が流れている。

〈おばつぶやき〉
一見、大統領の権力を議会へ移すということで、独裁から民主主義の方向へ行くかのように見えるけど、プーチン自身が任期満了後も影で権力を維持したいのかと、みんなが疑っているんだな。
それはな、たぶんこういうことだ。
憲法改正への動きは昨年の7月にもあった。
こういう話を去年1月に突然プーチンが言ってきて、7月に国民の是非を問う国民投票をしたということです。

毎日新聞2020年7月2日 18時11分(最終更新 7月2日 20時29分) 
ロシアの憲法改正の是非を問う全国投票が1日締め切られ、即日開票の結果、賛成票が8割近くに達し、改憲案の発効が確実になった。プーチン大統領が任期満了となる2024年以降も最長で2期12年大統領にとどまる法的な基盤が整うが、国内では不正投票の疑いなど不透明さも指摘されている。改憲案は「自国領の割譲禁止」など愛国的な条項を多く含み、周辺国との緊張が高まる恐れもありそうだ。

去年7月に、国民に憲法改正に賛成かどうかの是非を問う国民投票をやったんだな。そこで不正選挙をやったことがバレている。しかも自分の大統領任期延長のための法整備のための国民投票だったわけだ。上記リンク先のわたしの過去ブログ記事に、不正を報じているテレ東の動画を貼り付けてある。
この不正投票で賛成多数だったから、民意は得られているとし、今回また憲法改正に言及&内閣総辞職して、自分の権力を委譲したかのように見せかけて、陰から支配するんだろうとみんな思っているそうだ。
(バレてるじゃない!w。トリックやってるのは自分じゃないの!w)

さらに改正憲法には「領土の引き渡しの禁止」条項も盛り込まれているから、北方領土の交渉もおしまいだと一方的に言ってきたんだ!
3000億の投資してたんだよ、日本はロシアに。

そして、今回また今月15日に、憲法改正案について言及し、内閣総辞職すると発表したんだな。
去年の話でした。すみません。

2020年07月28日 (火)
去る7月1日、憲法改正に関する全国投票がロシア全土で実施され、賛成多数で承認されました。首相時代を含めて20年間君臨する、プーチン大統領の現行任期は2024年までですが、今回の憲法改正により、最長2036年まで大統領の座にとどまることが可能となりました。
(中略)
大統領の任期は2期までに制限されていますが、憲法改正前に就任した大統領には適用されないこととなり、プーチンは最長で2036年まで大統領を務めることが可能となりました。

というわけで、すでに大統領に就任しているプーチンは2036年まで大統領を務めることが可能な状態だそうです。
やはり、独裁・・・・。院政をしくつもりのように見えるなw


不気味だ。

北方領土交渉は終わったと一方的に言い、そのうえ最近、北方領土にミサイルを配備したという。
なにやら中国共産党と結託するような動きも見られる。

やばいだろう!

これ、ちゃんと記事も出てるし、保守言論人なら、みんなに言って知らせなきゃダメだと思うんだけど。主要メディアが機能してないんだから。
ユーチューバ―言論人たち!DS工作員でないのなら!言ってくれ!
今のところ、メイカさんだけではないか?
メイカさんは打倒中国共産党のお気持ちで発信されていて、DS工作員のようなプロパガンダ拡散の意図がないからおばさん好きなんだ。でも保守言論人から情報を取ると、情報攪乱してるやつがいるから、その情報掴まされないように気をつけてねって思っている。

こういう大事なことを言わないで、根拠もなしに「プーチンはトランプと裏で繋がってDS退治をしている善の人だ」と言っているってことは・・・・。

やっぱディープステートなのかなって思っちゃうんだよね。
日本のためを思っているように見えないんだもん。トランプ応援してても。
情報通なんだから、ぜったい知ってるはずだろう?上記に書いたようなこと。

だから私は、似非保守ではないか?DS工作員ではないか?あいつらから指示が出ているからみなさん根拠もなしに口をそろえて同じことを言っているのだろうかと疑ってしまうんだ。

じつは私は反省しているんだ。
少し前は、中国に進出して経済活動をすることに、誰も違和感を持たなかった。
私自身もそういう感覚だった。
しかし、そのようにしている間に、たくさんの浸透工作をされ、技術も盗まれ、大変なことをされていたことがはっきりした。

習近平が大変なことをしているとみんなが気が付いたのはつい最近のことだ。
私もコロナ騒ぎが始まる前は、恥ずかしながらそこまで警戒していなかった。
習近平のことも、DSよりはマシかもしれないとすら思っていた。
プーチンも昔、ユダヤ勢力をロシアの権力の座から追い出した愛国者なのかと思っていた。
そういうことはしたけれど、プーチンの意図は分からない。
愛国心からなのか、あるいは自分が権力を握りたかっただけだったのか。

私自身も工作員のプロパガンダ作戦にやられていたわけだ。

根拠のないことを信じすぎず、自分でなるべく確認しないとダメだ。自分のハートを感じながら。これが最近、私の学んだことだ。

中国は以前からウイグルや政治的な主張をする無罪の人を逮捕したり、臓器を生きたまま収奪したり残虐なことをたくさんしてきたわけだ。情報も少しはあった。主要メディアは中共に検閲されてるから言わないけれど。
にもかかわらず、そういうことはあんまり見ないで、経済的なメリットのためにビジネスしたりおつきあいをしてきてしまったわけだ。
しかし、そうしている間に、浸透工作されていたわけだ。技術なども盗まれているだろう。ひょっとしたら日本の被害はアメリカと同等かそれ以上かもしれない。

それなのに、「習近平とプーチンとトランプは手を組んでDS退治している」というたいして根拠のない説に比べると、中国共産党のやっているヤバい事実はあまり拡散されていなかった。
原因は主要メディアが中国共産党に検閲されているのと、ネット上の工作員が大活躍してYouTubeなどでプロパガンダ洗脳をしまくっていたからだ。

だからロシアのプーチンに関しても、根拠のないことよりも、実際にやられている事実に着目しないと危険だ。

今、中国共産党は滅びる流れにあるもんだから、DSがロシアに最後の望みをかけて、プロパガンダを流している可能性もある。

北方領土にミサイル配備して、中国共産党と結託して、ひょっとしたら矛先を日本に向けてくる可能性がある人物を、多くの人が「トランプとDS退治しているヒーロー」だと好ましく思うのみで、まったく警戒しないのは危険だと感じる。

日本人は実際に、プーチンに支配され苦しんでいるわけではないし、ロシアに関する情報はあまり多くない。言論人たちもあまり取り上げていない。
すると、簡単に騙されてしまうと思うんだ。

プーチンは表向きは正義みたいなことを言うのが上手だと感じる。

旧ソ連・国家保安委員会(KGB)の職員だったプーチン氏に対してストーン氏は、米国史上最大級の情報漏えい事件を引き起こし、その後ロシアの保護を受けているスノーデン容疑者を軽蔑しているかとプーチン氏に尋ねた。 
これに対して後部座席に座る通訳を介し、ジェスチャーを交えながら答えたプーチン氏は、スノーデン容疑者が「反逆者ではない」と述べ、「自国の人びとに危害を加えるような情報は、一切他国に漏らしていない」と強調した。
 その一方で、スノーデン容疑者の行為に賛同できるかと問われると「できない」と答え、「私の意見としては、それは間違いだ」「求められた仕事について気に入らない部分があったのならば、単に辞職するべきだった」との考えを示した。
 プーチン氏はスノーデン容疑者が直面したような事態に遭遇したことはないとしつつも、1991年にKGBを辞めた理由について、旧ソ連政府の行動、および当時の指導者ミハイル・ゴルバチョフ(Mikhail Gorbachev)氏に対する「クーデターの試み」に賛同できず、「当時の情報機関の一員としてはとどまりたくなかった」ためだと語った。
〈おばつぶやき〉
これを見ると、DS情報をリークするために亡命したスノーデンをかくまって、打倒DSのために共闘している正義の人のように見える。
「自分自身は愛国心あるKGBだったので、スノーデンのやりかたには全面的に賛同はしないんだけど、自分なりにポリシーがあってKGBやめたんだけど」なんて言って、簡単に迎合しない自分を表現されているように見える。

これを読むと、DSにも迎合しないびしっとした正義の人だと多くの人が思うだろう。

実際にやっている行動もそのようならよいのだけど、

言ってることと、やってることが一致していない。

元KGBなら人心の掌握術も熟知してると思うんだ。。。
スパイとは、そうやってターゲットを信頼させて情報を抜き取るのが仕事だろ?

DS工作員の言うことを全面的信じちゃう一般人に、工作員使って自分に有利なプロパガンダを信じこませることなど、プーチンにとっては朝飯前だ。

習近平よりもずっとうまいだろう。中国共産党のみなさんはどうも露骨にしかできない。こちらは人数と勢いと脅迫で勝負!

しかしロシアのスパイやプーチンたちはもっと洗練された工作をしていると思うぞ。

ところでスノーデンさんは今回恩赦に含まれていなかったようだ。

まだアメリカは、プーチンといろいろ交渉できる状況にないと考えている、って解釈もできるかもなぁ。ロシアのスパイに制裁してる↓わけだし。


米国の選挙に影響を与える試みへの関与について、ロシアにリンクされた偽情報ネットワークを制裁する
プレスステートメント
マイケル・R・ポンペオ国務長官
2021年1月11日
今日、米国は、大統領令(EO)13848に従って、2020年9月10日に指名されたアンドレイデルカッチに関連するロシアにリンクされた外国の影響力ネットワークの一部である7人の個人と4つのエンティティに制裁を課しています。 2020年の米国大統領選挙に影響を与えるため。ウクライナ議会のメンバーであるデルカッチは、10年以上にわたって活発なロシアのエージェントであり、ロシアの諜報機関との緊密な関係を維持しています。

ポンペオさん、デルカッチ氏はロシアのスパイだと言っている。ハンターバイデンの証拠暴露した人だ。詳しくは記事リンク先をご覧ください。

そしてこんなことも↓

これもどう解釈するか?
このツイートの返信にもさっそくトランプとプーチンは自由の戦士だ、みたいなメッセージが。あやしい・・・。まっさきにそういう返信がつくのが。。。
単に、領事館がロシア本国と連絡を絶つために、米軍がやった可能性もあると思うけどな。ロシア外交官が米国務省に捜査を依頼とあるしな。

アメリカ(今はたぶん米軍か)がロシアのことを牽制しているのかもしれないではないか。領事館のスパイが本国と結託できないように。

そして、
ヨーロッパの他の国々では政権交代やら辞職やらが相次いでいるんだ。

「これらは大量逮捕と関係がありそうだ。短期間でこんなに。その一方でプーチンは逆に権力を固めようとしている。だからプーチンはやっぱり反DSのヒーローである」と言う人もいる。
政敵に毒を盛って、本人帰国後ソッコーで拘束しちゃう人がDSと戦うヒーローなのか?こういう権力の固め方してる人が?
むしろプーチン自身がDSのように見えるけどなぁ。
実際にオリガルヒ(新興財閥7割ユダヤ)と結託して独裁を強めているようだし。

でもちゃんと制裁したり、憂慮を示したりして、米国の善なる方たちは分かっているようだから、ちゃんとやっただけのことは責任をとらせるだろう。証拠もあるのだろう。
でないとアメリカも危ないだろう?
中国の次はロシアに工作されて滅びちゃうもん。
多くのロシア国民も納得しないだろう!プーチンが責任を問われずにヒーローだなんて。
仮にプーチン自身が要領よく、政局を見て、DSから離れて、善にすり寄ったとしても、責任はとらせるだろう。
出ている声明や情報を総合してみると、そのように見える。
プーチンも逮捕されちゃったりして?

あいつらに関しましては、「あいつら(裏側から見る社会のシステム)」のブログ記事一覧-丸顔おばさんのブログ、古い順をクリックのうえ、初期の記事よりご覧ください。

新型コロナウイルスの院内感染防止に成功した漢方薬、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)を広めております。先生の論文も出ております





ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最新の画像もっと見る

最近の「ロシア」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事