歴史と旅と少しのグルメ

ぐんまを中心とし、日常の気ままな話題を書き込みます。

蒸気機関車(SL)C61の復活運転(群馬)

2011年06月26日 | まち歩き

梅雨に入ってから暑い日が続きますね。24日は熊谷で39以上の6月の最高気温を更新しました。昨年の酷暑に比べ、涼しいとのことですが、電力不足の夏は過ごしやすいことを祈ります。さて、私の住んでいる群馬は今年は群馬デスティネーションキャンペーンがが実施されます。デスティネーションキャンペーンと言われてもピンとこないかもしれませんが、毎年行われているJRの大型宣伝です。今年は地元群馬で7月~9月まで行われ、全国の駅やCMで群馬がPRされます。皆さんはご存じかもしれませが、群馬の華蔵寺公園で30年展示されていた蒸気機関車(SL)C61が群馬で復活運転されるほか、D51などとの同時運転も行われます。先日18日(土)には高崎駅から沼田駅までC61に乗車しました。車両はもちろん満員でしたが、沿線にはカメラを持った方や地元の方でいっぱいでした。多くの方が手を振り、人を引きつける魅力が蒸気機関車にはあることを改めて感じました。週末には群馬県内で運行されます。皆さんも是非群馬にきていろいろな体験をしてください。

004

c61の勇姿。30年間展示されていたのを復元しました。

011

乗った客車も魅力的

この記事についてブログを書く
« 皇女和宮の足跡(板鼻本陣跡) | トップ | 群馬デスティネーションキャ... »
最新の画像もっと見る

まち歩き」カテゴリの最新記事